暑さ対策と一緒に冷え対策もしっかりと!夏の快適「冷え取り」レッスン

暑さ対策と一緒に冷え対策もしっかりと!夏の快適「冷え取り」レッスン

『冷え』と聞くと冬特有の困りごとのイメージですが、夏も油断はできません。冷房に冷たい飲み物など、夏だからこそ体を冷やしてしまうこともあるのです。そこで、毎日の生活の中でちょっと気を付けるだけでできる冷え対策のポイントを紹介します。どれも気軽に試せることばかりなので、暑さ対策と一緒に冷え対策もして、元気に夏を乗り切りましょう。2021年07月22日作成

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード
ヘルス・ビューティー冷え性冷え取り冷え予防
お気に入り数149

夏でも気を付けたい『冷え』

暑さ対策と一緒に冷え対策もしっかりと!夏の快適「冷え取り」レッスン
出典:
暑い季節になると、冷たい物を食べたり薄着になったりして体が冷えがちになります。さらに冷房で体を芯から冷やしてしまうというリスクも。熱中症などの暑さ対策も大事ですが、冷え対策もしっかり心がけたいですね。では、より快適に過ごすためにも夏の冷え取りポイントをチェックしてみましょう。

冷え知らずさんの生活スタイル

クーラーの温度設定は高めに

暑さ対策と一緒に冷え対策もしっかりと!夏の快適「冷え取り」レッスン
出典:
熱中症予防のためにも冷房は必要ですが、冷やしすぎにも気を付けましょう。設定温度は外気温-5℃以内が適しているといわれています。また、涼しい時間帯は扇風機を使うなどして、冷房から離れる時間も意識的に作りましょう。

食べ物や飲み物に気を付ける

暑さ対策と一緒に冷え対策もしっかりと!夏の快適「冷え取り」レッスン
出典:
暑いとどうしても、冷たい飲み物や食べ物を食べてしまいがちになりますが、体の中から冷えてしまう原因にもつながります。なるべく温かい物を食べたり、飲み物も氷抜きや常温にするなど、冷えない工夫をしましょう。

おすすめドリンクレシピ

体が冷えがちだな、と思ったら冷たい飲み物はお休みして温かいお茶にしましょう。体を温めてくれる生姜を使ったジンジャーティーは冷え取りにはぴったりですね。
出典:

体が冷えがちだな、と思ったら冷たい飲み物はお休みして温かいお茶にしましょう。体を温めてくれる生姜を使ったジンジャーティーは冷え取りにはぴったりですね。

おすすめスープレシピ

食事も、熱い物を食べるのを避けてしまいますが、体を温めるためにもスープなどを採り入れてみましょう。

こちらの豚肉やもやし、豆腐がたっぷり入った旨辛味のキムチスープなら、食欲のない夏でも箸が進みそうですね。
出典:

食事も、熱い物を食べるのを避けてしまいますが、体を温めるためにもスープなどを採り入れてみましょう。

こちらの豚肉やもやし、豆腐がたっぷり入った旨辛味のキムチスープなら、食欲のない夏でも箸が進みそうですね。

夏でも湯船で温まる

暑さ対策と一緒に冷え対策もしっかりと!夏の快適「冷え取り」レッスン
出典:
夏はシャワーだけで済ませる、という方も多いですが、お風呂につかって体をじっくり温めましょう。冷え対策には、夏でもきちんと湯船に入ることが大切です。
暑さ対策と一緒に冷え対策もしっかりと!夏の快適「冷え取り」レッスン
出典:
熱いお風呂に入る必要はないので、ぬるめの温度にゆっくりつかりましょう。20分ほどつかると体の芯から温まってリラックスできますよ。長い時間湯船につかるのが苦手な方は、防水のスマホケースなどお風呂グッズを用意してみるのもおすすめ。

適度な運動で体を動かそう

適度にからだを動かすことも、冷え解消にはおすすめ。お部屋でできる簡単なヨガやストレッチなどを日課にして1日の冷えをその日のうちに取るようにしましょう。
冷房で冷えがちな足の冷えを解消するストレッチの方法です。動画を見ながらでOKの3分間ストレッチなので、気軽にトライできそうですね。

冷え取りアイテムを身に着ける

カーディガン、ストール

職場や公共施設など個人で冷房の温度調節ができない場所に行くときは、カーディガンやストールを持参して対策しましょう。

シアーカーディガンは、見た目も涼しげで軽くて持ち歩きやすいのでおすすめです。薄い素材ですが、冷房の風が直接肌に当たらなくなるので、体が冷えにくくなります。
出典:

職場や公共施設など個人で冷房の温度調節ができない場所に行くときは、カーディガンやストールを持参して対策しましょう。

シアーカーディガンは、見た目も涼しげで軽くて持ち歩きやすいのでおすすめです。薄い素材ですが、冷房の風が直接肌に当たらなくなるので、体が冷えにくくなります。

冷えには首、手首、足首を冷やさないようにすることが大切です。ストールは首に巻いたり羽織ったり、ひざ掛け代わりにもできて自分の冷えやすい部分に自在に使えるのでとても便利です。
出典:

冷えには首、手首、足首を冷やさないようにすることが大切です。ストールは首に巻いたり羽織ったり、ひざ掛け代わりにもできて自分の冷えやすい部分に自在に使えるのでとても便利です。

レッグウォーマー

夏特有の軽やかなファッションは、足元の冷えにつながる場合も。長時間の電車移動などでは足元から冷えを感じる方も多いですよね。そんな時はレッグウォーマーをプラスしてみましょう。薄手のものならスカートから見えても重い印象にならないうえに、パンツの下にも履けるので使いやすいです。

こちらは、表側は綿、内側は吸湿・放湿性の良い絹で編まれているので、肌ざわりが良く暑い夏でも気持ちよく履けるでしょう。
出典:

夏特有の軽やかなファッションは、足元の冷えにつながる場合も。長時間の電車移動などでは足元から冷えを感じる方も多いですよね。そんな時はレッグウォーマーをプラスしてみましょう。薄手のものならスカートから見えても重い印象にならないうえに、パンツの下にも履けるので使いやすいです。

こちらは、表側は綿、内側は吸湿・放湿性の良い絹で編まれているので、肌ざわりが良く暑い夏でも気持ちよく履けるでしょう。

足首ウォーマーなら、軽やかな見た目ながら、冷え取りポイントの足首はしっかりガードしてくれます。
出典:

足首ウォーマーなら、軽やかな見た目ながら、冷え取りポイントの足首はしっかりガードしてくれます。

素足派の方必見!明るいカラーのものなら、こんな風にサンダルに合わせても可愛いですね。
出典:

素足派の方必見!明るいカラーのものなら、こんな風にサンダルに合わせても可愛いですね。

インナー

丈が長めのインナーを着ることで、お腹や腰回りの冷え対策になります。こちらのインナーは伸縮性のあるリブ編みで体へのフィット感も良く、夏でもさらっと心地よく着れます。
出典:

丈が長めのインナーを着ることで、お腹や腰回りの冷え対策になります。こちらのインナーは伸縮性のあるリブ編みで体へのフィット感も良く、夏でもさらっと心地よく着れます。

夏だからこそ、意識的に対策を

暑さ対策と一緒に冷え対策もしっかりと!夏の快適「冷え取り」レッスン
出典:
夏は冬と違って、「寒い」という自覚がなく、気付いたら体が冷えていることも多いです。食事や入浴などちょっとした習慣で違ってくるので、意識的に冷え対策をして、快適な夏を過ごしましょう。
画像のご協力、ありがとうございました!

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play