理想の暮らしはどこに?一軒家とマンション、賃貸と持ち家のメリットとデメリット

理想の暮らしはどこに?一軒家とマンション、賃貸と持ち家のメリットとデメリット

理想の暮らしについて考えるとき、ライフプランもおのずと考えることになります。どのように働き生活を送っていきたいのか、どのようなコミュニティが自分にとって理想なのかを考えることによって、理想のお家が見えてくることでしょう。持ち家にしても賃貸にしても、それぞれメリット・デメリットがありますので、この機会に考えてみませんか? 2018年07月04日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
賃貸
暮らし
暮らし方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
741
理想の暮らしを想像してみたことはありますか?損得だけでは割り切れないのが住処の問題。お家を買うべきか、賃貸に住み続けるべきか。
購入するにしても一軒家かマンションか。新築か中古か…などたくさんの選択肢があって迷ってしまいます。

出典: unsplash.com

理想の暮らしを想像してみたことはありますか?損得だけでは割り切れないのが住処の問題。お家を買うべきか、賃貸に住み続けるべきか。
購入するにしても一軒家かマンションか。新築か中古か…などたくさんの選択肢があって迷ってしまいます。

ライフプランに合わせて選択

ライフプランとは仕事や家庭環境も踏まえて、どのような人生を送っていくかという大きな人生設計のこと。家のことを考えるとき切り離せない問題です。
そして、同じくマネープランも大切。何にどのくらいお金が掛かるのか詳細を把握しておくことで、理想の暮らしも見えてきますし、選択肢も広がります。

出典: unsplash.com

ライフプランとは仕事や家庭環境も踏まえて、どのような人生を送っていくかという大きな人生設計のこと。家のことを考えるとき切り離せない問題です。
そして、同じくマネープランも大切。何にどのくらいお金が掛かるのか詳細を把握しておくことで、理想の暮らしも見えてきますし、選択肢も広がります。

家を購入するなら考えておきたいこと

持ち家のメリットと言えば、終の棲家があるという「安心感」ではないでしょうか。家を基準にライフスタイルを考えたり、生活設計も立てやすくなります。
その一方で、近所付き合いなど何かトラブルがあったときに住み替えしにくい、というデメリットも。
住宅ローンが大きいほど精神的な負担もありますよね。

出典: unsplash.com

持ち家のメリットと言えば、終の棲家があるという「安心感」ではないでしょうか。家を基準にライフスタイルを考えたり、生活設計も立てやすくなります。
その一方で、近所付き合いなど何かトラブルがあったときに住み替えしにくい、というデメリットも。
住宅ローンが大きいほど精神的な負担もありますよね。

お子様が小さければまだ老後のことまで考える機会が少ないかもしれませんが、40代ともなればお子様のことだけでなく、老後の資金を準備をしつつ、どのような暮らしをしていくのかも平行して考えていく時期。
個人の収入や貯蓄、資産によるところも大きいですが、キャッシュフローについてしっかりと計画を立てることも大切です。

出典: unsplash.com

お子様が小さければまだ老後のことまで考える機会が少ないかもしれませんが、40代ともなればお子様のことだけでなく、老後の資金を準備をしつつ、どのような暮らしをしていくのかも平行して考えていく時期。
個人の収入や貯蓄、資産によるところも大きいですが、キャッシュフローについてしっかりと計画を立てることも大切です。

平均年齢は37歳

実際に家の購入に踏み切るその平均年齢は37歳。
住宅ローンを組むにしても35年のフルローンを組む方は少なく、平均は25年。繰り上げ返済をしつつ、だいたい50歳で完済を目指している方が多いのだそうです。
ちょうどお子様の教育期間と重なる時期ということもあり、無理のない返済計画であることもポイントに。

出典: unsplash.com

実際に家の購入に踏み切るその平均年齢は37歳。
住宅ローンを組むにしても35年のフルローンを組む方は少なく、平均は25年。繰り上げ返済をしつつ、だいたい50歳で完済を目指している方が多いのだそうです。
ちょうどお子様の教育期間と重なる時期ということもあり、無理のない返済計画であることもポイントに。

それぞれのご家庭の事情によりますが、返済のために生活が楽しいものでなくなってしまうのも辛いものです。
住宅ローンが短くなればなるほど精神的なストレスも少なくなるでしょう。
そのためにも前もってしっかりと頭金を準備しておきたいところです。

出典: unsplash.com

それぞれのご家庭の事情によりますが、返済のために生活が楽しいものでなくなってしまうのも辛いものです。
住宅ローンが短くなればなるほど精神的なストレスも少なくなるでしょう。
そのためにも前もってしっかりと頭金を準備しておきたいところです。

頭金の平均金額は?

気になる頭金は約4000万円の物件を購入される場合で、平均約1400万円なんだとか。
ちなみに都内でも人気エリアになると60平米で6000万円台と、価格は上昇傾向。完済まで長い道のりが予想されます。
生活のためのキャッシュフローも考えながら、焦らず準備していきたいですね。

出典: unsplash.com

気になる頭金は約4000万円の物件を購入される場合で、平均約1400万円なんだとか。
ちなみに都内でも人気エリアになると60平米で6000万円台と、価格は上昇傾向。完済まで長い道のりが予想されます。
生活のためのキャッシュフローも考えながら、焦らず準備していきたいですね。

返済が終わっても…

持ち家の場合考えておかなければならないのが「リフォーム」です。住宅ローンが終わる頃には、台所や洗面所など水回りをはじめ、一軒家なら外壁や屋根など外周りも気になってくる頃。
持ち家を維持・管理するための費用や、リフォーム用の資金も別に準備しておく必要があるでしょう。

出典: www.instagram.com(@goodroom_jp)

持ち家の場合考えておかなければならないのが「リフォーム」です。住宅ローンが終わる頃には、台所や洗面所など水回りをはじめ、一軒家なら外壁や屋根など外周りも気になってくる頃。
持ち家を維持・管理するための費用や、リフォーム用の資金も別に準備しておく必要があるでしょう。

減税制度を把握しておきましょう

リフォームの平均額は約400万円。2018年現在のところ、5年以上のローンは「ローン型減税」が、100万円を超える10年以上のローンには「住宅ローン減税」が。一括で支払う場合にも「投資型減税」が利用できます。
その他にもバリアフリー減税や省エネ減税など条件によって利用できる制度がありますので、フルに活用していきたいですね。

出典: www.instagram.com(@lifull.interior)

リフォームの平均額は約400万円。2018年現在のところ、5年以上のローンは「ローン型減税」が、100万円を超える10年以上のローンには「住宅ローン減税」が。一括で支払う場合にも「投資型減税」が利用できます。
その他にもバリアフリー減税や省エネ減税など条件によって利用できる制度がありますので、フルに活用していきたいですね。

中古物件も人気です。

都内で人気の新築物件は3,000万円〜4,000万円台なのだそうですが、ここ最近賑わいをみせているのが中古物件の「団地」です。
外観は古くてもリノベーション済み物件から、自由にDIYできる物件までライフスタイルに合わせて選びやすいでしょう。
リーズナブルな価格帯も魅力です。

出典:

都内で人気の新築物件は3,000万円〜4,000万円台なのだそうですが、ここ最近賑わいをみせているのが中古物件の「団地」です。
外観は古くてもリノベーション済み物件から、自由にDIYできる物件までライフスタイルに合わせて選びやすいでしょう。
リーズナブルな価格帯も魅力です。

団地は落ち着いて子育てしやすく、いろいろなショップや病院、学校や銀行など近隣に揃っていて、生活しやすいコミュニティ。
環境だけでなくお部屋そのものも、明るくて陽当りや風通しが良く、使いやすい間取りであることも人気の理由です。

出典:

団地は落ち着いて子育てしやすく、いろいろなショップや病院、学校や銀行など近隣に揃っていて、生活しやすいコミュニティ。
環境だけでなくお部屋そのものも、明るくて陽当りや風通しが良く、使いやすい間取りであることも人気の理由です。

賃貸派はリスクに備えれば◎

賃貸住宅のメリットはなんと言っても住み替えやすい点にあります。お子様の成長に合わせたり家族の増減、ライフステージに合った住み替えが可能なのは何より大きいですね。
そして、好きな場所を選べ、好きな間取りや外観など選択肢も豊富なこと。

出典: unsplash.com

賃貸住宅のメリットはなんと言っても住み替えやすい点にあります。お子様の成長に合わせたり家族の増減、ライフステージに合った住み替えが可能なのは何より大きいですね。
そして、好きな場所を選べ、好きな間取りや外観など選択肢も豊富なこと。


デメリットは定年退職後の住み替えが難しいことと、家賃分の老後資金が必要であること。
一生賃貸と決めていても老後の家賃も準備しながら、介護付き住宅への住み替えなども視野に入れていくのも良い方法です。
最近では定年間際に住宅を一括購入する方も増えているのだとか。
また、どんなに気に入った物件でも、家主さんの都合や老朽化によって退去を迫られることもあります。
いろいろなリスクを想定して備えておきましょう。

出典: unsplash.com

デメリットは定年退職後の住み替えが難しいことと、家賃分の老後資金が必要であること。
一生賃貸と決めていても老後の家賃も準備しながら、介護付き住宅への住み替えなども視野に入れていくのも良い方法です。
最近では定年間際に住宅を一括購入する方も増えているのだとか。
また、どんなに気に入った物件でも、家主さんの都合や老朽化によって退去を迫られることもあります。
いろいろなリスクを想定して備えておきましょう。

賃貸でもインテリアは楽しめる?

インテリア好きさんにとって、悩むのが内装。ですが、原状回復できるなら内装を替えることも可能です。
今は賃貸用に扱いやすい材料も豊富なので、DIYしながら少しずつお家を育てていくのもありですね。

出典:

インテリア好きさんにとって、悩むのが内装。ですが、原状回復できるなら内装を替えることも可能です。
今は賃貸用に扱いやすい材料も豊富なので、DIYしながら少しずつお家を育てていくのもありですね。

引っ越すなら6月〜8月がお得?

少しでも安く済ませたい家賃。時期によって相場が変わるのをご存知ですか?転勤などの住み替えで混み合う繁忙期を避けることで、お得なキャンペーンを受けられることも。

出典:

少しでも安く済ませたい家賃。時期によって相場が変わるのをご存知ですか?転勤などの住み替えで混み合う繁忙期を避けることで、お得なキャンペーンを受けられることも。

場所選びのポイントは?

好きな場所を選べると言っても、職場や学校などエリアの問題があります。通勤・通学がスムーズで治安が良く、住み心地の良い地域が理想ではないでしょうか。
賃貸物件を選ぶポイントも参考にしてみてください。

出典:

好きな場所を選べると言っても、職場や学校などエリアの問題があります。通勤・通学がスムーズで治安が良く、住み心地の良い地域が理想ではないでしょうか。
賃貸物件を選ぶポイントも参考にしてみてください。

個人保険や保証についても知っておきましょう♪

働けなくなるリスクについても考えておきましょう。
住宅ローンでは団体信用生命保険があるので、万が一のときはローンの免除等もありますが、賃貸だと個人で何かしらの保険に入っていなければ、家賃が負担になる場合も。
日頃から貯金をすることはもちろん、万が一の保証を得られる制度も知っておくと安心ですね。

出典: unsplash.com

働けなくなるリスクについても考えておきましょう。
住宅ローンでは団体信用生命保険があるので、万が一のときはローンの免除等もありますが、賃貸だと個人で何かしらの保険に入っていなければ、家賃が負担になる場合も。
日頃から貯金をすることはもちろん、万が一の保証を得られる制度も知っておくと安心ですね。

関連する情報

キナリノアプリをダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play