寒い冬の暮らしを暖かく、快適に。「暖房器具」の効率的な使い方&安全対策

寒い冬の暮らしを暖かく、快適に。「暖房器具」の効率的な使い方&安全対策

一年で最も冷え込むのが、1月から2月にかけてのこの時期。「これまでは寒さをしのげたのに、なんだかちょっと物足りなくなった」「もう少し効率よく家を温めたい」と感じたら、改善できる所がないか暖房の使い方を見直してみましょう。効率的な使い方やおすすめの暖房器具をはじめ、暖房使用時の注意点や安全対策もチェックしてみましょう。 2019年01月17日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
暮らし
季節
家電
暖房器具
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
285

冬の暮らしを快適にしてくれる暖房

寒い冬の暮らしを暖かく、快適に。「暖房器具」の効率的な使い方&安全対策
出典:
日本は四季によって気温の変動が激しいので、冬期に暖房は必須です。寒い日にストーブなど暖をとるという方も多いと思いますが、もし暖房の効きが悪いと感じたら使い方をチェックしてみましょう。

エアコンの暖房を効率的に使うポイント

エアコン+αで上手に使おう!

エアコンは構造上、冷房として使うより暖房の方が実は消費電力が多くかかります。エアコンだけでは寒い…という場合、設定温度を上げるよりも、他の暖房器具を上手に組み合わせるのがおすすめです。
出典:

エアコンは構造上、冷房として使うより暖房の方が実は消費電力が多くかかります。エアコンだけでは寒い…という場合、設定温度を上げるよりも、他の暖房器具を上手に組み合わせるのがおすすめです。

エアコン+断熱シート

暖房効率を上げるうえで一番の大敵は、窓からの放熱です。特にエアコンのある部屋に大きな掃き出し窓がある場合は、断熱シートを窓ガラスに貼り付けるのが効果的です。
出典:

暖房効率を上げるうえで一番の大敵は、窓からの放熱です。特にエアコンのある部屋に大きな掃き出し窓がある場合は、断熱シートを窓ガラスに貼り付けるのが効果的です。

実際に窓に貼るとこんな風に結露も減るので、サッシのお手入れも楽になります。
出典:

実際に窓に貼るとこんな風に結露も減るので、サッシのお手入れも楽になります。

カーテンよりも光を遮らないのも魅力です。貼り付けは霧吹きで濡らした窓に貼り付ける物を選べば必要なシーズンが終われば簡単にはがせます。
出典:

カーテンよりも光を遮らないのも魅力です。貼り付けは霧吹きで濡らした窓に貼り付ける物を選べば必要なシーズンが終われば簡単にはがせます。

エアコン+サーキュレーター

エアコンの設置位置が高い事も、暖房に弱い理由のひとつ。温かい空気は上に逃げるので、床に近い場所からサーキュレーターで温風を送って空気を循環させるのが理想的。エアコンと対角に設置(対角に置けない場合は、真上を向けて部屋の真ん中に)するのがポイントです。
出典:

エアコンの設置位置が高い事も、暖房に弱い理由のひとつ。温かい空気は上に逃げるので、床に近い場所からサーキュレーターで温風を送って空気を循環させるのが理想的。エアコンと対角に設置(対角に置けない場合は、真上を向けて部屋の真ん中に)するのがポイントです。

就寝時には「布団乾燥機」や「湯たんぽ」を

普段はリビングで過ごすことが多く、寝る前にベッドルームのエアコンを付けてもなかなか暖まらない…という場合は、就寝後もエアコンを付けてタイマーで切るより、布団乾燥機を使って布団を温めておく方が喉にも優しく、心地よく眠ることができますよ。
出典:

普段はリビングで過ごすことが多く、寝る前にベッドルームのエアコンを付けてもなかなか暖まらない…という場合は、就寝後もエアコンを付けてタイマーで切るより、布団乾燥機を使って布団を温めておく方が喉にも優しく、心地よく眠ることができますよ。

電気を使わないエコな「湯たんぽ」もおすすめ。ぽかぽかと体の芯から温めてくれる優しさに癒されます。
出典:

電気を使わないエコな「湯たんぽ」もおすすめ。ぽかぽかと体の芯から温めてくれる優しさに癒されます。

冬のリビングにおすすめの暖房器具

家族が集まる場所に暖房を増やしたいという時は、こたつがおすすめです。低燃費で足元の冷え対策にもぴったりです。
出典:

家族が集まる場所に暖房を増やしたいという時は、こたつがおすすめです。低燃費で足元の冷え対策にもぴったりです。

デスク回りにはフットヒーターも

デスクで作業をする時など、足元が冷える場合はフットヒーターを。エアコンを付けるほどではないけれどまだちょっと肌寒い…と感じる時期にも手軽に使えて重宝します。
出典:

デスクで作業をする時など、足元が冷える場合はフットヒーターを。エアコンを付けるほどではないけれどまだちょっと肌寒い…と感じる時期にも手軽に使えて重宝します。

場所を選ばない湯たんぽが活躍

配線などの関係でフットヒーターが置きにくい場合、先ほどもご紹介した湯たんぽがおすすめです。こんな風に足先をあたためる他、ひざに乗せてブランケットかけると下半身全体が温まり、空調の温度を控えめにする事もできますよ。
出典:

配線などの関係でフットヒーターが置きにくい場合、先ほどもご紹介した湯たんぽがおすすめです。こんな風に足先をあたためる他、ひざに乗せてブランケットかけると下半身全体が温まり、空調の温度を控えめにする事もできますよ。

「ヒーター」や「ストーブ」は置き場所が肝心!

熱の出る方向が一定の暖房は“窓を背に”

熱の出る方向が決まっている反射型ストーブやファンヒーターは、置き場所で暖房の効き方が違ってきます。窓に向けて温風が出る位置だと、温めた空気を窓で冷やしてしまうのでNG。窓を背中にするように置くと効率的に温風が循環します。
出典:

熱の出る方向が決まっている反射型ストーブやファンヒーターは、置き場所で暖房の効き方が違ってきます。窓に向けて温風が出る位置だと、温めた空気を窓で冷やしてしまうのでNG。窓を背中にするように置くと効率的に温風が循環します。

対流型ストーブは“部屋の中央に”

こういう全面から熱が出るタイプの対流型ストーブは、部屋の中央に置く事で最も効率よく部屋を温める事ができます。
出典:

こういう全面から熱が出るタイプの対流型ストーブは、部屋の中央に置く事で最も効率よく部屋を温める事ができます。

対流型ストーブはこういった吹き抜け構造の建物にもおすすめです。熱が上昇するので一台で2階も温める事ができます。1階で過ごしている時は2階側からサーキュレーターを下に向けて併用し、2階に暖気を上げたい時は風を止めるのが上手な使い方です。
出典:

対流型ストーブはこういった吹き抜け構造の建物にもおすすめです。熱が上昇するので一台で2階も温める事ができます。1階で過ごしている時は2階側からサーキュレーターを下に向けて併用し、2階に暖気を上げたい時は風を止めるのが上手な使い方です。

暖房使用時に注意したいポイント

加湿器はエアコンの風の当たらない位置に

乾燥する時期の必需品といえる加湿器ですが、エアコンの風が直接当たる場所に置くとセンサーが乾燥していると判断してハイパワーの運転を続けて加湿になってしまう事も。室内の結露は家電の故障や火災の原因となりますので要注意です。
出典:

乾燥する時期の必需品といえる加湿器ですが、エアコンの風が直接当たる場所に置くとセンサーが乾燥していると判断してハイパワーの運転を続けて加湿になってしまう事も。室内の結露は家電の故障や火災の原因となりますので要注意です。

コンセント回りの埃に注意!

湿気や結露で怖いのがコンセントからの発火。いわゆる「トラッキング火災」はコンセント周りにたまった埃に湿気が加わる事で通電する事から発火します。暖房に限らず冷蔵庫など普段あまり触らない所のコンセントは、乾いた雑巾でお掃除しておきましょう。
出典:

湿気や結露で怖いのがコンセントからの発火。いわゆる「トラッキング火災」はコンセント周りにたまった埃に湿気が加わる事で通電する事から発火します。暖房に限らず冷蔵庫など普段あまり触らない所のコンセントは、乾いた雑巾でお掃除しておきましょう。

こたつなどのコードの劣化がないかチェック

暖房器具についてはコードやヒーター部分の劣化がないか時々チェックしてみましょう。断線などから火災が起きるケースも珍しくありません。こたつのヒーターやコードは別売りで交換も可能です。
出典:www.photo-ac.com

暖房器具についてはコードやヒーター部分の劣化がないか時々チェックしてみましょう。断線などから火災が起きるケースも珍しくありません。こたつのヒーターやコードは別売りで交換も可能です。

灯油の保管場所も気をつけて

暖房に必要な灯油の保管場所にも注意が必要です。盗難や放火を防止する意味でも、なるべく屋内の涼しい場所に保管しましょう。
出典:

暖房に必要な灯油の保管場所にも注意が必要です。盗難や放火を防止する意味でも、なるべく屋内の涼しい場所に保管しましょう。

マンションなどでやむなくベランダに置く場合は、そのまま置くと雨水や雪などの混入する危険があります。ベランダコンテナなどの屋外用収納を使って安全に保管して下さい。
出典:

マンションなどでやむなくベランダに置く場合は、そのまま置くと雨水や雪などの混入する危険があります。ベランダコンテナなどの屋外用収納を使って安全に保管して下さい。

寒い日もお家で心地よく快適に過ごしましょう

寒い冬の暮らしを暖かく、快適に。「暖房器具」の効率的な使い方&安全対策
出典:
本格的に冷え込む時期だけでなく、季節の変わり目で肌寒い時も含めると暖房にお世話になる時期は意外と長いもの。上手に使ってエコ&心地よい環境を整えてみましょう。
【画像のご提供ありがとうございます】

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play