少しの手間で変わる!野菜を美味しく保存するコツとは?

少しの手間で変わる!野菜を美味しく保存するコツとは?

野菜を買う時、鮮度を吟味している人も意外に無頓着なのがその保存方法。とりあえずどんなものでも、冷蔵庫に入れておけば大丈夫だと思っていませんか? 野菜を冷蔵庫で保存すると、いざ使う時にしおれていたり、乾燥してシワシワになっていたり、キノコなんかはベッチャリしてしまったり。新鮮な野菜も、保存方法次第で台無しにしてしまうことがあります。野菜の保管は、それぞれに最適な方法があります。今回は、常備野菜の保存方法についてご紹介します。 2017年11月20日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
野菜
保存方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
528

野菜の保存方法をしっていますか?

野菜を買う時に、鮮度を気にするという人は多いですよね。すぐに使いきれればいいですが、使い残した野菜を冷蔵庫で保管していたら、しおれたり乾燥してシワシワになったりしたことがありませんか?
今回は、冷蔵保存・常温保存など、野菜の美味しさを長持ちさせる「野菜の保管方法」についてご紹介します。
少しの手間で変わる!野菜を美味しく保存するコツとは?

出典: www.pexels.com

野菜は、収穫した後も呼吸を続けて生育し続けています。冷蔵庫で保管すると鮮度が長持ちするのは、温度が低い場所では、一時的に野菜の呼吸が抑制されて、生育が進みにくくなるためです。
少しの手間で変わる!野菜を美味しく保存するコツとは?

出典: www.instagram.com(@mi1341)

呼吸している野菜を長持ちさせるには、ストックバッグに入れたり、切り口をラップで包むなどして、少しでも水分の蒸発を防ぐことがポイントです。
野菜によっては味や食感が変わってしまうので、冷蔵庫が苦手な野菜や冷凍保存が適した野菜も覚えておきたいですね!

基本の保存方法は『冷蔵』です

にんじん・大根など

にんじんや大根などの「根菜類」は、葉や茎をつけたままにしておくと、葉が水分を吸い上げて根の栄養価が下がるといわれています。保存する時は、葉を切り取り、水分をふき取ってから新聞紙に包んで保存しましょう。結露による劣化を遅らせることができます。

出典: www.pexels.com

にんじんや大根などの「根菜類」は、葉や茎をつけたままにしておくと、葉が水分を吸い上げて根の栄養価が下がるといわれています。保存する時は、葉を切り取り、水分をふき取ってから新聞紙に包んで保存しましょう。結露による劣化を遅らせることができます。

根菜類は、土に生えていた状態で保存した方が日持ちすると言われています。できれば、立てて保存しましょう。
ペットボトルや100均のプラスチックケースなどを利用すると立てやすくなります。

大根の保存には、意外に知られていない注意点があります。
大根は、冷凍すると繊維が破壊されて食感が悪くなり、味が劣化します。冷凍保存には向かない野菜です。冷蔵庫で保管して、できるだけ早く使い切るようにしましょう。

出典:

根菜類は、土に生えていた状態で保存した方が日持ちすると言われています。できれば、立てて保存しましょう。
ペットボトルや100均のプラスチックケースなどを利用すると立てやすくなります。

大根の保存には、意外に知られていない注意点があります。
大根は、冷凍すると繊維が破壊されて食感が悪くなり、味が劣化します。冷凍保存には向かない野菜です。冷蔵庫で保管して、できるだけ早く使い切るようにしましょう。

キャベツ・レタス・白菜

キャベツやレタスは、芯をくり抜いて水を含ませたキッチンペーパーを詰め、ビニール袋に入れたら芯を下にして冷蔵庫で保管します。キャベツをまるごと使わない時は、カットするのではなく、1枚ずつはがして使うのが長持ちさせるポイント。

出典: www.flickr.com(@Mike Licht)

キャベツやレタスは、芯をくり抜いて水を含ませたキッチンペーパーを詰め、ビニール袋に入れたら芯を下にして冷蔵庫で保管します。キャベツをまるごと使わない時は、カットするのではなく、1枚ずつはがして使うのが長持ちさせるポイント。

1/2や1/4カットで購入することも多い野菜ですが、カットした状態では日持ちがしません。切り口が空気に触れないようにラップで包んで、出来るだけ早く使い切るようにしましょう。

出典:

1/2や1/4カットで購入することも多い野菜ですが、カットした状態では日持ちがしません。切り口が空気に触れないようにラップで包んで、出来るだけ早く使い切るようにしましょう。

葉野菜

ほうれん草や小松菜は、濡らした新聞紙で包んでからビニール袋に入れて、立てた状態で冷蔵庫の野菜室で保存します。
葉の部分を乾燥させないことが大切。
水で湿らせたキッチンペーパーを茎の部分に巻きつけてから新聞紙で包むと、より長持ちさせることができます。

出典: www.flickr.com(@pika1935)

ほうれん草や小松菜は、濡らした新聞紙で包んでからビニール袋に入れて、立てた状態で冷蔵庫の野菜室で保存します。
葉の部分を乾燥させないことが大切。
水で湿らせたキッチンペーパーを茎の部分に巻きつけてから新聞紙で包むと、より長持ちさせることができます。

水洗いしてから保存したいときの方法は…水滴がつくようにざっと水洗いをして、密閉容器にふんわり入れます。
あとは、冷蔵庫で保存するだけ。
パクチーやフリルレタスのような柔らかな葉の野菜も、密封容器保存で数日間はパリパリ♪

出典:

水洗いしてから保存したいときの方法は…水滴がつくようにざっと水洗いをして、密閉容器にふんわり入れます。
あとは、冷蔵庫で保存するだけ。
パクチーやフリルレタスのような柔らかな葉の野菜も、密封容器保存で数日間はパリパリ♪

もやし

もやしは、他の野菜と比べると保存できる期間がとても短いので、できるだけ早く使い切るのが原則です。保存する場合は、湯通ししてから、爪楊枝で穴を開けたポリ袋に入れて冷蔵庫で保存します。

出典:

もやしは、他の野菜と比べると保存できる期間がとても短いので、できるだけ早く使い切るのが原則です。保存する場合は、湯通ししてから、爪楊枝で穴を開けたポリ袋に入れて冷蔵庫で保存します。

生のまま保存する場合は、水を入れた密封容器にいれて冷蔵庫で保管。2~3日に1度、できれば毎日水を取り替えれば、1週間以上保存することができます。

出典:

生のまま保存する場合は、水を入れた密封容器にいれて冷蔵庫で保管。2~3日に1度、できれば毎日水を取り替えれば、1週間以上保存することができます。

きゅうり

急激な温度変化に弱いきゅうりは、特に低温が苦手で、栄養価まで低下してしまいます。
冷蔵庫では温度が低すぎるので、冬場は風通しのいい場所で保存するのが理想的です。冷蔵庫の野菜室で保存する場合には、水気を拭き取り、10-15℃程度で新聞紙などに包んで立てた状態にしておくと長持ちします。

出典:

急激な温度変化に弱いきゅうりは、特に低温が苦手で、栄養価まで低下してしまいます。
冷蔵庫では温度が低すぎるので、冬場は風通しのいい場所で保存するのが理想的です。冷蔵庫の野菜室で保存する場合には、水気を拭き取り、10-15℃程度で新聞紙などに包んで立てた状態にしておくと長持ちします。

ピーマン・パプリカ

水気が苦手なピーマンは、水分を丁寧に拭きとってから、ポリ袋に入れて冷暗所での保存。
冷凍保存では更に長持ちさせることができます。
種とワタを取り出して、水気をしっかり拭きとった後に、使いやすい大きさに切ってからフリーザーバッグに入れて冷凍すると、鮮度も鮮やかな色も長持ちしますよ!

出典:

水気が苦手なピーマンは、水分を丁寧に拭きとってから、ポリ袋に入れて冷暗所での保存。
冷凍保存では更に長持ちさせることができます。
種とワタを取り出して、水気をしっかり拭きとった後に、使いやすい大きさに切ってからフリーザーバッグに入れて冷凍すると、鮮度も鮮やかな色も長持ちしますよ!

常温保存に適した野菜

じゃがいも

芋類は、湿気があると腐りやすく、日当たりがいいと緑に変色したりして品質が劣化してしまいます。土をよくはらってから、新聞紙で包むか、紙袋にいれて風通しのいい冷暗所で保存しましょう。

じゃがいもは、冷凍すると食感が変わって、美味しさが損なわれます。残ったカレーを冷凍する時も、じゃがいもだけ取り除いて冷凍することが美味しさを劣化させないコツですよ!

出典: www.pexels.com

芋類は、湿気があると腐りやすく、日当たりがいいと緑に変色したりして品質が劣化してしまいます。土をよくはらってから、新聞紙で包むか、紙袋にいれて風通しのいい冷暗所で保存しましょう。

じゃがいもは、冷凍すると食感が変わって、美味しさが損なわれます。残ったカレーを冷凍する時も、じゃがいもだけ取り除いて冷凍することが美味しさを劣化させないコツですよ!

さつまいも

温かい地域で育つサツマイモは寒さが苦手なので、常温保存が基本。長期保存するならできるだけ土がついたままで、新聞紙に1つずつ包んだら、通気性のいい段ボールや紙袋などに入れて保存しましょう。水分がつくと腐りやすくなるので、水洗いはNGです。

高温過ぎると発芽してしまい、低温すぎると傷みが早くなるので、適度な温度と湿度が必要です。

出典:

温かい地域で育つサツマイモは寒さが苦手なので、常温保存が基本。長期保存するならできるだけ土がついたままで、新聞紙に1つずつ包んだら、通気性のいい段ボールや紙袋などに入れて保存しましょう。水分がつくと腐りやすくなるので、水洗いはNGです。

高温過ぎると発芽してしまい、低温すぎると傷みが早くなるので、適度な温度と湿度が必要です。

玉ねぎ

玉ねぎは、長期保存ができる野菜です。丸ごと保存する場合は、ネットなどで吊るして保存するのが理想的です。湿度が高いと腐敗してしまうので、風通しのいい場所がベストです。
新玉ねぎは傷みが早いので、新聞紙で包んだあら冷蔵庫で保存しましょう。

出典: www.pexels.com

玉ねぎは、長期保存ができる野菜です。丸ごと保存する場合は、ネットなどで吊るして保存するのが理想的です。湿度が高いと腐敗してしまうので、風通しのいい場所がベストです。
新玉ねぎは傷みが早いので、新聞紙で包んだあら冷蔵庫で保存しましょう。

玉ねぎは、シャキシャキとした食感はなくなりますが、冷凍すると甘みが凝縮されます。まとめて下処理をする時には、みじん切りや使いやすい大きさに切ってから冷凍しておくと、旨みもまして料理の手間も省けるのでおすすめですよ!

出典: www.pexels.com

玉ねぎは、シャキシャキとした食感はなくなりますが、冷凍すると甘みが凝縮されます。まとめて下処理をする時には、みじん切りや使いやすい大きさに切ってから冷凍しておくと、旨みもまして料理の手間も省けるのでおすすめですよ!

きのこ類

水気がついていると傷みやすくなるので、保存する際は洗わないで、そのまま新聞紙などに包んでから冷蔵庫に入れましょう。
傘の部分をひっくり返して、石づきを上向きに保存すると長持ちするといわれています。

出典: www.pexels.com

水気がついていると傷みやすくなるので、保存する際は洗わないで、そのまま新聞紙などに包んでから冷蔵庫に入れましょう。
傘の部分をひっくり返して、石づきを上向きに保存すると長持ちするといわれています。

きのこ類は、冷凍保存がしやすい野菜です。石づきを取り除いて使いやすい大きさに切り、フリーザーバッグなどに入れてれ等保存しましょう。
干し椎茸は、生よりも栄養価が高いのは有名ですが、きのこ類を冷凍すると干したのと同じ効果があり、旨み成分が溶け出しやすくなるというメリットも!

出典:

きのこ類は、冷凍保存がしやすい野菜です。石づきを取り除いて使いやすい大きさに切り、フリーザーバッグなどに入れてれ等保存しましょう。
干し椎茸は、生よりも栄養価が高いのは有名ですが、きのこ類を冷凍すると干したのと同じ効果があり、旨み成分が溶け出しやすくなるというメリットも!

おわりに

少しの手間で変わる!野菜を美味しく保存するコツとは?

出典: www.flickr.com(@Andy Roberts)

今まで、最後まで使い切ることなく、捨ててしまっていたという人は、保存方法が間違っていたのかも。正しい保存方法と冷凍保存のテクニックも覚えておくと、家計の節約にもなりますね!

関連する情報

キナリノアプリをダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play