「お土産が入らない」問題を解決! 旅行の荷物収納術で行きも帰りも楽々♪

「お土産が入らない」問題を解決! 旅行の荷物収納術で行きも帰りも楽々♪

旅行に行くと帰りにバッグが閉まらない、何が必要で何が不要なものかよくわからない。お土産はどうしたらいい?など旅行かばんのお悩みはありませんか?快適な旅行にするための旅行かばんの収納術をご紹介します。旅行の準備もまた旅行帰りも、荷物のお悩みをクリアにしてせっかくの旅行を楽しみませんか!心に残る素敵な旅は旅行かばんの中身にありますよ☆ 2017年02月03日更新

カテゴリ:
ライフスタイル
キーワード:
片付け
整理整頓
整理術
旅行
お土産
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
609

旅の荷物で困ったことありませんか?

待ちに待った楽しい旅行ですもの。思い出を記録するもの、日頃時間が無くて読めなかった本、お気に入りの靴、ディナーの服、などなど。持って行きたいもの、持って帰りたいもの、たくさんありますよね?

でも旅行かばんに本当に入るか不安になりませんか?
出典:pixabay.com

待ちに待った楽しい旅行ですもの。思い出を記録するもの、日頃時間が無くて読めなかった本、お気に入りの靴、ディナーの服、などなど。持って行きたいもの、持って帰りたいもの、たくさんありますよね?

でも旅行かばんに本当に入るか不安になりませんか?

もう困らない!旅行かばんの収納術

旅行の日程だったり、行き先だったりで旅行かばんの中身も違ってきます。旅先にぴったり合った荷物かが大事です。
特に海外旅行の場合は防犯上もしっかりとした、安心できる旅行かばんを選びたいものですね。
出典:unsplash.com

旅行の日程だったり、行き先だったりで旅行かばんの中身も違ってきます。旅先にぴったり合った荷物かが大事です。
特に海外旅行の場合は防犯上もしっかりとした、安心できる旅行かばんを選びたいものですね。

まずは旅行かばんの選び方から☆

数ある旅行かばん、旅行ごとに適しているかばん、チェックポイントをご紹介しましょう。

スーツケースの素材、サイズにこだわろう~海外編

海外旅行の際は空港や現地での移動に便利なキャスター付のスーツケースを選ぶ方がほとんど。スーツケースを選ぶ際は幾つか気をつけて選びたい点があります。
サイズですが、5泊~7泊くらいの旅行を考えている方は90Lまでくらいのサイズ、3泊~5泊までの旅行を考えている方は60Lくらいのスーツケースのサイズを選ぶと良いでしょう。帰りに荷物やお土産が入らないのではと思う方は、スーツケースの持ち手に通して運べる折りたたみ式のバッグを持参すれば安心です。
スーツケースの素材は現地での移動が無い一都市滞在型ならTSAロックがしっかりかかるハードタイプが良いのですが、都市間を移動したりバスや列車に乗ることの多い旅行ではソフトタイプが良いようです。リュックのように背負うことができ、ファスナーなのでスーツケースのように広げたりすることなく、荷物の出し入れができます。
また飛行機に預ける荷物は20kg以上だと超過料金がかかる国際線がほとんどです。海外旅行でのかばん選びは軽いものを選びましょう。
出典:

海外旅行の際は空港や現地での移動に便利なキャスター付のスーツケースを選ぶ方がほとんど。スーツケースを選ぶ際は幾つか気をつけて選びたい点があります。
サイズですが、5泊~7泊くらいの旅行を考えている方は90Lまでくらいのサイズ、3泊~5泊までの旅行を考えている方は60Lくらいのスーツケースのサイズを選ぶと良いでしょう。帰りに荷物やお土産が入らないのではと思う方は、スーツケースの持ち手に通して運べる折りたたみ式のバッグを持参すれば安心です。
スーツケースの素材は現地での移動が無い一都市滞在型ならTSAロックがしっかりかかるハードタイプが良いのですが、都市間を移動したりバスや列車に乗ることの多い旅行ではソフトタイプが良いようです。リュックのように背負うことができ、ファスナーなのでスーツケースのように広げたりすることなく、荷物の出し入れができます。
また飛行機に預ける荷物は20kg以上だと超過料金がかかる国際線がほとんどです。海外旅行でのかばん選びは軽いものを選びましょう。

宅急便も利用して身軽さや手軽さを重視する~国内編

国内旅行でも飛行機に乗る場合は、荷物を預けても大丈夫なスーツケースを選ぶほうが無難です。新幹線や電車で目的地まで着くような小旅行はボストンバッグでも充分でしょう。海外と違って国内旅行は防犯意識は少し緩みますが、きちんとバッグの口を閉めて目的地まで肌身離さず持ち歩きましょう。また国内での待ち歩きはウエストポーチやリュックサックはとても便利ですが、海外旅行での使用はやめておきましょう。
海外でウエストポーチを使うと貴重品が入っているとバレバレなのです。
出典:

国内旅行でも飛行機に乗る場合は、荷物を預けても大丈夫なスーツケースを選ぶほうが無難です。新幹線や電車で目的地まで着くような小旅行はボストンバッグでも充分でしょう。海外と違って国内旅行は防犯意識は少し緩みますが、きちんとバッグの口を閉めて目的地まで肌身離さず持ち歩きましょう。また国内での待ち歩きはウエストポーチやリュックサックはとても便利ですが、海外旅行での使用はやめておきましょう。
海外でウエストポーチを使うと貴重品が入っているとバレバレなのです。

両手が使えて便利なリュックサックやデイパックは、海外旅行では観光に夢中になっている間に、後ろからバッグの中のものを抜き取られる危険もありますのであまりおすすめできませんが、国内旅行では大活躍。
1泊の旅行ならこの中に荷物が入れることもできますし、地図を片手に歩いて観光する際も大変便利です。特にタウン用のデイパックは軽くて丈夫で容量もあります。身軽さを求めたい方におすすめです。

国内旅行では身軽さを重視して持って歩く必要なものだけで充分です。コンビニやホテル、その他お店もサービスが充実しています。お土産や旅行荷物は郵送するのがいいでしょう。
出典:

両手が使えて便利なリュックサックやデイパックは、海外旅行では観光に夢中になっている間に、後ろからバッグの中のものを抜き取られる危険もありますのであまりおすすめできませんが、国内旅行では大活躍。
1泊の旅行ならこの中に荷物が入れることもできますし、地図を片手に歩いて観光する際も大変便利です。特にタウン用のデイパックは軽くて丈夫で容量もあります。身軽さを求めたい方におすすめです。

国内旅行では身軽さを重視して持って歩く必要なものだけで充分です。コンビニやホテル、その他お店もサービスが充実しています。お土産や旅行荷物は郵送するのがいいでしょう。

旅の荷物で気をつけておきたいこと

旅行先で、しまった、あれがあれば良かったのに!これじゃなかった!と思うことありますよね。そんな時に困らないためにも旅の荷物で気をつけておきたいことをご紹介します。

夕食時のドレスコードに注意。~海外リゾート編

南の島のリゾートに行く際は、とても開放的な気分になりますよね。普段では着ることのないリゾート着も着ていただきたいですが、海外は夜のディナーやおしゃれなバーへ行く際はドレスコードがあることに注意してください。
ビーチサンダル、Tシャツ短パンは入場を断られるケースがほとんど。海外はドアマンからイケてないと判断されれば追い返されるのです。特に男性は足首が見えるズボンもNG。男性はジャケットがあると重宝します。女性はサンダル、ワンピースであれば難なくOKです。
出典:pixabay.com

南の島のリゾートに行く際は、とても開放的な気分になりますよね。普段では着ることのないリゾート着も着ていただきたいですが、海外は夜のディナーやおしゃれなバーへ行く際はドレスコードがあることに注意してください。
ビーチサンダル、Tシャツ短パンは入場を断られるケースがほとんど。海外はドアマンからイケてないと判断されれば追い返されるのです。特に男性は足首が見えるズボンもNG。男性はジャケットがあると重宝します。女性はサンダル、ワンピースであれば難なくOKです。

お昼のコーディネートとディナーのコーディネートを準備しておいたほうがよいでしょう。リゾートですのでワンピースとサンダルを持って行くだけでディナーは完璧です。
出典:

お昼のコーディネートとディナーのコーディネートを準備しておいたほうがよいでしょう。リゾートですのでワンピースとサンダルを持って行くだけでディナーは完璧です。

海外ではその場に合ったきちんとした身なりをしたカップルや女性は、レストランの窓際などの良い席に通されます。昼間のスイムウエアよりディナーのドレッシーなスタイルに力を入れたほうが得な気分を味わえるかもしれません。
出典:

海外ではその場に合ったきちんとした身なりをしたカップルや女性は、レストランの窓際などの良い席に通されます。昼間のスイムウエアよりディナーのドレッシーなスタイルに力を入れたほうが得な気分を味わえるかもしれません。

履き慣れた靴で現地の治安に注意。~街歩き編

海外での都市部で観光や街めぐりを計画されている方は、履き慣れたスニーカーなどのソールの低い靴、バッグはチャックの着いたノーブランドのバッグできれば斜めがけにできるものを選びましょう。ヨーロッパの都市部などはスリが多発しているので、いかにもお金を持っていそうなアジア人のいでたちは狙われてしまいます。時計も同じくブランドものや宝石の付いた時計は避けましょう。

せっかくの海外は一張羅で街に繰り出したい気持ちもわかりますが、現地に溶け込むくらいの生活感あるスタイルが無難です。
出典:

海外での都市部で観光や街めぐりを計画されている方は、履き慣れたスニーカーなどのソールの低い靴、バッグはチャックの着いたノーブランドのバッグできれば斜めがけにできるものを選びましょう。ヨーロッパの都市部などはスリが多発しているので、いかにもお金を持っていそうなアジア人のいでたちは狙われてしまいます。時計も同じくブランドものや宝石の付いた時計は避けましょう。

せっかくの海外は一張羅で街に繰り出したい気持ちもわかりますが、現地に溶け込むくらいの生活感あるスタイルが無難です。

旅にかならず必要なものは

旅行に絶対忘れてはならないもの、パスポートはよく聞く話ですね。これらは現地調達できない分必ず用意しなければいけませんね。その他にも旅に持って行く必要なもの、まだまだありますよ。
海外旅行、国内旅行問わず必要なもの。それは空港までの交通費や現地両替を含めた現金です。そしてクレジットカードも現金が足りない時に重宝する場合があるので、利便性の高いカードを1.2枚持って行くとよいでしょう。航空券や日程表、パスポートやビザ査証、各種証明書のコピーなどはこれらは現地調達できませんので機内持ち込みかつ、肌身離さず持ち歩きましょう。そしてこの中でも非常に重要なものは海外旅行保険証です。

海外では日本の健康保険証は使用はできません。突発的事故や病気に見舞われた時、治療費や手術代で何千万円も請求された例は多々あります。特に治療・救援費用が無制限の海外渡航保険がおすすめです。
出典:pixabay.com

海外旅行、国内旅行問わず必要なもの。それは空港までの交通費や現地両替を含めた現金です。そしてクレジットカードも現金が足りない時に重宝する場合があるので、利便性の高いカードを1.2枚持って行くとよいでしょう。航空券や日程表、パスポートやビザ査証、各種証明書のコピーなどはこれらは現地調達できませんので機内持ち込みかつ、肌身離さず持ち歩きましょう。そしてこの中でも非常に重要なものは海外旅行保険証です。

海外では日本の健康保険証は使用はできません。突発的事故や病気に見舞われた時、治療費や手術代で何千万円も請求された例は多々あります。特に治療・救援費用が無制限の海外渡航保険がおすすめです。

他には持病のお薬も忘れては、現地上達できませんので忘れずに持っていきましょう。

またMac製品は世界のほぼどのプラグでも使用できるようになっていますが、日本の製品が使用できないプラグの場合、変換プラグを持ってゆくと重宝します。出発前に現地で泊まる宿泊施設のプラグを確認しましょう。
出典:unsplash.com

他には持病のお薬も忘れては、現地上達できませんので忘れずに持っていきましょう。

またMac製品は世界のほぼどのプラグでも使用できるようになっていますが、日本の製品が使用できないプラグの場合、変換プラグを持ってゆくと重宝します。出発前に現地で泊まる宿泊施設のプラグを確認しましょう。

旅行かばんの収納のやり方

行きも帰りもパンパンになってしまうという旅行かばんの収納。旅行先で何があるかわからないと思っていろいろ持って行きたくなりますよね。使わないかも?と思ったものは結局旅先でも使わないことが多いようですよ。

衣服類はスーツケースサイズに丸めて収納

まずは衣服類は必要以上に持っていきません。足りないならハワイやグアムはTシャツや水着が非常に安いので、現地で購入してもいいでしょう。衣服は日常する平だたみではなくて、スーツケースのサイズに合わせてたたんで収納します。Tシャツをスーツケース内で広げてたたんで小さく丸めて収納します。
帰りに荷物が増えることを想定して、パンパンに詰め込まないよう余裕を持たせておきます。洗面道具、下着など、ジャンルごとに透明袋であったり旅行用の仕分け袋に入れて収納するとまとまってかばん内に余裕ができます。洗面道具は使い捨てのサンプルが便利ですね。
履き慣れた靴を持って行く場合は、袋に入れてもよいですが一足ずつ、履き古したスポーツソックスに入れて収納もOKです。緩衝材にもなります。
出典:

まずは衣服類は必要以上に持っていきません。足りないならハワイやグアムはTシャツや水着が非常に安いので、現地で購入してもいいでしょう。衣服は日常する平だたみではなくて、スーツケースのサイズに合わせてたたんで収納します。Tシャツをスーツケース内で広げてたたんで小さく丸めて収納します。
帰りに荷物が増えることを想定して、パンパンに詰め込まないよう余裕を持たせておきます。洗面道具、下着など、ジャンルごとに透明袋であったり旅行用の仕分け袋に入れて収納するとまとまってかばん内に余裕ができます。洗面道具は使い捨てのサンプルが便利ですね。
履き慣れた靴を持って行く場合は、袋に入れてもよいですが一足ずつ、履き古したスポーツソックスに入れて収納もOKです。緩衝材にもなります。

重いものをケースの下側に。4分割スペースで収納する

ハードタイプのスーツケースはふた部分にあたる上側とケースの中とで収納スペースを4分割に分けて収納するとうまく収納できます。キャスターを動かして移動する時底にあたる車輪側に重いものを、ハンドル側に軽いものを収納します。例えばふた部分の車輪側にはデニムなど重いもの、上側にTシャツ類や小物など軽いものを入れます。
ケースの中の車輪側に本や折り畳み傘など重いものを入れ、上側にニットや下着類など収納します。そうするとスーツケース内の荷物がパンパンにならなくなります。

旅行の帰りに買い足したものやお土産を入れるスペースも考えて、行きはケース内の8割くらいで収まるようにしましょう。
出典:

ハードタイプのスーツケースはふた部分にあたる上側とケースの中とで収納スペースを4分割に分けて収納するとうまく収納できます。キャスターを動かして移動する時底にあたる車輪側に重いものを、ハンドル側に軽いものを収納します。例えばふた部分の車輪側にはデニムなど重いもの、上側にTシャツ類や小物など軽いものを入れます。
ケースの中の車輪側に本や折り畳み傘など重いものを入れ、上側にニットや下着類など収納します。そうするとスーツケース内の荷物がパンパンにならなくなります。

旅行の帰りに買い足したものやお土産を入れるスペースも考えて、行きはケース内の8割くらいで収まるようにしましょう。

折り畳みサブバッグは帰りの収納の強い味方

衣類は必要以上に持っていかない、行きの荷物はかばんの8割くらいで収めると先述しましたが、やはりそれでは不安と感じる方でもスーツケースの下に折り畳みのサブバッグを入れておくと安心します。薄くてとてもコンパクトなのに広げると現地で購入したお土産や衣類、スーツケースに入りきらなかったものも収まるくらいの容量があります。スーツケースの持ち手に取りつければ空港までの移動がスムーズですし、手荷物にもできるでしょう。ただ現地での購入品は飛行機に乗せる荷物の積載重量を超えないように買い過ぎに注意しましょう。
出典:

衣類は必要以上に持っていかない、行きの荷物はかばんの8割くらいで収めると先述しましたが、やはりそれでは不安と感じる方でもスーツケースの下に折り畳みのサブバッグを入れておくと安心します。薄くてとてもコンパクトなのに広げると現地で購入したお土産や衣類、スーツケースに入りきらなかったものも収まるくらいの容量があります。スーツケースの持ち手に取りつければ空港までの移動がスムーズですし、手荷物にもできるでしょう。ただ現地での購入品は飛行機に乗せる荷物の積載重量を超えないように買い過ぎに注意しましょう。

旅の荷物、これはどうする?

持って行きたい、持って帰りたい荷物って多すぎます。そんなときに役立つ解決策をご紹介しましょう

海外でのスマホや携帯電話は海外設定をしておくこと

国内で使用しているスマホをそのまま海外に持っていて使用することはできますが、請求料金が大変な高額になったという話は聞いたことがありませんか?中には通話代が1分間に数千円かかってしまったり、スマホは毎日たくさんのメールを受信しますのでその度に高額のデータ料金が加算されます。カメラ機能もあり緊急連絡のことを考えるとスマホや携帯電話は持っていきたいですね。海外渡航時のスマホや携帯は海外対応の設定をしておくことが必須です。
まずは各キャリアショップで詳細と設定を尋ねてみてください。先進国ではホテルや街の店舗の多くでフリーWi-Fiが利用できます。そうすればLINEの無料メール通話機能も使えますね。設定は飛行機に乗る前にデータローミング機能をオフにしてWi-Fiをオンにしておくこと。こうすればパケット通信料はかかりません。
出典:unsplash.com

国内で使用しているスマホをそのまま海外に持っていて使用することはできますが、請求料金が大変な高額になったという話は聞いたことがありませんか?中には通話代が1分間に数千円かかってしまったり、スマホは毎日たくさんのメールを受信しますのでその度に高額のデータ料金が加算されます。カメラ機能もあり緊急連絡のことを考えるとスマホや携帯電話は持っていきたいですね。海外渡航時のスマホや携帯は海外対応の設定をしておくことが必須です。
まずは各キャリアショップで詳細と設定を尋ねてみてください。先進国ではホテルや街の店舗の多くでフリーWi-Fiが利用できます。そうすればLINEの無料メール通話機能も使えますね。設定は飛行機に乗る前にデータローミング機能をオフにしてWi-Fiをオンにしておくこと。こうすればパケット通信料はかかりません。

キャリアによっては「アメリカ放題」と呼ばれるような渡航先によって提携通信会社に自動で切替わるシステムもあります。しかしそれ用の設定は必要なので各ショップで確認しましょう。またモバイルWi-FiルータをレンタルすればWi-Fiを探す手間が無くなるのでこれも旅行会社やショップで確認してみてください。
出典:unsplash.com

キャリアによっては「アメリカ放題」と呼ばれるような渡航先によって提携通信会社に自動で切替わるシステムもあります。しかしそれ用の設定は必要なので各ショップで確認しましょう。またモバイルWi-FiルータをレンタルすればWi-Fiを探す手間が無くなるのでこれも旅行会社やショップで確認してみてください。

コンタクト保存液は常備薬。手荷物へ

飛行機内への持込みには制限があります。手荷物1つと身の回り品が1つまで。合計重量が10kgを超えないなど航空会社ごとの規定があります。ただ飛行機での旅は乗り継ぎがある場合や何が起こるかわからない側面もありますので、肌身離せないものは持っておきたいですね。液体物は100ml以下の容器に入れてジップロックのような透明袋に入れて持ち込めます。ライターもこの袋に入れて1つだけです。しかし、ピルなど常備薬はこれに該当しません。コンタクト保存液も医薬品になります。赤ちゃんのミルクも持ち込めます。

長く飛行機に乗る場合はこれらの手荷物品を確認しておきましょう。
出典:

飛行機内への持込みには制限があります。手荷物1つと身の回り品が1つまで。合計重量が10kgを超えないなど航空会社ごとの規定があります。ただ飛行機での旅は乗り継ぎがある場合や何が起こるかわからない側面もありますので、肌身離せないものは持っておきたいですね。液体物は100ml以下の容器に入れてジップロックのような透明袋に入れて持ち込めます。ライターもこの袋に入れて1つだけです。しかし、ピルなど常備薬はこれに該当しません。コンタクト保存液も医薬品になります。赤ちゃんのミルクも持ち込めます。

長く飛行機に乗る場合はこれらの手荷物品を確認しておきましょう。

厚めニットや上着は圧縮袋が大活躍

厚めニットはかばんの中でも場所をとるし、衣類のスペースを小さくしてかばん内に余裕を持たせたい方には衣類圧縮袋がおすすめです。圧縮袋に衣類を入れて丸めながら空気を抜くだけで驚くほど小さくなります。袋を開けるとまた元のようになりますし、百円ショップで購入できるのがいいですね。百円ショップは仕分け袋など旅の収納グッズの宝庫ですよ。圧縮袋を使っても元の重さは全く変わりませんので、詰め込み過ぎには注意しましょう。
おむつも圧縮することができるそうです。
出典:

厚めニットはかばんの中でも場所をとるし、衣類のスペースを小さくしてかばん内に余裕を持たせたい方には衣類圧縮袋がおすすめです。圧縮袋に衣類を入れて丸めながら空気を抜くだけで驚くほど小さくなります。袋を開けるとまた元のようになりますし、百円ショップで購入できるのがいいですね。百円ショップは仕分け袋など旅の収納グッズの宝庫ですよ。圧縮袋を使っても元の重さは全く変わりませんので、詰め込み過ぎには注意しましょう。
おむつも圧縮することができるそうです。

スリッパやアメニティを備えていない海外ホテルも

海外のホテルはホテルのグレードによって違いはありますが歯ブラシ、シャンプーなどアメニティを揃えていないところがほとんどです。ユースホステルやゲストハウスに宿泊する際も同様です。特に歯ブラシセットやスリッパを置いていないことが多いようです。
宿泊先でのホテルではお部屋の中では靴を脱いで寛ぎたいのでスリッパやルームシューズを用意しておきましょう。搭乗時間の長い機内でも靴を脱げばだいぶんリラックスできるので機内持ち込みにしておくと良いですよ。
出典:

海外のホテルはホテルのグレードによって違いはありますが歯ブラシ、シャンプーなどアメニティを揃えていないところがほとんどです。ユースホステルやゲストハウスに宿泊する際も同様です。特に歯ブラシセットやスリッパを置いていないことが多いようです。
宿泊先でのホテルではお部屋の中では靴を脱いで寛ぎたいのでスリッパやルームシューズを用意しておきましょう。搭乗時間の長い機内でも靴を脱げばだいぶんリラックスできるので機内持ち込みにしておくと良いですよ。

大事なお土産は手荷物が無難

旅先のお土産選びはとても楽しいですが、持ち帰る時に注意したいことが。大事な壊れやすいものは手荷物にして機内持ち込みしてください。スーツケースに入れると壊れることが多いです。ワインを現地で買ったときもかばん内で割れないようにビニールに入れて、かばんの底やふち側にスペースを確保してタオルや衣類を何重にも緩衝材にして収納します。化粧品類もかばん内にしまう時はビニール袋に必ず入れ液漏れに注意します。このようなことがありますので、お酒や化粧品は出国手続き後の空港免税店で購入することをおすすめします。

やはり帰りに荷物が入らない原因はお土産。お土産を入れるために旅行かばんの収納を8割以下にする。折りたたみのバッグを持参する。事前にお土産リストを作って買い過ぎを防ぐことも大事です。
出典:unsplash.com

旅先のお土産選びはとても楽しいですが、持ち帰る時に注意したいことが。大事な壊れやすいものは手荷物にして機内持ち込みしてください。スーツケースに入れると壊れることが多いです。ワインを現地で買ったときもかばん内で割れないようにビニールに入れて、かばんの底やふち側にスペースを確保してタオルや衣類を何重にも緩衝材にして収納します。化粧品類もかばん内にしまう時はビニール袋に必ず入れ液漏れに注意します。このようなことがありますので、お酒や化粧品は出国手続き後の空港免税店で購入することをおすすめします。

やはり帰りに荷物が入らない原因はお土産。お土産を入れるために旅行かばんの収納を8割以下にする。折りたたみのバッグを持参する。事前にお土産リストを作って買い過ぎを防ぐことも大事です。

旅を快適にする収納術

「お土産が入らない」問題を解決! 旅行の荷物収納術で行きも帰りも楽々♪
出典:unsplash.com
旅行は非日常から離れる空間。リラックスしたい時はわざわざ日常を思い出してしまうものは、持っていかない、リラックスを忘れてしまうくらいお土産探しに躍起にならない。そんな姿勢が旅には大事です。
心の中の収納も旅を素敵なものにする秘訣です。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play