提供: 東新住建株式会社
スマートに賢く生きる。ミニマルな暮らしを送るための≪3つのヒント≫

スマートに賢く生きる。ミニマルな暮らしを送るための≪3つのヒント≫

ミニマルな暮らしへの憧れはあるけれど、なかなか実践するのは難しいもの。そこで、“自分にとっての価値”からものの取捨選択を考えてみませんか?今回はミニマルな暮らしを送るための3つのヒントと、これからの時代にふさわしい住まいをご紹介します。 2019年03月12日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
296

ミニマルな暮らしは憧れるけど…

スマートに賢く生きる。ミニマルな暮らしを送るための≪3つのヒント≫
「シンプルライフ」や「ミニマルな生活」といった、多くのものを持たない、必要最小限の生活道具で暮らす人が、最近ますます増えてきたと思いませんか?他の人と「シェア」する考え方も広がり、その傾向は今後も続きそう。
ただ、そんな生活に憧れは抱くけど、いざ自分もとなると、何から手を付けていいのかわからないものです。そこで、“自分にとっての価値”とは何かを考えながら、ものを取捨選択してみるのはどうでしょうか。今回は価値あるものを選ぶ3つのヒントをご紹介します。

本当に必要なモノだけを取捨選択するための『3つのヒント』

あなたにとって、ものの価値とは何ですか?買ったときの金額、思い入れの深さ、長年の愛着。人によって価値の付け方は様々です。だからこそ、自分は何を大切に思い、生活していくのかを明確にすれば、本当に必要なものが見えてくるはずです。

①服や小物は「一年」と「シェア」がキーワード

ミニマルな生活を目指すうえで、まず取捨選択しやすいのが服や小物類。これらは使用頻度を軸に考えてみてはいかがでしょうか。季節が一周するうちに、全く身に着けなかったものは処分していいかもしれません。ただ、着用しなくても大事にし続けたいものであれば捨てる必要はなく、反対に、一年経過していなくても新しいものに価値を置くのであれば、捨てる選択が合っているといえます。
また最近では、プロがコーディネートを考えてレンタルできるサービスもあるから、自分の持ち物は極力減らす人もいるとか。常に新鮮な気分になれるから所有する必要がないという考え方は、今後も広まっていきそうです。

ミニマルな生活を目指すうえで、まず取捨選択しやすいのが服や小物類。これらは使用頻度を軸に考えてみてはいかがでしょうか。季節が一周するうちに、全く身に着けなかったものは処分していいかもしれません。ただ、着用しなくても大事にし続けたいものであれば捨てる必要はなく、反対に、一年経過していなくても新しいものに価値を置くのであれば、捨てる選択が合っているといえます。
また最近では、プロがコーディネートを考えてレンタルできるサービスもあるから、自分の持ち物は極力減らす人もいるとか。常に新鮮な気分になれるから所有する必要がないという考え方は、今後も広まっていきそうです。

②調理道具は機能を集約する

キッチンも、ものであふれがちになる場所の一つ。同じような道具であれば、機能をまとめて個数を少なくすることができるはず。例えば、深めのフライパンが一つあれば、炒め物や煮込み料理、パスタをゆでるときにも使えます。また、近年話題にもなったスキレットは、直火で調理できるほか、そのまま食卓にも出せるから、これもミニマルなキッチンの良いアイデア。ただ、調理道具にどうしてもこだわりたい場合は、キッチン家電を減らすなど、全体のバランスが大事です。ここでも自分が何を大切にしているかが問われます。

キッチンも、ものであふれがちになる場所の一つ。同じような道具であれば、機能をまとめて個数を少なくすることができるはず。例えば、深めのフライパンが一つあれば、炒め物や煮込み料理、パスタをゆでるときにも使えます。また、近年話題にもなったスキレットは、直火で調理できるほか、そのまま食卓にも出せるから、これもミニマルなキッチンの良いアイデア。ただ、調理道具にどうしてもこだわりたい場合は、キッチン家電を減らすなど、全体のバランスが大事です。ここでも自分が何を大切にしているかが問われます。

③自家用車は「カーシェア」を利用して経費節約

以前は一家に一台は当たり前だった自家用車。しかし今や、都市部では「カーシェア」を利用する人が若者を中心に急増しています。所有するのであれば、車体の金額や維持費といった経費が掛かり続けるものの、「シェア」であればその分の費用が節約できると、車を手放す人も多いそう。必要な時にだけ使うという「シェア」の考え方は、今後若者だけでなく、都市に住む幅広い年齢層にも浸透していきそうです。

以前は一家に一台は当たり前だった自家用車。しかし今や、都市部では「カーシェア」を利用する人が若者を中心に急増しています。所有するのであれば、車体の金額や維持費といった経費が掛かり続けるものの、「シェア」であればその分の費用が節約できると、車を手放す人も多いそう。必要な時にだけ使うという「シェア」の考え方は、今後若者だけでなく、都市に住む幅広い年齢層にも浸透していきそうです。

「住まい」をミニマル化すれば“自分にとっての価値”が見えてくる

今までは家の中のものや車について考えてきました。しかしミニマルな生活を送りたいなら、そもそも住んでいる家自体をも見直す必要があるのではないでしょうか。
今注目の、都市部にありながら、必要以上の部屋数や共有部分をそぎ落とした『DUP(デュープ)レジデンス』なら、ミニマルな暮らしの実現が叶うかもしれません。

必要以上のものを省いてミニマルを実現。だから都心に住める

『DUPレジデンス』の特徴は、どの物件も都市部の駅近にあること。必要なものだけに絞り込んだ、コンパクトな暮らしを提案しているからこそ、リーズナブルに都心に住むことができるのだそう。駅が近い分時間の節約にもなるから、共働き世帯やDINKs(ディンクス)などに多く選ばれています。二人くらいにちょうどいいサイズ感も住みやすさの特長なのかもしれません。

『DUPレジデンス』の特徴は、どの物件も都市部の駅近にあること。必要なものだけに絞り込んだ、コンパクトな暮らしを提案しているからこそ、リーズナブルに都心に住むことができるのだそう。駅が近い分時間の節約にもなるから、共働き世帯やDINKs(ディンクス)などに多く選ばれています。二人くらいにちょうどいいサイズ感も住みやすさの特長なのかもしれません。

『DUPレジデンス』は、最近では、おひとり様にも選ばれているそう。ゆとりある空間だから、将来誰かと暮らすことになっても安心して購入できます。一人暮らしでも老後に備えて住宅購入の関心は高まっているんだとか。一人暮らしで感じた駅近の便利さはそのまま。この利便性の良さから住宅の価値は変わりにくく、もし将来引っ越し等で手放すことになっても、”売りやすく、貸しやすい”を実感できるそうです。

『DUPレジデンス』は、最近では、おひとり様にも選ばれているそう。ゆとりある空間だから、将来誰かと暮らすことになっても安心して購入できます。一人暮らしでも老後に備えて住宅購入の関心は高まっているんだとか。一人暮らしで感じた駅近の便利さはそのまま。この利便性の良さから住宅の価値は変わりにくく、もし将来引っ越し等で手放すことになっても、”売りやすく、貸しやすい”を実感できるそうです。

ミニマルな部屋なのに、三面から自然光が入ってくる開放感

『DUPレジデンス』の構造は、一つの建物を二分割した上下階のメゾネットタイプ。二世帯だけだから住人同士のトラブルや騒音に悩まされることもなさそう。また、マンションなのに三面が開放されているから、戸建てのように自然光が差し込んで、風通しも気持ち良く感じられそうです。少ない部屋数でも快適に暮らせる工夫が魅力ではないでしょうか。

『DUPレジデンス』の構造は、一つの建物を二分割した上下階のメゾネットタイプ。二世帯だけだから住人同士のトラブルや騒音に悩まされることもなさそう。また、マンションなのに三面が開放されているから、戸建てのように自然光が差し込んで、風通しも気持ち良く感じられそうです。少ない部屋数でも快適に暮らせる工夫が魅力ではないでしょうか。

住宅費を抑えて、好きなものに費やせる

マンションを購入するときには、必要経費として管理費や修繕積立金がかかってくるもの。しかし『DUPレジデンス』なら、その負担はありません。共有部分をカットして、シンプルな構造にしているから月々の固定費は発生しないのだそう。ランニングコストが浮く分を他のことに使えるから、自分にとって価値のあるものに投資ができそうです。

マンションを購入するときには、必要経費として管理費や修繕積立金がかかってくるもの。しかし『DUPレジデンス』なら、その負担はありません。共有部分をカットして、シンプルな構造にしているから月々の固定費は発生しないのだそう。ランニングコストが浮く分を他のことに使えるから、自分にとって価値のあるものに投資ができそうです。

“自分にとっての価値”を知って、ミニマルな暮らしを実現しよう

スマートに賢く生きる。ミニマルな暮らしを送るための≪3つのヒント≫
今回ご紹介した、ミニマルな生活が叶う、戸建てとマンション両方のメリットを兼ね備えた「戸建てマンション」は、従来とは違う発想で考えられたこれからの時代の住宅といえます。ライフスタイルも考え方も多様化した今だからこその新しい選択肢。都心・駅近・リーズナブル――それらを実現する『DUPレジデンス』は、“自分にとっての価値”を再発見させてくれる新しい住まいなのかもしれません。
本ページでは、ユーザーの利用状況を把握するために、広告効果測定ツールSATORIを導入しております。
このため、同ツールから提供されるクッキー(cookie)を利用しています。クッキー(cookie)の利用に関する説明、
クッキー(cookie)によって収集される情報、オプトアウト(クッキーの利用に対する拒否権)の手続きについて
詳しくお知りになりたい方は、プライバシーポリシーをご確認ください。
icons Googl Play