ベランダ&窓辺で《ちょこっとガーデニング》秋におすすめの「ハーブ&野菜」と育て方

ベランダ&窓辺で《ちょこっとガーデニング》秋におすすめの「ハーブ&野菜」と育て方

「ガーデニングは春にはじめるもの」と思っていませんか?秋の種まきが適しているハーブや野菜もあるんですよ。今回は、ベランダや窓辺、ちいさなスペースでも作れる野菜やハーブをご紹介します。成長を楽しめるだけでなく、キッチン近くにあると"ちょこちょこ"使えてとっても便利♪プランターは100円ショップやホームセンターにあるものでも充分!この秋「ちょこっとガーデニング」はじめてみませんか。 2017年09月13日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
ガーデニング
ハーブ
野菜
家庭菜園
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
183

手軽に「ちょこっとガーデニング」

窓辺においた小さな鉢やベランダのコンテナでも、ハーブや野菜を育てることができます♪自分の手で育てる野菜は、無農薬で新鮮!食べるまでグリーンとして楽しむこともできますよね。秋からはじめる「ちょこっとガーデニング」はじめてみませんか?

出典: www.photo-ac.com

窓辺においた小さな鉢やベランダのコンテナでも、ハーブや野菜を育てることができます♪自分の手で育てる野菜は、無農薬で新鮮!食べるまでグリーンとして楽しむこともできますよね。秋からはじめる「ちょこっとガーデニング」はじめてみませんか?

秋にはじめるメリット

秋から冬にかけて育てるのに適した野菜やハーブは、低温に強い品種になります。年に2回、春と秋に植え付けができる品種は秋のほうが育てやすいといわれているくらい。

出典: pixabay.com

秋から冬にかけて育てるのに適した野菜やハーブは、低温に強い品種になります。年に2回、春と秋に植え付けができる品種は秋のほうが育てやすいといわれているくらい。

気温が低いために害虫が少なく、トウが立ちにくい(※)、熱い中作業しなくてすむ、などの理由があります。さらに、ほうれん草などの葉物野菜が冬の霜にあたると、甘みと柔らかさが増すといわれています。秋からはじめると、いいこといっぱいですね♪ 

出典: pixabay.com

気温が低いために害虫が少なく、トウが立ちにくい(※)、熱い中作業しなくてすむ、などの理由があります。さらに、ほうれん草などの葉物野菜が冬の霜にあたると、甘みと柔らかさが増すといわれています。秋からはじめると、いいこといっぱいですね♪ 

※トウが立つ、というのは「花が咲く」という意味です。植物は全力で花を咲かせるので、花が咲くと葉っぱ類は固く美味しくなくなり、食べごろではなくなります。

出典:

※トウが立つ、というのは「花が咲く」という意味です。植物は全力で花を咲かせるので、花が咲くと葉っぱ類は固く美味しくなくなり、食べごろではなくなります。

オススメの秋植え《ハーブ》

ローズマリー

香りがよく、肉料理や魚料理などに活躍するハーブ。キッチン近くにひとつあると重宝しますね。乾燥に強いので、手間もかかりません。

出典: unsplash.com

香りがよく、肉料理や魚料理などに活躍するハーブ。キッチン近くにひとつあると重宝しますね。乾燥に強いので、手間もかかりません。

水はけのよい土を好み、水をやりすぎると枯れてしまいます。乾燥すると葉っぱが細くなってくるので、細くなったら水をあげれば大丈夫。強い霜に当たると枯れてしまうので、冬に寒波が来る時は室内に入れてあげましょう。

■植え時・収穫■ 苗を植えるのは9~10月。枯れなければ一年中ずっと収穫できます

出典: pixabay.com

水はけのよい土を好み、水をやりすぎると枯れてしまいます。乾燥すると葉っぱが細くなってくるので、細くなったら水をあげれば大丈夫。強い霜に当たると枯れてしまうので、冬に寒波が来る時は室内に入れてあげましょう。

■植え時・収穫■ 苗を植えるのは9~10月。枯れなければ一年中ずっと収穫できます

オレガノ

肉料理やトマト・ニンニクと合うハーブ。ハーブティーにもよく使われますよ。育てやすいハーブですが、高温多湿に弱いので夏は蒸れないように、水のやりすぎに注意しましょう。

出典: www.pexels.com

肉料理やトマト・ニンニクと合うハーブ。ハーブティーにもよく使われますよ。育てやすいハーブですが、高温多湿に弱いので夏は蒸れないように、水のやりすぎに注意しましょう。

霜や雪には弱いので冬は室内に入れてあげましょう。根が張りやすいので、できれば毎年株分けしながら植え替えをするとGood♪とてもかわいい小さな花が咲きます。

■植え時・収穫■ タネをまくのは9月中~下旬。2年目以降に花を咲かせるので、その直前がいちばん香りが強くなります。

出典: pixabay.com

霜や雪には弱いので冬は室内に入れてあげましょう。根が張りやすいので、できれば毎年株分けしながら植え替えをするとGood♪とてもかわいい小さな花が咲きます。

■植え時・収穫■ タネをまくのは9月中~下旬。2年目以降に花を咲かせるので、その直前がいちばん香りが強くなります。

コモンセージ

シソ科で香りが強く、肉料理や魚料理の臭み消しに使われてきました。

出典: unsplash.com

シソ科で香りが強く、肉料理や魚料理の臭み消しに使われてきました。

近年かわいい花も注目されて、ガーデンセージとも呼ばれます。日当たりと水はけのよい場所なら室内でもOK♪ 一鉢あれば一年中葉が収穫できて便利ですね。


■植え時・収穫■タネまきは10月まで。1ヶ月後から若い枝が収穫できます。

出典: www.flickr.com(@Maja Dumat)

近年かわいい花も注目されて、ガーデンセージとも呼ばれます。日当たりと水はけのよい場所なら室内でもOK♪ 一鉢あれば一年中葉が収穫できて便利ですね。


■植え時・収穫■タネまきは10月まで。1ヶ月後から若い枝が収穫できます。

ディル

マリネやピクルスの香りづけ使われている、独特の香りと酸味のあるハーブ。

出典: unsplash.com

マリネやピクルスの香りづけ使われている、独特の香りと酸味のあるハーブ。

背が高く伸びて倒れやすいので、30センチほど伸びたら支柱を立てましょう。日当たりのよい場所でよく育ち、半日陰ではあまり育ちませんので注意を。

■植え時・収穫■種まきは10月まで。20センチほどに育ったら若枝を順次収穫できます。刈り取りすぎると枯れてしまうので注意♪

出典: pixabay.com

背が高く伸びて倒れやすいので、30センチほど伸びたら支柱を立てましょう。日当たりのよい場所でよく育ち、半日陰ではあまり育ちませんので注意を。

■植え時・収穫■種まきは10月まで。20センチほどに育ったら若枝を順次収穫できます。刈り取りすぎると枯れてしまうので注意♪

コモンタイム

ジャガイモや玉ねぎとの相性がよく、肉料理や魚料理の煮込み料理やデザートの飾り付けなど、いろいろな用途に活用できるハーブ。

出典: unsplash.com

ジャガイモや玉ねぎとの相性がよく、肉料理や魚料理の煮込み料理やデザートの飾り付けなど、いろいろな用途に活用できるハーブ。

乾燥を好むハーブなので、水の与え過ぎに注意。半日陰でも育ちますが、日当たりがよい場所でよく育ちます。

■植え時・収穫■植え時は10月まで。1ヶ月後から若い枝が収穫できます。

出典: www.photo-ac.com

乾燥を好むハーブなので、水の与え過ぎに注意。半日陰でも育ちますが、日当たりがよい場所でよく育ちます。

■植え時・収穫■植え時は10月まで。1ヶ月後から若い枝が収穫できます。

ハーブは寄せ植えにしてもGood♪

ハーブはひとつのプランターや鉢に寄せ植えにしてもOK♪乾燥を好むハーブと、湿った土を好むハーブはわけて植えましょう。

出典: www.flickr.com(@allispossible.org.uk)

ハーブはひとつのプランターや鉢に寄せ植えにしてもOK♪乾燥を好むハーブと、湿った土を好むハーブはわけて植えましょう。

オススメの秋植え《野菜》

ほうれん草

栄養たっぷり!葉物野菜の王様、ほうれんそう。寒さに強く、むしろ寒さに当たったほうが甘く美味しくなるので、秋スタートにぴったり♪土壌が酸性だと育ちが悪くなるので、古い土を使う場合は苦土石灰を混ぜましょう。ホームセンターの野菜用土ならOK。背丈が20~25センチになったら収穫できます。

■種まき・収穫■種まきは10月まで。2~3ヶ月で収穫できます。

出典: pixabay.com

栄養たっぷり!葉物野菜の王様、ほうれんそう。寒さに強く、むしろ寒さに当たったほうが甘く美味しくなるので、秋スタートにぴったり♪土壌が酸性だと育ちが悪くなるので、古い土を使う場合は苦土石灰を混ぜましょう。ホームセンターの野菜用土ならOK。背丈が20~25センチになったら収穫できます。

■種まき・収穫■種まきは10月まで。2~3ヶ月で収穫できます。

小松菜

手軽に育てやすく、1~2ヶ月ですぐ収穫できるのが嬉しい小松菜。日当たりのよいところで育ちますが、半日陰でもOK♪タネをまいて芽が出たら間引きして、3~6センチは間をあけましょう。20~25センチに育ったら収穫できます。秋まきは虫が減るので育てやすい季節です。

■種まき・収穫■種まきは10月まで。1、2ヶ月で収穫できます。

出典: pixabay.com

手軽に育てやすく、1~2ヶ月ですぐ収穫できるのが嬉しい小松菜。日当たりのよいところで育ちますが、半日陰でもOK♪タネをまいて芽が出たら間引きして、3~6センチは間をあけましょう。20~25センチに育ったら収穫できます。秋まきは虫が減るので育てやすい季節です。

■種まき・収穫■種まきは10月まで。1、2ヶ月で収穫できます。

葉ネギ

葉ネギは薬味としてちょくちょく使うので、キッチン近くにあるととっても便利♪収穫するとき、土から5センチほど残して収穫すると、また生えてくるのも嬉しいですね。

■種まき・収穫■種まきは9月末まで、約60日で収穫できます。

出典: www.photo-ac.com

葉ネギは薬味としてちょくちょく使うので、キッチン近くにあるととっても便利♪収穫するとき、土から5センチほど残して収穫すると、また生えてくるのも嬉しいですね。

■種まき・収穫■種まきは9月末まで、約60日で収穫できます。

ルッコラ

ゴマのような風味と少し辛味をもつ葉野菜。熱さに弱く、寒さに強いので秋まきOK♪日当たりの良い場所で育てましょう。乾燥を好むので、水のやりすぎに注意しましょう。15センチほどになったら収穫できます。

■種まき・収穫■種まきは10月まで。1、2ヶ月で収穫できます。

出典: www.photo-ac.com

ゴマのような風味と少し辛味をもつ葉野菜。熱さに弱く、寒さに強いので秋まきOK♪日当たりの良い場所で育てましょう。乾燥を好むので、水のやりすぎに注意しましょう。15センチほどになったら収穫できます。

■種まき・収穫■種まきは10月まで。1、2ヶ月で収穫できます。

ラディッシュ

二十日大根とも呼ばれ、1ヶ月~1ヶ月半で収穫できるミニ大根です。栄養豊富なので、身体にやさしい新鮮サラダができますね。日当たりが良い場所で育てましょう。

■種まき・収穫■種まきは10月まで。収穫は1ヶ月~1ヶ月半後になります。

出典: www.photo-ac.com

二十日大根とも呼ばれ、1ヶ月~1ヶ月半で収穫できるミニ大根です。栄養豊富なので、身体にやさしい新鮮サラダができますね。日当たりが良い場所で育てましょう。

■種まき・収穫■種まきは10月まで。収穫は1ヶ月~1ヶ月半後になります。

いかがでしたか

種まきをして、ちいさな芽がちょこんと出てきたときの喜び、スクスク育つ野菜に水やりしながら見守る楽しみ、そして無農薬で新鮮な野菜が食べられる嬉しさ♪ベランダガーデニングでは、いろいろな楽しみが味わえます。ハーブ類は使いたいときに使えるのも便利ですよね。秋は害虫も少なく育てやすい季節です。ぜひ、これからの季節に「ちょこっとガーデニング」をはじめてみてくださいね。

出典: pixabay.com

種まきをして、ちいさな芽がちょこんと出てきたときの喜び、スクスク育つ野菜に水やりしながら見守る楽しみ、そして無農薬で新鮮な野菜が食べられる嬉しさ♪ベランダガーデニングでは、いろいろな楽しみが味わえます。ハーブ類は使いたいときに使えるのも便利ですよね。秋は害虫も少なく育てやすい季節です。ぜひ、これからの季節に「ちょこっとガーデニング」をはじめてみてくださいね。

キナリノアプリをApp Storeからダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

iPhoneアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリをApp Storeからダウンロード, width="100%", height="100%"