「仕事も家事もやる気が出ない…」モチベーションを上げたい時、試してみたい7つの方法

「仕事も家事もやる気が出ない…」モチベーションを上げたい時、試してみたい7つの方法

仕事にせよ家事や勉強にせよ、どうしてもやる気が出ない時ってありますよね。ぜんぜん集中できなかったり、とりかかる気になれずつい先延ばしにしてしまったり……。モチベーションが上がらない時は、取り組んでいる時間が長く苦しく感じられ、誰よりも自分自身がつらいもの。今回は、「気持ちを切り替えて、やる気を出す方法ってないのかな」と思った時、試してみたい7つのアイデアをご紹介します。 2019年02月16日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
暮らし
やる気
生き方
過ごし方
時間
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
2490

最近、仕事や勉強の目標を見失っていて「やる気が出ない……」

Photo by Asdrubal luna on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Asdrubal luna on Unsplash

誰にでもある、やる気が出ない1日。意欲十分の時はたいした苦労もなくできるタスクが、やる気のない日には重くのしかかります。つい先延ばしにしてしまったり、いつも以上に時間がかかったり……。

何かモチベーションを上げる方法はないのでしょうか?

「やる気」の類語は英語で「モチベーション」

【Motivation】動機(づけ)、刺激、やる気
出典:motivationの意味・使い方・読み方 | Weblio英和辞書
Photo by emily reider on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by emily reider on Unsplash

「やる気」は英語で「motivation(モチベーション)」。「動機づけ・目的・意志」などの意味もあります。何かにとりかかる「動機」が他の誰かのものではなく、自分のものだと感じられれば感じられるほど、モチベーションは上がります。
「仕事も家事もやる気が出ない…」モチベーションを上げたい時、試してみたい7つの方法
出典:
「やらされている」と思いながら取り組むと、苦痛ばかりが増すもの。「取り組む動機」を他人から自分に引き戻すと、「イヤイヤ感」や苦痛が減ります。「これを通じて私が達成したい事」と自分の「したい事」を明確にして、いつものルーティンに盛り込んでみては。

「~すべき」から「~したい」へ

Photo by Larm Rmah on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Larm Rmah on Unsplash

「~すべき。しなきゃならない」から「~したい」に変える事ができれば、モチベーションは自然と上がります。とはいえ、それができれば苦労はしないよ……という人も多いはず。「どうにもやる気が出ない」そんな時に試してみてほしい7つのアイデアをご紹介します。

「意欲が起きず、無気力」な時にやる気を出すには?試したい7つの方法

1.「1つだけ」に絞って実行する

Photo by Jesus Kiteque on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Jesus Kiteque on Unsplash

仕事をしながらメールに返信、SNS通知をチェック……複数の事を同時にこなすマルチタスクは、人間の脳にとってストレスがかかります。マルチタスクによって生産性は40%下がるとも言われています。

1つのタスクを成し遂げるのにより長い時間がかかり、IQまで下がってしまうのだとか。
Photo by Photos by Lanty on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Photos by Lanty on Unsplash

ロンドン大学の研究によれば、マルチタスク中の男性のIQは、8歳の子供と同レベルにまで低下したそう。ミスが多発して仕事や勉強が進まないと、やる気もしぼみがち。

個人差はあるとしても、マルチタスクは簡単な作業のみに絞り、複雑な作業をする際はメール等の通知を切って「1つだけ」に集中して実行を。

2.まず5分だけとりかかる

Photo by Brandi Redd on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Brandi Redd on Unsplash

「なかなかやる気になれない……」とため息をついている時に脳裏に浮かんでいるイメージは、取り組むべきタスクの全てが山積みになっているイメージではないでしょうか。

「この山を片づけなければならないのか」と思えば、気が重くなるのも当然です。
Photo by Paweł Czerwiński on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Paweł Czerwiński on Unsplash

そんな時はまず頭をからっぽにして、「とにかく5分だけやってみよう」と、とりあえず腰を上げて取りかかるのがおすすめ。

5分だけと思っていても、途中から調子が乗ってきてモチベーションが上がり、あっという間に全部終わってしまった、なんて事も。

3.自分を追い込む

Photo by NeONBRAND on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by NeONBRAND on Unsplash

「やる気が出なくて取りかかれないでいるうちにいよいよ期限が迫ってきた!」というピンチの時に試してもらいたいのは、短期的に『自分を追い込む』方法。友達や家族など、身近にいる人に1,000円ほどを預け、「〇時までに~が仕上がっていなかったら返さなくていい」と約束します。
Photo by Gabriel Gurrola on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Gabriel Gurrola on Unsplash

「〇時までに終わったら、~をしてもいい。それまでは禁止」と自分にご褒美を設けるのも◎。いかにやる気がなくても、必死になれるかもしれません。本質的な解決にはなりませんが、差し迫ったタスクを終わらせるために、一時的にモチベーションを上げる方法です。

4.小さな事にも感動を覚えていた「初心」に返る

Photo by Sebastián León Prado on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Sebastián León Prado on Unsplash

今の仕事や勉強を始めたのはどんな動機からでしょうか?始めたばかりの頃、どんな夢や望みを抱き、どんな風に感じていたでしょうか?
Photo by Thought Catalog on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Thought Catalog on Unsplash

仕事や勉強を始めたての頃の「感動した事」や「したいと思っていた事」を思い出して書き出してみたり、日記をつけているなら読み返してみるのもいいですね。「初心」に立ち返ってみると、失っていたモチベーションがよみがえってくるかも。

5.充分に睡眠をとる

Photo by Lauren Kay on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Lauren Kay on Unsplash

体調が悪ければ、やる気を出す余裕なんてありませんよね。また、睡眠不足だと効率的に仕事を進める事ができず、たくさんの時間を費やしても疲れるばかりで思うように捗らないので落ち込み、やる気も失われていく……という悪循環に陥りがちです。1日7時間以上の睡眠の確保を。

6.自分のルーティンに盛り込んで維持する

Photo by Renáta-Adrienn on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Renáta-Adrienn on Unsplash

『いつもこの時間になったらこれに取り組む』というように自分のルーティンワークの中にあたりまえのように盛り込んでしまえば、タスクにとりかかるのに多大な気力を費やして無理やり「やる気」を出さなくてもよくなるかも。

自分の調子が上がる時間帯を把握して、作業時間のスケジュールを組んでみては。
Photo by Roman Bozhko on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Roman Bozhko on Unsplash

スケジュールが変則的な環境では難しいかもしれませんが、できるだけ集中を中断させられない時間帯を選んで作業に臨むようにしてみてくださいね。「継続こそ力なり」とあえて意識せずとも、自然とモチベーションを保てている状態を目指してみて。

7.ストレスがたまると……?気分よく過ごす工夫を

Photo by Element5 Digital on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Element5 Digital on Unsplash

ストレスやイライラがたまっていてタスクに集中できず、ストレス解消のための気晴らしに時間を浪費せざるを得なくなった経験はないでしょうか?埼玉・千葉の公立小学校4校の6年生児童284名を対象に行われた調査によると、ストレス度の高い子供は、学習意欲が低くなる傾向があったそう。
Photo by Marianne Krohn on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Marianne Krohn on Unsplash

サポートの有無やストレス耐性にもよりますが、体調は悪くないのに何をするにもおっくうで気が進まないとしたら、知らず知らずのうちにストレスをためこんでいるのかも。

ストレッチや娯楽で気分転換をしたり、SNS疲れがあるなら時間限定で使う等、日々を気分よく過ごせる工夫を。
音楽を使ってモチベーションUP
Photo by Kui Ye Chen on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Kui Ye Chen on Unsplash

すぐモチベーションをUPさせたい時に役立ちそうなのは、音楽にふれる事。もし音楽を聴ける環境にあるなら、一度お試しを。音楽のテイストは相性もあるので、自分の気分を楽にしてくれるお気に入りの曲を選んでみてくださいね。
Photo by Crew on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Crew on Unsplash

音楽はマルチタスクの内には入らないので、仕事や勉強中に聴いても大丈夫。ただし、中には「無音でないと気が散ってしまう」というタイプの人もいるので、自分の特性を見極めて。
それでも解決しないなら、転職や人間関係・環境を変える事も視野に入れて
Photo by Tedward Quinn on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Tedward Quinn on Unsplash

「きちんと食事や睡眠をとり、色々試しても一向にやる気が出ない」「人間関係や仕事のストレスは改善される見込みがなく、体調まで悪くなってきた」……という場合は、転職や人間関係の整理も視野に入れてみましょう。

慢性的なら、うつ病の可能性も。セルフチェックで確かめて

Photo by rawpixel on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by rawpixel on Unsplash

意欲の低下に加えて、生活に支障をきたすほどの睡眠の問題や落ち込みが2週間以上続いているなら、うつ病の可能性も考慮する必要があるかもしれません。

セルフチェックの上、精神保健福祉・センターの相談窓口へ相談するか、精神科や精神神経科・心療内科の受診を。

「モチベーションの事が気にならない」状態を目指して

「仕事も家事もやる気が出ない…」モチベーションを上げたい時、試してみたい7つの方法
出典:
「やる気」は心の内側から湧き出てくるもの。無理やりふるい起こそうとしても難しいものがありますが、調子を維持しやすいよう工夫する事で、少しでも苦労が減らせるといいですよね。

気がつけば「やる気があるかどうかを気にする必要もなくなっていた!」なんて理想的な状態になっていますように。
※この記事はこちらを参照して書かせていただきました。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play