冬もうるおいを逃がさない!乾きにくい【クレンジング】のすすめ

冬もうるおいを逃がさない!乾きにくい【クレンジング】のすすめ

毎晩のクレンジング。乾燥が厳しい冬は、できるだけ肌に優しい方法でおこないましょう。メイクを落とす前の下準備から洗顔まで、そのステップを詳しくレクチャーします。 2018年11月29日作成

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード:
スキンケア
洗顔
メイク
乾燥対策
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
235

肌が乾きにくいクレンジングとは?

「保湿しているのに頬だけがどうしてもカサつく」「しっとり系の洗顔フォームを使ってもツッパリ感がある」乾燥からくるそんな肌の悩み、クレンジング方法を見直せば、一気に解決できるかも知れません。

大切なのは、“肌を優しく労わりながら”メイクを落とすこと。

今回は、その具体的なステップを解説します。
出典:www.instagram.com(@hironori_okada)

「保湿しているのに頬だけがどうしてもカサつく」「しっとり系の洗顔フォームを使ってもツッパリ感がある」乾燥からくるそんな肌の悩み、クレンジング方法を見直せば、一気に解決できるかも知れません。

大切なのは、“肌を優しく労わりながら”メイクを落とすこと。

今回は、その具体的なステップを解説します。

冬のクレンジング ~下準備編~

蒸しタオルで毛穴を広げる

クレンジングにかける時間が短縮できれば、それだけ肌への負担も少なくなります。そこで活用したいのが“蒸しタオル”。温かいタオルを顔に乗せると毛穴が開き、メイクがグッと落としやすい状態に。
出典:

クレンジングにかける時間が短縮できれば、それだけ肌への負担も少なくなります。そこで活用したいのが“蒸しタオル”。温かいタオルを顔に乗せると毛穴が開き、メイクがグッと落としやすい状態に。

蒸しタオルのつくり方

蒸しタオルのつくり方には、主に2つの方法があります。
●お湯を使う場合●
【1】火傷しない程度のお湯を洗面器にはり、清潔なタオルを浸します。

【2】水気が滴らないくらいまで絞れば完成。
出典:

【1】火傷しない程度のお湯を洗面器にはり、清潔なタオルを浸します。

【2】水気が滴らないくらいまで絞れば完成。

●電子レンジを使う場合●
【1】清潔なタオルを水に濡らして絞ります。

【2】お皿に乗せてレンジで温めます。目安は600Wで約30秒。ラップで包むと水分の蒸発を防げます。

【3】タオルの温度がまだ低いときは、様子を見ながら10秒ごとに温め直しましょう。
出典:www.photo-ac.com

【1】清潔なタオルを水に濡らして絞ります。

【2】お皿に乗せてレンジで温めます。目安は600Wで約30秒。ラップで包むと水分の蒸発を防げます。

【3】タオルの温度がまだ低いときは、様子を見ながら10秒ごとに温め直しましょう。

冬のクレンジング ~メイク落とし編~

クレンジングはミルクタイプで

オイルクレンジングを使っている方も、冬はマイルドなミルクタイプにチェンジ。保湿成分入りならさらに◎。
出典:www.photo-ac.com

オイルクレンジングを使っている方も、冬はマイルドなミルクタイプにチェンジ。保湿成分入りならさらに◎。

ナチュラルメイク派はオリーブオイルでも

ナチュラルメイクであれば、スキンケアコスメとして販売されているオリーブオイルでクレンジング。粘りのあるテクスチャーが、メイクをしっかり溶かしてくれます。
出典:www.photo-ac.com

ナチュラルメイクであれば、スキンケアコスメとして販売されているオリーブオイルでクレンジング。粘りのあるテクスチャーが、メイクをしっかり溶かしてくれます。

顔に乗せる前に温めて

メイクとの馴染みをよくするため、クレンジング料は手のひらで温めておきます。指でクルクルとかき混ぜ、人肌くらいに温まったら顔にON。
出典:www.photo-ac.com

メイクとの馴染みをよくするため、クレンジング料は手のひらで温めておきます。指でクルクルとかき混ぜ、人肌くらいに温まったら顔にON。

あくまでも優しいタッチで

よく落ちるようにと肌をゴシゴシこするのはNG。指の腹を滑らせるように、クレンジング料とメイクを優しく馴染ませていきましょう。
出典:www.instagram.com(@hironori_okada)

よく落ちるようにと肌をゴシゴシこするのはNG。指の腹を滑らせるように、クレンジング料とメイクを優しく馴染ませていきましょう。

ポイントメイク用のリムーバーも使って

ウォータープルーフのアイメイクやロングラスティングの口紅は、きちんと専用のリムーバーでOFF。肌と同じクレンジング料で無理に落とそうとすると、目元や口元に大きな負担がかかります。
出典:

ウォータープルーフのアイメイクやロングラスティングの口紅は、きちんと専用のリムーバーでOFF。肌と同じクレンジング料で無理に落とそうとすると、目元や口元に大きな負担がかかります。

シャワーで洗い流さない

クレンジング料を落とすとき、シャワーのお湯でザーッと流していませんか?その水圧が肌にとってはダメージとなる可能性もあるので、流す際は、手のひらですくったぬるま湯ですすぎましょう。
お風呂に入る前に、クレンジングを洗面台で済ましてしまうのがおすすめです。
出典:

クレンジング料を落とすとき、シャワーのお湯でザーッと流していませんか?その水圧が肌にとってはダメージとなる可能性もあるので、流す際は、手のひらですくったぬるま湯ですすぎましょう。
お風呂に入る前に、クレンジングを洗面台で済ましてしまうのがおすすめです。

冬のクレンジング ~洗顔編~

洗顔フォームはしっとり系を

乾燥が気になる季節は洗顔フォームも再吟味。肌に必要なうるおいを残してくれるような、しっとりとした洗いあがりのものを選びましょう。
出典:

乾燥が気になる季節は洗顔フォームも再吟味。肌に必要なうるおいを残してくれるような、しっとりとした洗いあがりのものを選びましょう。

泡立てネットを活用

肌を優しく洗うためには十分な泡が必要。泡立てネットを使えば、コシのある濃密泡が簡単につくれます。
出典:

肌を優しく洗うためには十分な泡が必要。泡立てネットを使えば、コシのある濃密泡が簡単につくれます。

泡を乗せ方にもポイントが

できたての泡は洗浄力が強いため、顔に乗せるときは、頬や目元といった乾燥しやすい部分は避けるようにします。まずはTゾーンに乗せ、そこから外側にクルクルと広げて。
出典:

できたての泡は洗浄力が強いため、顔に乗せるときは、頬や目元といった乾燥しやすい部分は避けるようにします。まずはTゾーンに乗せ、そこから外側にクルクルと広げて。

ベースメイクを変えるという方法も

クレンジングが簡単に終わるよう、ファンデーションや化粧下地自体を変えてみるのもひとつの手です。石鹸で落ちるものやミネラル100%のものなど、この機会に肌に優しいコスメを探してみては?
出典:

クレンジングが簡単に終わるよう、ファンデーションや化粧下地自体を変えてみるのもひとつの手です。石鹸で落ちるものやミネラル100%のものなど、この機会に肌に優しいコスメを探してみては?

丁寧なクレンジングで乾燥知らずの肌に

寒さとともにやってくる冬の乾燥。高価な保湿クリームや美容液を導入する前に、まずはメイク落としのステップから見直してみることをおすすめします。
肌を想った丁寧なクレンジングで、プルンと弾むしっとり肌を目指しましょう!
出典:www.instagram.com(@nero_hair_salon)

寒さとともにやってくる冬の乾燥。高価な保湿クリームや美容液を導入する前に、まずはメイク落としのステップから見直してみることをおすすめします。
肌を想った丁寧なクレンジングで、プルンと弾むしっとり肌を目指しましょう!

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play