提供: イオンリテール株式会社
喜ばせ上手な人の秘密って?親孝行のコツ「いい大人感」演出術

喜ばせ上手な人の秘密って?親孝行のコツ「いい大人感」演出術

大人になったらちゃんと考えたい親孝行のこと。これまで大切に育ててもらったからこそ、上手に感謝の想いを返していきたいもの。今回は、「安心感」を与えて親を喜ばせる素敵な親孝行のコツについてご紹介します。 2017年07月10日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
139

素敵な親孝行、できてますか?

喜ばせ上手な人の秘密って?親孝行のコツ「いい大人感」演出術

実家を離れ自立した生活に慣れてきた頃、ふと「両親は元気にしてるかな」と思った経験、誰しもあるのではないでしょうか。これまで当たり前だったことが、ある日を境にとつぜん貴重なものに変わる。そこに気づいた日から、本当の「親子関係」がはじまるのかもしれません。

便りがないのはよい便り?

喜ばせ上手な人の秘密って?親孝行のコツ「いい大人感」演出術

仲間や友人とのやりとりで「自慢話」は最も避けるべき話題。でも、唯一私たちの成功談を心から喜んで聞いてくれる人がいます。それは両親。
「便りがないのはよい便り」とはいいますが、仕事でうまくいった話、わが子が学校で大活躍した話、それらのグッドニュースを通じて元気にやっている様子を知らせる方が何倍も素敵ですね。
親孝行の第一歩に、気軽なコミュニケーションツールとしてスマートフォンやタブレットをプレゼントするのもオススメ。「難しいのは嫌だけど、教えてくれたら嬉しい」という両親は結構多いそうです。

両親を喜ばせる1ランク上のコツ

手紙を送ることは、一生モノの宝物を贈ること。

喜ばせ上手な人の秘密って?親孝行のコツ「いい大人感」演出術

家事や育児にコツや時短テクがあるように、親孝行にも「押さえるべきポイント」があります。例えば「親しき仲の、カジュアル礼儀」。スマホなどでのやりとりと併せて、節目には暑中見舞いなどの手書きの書状を送るのもカジュアル礼儀のひとつ。
毎年上達する子どもたちの文字は、デジタルのやりとりではなかなか伝えることはできません。きっと大切に保管しておいてくれるはずです。

カジュアルギフトで「いい大人感」を演出

喜ばせ上手な人の秘密って?親孝行のコツ「いい大人感」演出術

キナリノ世代の私たちにはちょっと馴染みが薄いかもしれませんが、親世代では節目節目のギフトのやりとりが当たり前でした。いわば「大人のたしなみ」として行われていたのです。
逆にいえば、親に対してギフトを贈ることは「立派な大人になったな。社会でもしっかりやっているんだろうな」と安心してもらえる、とても分かりやすい方法なのです。親孝行の基本の「安心感」を、カジュアルギフトで贈りましょう。

カラダ想いの「麹」の甘酒

喜ばせ上手な人の秘密って?親孝行のコツ「いい大人感」演出術

せっかく贈るなら、健康のことも気遣って贈りたいもの。昔から夏バテ予防に飲まれてきた甘酒は、必須アミノ酸やビタミンを豊富に含む優れものです。「冷凍庫で凍らせてシャーベットで食べてもおいしいよ」など、さりげないホスピタリティを感じさせる添え状もつけたいもの。

朝食が待ち遠しくなる「元気な果実」のギフト

喜ばせ上手な人の秘密って?親孝行のコツ「いい大人感」演出術

食欲がおとろえがちな夏には、食卓を華やかにしてくれる果実の贈り物を。果実の甘みだけで作ったさわやかな甘みのジャムは、トーストやヨーグルトなど様々な朝食にピッタリ。

3時のおやつに「野菜」のパワーを

喜ばせ上手な人の秘密って?親孝行のコツ「いい大人感」演出術

朝食がごはん派のご両親には、3時のおやつを贈るというテも。ベジスイーツの専門店として人気の「パティスリー ポタジエ」の野菜本来の甘さを存分に楽しめるベジスイーツの詰め合わせは、味にこだわりのあるご両親にもきっと喜ばれます。

この夏「親ギフト」で安心を贈ろう

喜ばせ上手な人の秘密って?親孝行のコツ「いい大人感」演出術

いきなり贈り物をするのはちょっと照れる。そんな時は、イオンの『じものギフト』が便利です。最近訪れた地方の名産地を「おいしかったから」と贈ればとても自然に親ギフトが始められます。

ここまでご紹介してきたアイテムは、全てイオンの夏ギフトのラインナップ。今年のメインテーマは『からだ想いギフト』なのでご両親へ贈るにはピッタリ。この夏はイオンで「親ギフト」を始めてみましょう。