提供: 株式会社ツクルバ
こだわりの「暮らし」実現しよう。いつか…を叶える、自分に合った『マイホーム計画』

こだわりの「暮らし」実現しよう。いつか…を叶える、自分に合った『マイホーム計画』

誰もが一度は夢見る「マイホーム」。ただ自分の家を持つということだけではなく、そこでは新しい「暮らし」が生まれます。思い描いている「理想の暮らし」を実現するためには、どんなおうちに住めばよいのでしょうか?こだわって厳選した物件情報のみを紹介しているサイト『cowcamo』で働く、住まい探しのプロ二名の対談を通して、自分に合った物件選びのヒントを見つけてみましょう。 2018年05月14日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
773

理想的な暮らし、できていますか?

こだわりの「暮らし」実現しよう。いつか…を叶える、自分に合った『マイホーム計画』

丁寧にハンドドリップでコーヒーを淹れたり、季節の花をお気に入りの花器に飾ったり――これまでの経験から少しずつライフスタイルが洗練され、人それぞれ思い描く「理想の暮らし」に近づいているのではないでしょうか。
それでも、もし“イメージとどこか違う”と感じるのであれば、思い切って今の暮らしを見直すことも必要かもしれません。

「暮らし」は「住まい」があってこそ

こだわりの「暮らし」実現しよう。いつか…を叶える、自分に合った『マイホーム計画』

賃貸や分譲など「住まい」のカタチに関わらず、自分らしくこだわった暮らしは十分できます。だけど、「理想の暮らし」を頭の中でイメージしたときに、今の住居ではない“どこか”が思い浮かぶことはありませんか?

きっとその“どこか”とは、広さや間取りといった基本的な条件だけでなく、窓からの眺めや日当たりといった環境も含めて、理想的な「住まい」かも知れません。「理想の暮らし」は「理想の住まい」があってこそ手に入れられるもの。改めて今、「住まい」の大切さに気づかされます。

住まい探しのプロが語る「理想の暮らしを実現するためにこだわりたい“住まい”のポイント」とは?

こだわりの「暮らし」実現しよう。いつか…を叶える、自分に合った『マイホーム計画』

最近、中古マンションが注目されていると聞いたことはありますか?かつて建てられた物件は、好立地にありながら相場よりもだいぶお手頃。築年数が経っていても、きれいにリノベーションされてから販売されている物件も多く、マイホーム購入の選択肢の一つとして選ぶ方が増えているようです。

市場に出回る数多くの中古マンションから、独自のこだわった視点で物件を選び、紹介しているオンラインマーケット『cowcamo(カウカモ)』には、「理想の暮らし」を実現したい人たちが日々訪れます。

今回、そんな『カウカモ』で働く“住まい探しのプロ”であるお二人にご登場いただき、「理想の暮らし」を実現するためにこだわりたい、「住まい」のポイントについて語っていただきました。

テーマ:自分たちが考える「理想の暮らし」と「住まい」の関係

左)森勇貴さん/カウカモエージェントマネージャー。お客様一人ひとりと向き合い、住まい探しのお手伝いをしている。世田谷区のリノベ済中古マンションを購入し、追加リノベーションで手を加えた3LDKに家族3人暮らし。

右)伊勢谷亜耶子さん/カウカモ編集長 不動産やリノベーション分野のキャリアで培った“目利き力”を活かし、「カウカモ」で紹介する物件の選定や記事の編集などを行う。渋谷区の中古マンションをリノベーションし、ひとり暮らし。

左)森勇貴さん/カウカモエージェントマネージャー。お客様一人ひとりと向き合い、住まい探しのお手伝いをしている。世田谷区のリノベ済中古マンションを購入し、追加リノベーションで手を加えた3LDKに家族3人暮らし。

右)伊勢谷亜耶子さん/カウカモ編集長 不動産やリノベーション分野のキャリアで培った“目利き力”を活かし、「カウカモ」で紹介する物件の選定や記事の編集などを行う。渋谷区の中古マンションをリノベーションし、ひとり暮らし。

ともに中古マンションを購入し、リノベーションを加えた家で暮らすお二人。自身の「理想の暮らし」を実現するために「住まい」に何を求めたのでしょうか。

仕事もプライベートも“オンモード”でいられる場所

「カウカモ」の編集長として忙しい日々を過ごす伊勢谷さんの住まいは、渋谷駅からほど近いエリア。賑やかな繁華街のすぐそばを選んだのは、目指すライフスタイルに合っていたからだそう。

伊勢谷さん(以下敬称略):「わたしは独身ということもあり、小回りの利く、アクセスが便利な立地に住みたいと思った。職場まで徒歩圏内だから仕事も思いっきりできるし、友人も近くに多いからホームパーティーとか自宅で集まるのも気軽。常に“オンモード”で毎日を充実させたかった。」
こだわりの「暮らし」実現しよう。いつか…を叶える、自分に合った『マイホーム計画』

自分の「好き」が馴染む空間に
ほぼフルリノベーションを施したお部屋はヘリンボーン貼りのフローリングに、ワンルームをゆるやかに仕切るアイアンのフレームが個性的な組み合わせ。お気に入りのインテリアとの相性もばっちり。

ほぼフルリノベーションを施したお部屋はヘリンボーン貼りのフローリングに、ワンルームをゆるやかに仕切るアイアンのフレームが個性的な組み合わせ。お気に入りのインテリアとの相性もばっちり。

伊勢谷:「アンティークのものが好きで、一つひとつに愛着があるから、ちゃんと馴染む空間に置いてあげるのが理想だったかな。いわゆる“出来合い”の空間で暮らすのは、まったく想像できなくて…」

家族との暮らしと、自分を高められる場所

一方の森さんは、お子さんが生まれるにあたり、住みなれた雑司が谷から世田谷区・駒沢にお引越し。都心にもアクセス便利なエリアですが、近隣には広大な公園があり自然も豊かな環境です。
森さん(以下敬称略):「子どもが生まれることが家探しのきっかけだったから、公園が近くにあるとか、日当たりは必要とか、理想的な“家族の暮らし”を描いたね。実際に今の家は東南角部屋で隣は公園だし。」
こだわりの「暮らし」実現しよう。いつか…を叶える、自分に合った『マイホーム計画』

森:「やる気やモチベーションを上げてくれるもの、インスピレーションの原点になるもの、疲れたときに癒してくれるもの――僕が〈暮らし〉に求めているのは色々な軸があるけど、〈住まい〉はその全ての基盤になるものだと思う。」

伊勢谷:「そう。生活の“拠点”だから、住まいによって日々の暮らしが変わるし、そこが充実することによって仕事や交友関係も上手くいくと思う。まさに暮らしの“基盤”だよね。」
こだわったわけではなく「ただ、中古だっただけ」
購入時からリノベ済み物件だったが、床材や壁材などをさらにリノベーションによって好みのものへ変えたお部屋。元の間取りを変えずに活かすことが費用を抑えるポイントだそう。

購入時からリノベ済み物件だったが、床材や壁材などをさらにリノベーションによって好みのものへ変えたお部屋。元の間取りを変えずに活かすことが費用を抑えるポイントだそう。

森:「以前住んでいた家も自分たちでリノベーションしていて、とても愛着があったから、もう“普通“の部屋には住めないよね、と。とはいえ、新築を買って内装まで手を加えるとなると、費用的にも大変だし、理想を叶えるには中古マンションを買ってリノベーションするのがちょうど良かった。」

伊勢谷:「中古物件のほうが身近に感じるよね。年齢や収入とか“身の丈に合った”ものを選べるし、自分の所有物だから内装も好きなようにできる。」
住んでいる街に自然と愛着が沸いてくる
こだわりの「暮らし」実現しよう。いつか…を叶える、自分に合った『マイホーム計画』

森:「ライフステージの変化に合わせて〈住まい〉も替えていくものと思っていたから、今の家もずっと住むつもりはなかったけど、いざ暮らしてみたら心地よくて。引っ越してから早い段階で、近所に新しいコミュニティも生まれて、家族ぐるみのお付き合いも充実しているから、もう他の場所に移ることは考えられないくらい。“住めば都”じゃないけど(笑)。」

伊勢谷:「わたしも“渋谷に住む”って、常に背伸びしていないと…と思っていたけど、近所に昔ながらの花屋さんがあって、良心的な価格だから日常的に花を飾る暮らしが叶ったり、すぐ近くに24時間営業のスーパーがあったりして、意外にも“地に足のついた生活”ができるようになった気がする。自分の持ち家がある街だから、自然と街自体に愛着も沸いて、街のことをもっと知りたいと思えるんだよね。やっぱり〈住まい〉って物件だけじゃなくて、周辺環境とかどんな街に住むかってことも重要。」

その街での暮らしがイメージできる「カウカモマガジン」

こだわりの「暮らし」実現しよう。いつか…を叶える、自分に合った『マイホーム計画』

出典: cowcamo.jp

「カウカモ」の姉妹サイトである「カウカモマガジン」には、街にフォーカスした記事が多数掲載されています。はじめてのマイホーム探しは勝手がよく分からないもの。そんなときに役に立つ、街選びから住まいづくりのヒントまで、さまざまな情報が集まっているウェブマガジンです。
伊勢谷:「〈カウカモ〉で紹介する物件をセレクトするときは、『街の雰囲気』と『物件』、『間取り・内装』それぞれのキャラクターがひとつのストーリーとして“しっくり来ている”ものを選んでいる。そういう物件は自然と、そこで暮らすひとの姿がイメージできるというか。だから、物件紹介の記事に盛り込む周辺環境のスポット選びも、その人物像に合わせるようにしているよね。」

テーマ:マイホーム探しをはじめる読者に伝えたいこと

物件選びのプロであり、こだわりのマイホームを手に入れた先輩でもあるお二人。いつかは…と漠然に考えているひと、まさにライフステージの変化に合わせて購入を検討しているひと、さまざまなひとがいると思いますが、お二人が語る「マイホーム選びのポイント」は誰にでも参考になりそうなものでした。
森:「お客様と接していると、はじめは『エリア』とか『通勤時間』といった条件面を優先している方が多い。だから、なかなか理想の物件が見つからないことも…。だけど、『どんな暮らしをしたいか』という視点で問いかけてみると、自分でも意識していなかった“本当に求めている条件”は違うものだったことが分かったり。それで改めて探してみると、ぴったりの物件と出会えるケースはよくある。」

伊勢谷:「たとえば〈武蔵小山〉にこだわって探してたお客様の真意を聞き出したら“商店街がある街が好き”ってことがわかって、それなら…って他の街を提案したら理想の物件が見つかった、とかね。エージェントがしっかりとお客様に寄り添って、求めているものを聞き出し一緒に整理をして、家探しの道しるべをちゃんと示してあげる。カウカモは、そういう“人間的な感覚”を大事にしているよね。」
こだわりの「暮らし」実現しよう。いつか…を叶える、自分に合った『マイホーム計画』

「築年数」よりも大事なこと

伊勢谷:「築年数を気にする方も多いけど、単純に『年数』よりもメンテナンスの状況や、建物を維持しようとする姿勢のほうが重要。わたしの住んでいるマンションは築46年だけど、耐震補強をしていたり、オートロックを取り付けたり、玄関ドアや窓のサッシを気密性の高いものに替えていたり。それって、マンション全体でやるには莫大な金額がかかるし、簡単なことではないけど、それでもやっている意識の高さに安心したから今の家を買えた。」

森:「管理体制とかは、一般の方にはなかなか見えづらい部分だから、僕たちが代わりにしっかりとチェックして、おすすめできる物件だけをお客様に紹介している。それがカウカモの絶対的なポリシーだよね。」
こだわりの「暮らし」実現しよう。いつか…を叶える、自分に合った『マイホーム計画』

出典: cowcamo.jp

伊勢谷:「カウカモのサイトで紹介しているのは常時150件ほど。数で見ればとても大手の不動産サイトにはかなわないけど、一件一件、管理体制から周辺環境まで調べて、そこで暮らすひとをイメージしながら物件情報をまとめている。よく“おしゃれなリノベーション物件サイト”と言われることがあるんだけど、そうじゃない。もちろん内装もひとつの要素ではあるけど、総合的に見て心からおすすめできる物件だけを厳選しているんだよね。もし物件にネガティブな一面があったとしても、隠さずに伝えるし、『透明性』もカウカモがこだわっているスタイルだね。」

森:「〈カウカモ〉で紹介しているってことが、物件の質を担保していることに繋がっているよね。」
一点もの同士がマッチングすると、幸せな結末が待っている
伊勢谷:「中古リノベーションマンションはもちろん『一点もの』だけど、人それぞれが思い描く理想の暮らしも違うから、そこも『一点もの』だと思うんだよね。その一点もの同士が出会ったら、幸せな結末しかないってはっきり言える。たとえ、自分に合った物件が古くても“それで良いんじゃない?”っていう価値観が〈カウカモ〉かな。」

森:「その価値観に共感できる人たちには〈カウカモ〉はぴったりのサービスだよね。」

そこでしかできない、「理想の暮らし」を見つけよう

こだわりの「暮らし」実現しよう。いつか…を叶える、自分に合った『マイホーム計画』

「理想の暮らし」を叶えるために欠かせない「住まい」。“夢のマイホーム”というフレーズがあるように、マイホームを手にすることは、わたしたちにとってとても大きな決断です。ほとんどが「はじめて」で不安だらけ、でも失敗はしたくない。そんなプレッシャーの中で、わたしたちの気持ちを汲み取って理想の住まいへ導いてくれる――信頼出来る住まい選びのプロとの出会いも、欠かせないものではないでしょうか?

背伸びしない、自分に合った『マイホーム計画』を立ててみませんか?
icons Googl Play