最近、ちょっと増えたかも…気になる「抜け毛」の原因とケア

最近、ちょっと増えたかも…気になる「抜け毛」の原因とケア

「何だかいつもより多く髪が抜けている気がする」とお悩みの人は少なくないはず。抜け毛を減らし健康的な髪を手に入れるには、原因に合わせて対処することが大切です。シャンプーやドライヤーの仕方を見直したり、使うアイテムやヘアスタイルを変えてみたりするなど少しの工夫で改善できますよ。今回は、考えられる原因に合ったケア方法をご紹介。悩みを解決して、艶のある美髪を目指してみませんか?2021年06月11日作成

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード
ヘアヘアケアシャンプー悩み・効果美髪
お気に入り数239

最近、抜け毛が増えたかも…

枕やシーツ、お風呂場の排水口などに付いた髪の量を見て、ドキッとしたことはありませんか?抜け毛は1日50~100本程度であれば問題ないといわれています。でも、「最近、ちょっと増えたかも」と感じたら、思い当たることがないか考えてみてください。シャンプーやドライヤーの仕方から生活習慣まで、抜け毛の原因はさまざま。それぞれのケースに合わせた対策をおこなうことが大切です。今回は考えられる原因をチェックした上で、ベストなケア方法をご紹介。悩みを解決して美しい髪を手に入れましょう。

抜け毛の原因をチェックしよう

1.シャンプーが合っていない

最近、ちょっと増えたかも…気になる「抜け毛」の原因とケア
出典:unsplash.com
自身の髪や頭皮に合ったシャンプーを使っていますか?「毎日洗っているのにかゆい」「フケやべたつきが気になる」「キシキシする」という場合、相性が良くない可能性があります。洗浄力が強すぎると必要な皮脂まで取り除いてしまい、髪のトラブルを引き起こしやすくなるのです。使うアイテムやシャンプーの方法を見直せば、抜け毛の改善につながりますよ。

2.頭皮の状態がよくない

最近、ちょっと増えたかも…気になる「抜け毛」の原因とケア
出典:pixabay.com
頭皮の状態がよくないと髪が抜けやすくなります。皮脂や汚れが毛穴に詰まり、髪の毛の成長を妨げてしまうのです。また地肌の血行不良も抜け毛の原因の一つ。髪に十分な栄養が届かなくなり、成長を妨げてしまいます。頭皮を掴んでマッサージしようとしたときに「肌が硬くて動かしにくい」という場合は対策が必要。その他、紫外線による乾燥や不規則な生活も薄毛の原因につながります。

3.ヘアスタイルが髪に負担をかけている

気付けば毎日、同じような髪型をしていませんか?職業柄ポニーテールやお団子など、すっきりまとめなければならない人もいるかもしれません。けれど、いつも同じ場所に力が加わった状態だと、頭皮に負担が掛かり抜け毛の原因に。分け目をあまり変えない場合も注意が必要です。

抜け毛の防止には、ちょっとした心掛けが大切

まずはシャンプーの見直しから

そのシャンプー髪に合っていますか?

最近、ちょっと増えたかも…気になる「抜け毛」の原因とケア
出典:unsplash.com
「シャンプーが合わない気がする」と感じたら、思い切って変えてみましょう。おすすめは髪にやさしいアミノ酸系のアイテム。程よく洗浄力があるので、皮脂やホコリといった汚れを落としながらも、必要な潤いを保ちます。その他、頭皮ケアや保湿ができることも大切なポイント。ヒアルロン酸やイソフラボンなど、潤い成分が配合されているかどうかチェックして選んでみてくださいね。
レベナオーガニック シャンプー&トリートメントセット 500ml&500g
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

ボタニカルオイルを配合したシャンプーとトリートメントのセット。ツバキやアーモンドなどの天然成分が、やわらかい地肌へと導きます。髪に優しいアミノ酸系なので必要な潤いはしっかりキープ。また泡立ちもよくシャンプーする時の摩擦を軽減できます。イランイランやゼラニウムのナチュラルな香りに、心もほぐれそうですね。

レベナオーガニック シャンプー&トリートメントセット 500ml&500g
3,840円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

正しいシャンプーの方法をおさらい

せっかく自分に合ったシャンプーを選んでも間違った方法で洗ってしまうと、効果が落ちたり髪を傷めてしまったりする場合もあります。各工程のポイントをおさらいして、より抜け毛を防ぎましょう。
最近、ちょっと増えたかも…気になる「抜け毛」の原因とケア
出典:pixabay.com
予洗いは1分以上しっかりと行うことが大切です。泡立ちがアップしますし、髪に水分が入っているとケア成分が届きやすくなります。美容院でシャンプーするときをイメージしてみてください。「こんなに、すすぎに時間をかけるの?」と感じたことがある人は少なくないのではないでしょうか?スキンケアのときに化粧水を付けてから乳液を使うのと同じ感覚で、じっくりおこなって。
最近、ちょっと増えたかも…気になる「抜け毛」の原因とケア
出典:pixabay.com
シャンプーを手に取って、そのまま髪に付けていませんか?十分に泡立ててからでないと髪を擦ってしまい、ダメージの原因に。洗浄力は泡立てたときの状態に合わせてあるので、そのままだと刺激が強すぎる場合があります。少しずつお湯を混ぜながらしっかりと泡立てましょう。難しい場合は洗顔ネットを使うのもおすすめです。
トリートメントの前に、タオルや手を使ってしっかりと水気を切るのも大切。濡れたままだとトリートメントが薄まり、効果が落ちてしまうことも。
出典:www.pexels.com

トリートメントの前に、タオルや手を使ってしっかりと水気を切るのも大切。濡れたままだとトリートメントが薄まり、効果が落ちてしまうことも。

完全に乾かしてから寝るのは鉄則

「髪を乾かすのが面倒だから」と、濡れた状態で寝ていませんか?きちんとドライしないと雑菌が増えて、抜け毛の原因につながります。根元から毛先まで、しっかり乾かしてから寝るようにしましょう。とはいえ熱の当てすぎはNG。温風で8割程度乾かしたら、冷風に切り替えて仕上げるのが理想的。小刻みにドライヤーと髪を振り、同じ場所に熱を当て続けないよう注意してくださいね。

夜のシャンプーで一日の汚れをリセット

最近、ちょっと増えたかも…気になる「抜け毛」の原因とケア
出典:pixabay.com
シャンプーを行うタイミングは夜がベスト。成長ホルモンは眠っている間に多く分泌されるといわれています。一日過ごした頭皮は皮脂やホコリで汚れているもの。そのまま寝てしまうと毛穴詰まりを起こしてしまいます。「朝シャワーを浴びるとすっきりする」という人も、なるべく就寝前に汚れをリセットして。日頃の習慣が抜け毛防止につながります。

土台となる頭皮の環境を整えよう

頭皮マッサージで血行アップ

マッサージで地肌をやわらかくすると血行がUPします。髪への栄養がしっかりと行き届くようになり、抜け毛防止に。シャンプーするときや入浴直後など体がポカポカしているときが、おすすめのタイミングです。髪だけでなくリフトアップやストレス解消効果も期待できるので、ぜひ実践してみてくださいね。
「頭皮マッサージをしてみたいけれど、やり方が分からない」という人は、こちらの動画をチェックしてみてください。初めての人でも短時間で簡単に地肌をほぐせますよ。

頭皮専用アイテムで潤いを与えて

頭皮の乾燥を予防するのも抜け毛対策として有効です。痒いて地肌を傷付けてしまったり、炎症により毛穴を塞いでしまったりするのを防げます。専用ヘアケアアイテムの中には直接、頭皮に馴染ませるタイプもあります。定期的に使用して潤いを保ちましょう。
[ 医薬部外品 ] アンファー (ANGFA) スカルプD ボーテ トリートメント パック モイスト 350ml
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

こちらは地肌に塗布できるトリートメント。イソフラボンやコラーゲンなどの潤い成分が、髪を健やかな状態に整えます。頭皮は美髪の土台です。ぜひ普段のヘアケアにプラスしてみてくださいね。

[ 医薬部外品 ] アンファー (ANGFA) スカルプD ボーテ トリートメント パック モイスト 350ml
3,496円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

頭皮にも紫外線対策が必要

最近、ちょっと増えたかも…気になる「抜け毛」の原因とケア
出典:
年中降り注ぐ紫外線。顔や体と同じように頭皮にもダメージを与えます。フケが出やすくなったり炎症をおこしたりする場合も。そういったトラブルは抜け毛の原因につながります。髪のUVケア製品はあっても頭皮専用は、なかなかありません。そのため、つばの広い帽子や日傘を活用するのがおすすめ。お気に入りのアイテムを取り入れて、おしゃれを楽しみながら地肌を労わってみてはいかがでしょうか?

頭皮に負荷の少ない髪型を意識

毎日同じ髪型は避ける

毎日同じ髪型していると、一箇所に力が加わってしまうため抜け毛の原因につながります。特に髪全体をキュッとまとめるようなアレンジは、避けたほうがベター。ポニーテールやおだんごなど、すっきりとしたヘアスタイルを頻繁にする人は引っ張りすぎないよう気を付けましょう。実際に私は毎日ギュッと編み込みをしていたら、前髪の付け根が薄くなってしまった経験があります。髪のためにはもちろん、気分転換にもなるので色々なアレンジに挑戦してみてくださいね。
髪型だけでなく分け目を変えるのも、抜け毛予防に効果的。トップをジグザグにわけたりドライヤーの当て方を工夫したりすれば、程よくボリュームが出ます。既に薄くなっている部分もカバーできますよ。

スタイリング剤は髪に優しいもの選ぶ

普段使いのスタイリング剤は、なるべく髪に優しいものを選びましょう。ハードなスプレーやワックスはベタつきやすく、汚れが毛穴に詰まってしまう場合があります。しっかり髪型をキープするのは必要最小限にして、ナチュラルなニュアンスを楽しみましょう。
ザ・プロダクト ヘアワックス 42g
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

天然成分で作られている「ザ・プロダクト」のバーム。髪への刺激が少ないので日常使いにぴったりです。はじめは若干固めなので、手のひらでしっかり伸ばしてから毛先を中心にもみこんで。保湿力があり、流行りのウェット感をプラスできます。ぱらぱらと落ちてきた後れ毛になじませると、グッとあか抜けた印象に。

ザ・プロダクト ヘアワックス 42g
1,000円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

ヘアスタイルを決めるときは頭皮のことも考えて

実は髪の重さだけでも、頭皮には負荷が掛かっています。アレンジや分け目を変えるときだけでなく、カットするときも地肌のことを意識してみてください。抜け毛やダメージ防止効果がアップしますよ。
「とにかく髪に負担をかけたくない」という人には、ショートカットが最適。ロングに比べてシャンプーが全体に行き渡りやすく、汚れをしっかり落とせます。またドライヤーが短時間で済むのもポイント。熱によるダメージが少ないので、抜け毛防止につながります。ショート初心者さんも、こちらのように丸みのあるスタイルなら挑戦しやすいのではないでしょうか?
出典:www.instagram.com(@uji_garden)

「とにかく髪に負担をかけたくない」という人には、ショートカットが最適。ロングに比べてシャンプーが全体に行き渡りやすく、汚れをしっかり落とせます。またドライヤーが短時間で済むのもポイント。熱によるダメージが少ないので、抜け毛防止につながります。ショート初心者さんも、こちらのように丸みのあるスタイルなら挑戦しやすいのではないでしょうか?

適度に長さがあるボブは、ふんわりパーマをかけて動きを出すのがおすすめ。凝ったアレンジしなくてもおしゃれな雰囲気が出せるので、髪への負担も減らせます。絶妙な外はねカールならトレンド感もばっちりですね。
出典:www.instagram.com(@_hitomi_okubo_)

適度に長さがあるボブは、ふんわりパーマをかけて動きを出すのがおすすめ。凝ったアレンジしなくてもおしゃれな雰囲気が出せるので、髪への負担も減らせます。絶妙な外はねカールならトレンド感もばっちりですね。

「抜け毛は気になるけれど、長さは残したい」という人はレイヤーを入れたロングスタイルはいかがでしょうか?髪の重さだけでも頭皮に負担が掛かっています。量を減らせばダメージを軽減できますよ。
出典:www.instagram.com(@tominaga002)

「抜け毛は気になるけれど、長さは残したい」という人はレイヤーを入れたロングスタイルはいかがでしょうか?髪の重さだけでも頭皮に負担が掛かっています。量を減らせばダメージを軽減できますよ。

ちょっとした意識の積み重ねが、抜け毛防止につながる

抜け毛を減らすためには原因を知り、自身に合った対策をおこなうことが大切です。中でもケアの方法や、生活習慣の見直しは基本。ちょっとした意識の積み重ねが悩みの解決につながります。髪や頭皮の状態に目を向けて、健やかな状態を保ってくださいね。

写真をご提供いただいたサイト・インスタグラムアカウント

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play