「ただいま」「おかえり」ひとりじゃない、誰かと一緒に暮らすということ。

「ただいま」「おかえり」ひとりじゃない、誰かと一緒に暮らすということ。

誰かと一緒に暮らすということは、自分を必要とされること。嬉しいや悲しいを共有できること。ありふれた「ただいま」「おかえり」のやりとりだって、当然ひとりではできません。日々がしみじみとした温もりにあふれ、何気ない日常がかけがえのないものになる。今回はあらためて、身近に誰かがいる暮らしを見つめ直したいと思います。 2018年03月02日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
暮らし
二人暮らし
人間関係
一人暮らし
ひとり時間
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
561
長くひとり暮らしをしていると「誰かと暮らすなんて今さらだし」、また誰かと暮らしている人は「ひとりの時間がほしい」と思っているかもしれません。
出典:stocksnap.io

長くひとり暮らしをしていると「誰かと暮らすなんて今さらだし」、また誰かと暮らしている人は「ひとりの時間がほしい」と思っているかもしれません。

だけど、一緒に住んでいる時は「放っておいてほしい」と思っていた両親も、離れて暮らすと大切さを感じたりするように、身近に誰かがいることは思いのほか気持ちが安らぐもの。
出典:www.instagram.com(@ura_ura_days)

だけど、一緒に住んでいる時は「放っておいてほしい」と思っていた両親も、離れて暮らすと大切さを感じたりするように、身近に誰かがいることは思いのほか気持ちが安らぐもの。

もちろん面倒なこともありますが、それ以上にかけがえのない瞬間が何度も訪れます。大切な誰かを思い浮かべながら、そのあたりを今一度思い出してみませんか。
出典:www.instagram.com(@ura_ura_days)

もちろん面倒なこともありますが、それ以上にかけがえのない瞬間が何度も訪れます。大切な誰かを思い浮かべながら、そのあたりを今一度思い出してみませんか。

ひとり暮らしは楽しいけれど、、

好きな時に好きなことができるひとり暮らし。ごはんの時間やお風呂の順番なんて関係ないし、深夜まで趣味やゲームに没頭しても誰にとがめられることもありません。
出典:www.instagram.com(@aoyagiiii)

好きな時に好きなことができるひとり暮らし。ごはんの時間やお風呂の順番なんて関係ないし、深夜まで趣味やゲームに没頭しても誰にとがめられることもありません。

だけどその一方で、「料理がおいしくできた」とか、「育てている花が咲いた」とか、そういう嬉しい出来事があった時に誰とも分かち合えないのは、ちょっと寂しい。
出典:www.instagram.com(@ura_ura_days)

だけどその一方で、「料理がおいしくできた」とか、「育てている花が咲いた」とか、そういう嬉しい出来事があった時に誰とも分かち合えないのは、ちょっと寂しい。

また、風邪を引いたり、仕事で失敗したりと、弱っている時も心の拠り所がほしくなります。ひとり暮らしをしていると、誰もがそういう瞬間を経験するのではないでしょうか。
出典:www.instagram.com(@aoyagiiii)

また、風邪を引いたり、仕事で失敗したりと、弱っている時も心の拠り所がほしくなります。ひとり暮らしをしていると、誰もがそういう瞬間を経験するのではないでしょうか。

「誰かと一緒」で人生が豊かに

ささいな事から大きな悩みまで、何かあった時に自分以外の存在がすぐ側にいるというのは、想像以上に心強いことです。
出典:www.instagram.com(@kotochoki)

ささいな事から大きな悩みまで、何かあった時に自分以外の存在がすぐ側にいるというのは、想像以上に心強いことです。

嬉しい時に一緒に笑い、悲しい時に寄り添い合う。頼るだけでなく、相手から頼られるのも嬉しいもの。また「ただいま」「おかえり」のやりとりひとつでも、暮らしに潤いが生まれます。
出典:www.instagram.com(@kotochoki)

嬉しい時に一緒に笑い、悲しい時に寄り添い合う。頼るだけでなく、相手から頼られるのも嬉しいもの。また「ただいま」「おかえり」のやりとりひとつでも、暮らしに潤いが生まれます。

側にいるのは自分にとって大切な人はもちろん、犬や猫でもいいんです。寄り添ってくれる存在がいることで気持ちに余裕ができ、日々がうんと穏やかに流れます。
出典:www.instagram.com(@wacodays)

側にいるのは自分にとって大切な人はもちろん、犬や猫でもいいんです。寄り添ってくれる存在がいることで気持ちに余裕ができ、日々がうんと穏やかに流れます。

誰かと暮らすことで生まれる7つのもの

1.思いやりの気持ち

相手が喜んでくれると自分も嬉しい。ひとりではなかなか育むことのできない「思いやり」の気持ち。誰かと一緒に暮らしていると、相手の気持ちを配慮する習慣が自然と身につきます。
出典:www.instagram.com(@kotochoki)

相手が喜んでくれると自分も嬉しい。ひとりではなかなか育むことのできない「思いやり」の気持ち。誰かと一緒に暮らしていると、相手の気持ちを配慮する習慣が自然と身につきます。

2.自分を必要とされる喜び

頼られると嬉しいのは、そこに自分の存在価値を見出すことができるから。それは自己を肯定するためにとても大切なことです。ささいなことでも積み重なれば、やがて大きな自信へとつながります。
出典:www.instagram.com(@aoyagiiii)

頼られると嬉しいのは、そこに自分の存在価値を見出すことができるから。それは自己を肯定するためにとても大切なことです。ささいなことでも積み重なれば、やがて大きな自信へとつながります。

3.感情を共有できる

楽しいことは誰かと一緒だともっと楽しくなるし、悲しいことは誰かに聞いてもらうだけで紛れるもの。よい感情は増幅し、悪い感情は軽減する。誰かと感情を共有することで、心が穏やかに安定します。
出典:stocksnap.io

楽しいことは誰かと一緒だともっと楽しくなるし、悲しいことは誰かに聞いてもらうだけで紛れるもの。よい感情は増幅し、悪い感情は軽減する。誰かと感情を共有することで、心が穏やかに安定します。

4.視野が広がる

人の考えることや行動っておもしろい。誰かと一緒に住んでいると驚きや発見の連続です。自分ひとりだったら絶対にたどり着けない、新しいモノの見方ができるようになるかも。
出典:

人の考えることや行動っておもしろい。誰かと一緒に住んでいると驚きや発見の連続です。自分ひとりだったら絶対にたどり着けない、新しいモノの見方ができるようになるかも。

5.触れなくても感じる温もり

肌寒い日にひとりだと、なんとなく心細くなりませんか。ぴったりくっついていなくても、近くに誰かがいるだけで、心はしっかり温かくなるから不思議です。
出典:www.instagram.com(@ura_ura_days)

肌寒い日にひとりだと、なんとなく心細くなりませんか。ぴったりくっついていなくても、近くに誰かがいるだけで、心はしっかり温かくなるから不思議です。

6.何気ないことが楽しい

掃除も、洗濯も、料理も、ひとりだと億劫でも、誰かと一緒にすればちょっとしたイベントに。ありきたりな日常を楽しむことができたら、人生が今よりうんと豊かになるはず。
出典:www.instagram.com(@ura_ura_days)

掃除も、洗濯も、料理も、ひとりだと億劫でも、誰かと一緒にすればちょっとしたイベントに。ありきたりな日常を楽しむことができたら、人生が今よりうんと豊かになるはず。

7.「ただいま」を言える幸せ

「ただいま」と言えば、かえってくるのは「おかえり」。あなたが戻ってきてくれて嬉しいという気持ちが込められたやりとりです。自分の帰りを待つ存在がいるって、とても幸せなことですよね。
出典:www.instagram.com(@ura_ura_days)

「ただいま」と言えば、かえってくるのは「おかえり」。あなたが戻ってきてくれて嬉しいという気持ちが込められたやりとりです。自分の帰りを待つ存在がいるって、とても幸せなことですよね。

誰かと暮らすのは素敵なこと

誰かと一緒の暮らしは、気を使うし難しい部分も多々あります。でもそこから得られるのは、生きるうえでかけがえのないもの。今ある日常を当たり前だと思わずに優しい目線で見直すと、また違った風景が見えてくるのではないでしょうか。
出典:www.instagram.com(@wacodays)

誰かと一緒の暮らしは、気を使うし難しい部分も多々あります。でもそこから得られるのは、生きるうえでかけがえのないもの。今ある日常を当たり前だと思わずに優しい目線で見直すと、また違った風景が見えてくるのではないでしょうか。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play