憧れで終わらせないために。フランス暮らしの素敵なこと、暮らしのあれこれ

憧れで終わらせないために。フランス暮らしの素敵なこと、暮らしのあれこれ

ライフスタイルやファッション、または食文化…多くのキーワードで憧れる人も多いフランス。そんな魅力的な国、フランスで暮らしてみたいと思ったことはありませんか?憧れで終わらせたくない...と思ったら、長期の旅行やフランス留学など、思い切ってチャレンジしてみてはいかがでしょう。今回はフランス在住歴のあるライターより、フランス暮らしの素敵なこと、暮らしのあれこれをご紹介します。 2017年08月29日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
暮らし
海外旅行
フランス
パリジェンヌ
フランス語
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
416

そうだ、フランスで暮らそう

フランスに住んでみたいと思ったことはありますか?ファッション・アート・食文化・街の景色や言葉、ライフスタイル。。。フランスには、魅力的なことがたくさん。遠い日本からイメージを膨らませて憧れるだけではなく、実際に“暮らすような旅”をして体感してみてはいかがでしょうか。
出典:www.flickr.com(@Cedric Lange)

フランスに住んでみたいと思ったことはありますか?ファッション・アート・食文化・街の景色や言葉、ライフスタイル。。。フランスには、魅力的なことがたくさん。遠い日本からイメージを膨らませて憧れるだけではなく、実際に“暮らすような旅”をして体感してみてはいかがでしょうか。

フランスに長期滞在するには?

観光ビザなら、3ヶ月まで滞在する事ができます。長期の旅行、というかたちなので時間さえあれば気軽にトライできるのが魅力。滞在先としてホテルは割高なので、長期滞在型のアパートがおすすめです。フランスでアパートを借りるのは難しそう、と思うかもしれませんが、フランスにはバカンス用の長期滞在型アパートがたくさんあって、専門のサイトも充実しています。日本語対応のサイトもあるので、希望する都市や日程など細かい条件から探す事ができます。
出典:www.flickr.com(@Eric)

観光ビザなら、3ヶ月まで滞在する事ができます。長期の旅行、というかたちなので時間さえあれば気軽にトライできるのが魅力。滞在先としてホテルは割高なので、長期滞在型のアパートがおすすめです。フランスでアパートを借りるのは難しそう、と思うかもしれませんが、フランスにはバカンス用の長期滞在型アパートがたくさんあって、専門のサイトも充実しています。日本語対応のサイトもあるので、希望する都市や日程など細かい条件から探す事ができます。

only-apartments
世界中の滞在型アパートを検索する事ができます
別の方法として、語学学校や大学に在籍して学生ビザを取得する方法があります。数週間の短期から年単位での留学まで、さまざまなパターンから自分にあったかたちをじっくり選びましょう。1週間あたり規定の授業時間を満たしている必要がありますが、学生ビザでの滞在なら一定時間以内でアルバイトをすることも可能。せっかくならフランス語もしっかりがんばりたい、という方にはお勧めの方法です。
出典:www.flickr.com(@Harvey Barrison)

別の方法として、語学学校や大学に在籍して学生ビザを取得する方法があります。数週間の短期から年単位での留学まで、さまざまなパターンから自分にあったかたちをじっくり選びましょう。1週間あたり規定の授業時間を満たしている必要がありますが、学生ビザでの滞在なら一定時間以内でアルバイトをすることも可能。せっかくならフランス語もしっかりがんばりたい、という方にはお勧めの方法です。

Japon
CampusFrance - Education en France, Promotion de l'enseignement supérieur français à l'étranger
フランスの高等教育機関への留学を促進するためのフランス政府による公式機関
あまり知られていませんが、フランスでもワーキングホリデービザを取得して働きながら滞在する事ができます。ただし、渡航前に仕事を見つける事ができないことと、地域によってはビザの知名度が低くて「就労ビザを持ってきなさい」と言われてしまうこともあるので、ビザについてしっかり説明できるよう準備しておく事が必要。フランスでワーキングホリデービザを取得して働く日本人は、日系のレストランや日本人を雇った経験があるお店などで働く人が多いようです。学生でもない、実質的な"暮らし"を体験するには一番の方法だと言えるかもしれません。
出典:www.flickr.com(@JK B)

あまり知られていませんが、フランスでもワーキングホリデービザを取得して働きながら滞在する事ができます。ただし、渡航前に仕事を見つける事ができないことと、地域によってはビザの知名度が低くて「就労ビザを持ってきなさい」と言われてしまうこともあるので、ビザについてしっかり説明できるよう準備しておく事が必要。フランスでワーキングホリデービザを取得して働く日本人は、日系のレストランや日本人を雇った経験があるお店などで働く人が多いようです。学生でもない、実質的な"暮らし"を体験するには一番の方法だと言えるかもしれません。

2017年度ワーキングホリデービザ - La France au Japon
ワーキングホリデービザは滞在費用を補うための労働は認められていますが、あくまでも就労目的ではなく観光を主要目的としたビザです。

憧れが、日常に。

行きつけのカフェができたら

出勤前にさらっと立ち寄って、コーヒーを一杯。友達とゆっくりおしゃべり。時には、食事やワイン。パリでもどこでも、行きつけのカフェでおもいおもいの時間を過ごすのがフランスの日常です。家の近くで、いつもの散歩コースの途中で、お気に入りのカフェが見つかると"フランスで暮らしてる!"という実感がわくことでしょう。
出典:www.flickr.com(@Kathleen Tyler Conklin)

出勤前にさらっと立ち寄って、コーヒーを一杯。友達とゆっくりおしゃべり。時には、食事やワイン。パリでもどこでも、行きつけのカフェでおもいおもいの時間を過ごすのがフランスの日常です。家の近くで、いつもの散歩コースの途中で、お気に入りのカフェが見つかると"フランスで暮らしてる!"という実感がわくことでしょう。

カフェに入ったら、たとえフランス語に自信がなくても、ぜひ積極的にお店の人とお話ししてみてください。きっとフランスでの生活を助けてくれるいろんな情報を教えてもらう事ができるし、人の輪も広がっていくことでしょう。地元の人とお話しする機会が増えれば増えるほど、フランス語の上達も速くなります。
出典:www.flickr.com(@Connie)

カフェに入ったら、たとえフランス語に自信がなくても、ぜひ積極的にお店の人とお話ししてみてください。きっとフランスでの生活を助けてくれるいろんな情報を教えてもらう事ができるし、人の輪も広がっていくことでしょう。地元の人とお話しする機会が増えれば増えるほど、フランス語の上達も速くなります。

フランスといえばバゲット!

フランスで暮らして毎日食事をするとき、欠かせないのがバゲットです。フランスに住めばきっと、パンの美味しさに感動するはず。近所に必ず数件あるパン屋さんを巡って、お気に入りの一軒を見つけてみましょう。
出典:www.flickr.com(@France Bon Appテゥtit)

フランスで暮らして毎日食事をするとき、欠かせないのがバゲットです。フランスに住めばきっと、パンの美味しさに感動するはず。近所に必ず数件あるパン屋さんを巡って、お気に入りの一軒を見つけてみましょう。

人気のある店は、夕食前にバゲットを買いに来たお客さんで行列です。仕事帰りにお気に入りのパン屋さんで列にならべば、ここでもカフェと同じようにいろんな情報交換ができてしまいます。
出典:www.flickr.com(@Grey World)

人気のある店は、夕食前にバゲットを買いに来たお客さんで行列です。仕事帰りにお気に入りのパン屋さんで列にならべば、ここでもカフェと同じようにいろんな情報交換ができてしまいます。

週末はマルシェで。

週末には、だいたい歩いていける距離に少なくとも一か所はマルシェが開かれます。新鮮な野菜や魚介類・乳製品・食肉加工品などの食料品から日用品まで、さまざまなものが見つかります。ここでも、商品について質問したり値段を聞いたり、お店の人や居合わせたお客さんたちとコミュニケーションを楽しみましょう。
出典:www.flickr.com(@Bex Walton)

週末には、だいたい歩いていける距離に少なくとも一か所はマルシェが開かれます。新鮮な野菜や魚介類・乳製品・食肉加工品などの食料品から日用品まで、さまざまなものが見つかります。ここでも、商品について質問したり値段を聞いたり、お店の人や居合わせたお客さんたちとコミュニケーションを楽しみましょう。

嬉しいことに、フランスは日本よりもずっとオーガニック市場が充実しています。オーガニックの商品は"bio"という表記。スーパーにもコーナーがあるし、オーガニック商品ばかりを扱うbioマルシェもありますので、関心の高い方はぜひ覗いてみてください。
出典:www.flickr.com(@Fabien Agon)

嬉しいことに、フランスは日本よりもずっとオーガニック市場が充実しています。オーガニックの商品は"bio"という表記。スーパーにもコーナーがあるし、オーガニック商品ばかりを扱うbioマルシェもありますので、関心の高い方はぜひ覗いてみてください。

日本では難しいフランスを、堪能。

いまや美味しいフランスワインは日本でも手に入りやすくなりましたが、新鮮なおいしいチーズを日本で見つけるのはなかなか難しいですよね。フランス滞在中こそ、日本では見たことがないようないろんなチーズに挑戦してみませんか。種類の豊富さと値段の安さに、感動するはず。
出典:www.flickr.com(@Simon Blackley)

いまや美味しいフランスワインは日本でも手に入りやすくなりましたが、新鮮なおいしいチーズを日本で見つけるのはなかなか難しいですよね。フランス滞在中こそ、日本では見たことがないようないろんなチーズに挑戦してみませんか。種類の豊富さと値段の安さに、感動するはず。

カルチャーショックも体感

おしゃれで美しいイメージのフランスでの生活は、憧れが先行するとショックを受けてしまうこともしばしば。フランスで生活したことがある人なら誰でも頷く、代表的なショックをご紹介します。

喫煙率の高さにびっくり?

日本に比べて喫煙率の高さ、特に女性の喫煙者が多いことにびっくりするかもしれません。公共の建物内での喫煙が禁止されているので、建物の出口ではタバコを吸ってたむろしている人をよく見かけます。歩きタバコやポイ捨てなど、日本でマナーが悪いとされていることがごく普通に行われているので、ショックを受ける人が多いようです。
出典:www.flickr.com(@Jeanne Menjoulet)

日本に比べて喫煙率の高さ、特に女性の喫煙者が多いことにびっくりするかもしれません。公共の建物内での喫煙が禁止されているので、建物の出口ではタバコを吸ってたむろしている人をよく見かけます。歩きタバコやポイ捨てなど、日本でマナーが悪いとされていることがごく普通に行われているので、ショックを受ける人が多いようです。

窓口の行列

郵便局や駅など、10個窓口があるのに9個閉まっていたり、すぐそこに係りの人がいるのに窓口を開けずコーヒーを飲んでいたり。。。日本人には考えられない理由で大行列になることも日常茶飯事です。スーパーのレジも、お客さんそっちのけであっちのレジ係とこっちのレジ係がおしゃべり、なんていうことも。日本での当たり前は捨てて、おおらかな気持ちであせらず過ごしましょう。
出典:www.flickr.com(@ladelfe)

郵便局や駅など、10個窓口があるのに9個閉まっていたり、すぐそこに係りの人がいるのに窓口を開けずコーヒーを飲んでいたり。。。日本人には考えられない理由で大行列になることも日常茶飯事です。スーパーのレジも、お客さんそっちのけであっちのレジ係とこっちのレジ係がおしゃべり、なんていうことも。日本での当たり前は捨てて、おおらかな気持ちであせらず過ごしましょう。

荷物が届かない。。。

昔よりずいぶん改善されたようですが、郵便物や小包が届かなかったり、家にいるのに不在通知が入っていたり、配達員が部屋がわからないのでポストの上に放置したり、など配達物のトラブルはフランス生活の洗礼。時間指定や再配達など、日本のサービスがどれほど行き届いているかを実感するチャンスなのです。
出典:www.flickr.com(@Rina Sergeeva)

昔よりずいぶん改善されたようですが、郵便物や小包が届かなかったり、家にいるのに不在通知が入っていたり、配達員が部屋がわからないのでポストの上に放置したり、など配達物のトラブルはフランス生活の洗礼。時間指定や再配達など、日本のサービスがどれほど行き届いているかを実感するチャンスなのです。

不便が不便でなくなる心地よい生活

古い建物が魅力的

築200年・5階・階段なし、など、驚きの条件がならぶフランスのアパート。ちょっと不便に感じることもあるけれど、日本と違って、古い=価値がなくなる、ではないのです。思い切って、旧市街の古い建物に住んでみるのも楽しいかもしれません。日本の行き届いたサービスや便利な生活について、本当にそこまで必要?と考え直すきっかけになるでしょう。
出典:www.flickr.com(@Sharat Ganapati)

築200年・5階・階段なし、など、驚きの条件がならぶフランスのアパート。ちょっと不便に感じることもあるけれど、日本と違って、古い=価値がなくなる、ではないのです。思い切って、旧市街の古い建物に住んでみるのも楽しいかもしれません。日本の行き届いたサービスや便利な生活について、本当にそこまで必要?と考え直すきっかけになるでしょう。

コミュニケーションの素晴らしさ

パン屋さんでパンを買う、マルシェで野菜を買う、チーズを量って切ってもらう、クレームを入れる。。。フランスで生活するには、人と話して自分の意思を伝えて、いつでもコミュニケーションをとる必要があります。簡単にはいかないからこそ人の温かさを感じることができたり、世界が広がったり。毎日新しい発見につながって、何より、日本の良さと本当に必要なものを改めて見つめ直すはず。
出典:www.flickr.com(@Katherine)

パン屋さんでパンを買う、マルシェで野菜を買う、チーズを量って切ってもらう、クレームを入れる。。。フランスで生活するには、人と話して自分の意思を伝えて、いつでもコミュニケーションをとる必要があります。簡単にはいかないからこそ人の温かさを感じることができたり、世界が広がったり。毎日新しい発見につながって、何より、日本の良さと本当に必要なものを改めて見つめ直すはず。

さあ、どの街で暮らそうか。

パリなどの大きな都市だけでなく、小さな田舎町、海辺の素敵な街、自然いっぱいの山の街など、いろんな街でその土地ならではの暮らしや文化が味わえる国、フランス。どの街で、どんな暮らしをしてみたいか、イメージすることから始めてみてくださいね。
出典:www.flickr.com(@Connie)

パリなどの大きな都市だけでなく、小さな田舎町、海辺の素敵な街、自然いっぱいの山の街など、いろんな街でその土地ならではの暮らしや文化が味わえる国、フランス。どの街で、どんな暮らしをしてみたいか、イメージすることから始めてみてくださいね。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play