提供: 株式会社ナプラ
いつもの髪色からアップデート! “肌映えカラー”ではじめる春支度

いつもの髪色からアップデート! “肌映えカラー”ではじめる春支度

そろそろ春に向けておしゃれの準備を始めてる方もいるのではないでしょうか。お洋服やメイクだけでなく、ヘアカラーも一新すれば一気に春仕様になりますよ。素肌をきれいに見せてくれる「NASEED(ナシード)」の3つの新色で春支度をはじめましょう。 2021年03月10日作成

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード
ヘアヘアスタイルヘアアレンジヘアカラー
お気に入り数1118

新しい季節、髪色をチェンジして心機一転

いつもの髪色からアップデート! “肌映えカラー”ではじめる春支度
長い冬のおこもり生活ももうすぐ明けて、新しい季節がやって来ます。そろそろ春に向けておしゃれの準備を始めている方もいるのではないでしょうか。お洋服やメイクだけでなく、ヘアカラーも一新すれば一気に春仕様に!お部屋の中で過ごすことが多くても、いつも目にする自分の髪色が春らしいカラーだと、気分も晴れそうですよね。

素肌をきれい見せして透明感UP!“肌映えカラー”で春支度

いつもの髪色からアップデート! “肌映えカラー”ではじめる春支度
この春は素肌をきれいに見せてくれる“肌映えカラー”がトレンドになりそう。リモートワークやオンライン会議などのモニター越しでも、マスクを着けていても印象がアップ。これまで黒髪やダークカラーが多かった方も、いつも同じ髪色をオーダーしている方も、今年は“肌映えカラー”にチャレンジして春支度をはじめませんか?カラーが利いているとヘアアレンジも楽しくなります◎

うるおいに満ちた美しい髪色を叶えてくれるカラー剤「NASEED(ナシード)」の、2021年春夏おすすめヘアカラーとともに、ヘアアレンジ術もご紹介します。

発色と肌なじみがいい《惑わせスカイブルー》

顔を縁どるように、もみ上げと前髪に《スカイブルー》を入れて、今っぽい遊びを。透明感と柔らかさを際立てるスカイブルーなら、黒色やトーンダウンした髪でも沈まず軽やかな印象にしてくれます。

顔を縁どるように、もみ上げと前髪に《スカイブルー》を入れて、今っぽい遊びを。透明感と柔らかさを際立てるスカイブルーなら、黒色やトーンダウンした髪でも沈まず軽やかな印象にしてくれます。

ほんのりピンクを掛け合わせて肌なじみのよさにこだわったスカイブルーは、爽やかなストライプシャツと好相性◎ビッグシャツ×肩掛けニットでゆるさをプラス。着回しやすい膝丈のハーフパンツと合わせれば、可愛さを残しつつ、大人っぽい印象になります。

ほんのりピンクを掛け合わせて肌なじみのよさにこだわったスカイブルーは、爽やかなストライプシャツと好相性◎ビッグシャツ×肩掛けニットでゆるさをプラス。着回しやすい膝丈のハーフパンツと合わせれば、可愛さを残しつつ、大人っぽい印象になります。

Hair:佐々木彩奈(NORA GINZA)

クリアなつやめきの《涼感モノグレージュ》

柔らかな青紫を帯びた《モノグレージュ》は、赤みや黄みを抑えて透明感を上昇させてくれます。肌のくすみを解消し、誰にでも似合う仕上がりに。色持ちがいいのもポイントです。大人のおしゃれ髪にぴったりなカラーです。

柔らかな青紫を帯びた《モノグレージュ》は、赤みや黄みを抑えて透明感を上昇させてくれます。肌のくすみを解消し、誰にでも似合う仕上がりに。色持ちがいいのもポイントです。大人のおしゃれ髪にぴったりなカラーです。

クリアなつやめきが美しいモノグレージュは、エアリーなブラウスや淡い色の春ニットでも甘くなりすぎず、上品に着こなせます。さらに、きれいめデニムと合わせればレディライクに仕上がります。

クリアなつやめきが美しいモノグレージュは、エアリーなブラウスや淡い色の春ニットでも甘くなりすぎず、上品に着こなせます。さらに、きれいめデニムと合わせればレディライクに仕上がります。

Hair:間嶋崇裕(Beauty Connection Ginza)

女性らしさを演出する《濃密オリエンタルピンク》

華やかさに可愛らしさ、表情豊かな女性らしさを演出してくれる《オリエンタルピンク》のヘアカラー。インナーカラーに鮮やかなピンクを入れると、春気分が高まります。

華やかさに可愛らしさ、表情豊かな女性らしさを演出してくれる《オリエンタルピンク》のヘアカラー。インナーカラーに鮮やかなピンクを入れると、春気分が高まります。

春めくオリエンタルピンクには、この季節に定番の花柄ワンピースでよりフェミニンに。軽やかなシースルー素材の優しい色合いを選べば、気持ちも印象も華やぎます。

春めくオリエンタルピンクには、この季節に定番の花柄ワンピースでよりフェミニンに。軽やかなシースルー素材の優しい色合いを選べば、気持ちも印象も華やぎます。

Hair:前田渉(cache cache)

透き通るような甘さの《大人アイシーピンク》

エッジィなウルフスタイルを柔らかな雰囲気で包み込んでくれる《アイシーピンク》。ハイトーンのブリーチ毛に対して、赤みをコントロールするカラーをオン。ほんのりつやを与えてくれ、透き通るように柔らかいピンクが表現できます。ハイトーンからのイメチェンにもおすすめです。

エッジィなウルフスタイルを柔らかな雰囲気で包み込んでくれる《アイシーピンク》。ハイトーンのブリーチ毛に対して、赤みをコントロールするカラーをオン。ほんのりつやを与えてくれ、透き通るように柔らかいピンクが表現できます。ハイトーンからのイメチェンにもおすすめです。

ヘアカラーとリンクした、トレンドのミネラルカラーのお洋服とトータルコーデ。ラフになりがちなパンツスタイルも大人っぽくおしゃれに着こなせます。

ヘアカラーとリンクした、トレンドのミネラルカラーのお洋服とトータルコーデ。ラフになりがちなパンツスタイルも大人っぽくおしゃれに着こなせます。

Hair:RYUSEI(BELEZA)
気になる春の新色“肌映えカラー”は見つかりましたか?自分の肌色とぴったりなヘアカラーを見つけるために、ぜひ美容院に足を運んでみてください。豊富なカラーバリエーションの中から、あなたに合ったカラーやスタイルを美容師さんと相談すれば、納得のいく仕上がりになるはず◎

デザインカラーなら、アレンジも楽しい◎

いつもの髪色からアップデート! “肌映えカラー”ではじめる春支度
ヘアカラーが利いていると、簡単なアレンジでもおしゃれ上級者っぽく見えますよ。マスクを着用してのお出かけ時はもちろん、おうち時間やリモート会議の前に、ささっとできるヘアアレンジ術をご紹介します。ハイライトやインナーカラーを引き立てるスタイルに挑戦してみてください。

《惑わせスカイブルー》で作る、おしゃれローポニー

左上から反時計回り。①もみ上げとこめかみの毛束を薄く引き出したら、耳に少しかぶせて、襟足でひとつ結びに。後れ毛はストレートアイロンでS字に巻きます。②結び目の周りを放射線状につまんでたるませます。オイルで顔回りの束感をセット。③春カラーのヘアアクセサリーを着ければ完成。

左上から反時計回り。①もみ上げとこめかみの毛束を薄く引き出したら、耳に少しかぶせて、襟足でひとつ結びに。後れ毛はストレートアイロンでS字に巻きます。②結び目の周りを放射線状につまんでたるませます。オイルで顔回りの束感をセット。③春カラーのヘアアクセサリーを着ければ完成。

《スカイブルー》の後れ毛のおかげで、シンプルなひとつ結びをするだけでモードに転換。イエローカラーや花柄のブラウス、ブルーデニム素材のお洋服と相性抜群です。

《濃密オリエンタルピンク》で作る、編み込みハーフアップ

左上から反時計回り。①7:3パートの分け目からトップを裏編みに。毛束を足しながら耳の後ろまで編んで結びます。②結んだ上の編み目に毛先を通してくるりんぱ。編み込みのカチューシャを作ります。③編み目をほぐし、後れ毛にセラムで束感を与えます。華奢なヘアピンを着ければ完成。

左上から反時計回り。①7:3パートの分け目からトップを裏編みに。毛束を足しながら耳の後ろまで編んで結びます。②結んだ上の編み目に毛先を通してくるりんぱ。編み込みのカチューシャを作ります。③編み目をほぐし、後れ毛にセラムで束感を与えます。華奢なヘアピンを着ければ完成。

ハーフアップ風アレンジで《オリエンタルピンク》のインナーカラーを印象的に。華奢なイヤリングやヘアピンを使って、女性らしさをさらにアップさせます。

染めるたびにきれいを育む「ナシードカラー」春の新色

いつもの髪色からアップデート! “肌映えカラー”ではじめる春支度
今回ご紹介したのは、オーガニックハーブエキスなどの天然由来成分配合で、髪にうるおいを与えながら染め上げてくれる「NASEED」の新色。みずみずしいツヤとなめらかな手触りが楽しめます。染めたての嫌な香りがしないのもおすすめ。気持ちよくおしゃれなヘアカラーを実現できますよ。

新しい髪色で、晴れやかに春を迎えよう

いつもの髪色からアップデート! “肌映えカラー”ではじめる春支度
今年はお洋服とメイクに加え、春にぴったりなヘアカラーに挑戦しませんか?“肌映えカラー”を取り入れれば印象もアップするので、新しい出会いの季節にぴったりです。自分に合った「NASEED」のヘアカラーで春を楽しんでくださいね。

STAFF
Photo:Yuya Saito(t.cube)
Styling:Natsuki Takano
Make-Up:Hikaru Nadia(Three Peace)
icons Googl Play