寒さ知らずで朝までぐっすり。寝具やパジャマの選び方で変わる*冬の快眠術*

寒さ知らずで朝までぐっすり。寝具やパジャマの選び方で変わる*冬の快眠術*

体が冷えて寝付けなかったり、着膨れしすぎて布団の中が蒸れてしまったり。温度調節が難しい冬の夜、みなさんはよく眠れていますか?寒い季節も快適に眠るためには、布団の重ね方やパジャマの選び方が大切。さらに、ベッドに入る前の時間の過ごし方にも着目してみましょう。 2019年01月16日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
暮らし
快眠
過ごし方
睡眠
寝具
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
506

暖かくしているはずなのに、なぜか熟睡できない…?

布団や毛布を何枚も重ねて、たくさん着込んでいるのに熟睡できない…。そんな風に感じている人は、布団や体の温度調節がうまくできていないのかもしれません。
出典:www.pexels.com

布団や毛布を何枚も重ねて、たくさん着込んでいるのに熟睡できない…。そんな風に感じている人は、布団や体の温度調節がうまくできていないのかもしれません。

実は布団と毛布のかけ方には、保温性が高まる正しい順番があるんです。また、素材によっても通気性に違いが。この点に注意するだけでも、睡眠の質は格段に変わります。
出典:

実は布団と毛布のかけ方には、保温性が高まる正しい順番があるんです。また、素材によっても通気性に違いが。この点に注意するだけでも、睡眠の質は格段に変わります。

さらに、パジャマの着方や選び方、お休み前の時間の過ごし方にも着目してみましょう。寒い日も朝までぐっすり眠れる、様々な"快眠術"をご紹介します。
出典:

さらに、パジャマの着方や選び方、お休み前の時間の過ごし方にも着目してみましょう。寒い日も朝までぐっすり眠れる、様々な"快眠術"をご紹介します。

羽毛布団と毛布は"かける順番"が大切

羽毛布団は直接体にかける

意外と多くの人が勘違いしているのが、羽毛布団のかけ方。羽毛は体温を吸収して温まるため、体に直接かけるのが理想的とされています。
出典:

意外と多くの人が勘違いしているのが、羽毛布団のかけ方。羽毛は体温を吸収して温まるため、体に直接かけるのが理想的とされています。

それと同時に、羽毛は蒸発した汗も上手に逃がしてくれます。その機能を十分に活かすには、コットンやリネンなどの通気性の良いカバーを使うのがおすすめ。やわらかい肌触りの物を選ぶと、気持ち良く眠れますよ。
出典:

それと同時に、羽毛は蒸発した汗も上手に逃がしてくれます。その機能を十分に活かすには、コットンやリネンなどの通気性の良いカバーを使うのがおすすめ。やわらかい肌触りの物を選ぶと、気持ち良く眠れますよ。

毛布は羽毛布団の上にかける

羽毛布団の中に蓄えられた熱を逃さないよう、毛布は羽毛布団の上にかけます。羽毛をつぶさない、薄手で軽い毛布がベストです。
出典:

羽毛布団の中に蓄えられた熱を逃さないよう、毛布は羽毛布団の上にかけます。羽毛をつぶさない、薄手で軽い毛布がベストです。

おすすめの素材は、保温性と通気性の両方を兼ね備えた"ウール100%"の物。ひざ掛けやショールとしても使える物なら、一日中活躍してくれます。
出典:

おすすめの素材は、保温性と通気性の両方を兼ね備えた"ウール100%"の物。ひざ掛けやショールとしても使える物なら、一日中活躍してくれます。

上にかける毛布は、お部屋の雰囲気を左右するインテリアの役割も。気分によって柄を変えてみると楽しいですよ。
出典:

上にかける毛布は、お部屋の雰囲気を左右するインテリアの役割も。気分によって柄を変えてみると楽しいですよ。

厚みのある敷布団で温かさをキープ

布団や毛布はふんわり軽くする一方で、敷布団はしっかりと厚みのある物を選びましょう。温かさが下へ向かって逃げるのを防いでくれます。
出典:

布団や毛布はふんわり軽くする一方で、敷布団はしっかりと厚みのある物を選びましょう。温かさが下へ向かって逃げるのを防いでくれます。

マットレスの上で眠る場合は、ベッドパッドを使うと快適です。例えばこちらは、羊毛を詰め込んだベッドパッド。吸湿性が高く、蒸れる心配がありません。
出典:

マットレスの上で眠る場合は、ベッドパッドを使うと快適です。例えばこちらは、羊毛を詰め込んだベッドパッド。吸湿性が高く、蒸れる心配がありません。

また、こんな"ふわもこ"のベッドパッドを使うのもいいですね。温かさを重視すると同時に、通気性の良さもしっかり確認して選びましょう。
出典:

また、こんな"ふわもこ"のベッドパッドを使うのもいいですね。温かさを重視すると同時に、通気性の良さもしっかり確認して選びましょう。

パジャマは選び方や着方に工夫を

パジャマの素材として一番おすすめなのは、何と言っても"コットン"。汗を吸収して蒸れにくいため、一年を通して快適に眠ることができます。
出典:

パジャマの素材として一番おすすめなのは、何と言っても"コットン"。汗を吸収して蒸れにくいため、一年を通して快適に眠ることができます。

冷え性さんには、適度な厚みと起毛が暖かい"ネル"のパジャマが良いでしょう。冬にぴったりの温もりある肌触りが魅力です。
出典:

冷え性さんには、適度な厚みと起毛が暖かい"ネル"のパジャマが良いでしょう。冬にぴったりの温もりある肌触りが魅力です。

インナーにもコットンやシルクを

パジャマの下に着るインナーも、同じくコットン製がおすすめです。ポイントは締め付け過ぎないサイズ感。リブ編みのインナーは体型に合わせてよく伸びますよ。
出典:

パジャマの下に着るインナーも、同じくコットン製がおすすめです。ポイントは締め付け過ぎないサイズ感。リブ編みのインナーは体型に合わせてよく伸びますよ。

足先の冷えが気になる場合は、シルクのソックスが快適です。こちらは内側がシルク・表側がコットンのパイルソックス。ゆったりフィットして、2足分の温かさが感じられます。
出典:

足先の冷えが気になる場合は、シルクのソックスが快適です。こちらは内側がシルク・表側がコットンのパイルソックス。ゆったりフィットして、2足分の温かさが感じられます。

なるべく重ね着し過ぎない

寒さ対策としてニットやトレーナーなどを重ね着する人もいますが、寝返りが打ちにくくなるため、あまりおすすめできません。暖かくしたい時は、布団の選び方を工夫してみましょう。
出典:www.pexels.com

寒さ対策としてニットやトレーナーなどを重ね着する人もいますが、寝返りが打ちにくくなるため、あまりおすすめできません。暖かくしたい時は、布団の選び方を工夫してみましょう。

寝つきが良くなる。"ベッドに入る前の過ごし方"

お風呂でしっかり温まる

お風呂に入って温まった体は、1~2時間かけて体温が下がり、眠気を催す仕組みになっています。これがベッドに入るベストタイミング。体温がスムーズに上下するよう、湯船に浸かってしっかり温まりましょう。
出典:stocksnap.io

お風呂に入って温まった体は、1~2時間かけて体温が下がり、眠気を催す仕組みになっています。これがベッドに入るベストタイミング。体温がスムーズに上下するよう、湯船に浸かってしっかり温まりましょう。

部屋の中を暖かくしておく

寝室が冷え切っていると、ベッドに入る前に体が冷えて寝つきが悪くなってしまいます。暖房をがんがん付けておく必要はありませんが、ある程度の暖かさがある方が快眠につながります。
出典:

寝室が冷え切っていると、ベッドに入る前に体が冷えて寝つきが悪くなってしまいます。暖房をがんがん付けておく必要はありませんが、ある程度の暖かさがある方が快眠につながります。

冷えが気になるなら湯たんぽを

布団の冷たさが気になる方には、"湯たんぽ"がおすすめ。あらかじめベッドの中に入れておくとよいでしょう。足先やお腹などに当てながら眠ると気持ち良いですよ。
出典:

布団の冷たさが気になる方には、"湯たんぽ"がおすすめ。あらかじめベッドの中に入れておくとよいでしょう。足先やお腹などに当てながら眠ると気持ち良いですよ。

寝る前のスマホは控えめに

スマホが放つブルーライトは、交感神経を刺激して活性化させてしまうのだそう。寝る直前まで使っていると、頭が冴え渡ってしまうことがあります。
出典:www.pexels.com

スマホが放つブルーライトは、交感神経を刺激して活性化させてしまうのだそう。寝る直前まで使っていると、頭が冴え渡ってしまうことがあります。

寝室は明るくし過ぎない

寝室の照明も、あまり明る過ぎると目が覚めてしまいます。眠る前は間接照明や暖色系の明かりで穏やかに。徐々に眠気を催す工夫が大切です。
出典:

寝室の照明も、あまり明る過ぎると目が覚めてしまいます。眠る前は間接照明や暖色系の明かりで穏やかに。徐々に眠気を催す工夫が大切です。

温かい飲み物を飲む

お風呂から上がって時間が経ってしまった時は、温かい飲み物を飲んで体を温め直しましょう。おすすめはリラックス効果の高い"ハーブティー"。その日の疲れやストレスも軽減されそうですね。
出典:www.pexels.com

お風呂から上がって時間が経ってしまった時は、温かい飲み物を飲んで体を温め直しましょう。おすすめはリラックス効果の高い"ハーブティー"。その日の疲れやストレスも軽減されそうですね。

ぐっすり眠って爽やかな朝を迎えましょう

冬の快眠のコツは、保温性と通気性。そして、お休み前の過ごし方も大きく関わります。一つ一つはとてもシンプルなことなので、ぜひ今夜から試してみてはいかがでしょうか。
出典:www.pexels.com

冬の快眠のコツは、保温性と通気性。そして、お休み前の過ごし方も大きく関わります。一つ一つはとてもシンプルなことなので、ぜひ今夜から試してみてはいかがでしょうか。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play