小さな自然をオブジェのように。初心者さんにおすすめの《ミニ盆栽》

小さな自然をオブジェのように。初心者さんにおすすめの《ミニ盆栽》

小さな佇まいで四季を表現してくれるミニ盆栽。盆栽は、日本の伝統なのに日本人ほど“敷居が高い”と思っている人が多いですよね。しかし、海外で盆栽ブームが起こり、それをきっかけにして日本の幅広い年齢層から「カジュアルに楽しめる趣味」として改めて注目されはじめました。植物を育てることに慣れていない人や、何から手をつけたら良いかわからないという人のために、今回は、初心者の方にもチャレンジしやすいミニ盆栽を紹介します。ミニ盆栽のステキな飾り方も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね! 2017年11月24日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
ガーデニング
盆栽
ミニ盆栽
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
257
盆栽は、鉢に植えた草木を美しい姿に育て上げていく栽培方法の一つ。日本人には「盆栽」というと松の木というイメージが強いですが、桜や梅、観葉植物でお馴染みの草花を植え付けて、カジュアルに楽しむこともできるんです。
出典:

盆栽は、鉢に植えた草木を美しい姿に育て上げていく栽培方法の一つ。日本人には「盆栽」というと松の木というイメージが強いですが、桜や梅、観葉植物でお馴染みの草花を植え付けて、カジュアルに楽しむこともできるんです。

ミニ盆栽とは、背丈が10センチ以内の小さな鉢植え。手の平にのる小さな鉢の中で、しっかり四季の移ろいを感じさせます。マンションなどの庭のないお家でも楽しめるから、年齢も性別も越えて人気なんです。
出典:www.instagram.com(@greensnap.jp)

ミニ盆栽とは、背丈が10センチ以内の小さな鉢植え。手の平にのる小さな鉢の中で、しっかり四季の移ろいを感じさせます。マンションなどの庭のないお家でも楽しめるから、年齢も性別も越えて人気なんです。

多肉植物や観葉植物とは違って、手間もかかるけど育てる楽しみも多い盆栽。現代の生活空間にもマッチするミニ盆栽を始めてみませんか?
出典:

多肉植物や観葉植物とは違って、手間もかかるけど育てる楽しみも多い盆栽。現代の生活空間にもマッチするミニ盆栽を始めてみませんか?

初心者さんへの"おすすめ品種"

もみじ

もみじは、日本の四季を感じさせてくれる代表的な植物です。

もみじの大敵は乾燥。土をからさないように注意して、日当たりと風通しのいい場所に置きます。夏は葉焼けしないように半日陰、冬は枝を保護するために風、霜があたらない場所に置いてよく日に当てましょう。
出典:

もみじは、日本の四季を感じさせてくれる代表的な植物です。

もみじの大敵は乾燥。土をからさないように注意して、日当たりと風通しのいい場所に置きます。夏は葉焼けしないように半日陰、冬は枝を保護するために風、霜があたらない場所に置いてよく日に当てましょう。

なんといっても1番の楽しみは、秋の紅葉。手をかけて生長するもみじが、ほんのりと紅くなっていく姿は魅力的です。
出典:

なんといっても1番の楽しみは、秋の紅葉。手をかけて生長するもみじが、ほんのりと紅くなっていく姿は魅力的です。

盆栽と聞くと、「松」を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。松は土の質を選ばないので、育てるだけなら初心者でも比較的簡単ですが、美しい樹形を保つには手入れが必要という一面もあります。
出典:

盆栽と聞くと、「松」を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。松は土の質を選ばないので、育てるだけなら初心者でも比較的簡単ですが、美しい樹形を保つには手入れが必要という一面もあります。

日当たりの良い場所を好みますが、神経質にならなくても、1日の半分の日照があれば育つといわれいます。室外の風通しのいい場所が理想的ですが、室内でも風通し良ければ育ちます。
植えつけて2年間は、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えてください。2年経過した後は、春・秋は1日1回、夏は1日2回、冬は3日に1回のタイミングで水やりをします。
出典:

日当たりの良い場所を好みますが、神経質にならなくても、1日の半分の日照があれば育つといわれいます。室外の風通しのいい場所が理想的ですが、室内でも風通し良ければ育ちます。
植えつけて2年間は、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えてください。2年経過した後は、春・秋は1日1回、夏は1日2回、冬は3日に1回のタイミングで水やりをします。

松の魅力は、重厚感のある樹形と手入れにかかる技術と知識。盆栽にハマるほど、その奥深さがわかる松は、それだけ盆栽の魅力を楽しませてくれるはずです。
出典:

松の魅力は、重厚感のある樹形と手入れにかかる技術と知識。盆栽にハマるほど、その奥深さがわかる松は、それだけ盆栽の魅力を楽しませてくれるはずです。

苔玉

最近では雑貨屋さんでも売られている苔玉。まん丸の愛らしい形が女性に大人気です。
苔玉を持ってみて軽かったら乾いているサイン。水を入れたバケツに苔玉を入れて、中から出てくる気泡がなくなるまでそのままにします。
出典:

最近では雑貨屋さんでも売られている苔玉。まん丸の愛らしい形が女性に大人気です。
苔玉を持ってみて軽かったら乾いているサイン。水を入れたバケツに苔玉を入れて、中から出てくる気泡がなくなるまでそのままにします。

苔玉は、たっぷりの水分を含ませたらハンギングでも飾ることができます。まん丸な苔玉が陽だまりでブランコをしているみたいで、眺めているだけでほっこり♪

日当たりの良い場所を好みますが、直射日光が長時間あたる場所は避けましょう。
出典:

苔玉は、たっぷりの水分を含ませたらハンギングでも飾ることができます。まん丸な苔玉が陽だまりでブランコをしているみたいで、眺めているだけでほっこり♪

日当たりの良い場所を好みますが、直射日光が長時間あたる場所は避けましょう。

実もの

真っ赤な実をつけたヤブコウジ。小さな幹にたわわの実を付ける実もの盆栽は、初めてチャレンジする人にも植物の生長を実感できます。思わず頑張れ!と声をかけてしまうほど可愛らしい♪
出典:

真っ赤な実をつけたヤブコウジ。小さな幹にたわわの実を付ける実もの盆栽は、初めてチャレンジする人にも植物の生長を実感できます。思わず頑張れ!と声をかけてしまうほど可愛らしい♪

実が赤く色づいていくのが楽しみなカマツカコケモモ。すぐに落ちることのない実は、春先まで鑑賞することができます。
出典:

実が赤く色づいていくのが楽しみなカマツカコケモモ。すぐに落ちることのない実は、春先まで鑑賞することができます。

山査子や姫リンゴなど、秋になると真っ赤な実を付ける盆栽も人気のの品種。つぼみから花が咲いて実をつけるまで、毎日の変化が楽しみです。
出典:

山査子や姫リンゴなど、秋になると真っ赤な実を付ける盆栽も人気のの品種。つぼみから花が咲いて実をつけるまで、毎日の変化が楽しみです。

ガジュマル

ユニークな形と“精霊が宿る木”と知られることから、観葉植物でも人気のガジュマルは、ミニ盆栽にもおすすめの品種です。
その独特な形は、和風の植木鉢にも、洋風の雰囲気にもお似合い。
カジュアルに盆栽を楽しみたい、洋風リビングに似合う盆栽が欲しいという人におすすめ!
出典:

ユニークな形と“精霊が宿る木”と知られることから、観葉植物でも人気のガジュマルは、ミニ盆栽にもおすすめの品種です。
その独特な形は、和風の植木鉢にも、洋風の雰囲気にもお似合い。
カジュアルに盆栽を楽しみたい、洋風リビングに似合う盆栽が欲しいという人におすすめ!

熱帯地方に分布するガジュマルは、日当たりのいい場所を好みます。夏場は葉焼けしないように半日陰に置くようにしてください。3月~10月は生長する時期。このときは、表土が乾いたらたっぷりと水をあげましょう。
出典:

熱帯地方に分布するガジュマルは、日当たりのいい場所を好みます。夏場は葉焼けしないように半日陰に置くようにしてください。3月~10月は生長する時期。このときは、表土が乾いたらたっぷりと水をあげましょう。

人気の苔玉にガジュマルを植え付けた可愛らしい盆栽。お部屋に舞い降りた精霊が、緑の苔玉にちょこんと腰掛けているみたいですね。
出典:

人気の苔玉にガジュマルを植え付けた可愛らしい盆栽。お部屋に舞い降りた精霊が、緑の苔玉にちょこんと腰掛けているみたいですね。

みんなの素敵なミニ盆栽

ミニ盆栽と小さなお地蔵様のオブジェが飾られたハウス型のガラスケース。小さな空間ですが、日本の侘び寂びを感じる空間です。
出典:www.instagram.com(@greensnap.jp)

ミニ盆栽と小さなお地蔵様のオブジェが飾られたハウス型のガラスケース。小さな空間ですが、日本の侘び寂びを感じる空間です。

曲がった幹が小さいながら勇ましい黒松のミニ盆栽。木製の器と水引きとの相性がバツグン。お正月にもピッタリですね。
出典:

曲がった幹が小さいながら勇ましい黒松のミニ盆栽。木製の器と水引きとの相性がバツグン。お正月にもピッタリですね。

軽石でできた植木鉢に山苔と紅葉を植えた盆栽。ゴツゴツした軽石の質感と、紅葉の淡い葉色、赤い枝の色合いが素敵です。
出典:

軽石でできた植木鉢に山苔と紅葉を植えた盆栽。ゴツゴツした軽石の質感と、紅葉の淡い葉色、赤い枝の色合いが素敵です。

陶芸作家・若菜綾子さんの鉢を使用した、手の平ほどのミニ盆栽。和のイメージが強い松ですが、淡いブルーの器が洋風のインテリアにもしっくりなじませてくれそうです。
出典:

陶芸作家・若菜綾子さんの鉢を使用した、手の平ほどのミニ盆栽。和のイメージが強い松ですが、淡いブルーの器が洋風のインテリアにもしっくりなじませてくれそうです。

おわりに。

小さな自然をオブジェのように。初心者さんにおすすめの《ミニ盆栽》
出典:
盆栽と聞くと、なんだか古くさくて難しそうに考えてしまいますが、もっとカジュアルに楽しめるものなんですね。
ミニ盆栽で四季を身近なに感じる暮らしを始めてみませんか?
お部屋に小さな緑を。洋風インテリアにもぴったり!ミニ盆栽を育ててみませんか?
お部屋に小さな緑を。洋風インテリアにもぴったり!ミニ盆栽を育ててみませんか?

日本古来の盆栽が可愛らしいミニサイズに。植物や器で季節を表現できるという趣きを残しつつ、モダンインテリアにも合う佇まい。女性からも注目を集めています。もう男性だけの趣味ではない、ミニ盆栽の種類や育て方をまとめてみました。

ミニ盆栽を飾ってみたくなりましたか?こちらでは、初心者さんにもおすすめの種類や育て方についてご紹介しています。

関連する情報

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play