一把に一玉。お買い物で恥をかかないための「食べ物の数え方」レッスン

一把に一玉。お買い物で恥をかかないための「食べ物の数え方」レッスン

物の数量を表す助数詞(じょすうし)は、500 種類以上あると言われています。中でも食べ物の数え方は分かりにくいものがあって、何となく曖昧に使っているものも多いですよね。そこで、今回は食べ物の数え方にスポットをあててご紹介します。「個」や「本」以外にもある数え方、あなたはいくつ知っていますか? 2017年06月05日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
野菜
料理
果物
数え方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
151

何でも「個」で数えていませんか?

一把に一玉。お買い物で恥をかかないための「食べ物の数え方」レッスン

出典: stocksnap.io

物を数える単位としてよく使われるのが「個」。単位が分からないものは、とりあえず「○個」と数えてしまっていませんか?でも、実はそれぞれに決まった数え方があるんです。

また、食べ物に関しては同じものでも量や形状によって数え方が変わるものもあります。ややこしいけれど奥が深い、そんな食べ物の数え方をジャンル別にご紹介します。

野菜・果物編

豆類【一莢(ひとさや)・一粒・一個】

「○本」と数えがちですが、「一莢」「二莢」と数えます。莢に入っている豆類は、枝豆や空豆なども同じように「莢」と数えます。

ただし、莢の中に入っている豆は「一粒」「一個」などと数えます。

出典: visualhunt.com

「○本」と数えがちですが、「一莢」「二莢」と数えます。莢に入っている豆類は、枝豆や空豆なども同じように「莢」と数えます。

ただし、莢の中に入っている豆は「一粒」「一個」などと数えます。

葉物野菜【一枚・一玉・一個・一株(ひとかぶ)・一把(いちわ)・一束(ひとたば)】

食卓で出番が多い葉物野菜の数え方はちょっとフクザツです。

まず、丸ごとの場合は「一個」と数えます。レタスやキャベツのように球体の野菜は「一玉」と数えることもあります。また、一つの根元から出ている状態は「一株」と数えます。

株をいくつかまとめて束にしたもののうち、片手で持てるぐらいの量は「一把」(いちわ)、それよりも多いものは「一束」(ひとたば)と数えます。

そして、葉っぱの状態になるとどちらも「一枚」と数えます。写真の状態は「一枚」「二枚」と数えます。

出典: visualhunt.com

食卓で出番が多い葉物野菜の数え方はちょっとフクザツです。

まず、丸ごとの場合は「一個」と数えます。レタスやキャベツのように球体の野菜は「一玉」と数えることもあります。また、一つの根元から出ている状態は「一株」と数えます。

株をいくつかまとめて束にしたもののうち、片手で持てるぐらいの量は「一把」(いちわ)、それよりも多いものは「一束」(ひとたば)と数えます。

そして、葉っぱの状態になるとどちらも「一枚」と数えます。写真の状態は「一枚」「二枚」と数えます。

れんこん【一本・一節(ひとふし)】

最近は、カットされた状態で売られているものがほとんどなのであまり気づかないかも知れませんが、れんこんには節があります。そのため、「一節」「二節」と数えます。

長いれんこんは「一本」と数えることもあります。

出典: visualhunt.com

最近は、カットされた状態で売られているものがほとんどなのであまり気づかないかも知れませんが、れんこんには節があります。そのため、「一節」「二節」と数えます。

長いれんこんは「一本」と数えることもあります。

ブロッコリー【一房(ひとふさ)・一株(ひとかぶ)・一個】

レシピ本などでも見かける「一房」(ひとふさ)ってどれぐらいか分からなかった、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ブロッコリーやカリフラワーを茎から切り離して、小さく分けたものを「一房」(ひとふさ)と数えます。「小房(こぶさ)に分ける」というのは、このように分けることを指すんですね。

丸ごとの状態は「一株」(ひとかぶ)や「一個」と数えます。

出典: visualhunt.com

レシピ本などでも見かける「一房」(ひとふさ)ってどれぐらいか分からなかった、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ブロッコリーやカリフラワーを茎から切り離して、小さく分けたものを「一房」(ひとふさ)と数えます。「小房(こぶさ)に分ける」というのは、このように分けることを指すんですね。

丸ごとの状態は「一株」(ひとかぶ)や「一個」と数えます。

しめじ・えのきなど【一株(ひとかぶ)・「一房」(ひとふさ)】

えのきやしめじ、舞茸のように小型でまとまって生えているきのこは「一株」(ひとかぶ)と数えます。また、これらを小さく分けるとブロッコリーなどと同じ「一房」(ひとふさ)になります。

ちなみに、しいたけやまつたけのような大型のきのこ類は「一本」「二本」と数えます。生え方で区別すると、数え方が整理できそうですね。

出典: visualhunt.com

えのきやしめじ、舞茸のように小型でまとまって生えているきのこは「一株」(ひとかぶ)と数えます。また、これらを小さく分けるとブロッコリーなどと同じ「一房」(ひとふさ)になります。

ちなみに、しいたけやまつたけのような大型のきのこ類は「一本」「二本」と数えます。生え方で区別すると、数え方が整理できそうですね。

にんにく【一片(いっぺん)、一個、ひとかけ】

薄皮に包まれて丸ごとのにんにくは「一個」と数えますが、中の小さな球は「一片」(いっぺん)、または「ひとかけ」と数えます。

レシピにある「ひとかけ」がどれぐらいか分からなかったという方も、これなら分かりやすいですね。

出典: visualhunt.com

薄皮に包まれて丸ごとのにんにくは「一個」と数えますが、中の小さな球は「一片」(いっぺん)、または「ひとかけ」と数えます。

レシピにある「ひとかけ」がどれぐらいか分からなかったという方も、これなら分かりやすいですね。

柑橘類【一個・「一房」(ひとふさ)・一粒】

みかんやレモンのような柑橘類は、皮をむいていない丸ごとの状態では「一個」と数えます。グレープフルーツのような大型の柑橘類は「一玉」と数えることもあります。

そして、皮をむいた櫛形の状態になると「一房」(ひとふさ)と数えます。さらに、「一房」(ひとふさ)の中身、細かい実の部分は「一粒」と数えます。

出典: visualhunt.com

みかんやレモンのような柑橘類は、皮をむいていない丸ごとの状態では「一個」と数えます。グレープフルーツのような大型の柑橘類は「一玉」と数えることもあります。

そして、皮をむいた櫛形の状態になると「一房」(ひとふさ)と数えます。さらに、「一房」(ひとふさ)の中身、細かい実の部分は「一粒」と数えます。

バナナ【一房(ひとふさ)・一本】

バナナは何本かまとまってくっついているものを「一房」(ひとふさ)と数えます。これは、本数に関わらず5本でも10本でも「一房」(ひとふさ)です。

この房をバラバラに分けると「一本」「二本」と数えます。

出典: visualhunt.com

バナナは何本かまとまってくっついているものを「一房」(ひとふさ)と数えます。これは、本数に関わらず5本でも10本でも「一房」(ひとふさ)です。

この房をバラバラに分けると「一本」「二本」と数えます。

魚編

白魚・サヨリなど【一条(いちじょう)・一筋(ひとすじ)】 

白魚(しらうお)やサヨリのように小さく細長い魚は一条(いちじょう)または一筋(ひとすじ)と数えます。昔はお箸でつまんで数えたことから、このように数えられるようになったと言われています。

ただし、同じように小さく細長い魚でも、しらすはグラム単位で数えるのが一般的です。「しらす100g」という形で数えられることが多いです。

出典:

白魚(しらうお)やサヨリのように小さく細長い魚は一条(いちじょう)または一筋(ひとすじ)と数えます。昔はお箸でつまんで数えたことから、このように数えられるようになったと言われています。

ただし、同じように小さく細長い魚でも、しらすはグラム単位で数えるのが一般的です。「しらす100g」という形で数えられることが多いです。

マグロ、鰹、鰻など【一本・一尾・一切れ・柵(さく)】

マグロや鰹(カツオ)のような太く大きな魚や、鰻のように細長い魚は「一本」または「一尾」(いちび)と数えます。

「一尾」は「尾のついた魚」を数える単位なので、鰯や鯵などほとんどの魚を数えるのに使えます。

ただし、魚を切ると数え方が数えます。

マグロや鰹など大きな魚を長方形に切り分けたものは「柵」(さく)、柵をさらに小さくしたものは「一切れ」と数えます。

出典:

マグロや鰹(カツオ)のような太く大きな魚や、鰻のように細長い魚は「一本」または「一尾」(いちび)と数えます。

「一尾」は「尾のついた魚」を数える単位なので、鰯や鯵などほとんどの魚を数えるのに使えます。

ただし、魚を切ると数え方が数えます。

マグロや鰹など大きな魚を長方形に切り分けたものは「柵」(さく)、柵をさらに小さくしたものは「一切れ」と数えます。

ヒラメ、カレイ【一枚・一尾・一切れ】

ヒラメやカレイのように平べったい魚は「一枚」または「一尾」と数えます。こちらの魚も切ると数え方が数えます。

お刺身用など食べやすい大きさに切ったものは「一切れ」と数えます。

出典:

ヒラメやカレイのように平べったい魚は「一枚」または「一尾」と数えます。こちらの魚も切ると数え方が数えます。

お刺身用など食べやすい大きさに切ったものは「一切れ」と数えます。

ウニ【一壺(ひとつぼ)・一匹・一個・一粒・一腹(ひとはら)・一折(ひとおり)】

ウニは状態によって数え方が変わります。

まず、殻に入った状態のウニは 一壺(ひとつぼ)、一匹、一個と数えます。殻の上部を開けた形が「壺」のように見えることから、そう数えられるようになりました。

そして、殻から身を出すと一粒、一房、一腹(ひとはら)と数えます。普段食べているウニを数える時は、これらの数え方が一般的ですね。

また、木箱などに並べてあるウニは一枚または一折(ひとおり)と数えます。

このように、状態によって数え方が変わるので少しややこしいですが、覚えておくとカッコいいですよね。

出典:

ウニは状態によって数え方が変わります。

まず、殻に入った状態のウニは 一壺(ひとつぼ)、一匹、一個と数えます。殻の上部を開けた形が「壺」のように見えることから、そう数えられるようになりました。

そして、殻から身を出すと一粒、一房、一腹(ひとはら)と数えます。普段食べているウニを数える時は、これらの数え方が一般的ですね。

また、木箱などに並べてあるウニは一枚または一折(ひとおり)と数えます。

このように、状態によって数え方が変わるので少しややこしいですが、覚えておくとカッコいいですよね。

麺類

蕎麦【一把・一束・一枚(いちまい)・一人前(いちにんまえ)・ひと啜り(ひとすすり)】

蕎麦は、素材の状態と調理した状態で数え方が変わります。

まず、乾麺のお蕎麦は「一把(いちわ)」または「一束(ひとたば)」と数えます。

調理した時の呼び方は温・冷で異なります。温かい汁に入っているお蕎麦は「一杯」。ざる蕎麦やせいろ蕎麦などの冷たいお蕎麦は「一枚」と数えます。

どちらで数えたら良いか分からない、という時は「一人前(いちにんまえ)」が使いやすい表現ですね。

また、日本らしい風流な数え方として「ひと啜り(ひとすすり)」という数え方もあります。「蕎麦をひと啜り」と聞くと、つるつるっとしたお蕎麦が思い浮かびませんか?

出典: visualhunt.com

蕎麦は、素材の状態と調理した状態で数え方が変わります。

まず、乾麺のお蕎麦は「一把(いちわ)」または「一束(ひとたば)」と数えます。

調理した時の呼び方は温・冷で異なります。温かい汁に入っているお蕎麦は「一杯」。ざる蕎麦やせいろ蕎麦などの冷たいお蕎麦は「一枚」と数えます。

どちらで数えたら良いか分からない、という時は「一人前(いちにんまえ)」が使いやすい表現ですね。

また、日本らしい風流な数え方として「ひと啜り(ひとすすり)」という数え方もあります。「蕎麦をひと啜り」と聞くと、つるつるっとしたお蕎麦が思い浮かびませんか?

うどん【一杯(いっぱい)・一丁(いっちょう)・一人前(いちにんまえ)・一玉(ひとたま)】

国民食とも言われるうどんは、お蕎麦とは違う数え方をすることがあります。

乾麺のうどんは、お蕎麦と同じく一把たは一束と数えます。うどんは茹でた状態で用意しておくこともありますよね。茹でて1人前にした生うどんは「一玉」(ひとたま)と数えます。

調理したうどんは、温かい汁に入れていただくものを「一丁(いっちょう)または「一杯」、ざるうどんや釜揚げうどんなどは「一丁」と数えます。

ちなみに、調理前のラーメンは生うどんと同じ「一玉」、調理したものは「一丁」や「一杯」と数えます。ただし、つけ麺は麺が丼に入っていないので「杯」ではなく「一人前」と数えたほうが分かりやすいです。

出典: visualhunt.com

国民食とも言われるうどんは、お蕎麦とは違う数え方をすることがあります。

乾麺のうどんは、お蕎麦と同じく一把たは一束と数えます。うどんは茹でた状態で用意しておくこともありますよね。茹でて1人前にした生うどんは「一玉」(ひとたま)と数えます。

調理したうどんは、温かい汁に入れていただくものを「一丁(いっちょう)または「一杯」、ざるうどんや釜揚げうどんなどは「一丁」と数えます。

ちなみに、調理前のラーメンは生うどんと同じ「一玉」、調理したものは「一丁」や「一杯」と数えます。ただし、つけ麺は麺が丼に入っていないので「杯」ではなく「一人前」と数えたほうが分かりやすいです。

菓子編

羊羹【一棹(ひとさお)・一本】

羊羹のように細長い形で作るお菓子のことを「棹物菓子(さおものがし)」と呼びます。中国の蒸し物料理である「羹(あつもの)」が由来になっていて、現在でも切る前の羊羹を「一棹(ひとさお)」と数えることがあります。

同じく切る前の羊羹は「一本」と数え、切ったものは「一切れ」と数えます。

出典: visualhunt.com

羊羹のように細長い形で作るお菓子のことを「棹物菓子(さおものがし)」と呼びます。中国の蒸し物料理である「羹(あつもの)」が由来になっていて、現在でも切る前の羊羹を「一棹(ひとさお)」と数えることがあります。

同じく切る前の羊羹は「一本」と数え、切ったものは「一切れ」と数えます。

大福【一団(いちだん)】

大福のように丸めたお餅を「一団(いちだん)」と数えます。同じく、饅頭や団子も「一団」と数えますが、団子は串に刺すと「一串(ひとくし)」と数え方が変わります。

出典: visualhunt.com

大福のように丸めたお餅を「一団(いちだん)」と数えます。同じく、饅頭や団子も「一団」と数えますが、団子は串に刺すと「一串(ひとくし)」と数え方が変わります。

番外編

砂糖【一斤(いっきん)】

今は「グラム」や「キロ」で数えるのが一般的な砂糖ですが、昔は「一斤(いっきん)」と数えていました。

一斤は約600gで、古いレシピ本にはこの単位で紹介されていることもあるようです。

出典: visualhunt.com

今は「グラム」や「キロ」で数えるのが一般的な砂糖ですが、昔は「一斤(いっきん)」と数えていました。

一斤は約600gで、古いレシピ本にはこの単位で紹介されていることもあるようです。

鏡餅【一重ね(ひとかさね)】

お餅を重ねる鏡餅は「一重ね(ひとかさね)」と数えます。「一重ねの鏡餅」と数えると風流に聞こえませんか?

ちなみに、重ねていない「丸餅」は1個、「のし餅」は1枚と数えます。

出典: visualhunt.com

お餅を重ねる鏡餅は「一重ね(ひとかさね)」と数えます。「一重ねの鏡餅」と数えると風流に聞こえませんか?

ちなみに、重ねていない「丸餅」は1個、「のし餅」は1枚と数えます。

お茶【一杯・一服(いっぷく)】

「一服(いっぷく)」の「服」は、飲む回数を表します。年配の方が「一服しましょう」と言うのを聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?ゆったりした気持ちになれそうな言葉ですね。

出典: visualhunt.com

「一服(いっぷく)」の「服」は、飲む回数を表します。年配の方が「一服しましょう」と言うのを聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?ゆったりした気持ちになれそうな言葉ですね。

日本酒【一杯・一盃(いっぱい)・一献(いっこん)・ 一升(ひとます)】

日本酒を飲む時の数え方は、古くは室町時代から続いているものもあります。

杯や升など日本酒を注ぐ器を表した「一盃(いっぱい)」・「一升(ひとます)」、相手への敬意をこめた「一献(いっこん)」などの数え方は、お酒を酌み交わす時間をより大切にしたくなりますね。

出典: visualhunt.com

日本酒を飲む時の数え方は、古くは室町時代から続いているものもあります。

杯や升など日本酒を注ぐ器を表した「一盃(いっぱい)」・「一升(ひとます)」、相手への敬意をこめた「一献(いっこん)」などの数え方は、お酒を酌み交わす時間をより大切にしたくなりますね。

正しい数え方をマスターしてお買い物を楽しもう

一把に一玉。お買い物で恥をかかないための「食べ物の数え方」レッスン

出典: www.instagram.com(@sunny_cloudy_rainy_)

今回は野菜や果物、魚など食べものの様々な数え方をご紹介しました。あなたは、いくつ知っていましたか?1つの食材でも形や調理法によって数え方が変わるものもあるので、分かりにくいことがありますよね。

そんな時は「どんな形なのか」「どんな風に食べるのか」「器は何を使うのか」を想像すると分かりやすいですよ。正しい数え方をマスターしたら、毎日のお買いものがちょっと楽しくなりそうです。

関連する情報

キナリノアプリをダウンロード

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play