1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 生き方
  5. なりたい自分
  6. 生き方は一つだけじゃない。お手本にしたい“北欧・ヨーロッパ”の女性のライフスタイル
生き方は一つだけじゃない。お手本にしたい“北欧・ヨーロッパ”の女性のライフスタイル

生き方は一つだけじゃない。お手本にしたい“北欧・ヨーロッパ”の女性のライフスタイル

昨今、女性の生き方も多様化しているとはいえ、まだまだ「女性はこう生きるべき」という固定観念も根強いもの。「ちょっと息苦しいな」と思ったら、北欧やヨーロッパの女性のライフスタイルを参考にしてみませんか?仕事や子育て、ファッションからエイジングに対する考え方まで、国が変わるだけで随分変わってくるようですよ。40代の身近な疑問に応えてくれる国内の素敵なブロガーさんや人生の先輩たちのライフスタイルもきっと参考になります。そんな彼女達の日常をのぞき見しながら、自分らしい生き方について考えてみましょう。2019年11月28日更新

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード
暮らし生き方なりたい自分北欧
お気に入り数2856

日本の常識から一歩外へ。北欧やヨーロッパの女性から生き方を学んでみよう!

毎日同じ場所で過ごしていると、ふとした瞬間に「このままの自分でいいのかな?」「一生こうやって暮らし続けるんだろうか?」などと生き方について色々と思い悩んでしまうときがありませんか?

そんな時には是非、世界でもトップクラスの男女平等の社会を実現している北欧やヨーロッパの女性のライフスタイルに目を向けてみてください。

私たちの明日の糧になるような生きるヒントがあるかもしれません。
出典:unsplash.com

毎日同じ場所で過ごしていると、ふとした瞬間に「このままの自分でいいのかな?」「一生こうやって暮らし続けるんだろうか?」などと生き方について色々と思い悩んでしまうときがありませんか?

そんな時には是非、世界でもトップクラスの男女平等の社会を実現している北欧やヨーロッパの女性のライフスタイルに目を向けてみてください。

私たちの明日の糧になるような生きるヒントがあるかもしれません。


各国のジェンダー不平等状況を分析した、2017年版「ジェンダー・ギャップ指数(Gender Gap Index:GGI)」では、対象国144カ国のうち、男女格差が少ない国の上位を占めるのは、北欧やヨーロッパ諸国。日本は114位で、昨年から3つもランクを落としています。

<2017年度 ジェンダー・ギャップ指数結果>
第1位: アイスランド
第2位: ノルウェー
第3位: フィンランド
第4位: ルワンダ
第5位: スウェーデン
第6位: ニカラグア
第7位: スロヴェニア
第8位: アイルランド
第9位: ニュージーランド
第10位: フィリピン
第11位: フランス
第12位: ドイツ
第13位: ナミビア
第14位: デンマーク
第15位: 英国
第16位: カナダ
第17位: ボリビア
第18位: ブルガリア
第19位: 南アフリカ
第20位: ラトビア

※この指数では、ジェンダー間の経済的参加度や機会、教育達成度、健康と生存、政治的エンパワーメントといった4つの指標を基に算出されランキング化されています。

ナチュラルで前向きなヒュッゲの精神。デンマークの女性の生き方

北欧デンマークの女性は「ヒュッゲ」をとても大事にします。デンマーク語で「居心地がいい時間や空間」の意味を持つヒュッゲ。

もともと日照量が少ないため、お家の中でお茶や読書タイムを気ままに楽しんだり、編み物をしたり、暖炉を囲んで友人や家族とおしゃべりをしたり。そんなスローライフが根付いています。
出典:unsplash.com

北欧デンマークの女性は「ヒュッゲ」をとても大事にします。デンマーク語で「居心地がいい時間や空間」の意味を持つヒュッゲ。

もともと日照量が少ないため、お家の中でお茶や読書タイムを気ままに楽しんだり、編み物をしたり、暖炉を囲んで友人や家族とおしゃべりをしたり。そんなスローライフが根付いています。

少しでも心地よく、自分らしい時間を過ごすことを重視したそのヒュッゲ的なライフスタイルは、近年、世界中でブームになりつつあります。

お金を使って贅沢をすることではなく、好きなことをして心地よく過ごすことで「幸せ」をよりたくさん感じられるデンマーク女性。そんな生き方も、とても素敵ですよね。
出典:unsplash.com

少しでも心地よく、自分らしい時間を過ごすことを重視したそのヒュッゲ的なライフスタイルは、近年、世界中でブームになりつつあります。

お金を使って贅沢をすることではなく、好きなことをして心地よく過ごすことで「幸せ」をよりたくさん感じられるデンマーク女性。そんな生き方も、とても素敵ですよね。

またデンマークは教育費が無料で、子育てに対する社会サービスが充実している国ですので夫婦共働きは当たり前。

働く時間も日本より短く、ワークライフバランスを重視しているため、仕事と子育てが両立しやすいのだそうです。
出典:unsplash.com

またデンマークは教育費が無料で、子育てに対する社会サービスが充実している国ですので夫婦共働きは当たり前。

働く時間も日本より短く、ワークライフバランスを重視しているため、仕事と子育てが両立しやすいのだそうです。

デンマークの「ヒュッゲ」から学ぶハッピーライフ~幸せへのヒント10
デンマークの「ヒュッゲ」から学ぶハッピーライフ~幸せへのヒント10

欧米を中心に注目を集めている「ヒュッゲ」という言葉を聞いたことはありませんか?イギリスではヒュッゲブームが起こって、2017年の注目キーワードになったそう。「ヒュッゲ」とはデンマーク人が大切にしている時間の過ごし方や心の持ち方を表す言葉。日本は物質的に豊かで治安もよく世界的にみると恵まれている環境なのに「今とても幸せだ!」と自信をもって答えられる人はどれだけいるでしょうか?今回は、幸福度が高いデンマークの「ヒュッゲ」から幸せのヒントを学び、日本の生活の中にどう取り入れられるかを考えてみました。

デンマーク人が大切にしている時間の過ごし方や、心の持ち方を表す言葉を「ヒュッゲ」と言います。デンマーク人から幸せのヒントを学び、日本の生活の中にも取り入れてみませんか?

「働く女性にとってベストな国」アイスランドの女性の生き方

女性の社会進出・男女平等改革が進んでいる北欧諸国。特にアイスランドは、女性が働きやすい環境が揃っている背景もあり、女性たちは社会でどんどん活躍しています。
出典:stocksnap.io

女性の社会進出・男女平等改革が進んでいる北欧諸国。特にアイスランドは、女性が働きやすい環境が揃っている背景もあり、女性たちは社会でどんどん活躍しています。

なんとこの国では、女性が職場に赤ん坊を連れて行くのは当たり前なんだそうです!

しかも育休中、男女ともに給与の80%が支給され、取得しないとその手当を受け取る権利がなくなってしまうという徹底ぶり。

国をあげて女性が産後も働き続けることを応援しているのです。
出典:unsplash.com

なんとこの国では、女性が職場に赤ん坊を連れて行くのは当たり前なんだそうです!

しかも育休中、男女ともに給与の80%が支給され、取得しないとその手当を受け取る権利がなくなってしまうという徹底ぶり。

国をあげて女性が産後も働き続けることを応援しているのです。

しかしアイスランドの今の「男女平等」のシステムは、1975年に起こった女性達のストライキにより勝ち取った権利なのです。

アイスランドの女性たちのように、自分たちで声をあげて現状の制度をくつがえし、女性がもっと働きやすい環境に変えていく「強い意志」や「行動力」も、時には必要なのかもしれません。
出典:unsplash.com

しかしアイスランドの今の「男女平等」のシステムは、1975年に起こった女性達のストライキにより勝ち取った権利なのです。

アイスランドの女性たちのように、自分たちで声をあげて現状の制度をくつがえし、女性がもっと働きやすい環境に変えていく「強い意志」や「行動力」も、時には必要なのかもしれません。

年齢にとらわれず自由に生きる。フランス女性の生き方

30代だから、40代だから……と年齢に囚われて生きる女性が多い日本に対して、フランスの女性はもっと自由でナチュラル。

シミやシワ、たるみは「ありのまま」の自分として受け入れるし、歳を重ねることもおそれていないそうです。
出典:stocksnap.io

30代だから、40代だから……と年齢に囚われて生きる女性が多い日本に対して、フランスの女性はもっと自由でナチュラル。

シミやシワ、たるみは「ありのまま」の自分として受け入れるし、歳を重ねることもおそれていないそうです。

美意識の高いフランス人がなぜ?と思うかもしれません。ですがそもそも、フランスの女性達は年齢を重ねること自体をも「美しさの一部」だと考えているのです。

だからフランスの女性は歳を重ねてもブーツやミニスカートを颯爽と履き、自由なファッションを楽しんでいます。
出典:stocksnap.io

美意識の高いフランス人がなぜ?と思うかもしれません。ですがそもそも、フランスの女性達は年齢を重ねること自体をも「美しさの一部」だと考えているのです。

だからフランスの女性は歳を重ねてもブーツやミニスカートを颯爽と履き、自由なファッションを楽しんでいます。

また、同棲生活が法律で守られているフランスでは、結婚という形にとらわれません。
よいパートナーがいるかは尋ねられても、「いつ結婚するの?」とは聞かれないのだそう。

バカンスを大事にして、いつまでもロマンスを忘れず、おばあちゃんになっても恋愛を楽しむ生き方も、とても素敵だとは思いませんか?
出典:unsplash.com

また、同棲生活が法律で守られているフランスでは、結婚という形にとらわれません。
よいパートナーがいるかは尋ねられても、「いつ結婚するの?」とは聞かれないのだそう。

バカンスを大事にして、いつまでもロマンスを忘れず、おばあちゃんになっても恋愛を楽しむ生き方も、とても素敵だとは思いませんか?

大人の女性の「素敵」のヒミツ。フランス人女性に学ぶ『雰囲気美人』の作り方
大人の女性の「素敵」のヒミツ。フランス人女性に学ぶ『雰囲気美人』の作り方

年齢を重ねると、持って生まれた顔立ちだけでなく、生き方やしぐさ、会話、香りなどでその人の「美しさ」が際立ちますよね。特にフランス人女性は、年齢を重ねることにより、さらに美しくなる人が多い印象が。今回は、そんなフランス人女性を見習って、ステキな女性になるヒミツをご紹介しましょう。

元々持ってうまれた容姿の美しさだけでなく、内面からにじみ出る魅力を感じる『フランス人女性』たち。凛とした美しさや、確固とした自分の意見や考えのヒミツを探ってみましょう。

陽気で朗らか!モノを大切に人生を楽しむイタリア人女性の生き方

イタリア人というと、陽気で朗らか、いつだって人生を謳歌しているイメージがあるのではないでしょうか?

実際に彼女達はいつもニコニコ笑顔を絶やさず、「なんとかなるさ」というおおらかな精神を持っているのです。
出典:unsplash.com

イタリア人というと、陽気で朗らか、いつだって人生を謳歌しているイメージがあるのではないでしょうか?

実際に彼女達はいつもニコニコ笑顔を絶やさず、「なんとかなるさ」というおおらかな精神を持っているのです。

そして相手の素晴らしい部分を引き出すのが上手なのが、イタリア人女性の特徴。

いいところを見つけては褒めます。

そうすると、今度は反対に自分も褒めてもらえることが多く、お互いを高め合う関係を築けるので、どんどん美しくなっていくのだそうです。
出典:unsplash.com

そして相手の素晴らしい部分を引き出すのが上手なのが、イタリア人女性の特徴。

いいところを見つけては褒めます。

そうすると、今度は反対に自分も褒めてもらえることが多く、お互いを高め合う関係を築けるので、どんどん美しくなっていくのだそうです。

またイタリア人女性は、誰かのためにお洒落をするのではなく、自身が楽しむために、本当に好きなものを身につけます。

また、お気に入りの「物」はとても大切に扱うのだそうです。

壊れたら買い換えではなく、修繕を試みるというその姿勢を見習いたいものですね。
出典:unsplash.com

またイタリア人女性は、誰かのためにお洒落をするのではなく、自身が楽しむために、本当に好きなものを身につけます。

また、お気に入りの「物」はとても大切に扱うのだそうです。

壊れたら買い換えではなく、修繕を試みるというその姿勢を見習いたいものですね。

好きなことは全力で!情熱の国スペインの女性のライフスタイル

さすがに「情熱の国」と言われるだけあって、スペイン女性の生き方はとてもエネルギッシュ。

年齢に関係なく、とにかく人生に情熱を注ぎ、好きなことに全力で取り組みます。

年齢に関係なく、新しいことにチャレンジしたり、好きなことを追いかけたり、あくなきチャレンジをします。
出典:unsplash.com

さすがに「情熱の国」と言われるだけあって、スペイン女性の生き方はとてもエネルギッシュ。

年齢に関係なく、とにかく人生に情熱を注ぎ、好きなことに全力で取り組みます。

年齢に関係なく、新しいことにチャレンジしたり、好きなことを追いかけたり、あくなきチャレンジをします。

スペインではオンとオフがはっきりしています。仕事も遊びも大事にしていて、仕事は「人生のほんの一部」としか捉えていません。

お金を稼ぐこと以上に大切なことがあることを、多くの人が自覚しているのです。

とはいえ、仕事も大切。
スペイン人が シエスタ(お昼の2~3時間の休憩)をとるのは、午後に強い日差しが照りつけるため、暑い中ダラダラ作業するよりも、気温が下がったころに集中してすすめるほうが生産性が高いと考えているからなんです。
出典:unsplash.com

スペインではオンとオフがはっきりしています。仕事も遊びも大事にしていて、仕事は「人生のほんの一部」としか捉えていません。

お金を稼ぐこと以上に大切なことがあることを、多くの人が自覚しているのです。

とはいえ、仕事も大切。
スペイン人が シエスタ(お昼の2~3時間の休憩)をとるのは、午後に強い日差しが照りつけるため、暑い中ダラダラ作業するよりも、気温が下がったころに集中してすすめるほうが生産性が高いと考えているからなんです。

そしてモノではなく体験にお金を使い、人生をより謳歌しようとしているのです。

人生は一度きり。情熱に溢れた充実した人生を送ってみたいなという方は是非、スペイン女性の生き方を参考にしてみてはどうでしょう。
出典:unsplash.com

そしてモノではなく体験にお金を使い、人生をより謳歌しようとしているのです。

人生は一度きり。情熱に溢れた充実した人生を送ってみたいなという方は是非、スペイン女性の生き方を参考にしてみてはどうでしょう。

どんな時でも人生は楽しむもの。「スペイン人」に学ぶ【楽観的価値観】
どんな時でも人生は楽しむもの。「スペイン人」に学ぶ【楽観的価値観】

若者失業率が50%という最悪の経済状況の中でも、ネガティブに落ち込まないスペイン人たち。仕事がなくても友人とはバルへ。金曜の午後は仕事をしない人も多く、長期の休暇をとるのは当たり前。そんな生活習慣の背景には、仕事やお金がなくても幸せでいられる価値観があります。スペインのライフスタイルから、人生を楽しむちょっとしたヒントを学んでみませんか?

人生を楽しむちょっとしたヒントをくれる、「スペイン人」の【楽観的価値観】。どんな状況でも明るさを失わない、楽しく生きることを追求したスペイン人の国民性とは?

生き方を変えるには?方向転換の仕方がわからない時の心得

Photo by Anika Huizinga on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Anika Huizinga on Unsplash

外国の素敵なライフスタイルや価値観を学んだあとは、自分の生き方にも柔軟に取り入れていきたいものですよね。

特に40代~50代までの人は、うまくいかないことや大きな環境の変化に見舞われて「これまでの生き方を変えないと」と思っている人も多いのではないでしょうか。

40代~50代は生き方改革の時期

Photo by Guillaume Bolduc on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Guillaume Bolduc on Unsplash

実は40~50歳という年代は、人生の折り返し地点にあたります。心理学者C・G・ユングはこの時期を「人生の正午」と呼びました。

この時期は「体と心・他の人からどう見られるか・立ち位置・求められる役割」などが変化していきます。

周囲の環境や家族の状況も大きく変化していくことが多く、それに応じて変わりたくなくても、変化せざるを得ない人も……。

40~50代の女性、ライフスタイルはどう変わる?生き方上手さんのブログでチェック

生き方は一つだけじゃない。お手本にしたい“北欧・ヨーロッパ”の女性のライフスタイル
出典:www.instagram.com(@dahlia.dahli)
「これまで通りのやり方がうまくいかない。このままじゃダメなのはわかるけど、でも、どうすればいい?」そんな時に人生のお手本となるのは、生き方上手の先輩たちです。

年と共に変わる「着こなし方」「捨て方」「整え方」「心がけ」……40代になってからのシンプルで美しいライフスタイルを、憧れのブロガーさんから学んでみませんか?

「生き方を変えたい」と思ったら…40~50歳の貴方におすすめの本

「これからは、がんばりすぎない 40歳からの暮らし替え」柳沢小実 出版社:大和書房

これからは、がんばりすぎない 40歳からの暮らし替え
出典:amazon.co.jp

エッセイスト・柳沢小実さんが紹介するのは、40歳からの「無理をしない」等身大の暮らしのあり方。

背のびするでもなく、がんばりすぎもしない、けれど心ときめく…そんな身近なライフスタイルにそっと寄り添うゆるやかなスタイルが素敵です。

これからは、がんばりすぎない 40歳からの暮らし替え
134円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

「50歳からの暮らしの整え方」後藤由紀子 出版社:大和書房

50歳からの暮らしの整え方
出典:amazon.co.jp

避けては通れない「お金のこと」と「衣食住」、身近になってくる「親の介護」の話など、50代になってから改めて向き合って考えたいことが満載の1冊。

静岡で器と雑貨の店「hal」を営む後藤由紀子さんが手がけました。

50歳からの暮らしの整え方
200円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

生き方は顔に出る?!かっこいい生き方のヒントになる英語の名言

生き方は一つだけじゃない。お手本にしたい“北欧・ヨーロッパ”の女性のライフスタイル
出典:
40歳を過ぎた人間は、自分の顔に責任を持たなくてはならない。

Every man over forty is responsible for his face.
出典:リンカーンの名言・言葉(英語&日本語) | 名言+Quotes | Page: 2
米国の第16代大統領・エイブラハム・リンカーンの言葉です。

よく笑う人には笑い皺、悩み深い人には眉間に皺ができるなど、年を取ることで「これまでの生き方」がくっきりと顔に現れてくることがありますよね。1日1日を大切に、充実した毎日を送ることが、いい顔を作ります。よりよく生きたいものですね。

「生き方」の類語は「哲学・信条・ポリシー」

Photo by Kate Kozyrka on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Kate Kozyrka on Unsplash

「生き方」の類語は「哲学・信条・ポリシー」。

持って生まれた顔立ちは変わらなくても、「どんな哲学や信条・ポリシーを持って生きてきたか」が、その人の表情や醸し出す雰囲気を創り上げます。

包容力ある柔かな雰囲気・きりっとした力強い雰囲気・端然として落ち着いた雰囲気etc……「どんな風貌の人でありたいか?」を考えて、時には自分を振り返り、いかに生きるかを見直してみるのもいいかもしれません。

今までしてこなかった「したいこと」「仕事のこと」を考える

生き方は一つだけじゃない。お手本にしたい“北欧・ヨーロッパ”の女性のライフスタイル
出典:unsplash.com
中年期にさしかかり、若さに任せて猛進してきた20代~30代とは違って、仕事でもフルスピードで走るのは難しくなってきます。ふいに焦りを感じることもあるかもしれません。

「かつての夢や目標を達成できていない。急がなきゃ」と焦ったり、「これまでしてきた事が無意味に思えて、仕事に集中できない」と感じたり……。
「変わるにはもう遅い」と諦める人もいれば、「これが最後のチャンス」と今までおあずけにしていた「夢」に手を伸ばし、新天地に出て行く人も。

これまで達成したことを振り返り、「やり切った」と考えて終了させて新しいスタートを切るか、「まだ大切にしたいことが残っている」と続けるか、この機会にじっくり考えてみては。
Photo by Giulia Bertelli on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Giulia Bertelli on Unsplash

今までしてこなかった「したいこと」は、趣味として取り組むという選択肢も。無理のない範囲で、自分変革プロジェクトをすすめていきましょう。

生き方に上手も下手もない。自分らしく変化を身軽に乗り越えよう♪

自分に合いそうな国の女性の価値観を取り入れたり、人生の先輩にお手本を学んだりしているうちに、生き方を変えるヒントが見つかって、身軽な気分で歩き出せるかもしれません。

より自分らしい生き方を探してみませんか?
出典:unsplash.com

自分に合いそうな国の女性の価値観を取り入れたり、人生の先輩にお手本を学んだりしているうちに、生き方を変えるヒントが見つかって、身軽な気分で歩き出せるかもしれません。

より自分らしい生き方を探してみませんか?

画像をお借りしたサイト

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play