写真をもっと楽しくプロっぽく!“デジタル一眼レフ”の基本をおさらい♪

写真をもっと楽しくプロっぽく!“デジタル一眼レフ”の基本をおさらい♪

デジタル一眼レフカメラがあれば、何気ない日常がよりドラマチックになるはず。日々のひとコマを一眼レフで撮影した奥行きのある写真は、ありきたりな毎日をちょっぴり楽しくしてくれます。カメラは持っているけれど、イマイチ使い方がわからずにやめてしまった人はもちろん、これからはじめてみたいけれどどう使えばよいかわからない初心者さんへ。絞り値やシャッタースピードの合わせ方など、一眼レフカメラの基本をまとめたのでぜひ参考にしてみてください。2017年06月04日作成

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
暮らし
写真
カメラ女子
一眼レフ
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
1102

一眼レフカメラで、あたりまえの毎日がキラキラ輝きはじめる

いつもの日常が、特別になる。一眼レフカメラを使いこなして、キラキラ輝くカメラライフを始めませんか。

いつもの日常が、特別になる。一眼レフカメラを使いこなして、キラキラ輝くカメラライフを始めませんか。

一眼レフカメラの最大の特徴は、なんといってもボケ感を演出し、見せたい被写体を際立てることで、視点をドラマチックに伝えられる点です。
出典:www.instagram.com(@igbachi)

一眼レフカメラの最大の特徴は、なんといってもボケ感を演出し、見せたい被写体を際立てることで、視点をドラマチックに伝えられる点です。

とっておきの日常を切り取ろう

ちょっとした演出で、ドラマティックに。

(画像提供:インスタアカウント@igbachi様)
出典:www.instagram.com

ちょっとした演出で、ドラマティックに。

(画像提供:インスタアカウント@igbachi様)

みんなが人生の主人公。スペシャルな瞬間を切り取って。
出典:www.instagram.com(@igbachi)

みんなが人生の主人公。スペシャルな瞬間を切り取って。

一眼レフの使い方の基本をおさらい♪

【AF/MF】フォーカス〜ピントを合わせる〜

AF:オートフォーカス(自動でピントを合わせる)
MF:マニュアルフォーカス(自分でピントを合わせる)
一眼レフの最大の魅力は、ボケをつくり、撮りたいものに焦点をあてられるということ。マニュアルでピントを合わせることに自信がない人は、オートモードもおすすめです。
出典:www.instagram.com(@igbachi)

一眼レフの最大の魅力は、ボケをつくり、撮りたいものに焦点をあてられるということ。マニュアルでピントを合わせることに自信がない人は、オートモードもおすすめです。

絞り値(F値)で被写体を選ぶ

絞り値とは、レンズを通って撮像素子上に写る像の明るさのことです。
絞り値はF1.4、F2、F2.8、F4、F5.6、F8、F11、F16、F22、F32のように表されます。
F+数値で表され、F値やFナンバーと呼ばれることもあります。
絞り値を変えると、絞りの開き具合が変わり、レンズを通る光の量が変わります。
絞り値を大きくすると、絞りが絞られてレンズを通る光が少なくなり、絞り値を小さくすると、絞りが開かれてレンズを通る光が多くなります。
出典:デジタル一眼レフカメラの基礎知識 - 露出 | Enjoyニコン | ニコンイメージング
●絞り値を大きくする
絞り値を大きくすると、ピントの合う範囲が広くなるので、遠くのものも近くのものもきれいに見える、完成度の高い写真がとれます。
出典:unsplash.com

絞り値を大きくすると、ピントの合う範囲が広くなるので、遠くのものも近くのものもきれいに見える、完成度の高い写真がとれます。

●絞り値を小さくする
絞り値を小さくすると、ピントの合う部分も小さくなり、背景などがボケた写真を撮ることができます。
出典:unsplash.com

絞り値を小さくすると、ピントの合う部分も小さくなり、背景などがボケた写真を撮ることができます。

シャッタースピードで光を調整する

シャッタースピードを遅くすると、光を取り込む時間が長くなるため、明るい写真を撮ることができます。
出典:unsplash.com

シャッタースピードを遅くすると、光を取り込む時間が長くなるため、明るい写真を撮ることができます。

シャッタースピードをうんと遅くした写真です。ファインダーを開き続けて、星の動きを捉えています。
出典:unsplash.com

シャッタースピードをうんと遅くした写真です。ファインダーを開き続けて、星の動きを捉えています。

動物の営みや子どもの運動会など、早い動きを捉えるときは、シャッタースピードを早くします。
出典:unsplash.com

動物の営みや子どもの運動会など、早い動きを捉えるときは、シャッタースピードを早くします。

ISO感度で質感と明るさを調整する

こちらはISO100で撮影した写真です。明るい風景や午前中の光などを綺麗に捉えてくれます。なめらかな画質になるといわれています。

※筆者撮影

こちらはISO100で撮影した写真です。明るい風景や午前中の光などを綺麗に捉えてくれます。なめらかな画質になるといわれています。

※筆者撮影

こちらはISO感度を上げて、ISO1600で撮影した写真です。暗い場所で撮影するときや、動きがあるものを撮影するためにシャッタースピードを早めて撮影しなければならないときに活躍します。

ISO100に比べ、ザラザラした質感の荒い画質になるといわれています。

※筆者撮影

こちらはISO感度を上げて、ISO1600で撮影した写真です。暗い場所で撮影するときや、動きがあるものを撮影するためにシャッタースピードを早めて撮影しなければならないときに活躍します。

ISO100に比べ、ザラザラした質感の荒い画質になるといわれています。

※筆者撮影

腕と相談して、モードを決めよう

Pモード(プログラムオート)
適正露出となるように、絞り値とシャッタースピードをカメラが自動的に決めます。
ただし、露出を一定にしたまま、撮影者が絞り値とシャッタースピードの組み合わせを変えることができます。

Sモード(シャッター優先オート)
撮影者が選んだシャッタースピードに対して適正露出となるような絞り値をカメラが自動的に決めます。

Aモード(絞り優先オート)
撮影者が選んだ絞り値に対して適正露出となるようなシャッタースピードをカメラが自動的に決めます。
※P、S、Aのいずれのモードを選んでも露出は適正露出となります。

Mモード(マニュアル露出)
絞り値もシャッタースピードも撮影者自身が選ぶので写真の表現の幅は広がります。
しかし組み合わせを誤ると明るすぎる写真や暗すぎる写真となってしまいます。これを露出オーバー、露出アンダーと呼びます。このため、カメラの露出インジケーターを見ながら、絞り値とシャッタースピードの組み合わせを決めることをおすすめします。
出典:デジタル一眼レフカメラの基礎知識 - 露出 | Enjoyニコン | ニコンイメージング
いろんなモードを試しながら、適正の数値を覚えていくのも良い方法です。シチュエーションごとに撮りやすいモードを選んでみてください。

かわいいカメラ用アイテムでおしゃれに楽しもう♪

ストラップ

せっかくカメラを持ち歩くのなら、上質で可愛いストレップにチェンジして、おしゃれカメラライフを楽しみたいですね。
出典:

せっかくカメラを持ち歩くのなら、上質で可愛いストレップにチェンジして、おしゃれカメラライフを楽しみたいですね。

カラーバリエーションもこんなに豊富にあるんです。お気に入りを見つけてみてくださいね。
出典:

カラーバリエーションもこんなに豊富にあるんです。お気に入りを見つけてみてくださいね。

なにげない日常を一眼レフカメラでもっと楽しく♪

一眼レフカメラのある毎日で、いつもの日常を楽しく彩ってみてはいかがでしょう。
出典:www.instagram.com(@natsumi.nike)

一眼レフカメラのある毎日で、いつもの日常を楽しく彩ってみてはいかがでしょう。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play