髪のパサつきや頭皮のかゆみ…。乾燥ダメージから守る「冬のヘアケア」対策

髪のパサつきや頭皮のかゆみ…。乾燥ダメージから守る「冬のヘアケア」対策

空気が乾燥しやすい冬は、お肌と同じように頭皮や髪の毛もダメージを受けやすい季節。静電気でボワッと髪の毛が広がってまとめにくかったり、頭皮がかゆくてイライラしてしまうことはありませんか?冬の冷たい外気にあたった髪の毛はパサつきや広がりの原因に、頭皮の乾燥は臭いやかゆみの原因となります。また、頭皮がダメージを受けすぎると健康な髪の毛が生えてこなくなり、抜け毛の原因となることも。そこで今回は、頭皮や髪のダメージの原因と、きれいな髪を維持するためにしたい対策をご紹介します。2021年02月12日作成

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード
ヘアヘアケア乾燥対策対策
お気に入り数372

どんなときも きれいな髪でいたい

「髪は女性の命」と言われるように、艶・コシのあるきれいな髪は好印象に見られますよね。髪や頭皮にダメージを受けやすい冬を美髪で乗り越えるにはどのような対策をすればよいのか、なぜ冬はダメージを受けやすいのか、その原因から一緒に考えてみましょう*

あなたは知っていますか? 冬に乾燥する原因と影響

空気中の水分の低下

日本の冬は湿度が低く、乾燥しやすいのが特徴。そこにエアコンやヒーターなどを使うことで、さらに空気中の水分を低下させてしまいます。

そうなると頭皮の必要な水分が奪われ、頭皮が乾燥してかゆみが生じたり、静電気が起きやすくなり、髪の毛にダメージを受けやすくなってしまうのです。
出典:www.pexels.com

日本の冬は湿度が低く、乾燥しやすいのが特徴。そこにエアコンやヒーターなどを使うことで、さらに空気中の水分を低下させてしまいます。

そうなると頭皮の必要な水分が奪われ、頭皮が乾燥してかゆみが生じたり、静電気が起きやすくなり、髪の毛にダメージを受けやすくなってしまうのです。

気温変動による体調の変化

日中と朝晩の気温変化が激しい冬は、その温度差に身体がついていかなくなり体調不良を引き起こしやすいですよね。

冷えや体調不良により血行不良となり、それが原因で毛根や髪の毛まで栄養が行き届かず、ハリやコシの失いパサついた髪になってしまうと言われています。
出典:www.pexels.com

日中と朝晩の気温変化が激しい冬は、その温度差に身体がついていかなくなり体調不良を引き起こしやすいですよね。

冷えや体調不良により血行不良となり、それが原因で毛根や髪の毛まで栄養が行き届かず、ハリやコシの失いパサついた髪になってしまうと言われています。

シャワーの温度

寒さからシャワーの温度を上げがちな冬の入浴。熱いお湯で頭を洗うと必要な皮脂まで溶け出して洗い流されてしまいます。さらに、洗浄力の強いシャンプーの使用やすすぎ残しは、頭皮ダメージへと繋がり、乾燥の原因となります×
出典:www.pexels.com

寒さからシャワーの温度を上げがちな冬の入浴。熱いお湯で頭を洗うと必要な皮脂まで溶け出して洗い流されてしまいます。さらに、洗浄力の強いシャンプーの使用やすすぎ残しは、頭皮ダメージへと繋がり、乾燥の原因となります×

ドライヤーの使用時間

少しの湿気で身体が冷えてしまうこともあり、入念なドライに徹しがちな冬場のドライヤー事情。しっかり髪を乾かすことは、もちろん髪や頭皮にとってとても大切なことです。

一方でドライヤーの温風は髪の毛や頭皮の水分を必要以上に奪ってしまうことも。ドライヤーを頭皮に近付けすぎたり、長時間当て続けていたりするなどの行為も乾燥しやすくする原因となるでしょう。
出典:www.pexels.com

少しの湿気で身体が冷えてしまうこともあり、入念なドライに徹しがちな冬場のドライヤー事情。しっかり髪を乾かすことは、もちろん髪や頭皮にとってとても大切なことです。

一方でドライヤーの温風は髪の毛や頭皮の水分を必要以上に奪ってしまうことも。ドライヤーを頭皮に近付けすぎたり、長時間当て続けていたりするなどの行為も乾燥しやすくする原因となるでしょう。

さっそく実践したい!4つの冬のヘアケア対策

1.湿度管理の徹底

気温差が激しい冬の体調管理や乾燥防止に大切なのは「湿度管理」です。空気中の湿度が40%以下になると、静電気も発生しやすくなるため60~65%の湿度を保ちましょう。加湿器を置いたり、濡らしたタオルや水を入れたコップをテーブルの上や枕元に置くのも◎
出典:www.pexels.com

気温差が激しい冬の体調管理や乾燥防止に大切なのは「湿度管理」です。空気中の湿度が40%以下になると、静電気も発生しやすくなるため60~65%の湿度を保ちましょう。加湿器を置いたり、濡らしたタオルや水を入れたコップをテーブルの上や枕元に置くのも◎

気温が低い冬は夏場よりも喉の渇きが感じにくくなり、結果「水分不足」に陥りやすいです。身体に必要な水分が不足すると、内側からの水分補給ができなくなり、髪の毛もパサつきやすくなります。また、水分が足りなくなると、脱力や疲労を感じやすくなり、ストレスや体調不良の原因ともなるので、こまめな水分補給を意識するとよいですね。
出典:www.pexels.com

気温が低い冬は夏場よりも喉の渇きが感じにくくなり、結果「水分不足」に陥りやすいです。身体に必要な水分が不足すると、内側からの水分補給ができなくなり、髪の毛もパサつきやすくなります。また、水分が足りなくなると、脱力や疲労を感じやすくなり、ストレスや体調不良の原因ともなるので、こまめな水分補給を意識するとよいですね。

2.シャンプー選びやドライヤーの方法を見直す

髪のパサつき、頭皮の乾燥が気になる人は一度、使っているシャンプーやシャワー時のお湯の温度を見直してみるといいかもしれません。シャワー温度は【38度程度のぬるま湯】が望ましく、頭皮が乾燥しやすい方は、頭皮に潤いを保ってくれる「低刺激」「弱酸性」「アミノ酸」系のシャンプーがおすすめですよ*
出典:www.pexels.com

髪のパサつき、頭皮の乾燥が気になる人は一度、使っているシャンプーやシャワー時のお湯の温度を見直してみるといいかもしれません。シャワー温度は【38度程度のぬるま湯】が望ましく、頭皮が乾燥しやすい方は、頭皮に潤いを保ってくれる「低刺激」「弱酸性」「アミノ酸」系のシャンプーがおすすめですよ*

また、ドライヤーをするときは頭皮から20cm以上離し、同じ場所に長時間当てないように気をつけて乾燥させましょう。

※ドライヤーの熱によるダメージが気になるからといって生乾きにしてしまうと、雑菌が繁殖しやすくなり、頭皮トラブルに繋がりやすいので要注意です。
出典:www.pexels.com

また、ドライヤーをするときは頭皮から20cm以上離し、同じ場所に長時間当てないように気をつけて乾燥させましょう。

※ドライヤーの熱によるダメージが気になるからといって生乾きにしてしまうと、雑菌が繁殖しやすくなり、頭皮トラブルに繋がりやすいので要注意です。

3.血行をよくする

冬の冷えを解消するためには、身体の芯から温めてくれるハーブティーを飲んだり、栄養のある食生活や十分な睡眠時間の確保を心がけることが大切です。また、ゆっくりと半身浴をすることも効果的でしょう◎
出典:www.pexels.com

冬の冷えを解消するためには、身体の芯から温めてくれるハーブティーを飲んだり、栄養のある食生活や十分な睡眠時間の確保を心がけることが大切です。また、ゆっくりと半身浴をすることも効果的でしょう◎

さらに日常的に適度な運動を取り入れることで、代謝がよくなり、血行促進に繋がります。運動が苦手な人は、家で無理なくできるストレッチやヨガなどでOK。頭皮マッサージなら、頭皮のケアだけでなく肩こりやお肌のくすみ改善にもなるのでおすすめです◎
出典:www.pexels.com

さらに日常的に適度な運動を取り入れることで、代謝がよくなり、血行促進に繋がります。運動が苦手な人は、家で無理なくできるストレッチやヨガなどでOK。頭皮マッサージなら、頭皮のケアだけでなく肩こりやお肌のくすみ改善にもなるのでおすすめです◎

頭皮マッサージの詳しいやり方はこちらの動画でチェック*

4.冬でもしっかり紫外線対策

お肌と同じように、頭皮や髪の毛も日焼けによるダメージを受けています。紫外線を浴びることで、キューティクルが剥がれて艶がなくなり、パサつきや切れ毛、抜け毛の原因に。お風呂でトリートメントやヘアオイルでの手入れはもちろん、紫外線防止のヘアクリームやスプレーで紫外線を防止することも大切です。
出典:www.pexels.com

お肌と同じように、頭皮や髪の毛も日焼けによるダメージを受けています。紫外線を浴びることで、キューティクルが剥がれて艶がなくなり、パサつきや切れ毛、抜け毛の原因に。お風呂でトリートメントやヘアオイルでの手入れはもちろん、紫外線防止のヘアクリームやスプレーで紫外線を防止することも大切です。

また、長時間屋外で過ごす場合はUVカット加工が施された帽子をかぶったり、日傘をさすことで紫外線から頭皮へのダメージを防止しましょう。帽子をかぶるときは、蒸れなどにより雑菌が増えてしまう可能性もあるので、通気性のよいものを選ぶのが◎
出典:www.pexels.com

また、長時間屋外で過ごす場合はUVカット加工が施された帽子をかぶったり、日傘をさすことで紫外線から頭皮へのダメージを防止しましょう。帽子をかぶるときは、蒸れなどにより雑菌が増えてしまう可能性もあるので、通気性のよいものを選ぶのが◎

冬のダメージに*おすすめのヘアケアアイテム

広がりやすい髪の毛、乾燥が気になる方に

クレイツイオン ヘアエッセンスブラシ CIB-T01S
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

艶感を高めるアルガンオイルを染み込ませ、乾燥を安定させるイオンを特殊加工したヘアブラシ。静電気を発生させるニットを着たときや、就寝前にとかすだけでしっとりサラサラになりますよ。

クレイツイオン ヘアエッセンスブラシ CIB-T01S
1,571円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

冬のダメージに加え、枝毛や切れ毛が気になるなら

ボタニスト BOTANIST ボタニカルヘアマスク 120g
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

髪の内部まで行き届いてくれるヘアマスクでスペシャルケアをしましょう。アボガドオイルなどの植物由来成分が、髪をしっとりと美髪に仕上げてくれます。ヘアマスクを髪になじませたら、ラップや蒸しタオルなどで覆ってあげると栄養分の浸透率がアップしますよ◎

ボタニスト BOTANIST ボタニカルヘアマスク 120g
1,561円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

頭皮ケアには

セラプリエ 薬用頭皮保湿 育毛ローション150ml
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

冬の頭皮のかゆみやフケをふせぐには、頭皮を保湿してくれるローションなどがよいでしょう。アルコールや香料が不使用なため、敏感肌の方にもおすすめ。ヘアカラー後のダメージを受けた頭皮にも優しくなじんでくれます◎

セラプリエ 薬用頭皮保湿 育毛ローション150ml
1,157円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

お肌にも使えるミストタイプもおすすめ

kippis(キッピス) キッピス 髪と肌のオイルミスト ヘアオイル ムスクの香り 55mL
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

髪・頭皮だけでなく、お肌にも使えるオイルミスト。ドライヤーやアイロンの熱や乾燥から守ってくれて、しっとりした美髪を叶えます。香りの種類も豊富なので、自分好みを見つけて楽しめるのもいいですね。

kippis(キッピス) キッピス 髪と肌のオイルミスト ヘアオイル ムスクの香り 55mL
1,700円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

思わず触りたくなる美髪を手に入れよう

冬に起こる髪や頭皮ダメージは、外側からのヘアケアだけでなく、睡眠や正しい食事など、日々健やかに過ごすことも大切です。髪の広がりや頭皮のかゆみなどに悩んでいる方は即実践し、きれいで艶のある髪を目指しましょう◎そして、冬のおしゃれを心からたくさん楽しみたいですね♪

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play