素敵な人と考える、これからの美肌に必要なこと【前編】女優・安達祐実さん

素敵な人と考える、これからの美肌に必要なこと【前編】女優・安達祐実さん

季節の変わり目や、刺激、ストレス……ちょっとしたことで、私たちの肌はゆらぎがち。「最近は昔のようにメイクを楽しめなくなってしまった」という人も多いのではないでしょうか。そんな大人の女性たちから注目を集めているのが「石けんオフメイク」。あれこれと化粧品を足すのではなく、ごくごくシンプルな方法で“24時間肌にいい”スキンケアとメイクを楽しめるんです。今回は、歳を重ねるごとに輝きが増している2人の女性に、「石けんオフメイク」の魅力を語っていただきました。2020年11月13日作成

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード
スキンケア悩み・効果敏感肌洗顔石鹸
お気に入り数923

話題の“石けんオフメイク”で、美肌の常識が変わる

『肌がきれいになる――石けんオフメイク&知的スキンケア』石けんオフメイク研究会 著(文藝春秋)

『肌がきれいになる――石けんオフメイク&知的スキンケア』石けんオフメイク研究会 著(文藝春秋)

乾燥や毛穴の開き、ニキビ……。大きな問題があるわけではないけど、なんとなく肌が安定しないのは、肌のバリア機能(=肌表面の角層)が乱れているからかも。角層がダメージを受ける大きな原因は、強いクレンジング料や過度な洗顔。どんなにスキンケアを頑張っても、バリア機能が乱れることでうるおいの流出や外からの刺激が入りやすくなり、肌トラブルに繋がってしまいます。

「石けんオフメイク」は、<石けんで落とせるコスメだけ>を使い、メイクを楽しみながら健康な肌を作ることができるメソッド。そんな新しい美容法を紹介した書籍『クレンジングをやめたら肌がきれいになった』(北島寿 著/文藝春秋)は、肌の不調に悩む多くの女性から反響がありました。

人気シリーズの第三弾となる『肌がきれいになる――石けんオフメイク&知的スキンケア』には、アップデートされたメイクの情報に加え、新たにスキンケアの理論やメソッドも掲載され、さらに内容がパワーアップ。第一弾から同シリーズのモデルを務める安達祐実さんは、石けんオフメイクを続けることで、どんな“肌にいいこと”があったのでしょうか……?

石けんオフメイクで、肌が安定してきた!

あだち・ゆみ
1981年生まれ。2歳でモデルデビュー後、子役として一躍有名になる。現在は女優として映画やTVドラマ、舞台で幅広く活動する傍ら、ビューティーモデルとしても支持されている

あだち・ゆみ
1981年生まれ。2歳でモデルデビュー後、子役として一躍有名になる。現在は女優として映画やTVドラマ、舞台で幅広く活動する傍ら、ビューティーモデルとしても支持されている

「石けんオフ」シリーズのモデルを務めてから、プライベートでも実践してきたという安達さん。うっとりするような透明感のある美肌の持ち主ですが、以前は肌荒れに悩むことも多かったのだそう。

「思春期のときはニキビができるタイプではなかったのですが、もう少し大人になってから肌荒れやニキビがわーっと出るようになってしまって。皮膚科を受診して一時的に改善されても、また繰り返してしまい、自分でも対処法がわかっていませんでした。石けんオフを実践するようになって本当に安定してきたと感じています。もちろん肌荒れがまったく起きないわけではないのですが、すぐ治ったり、回数が減ってきて。最近は肌本来の潤いみたいなものを保てるようになってきました」

「仕事では落ちにくいメイクをすることも多いので、そんなときは肌の潤いを奪いにくいと教わったクリームクレンジングをしてから洗顔しています。その後のスキンケアは化粧水・美容液・クリームと、本当にシンプル(笑)。特別なことはしていないんですけど、オーガニックなものに興味を持つようになりましたね。敏感肌なので、肌にやさしく刺激のないものを使うようにしています」
素敵な人と考える、これからの美肌に必要なこと【前編】女優・安達祐実さん
今回の書籍では、「ミネラルコスメ=発色がよくない」という昔のイメージを払拭するようなカラフルなメイクが多く掲載されています。石けんオフコスメを発表している5大ブランドとコラボしたヴィジュアルページは、思わず見とれてしまう写真ばかり。安達さんもモード・フェミニン・きれいめなど様々な顔に挑戦していますが、一番お気に入りのメイクは……?

「ちょっとマニッシュな感じなんですけど、内面が際立っているというか、自分らしくて好きなのは『VINTORTĒ(ヴァントルテ)』を使ったメイクです。オレンジやピンクを使った、『女性らしいけど強さがあるメイクが好きです。最近のお気に入りは、『オンリーミネラル』のアイシャドウ。しっとりするんだけどサラッと仕上がって、じんわり色がつく。石けんオフコスメは、使い心地もすごくいいんです」
安達さんが特にお気に入りだという、凛とした表情のメイク。書籍では、仕様アイテムやプロセスをベースメイクから徹底解説しているので、ぜひチェックして
『肌がきれいになる ――石けんオフメイク&知的スキンケア』24-25ページより
撮影/蔦原佑矢 ヘアメイク/岡田知子(TRON) スタイリング/辻村真理 編集・文/大塚真理

安達さんが特にお気に入りだという、凛とした表情のメイク。書籍では、仕様アイテムやプロセスをベースメイクから徹底解説しているので、ぜひチェックして
『肌がきれいになる ――石けんオフメイク&知的スキンケア』24-25ページより
撮影/蔦原佑矢 ヘアメイク/岡田知子(TRON) スタイリング/辻村真理 編集・文/大塚真理

石けんオフメイク研究会インスタグラム
公式インスタでは撮影舞台裏も楽しめます!

大切なのは“心地よくいられる”こと

素敵な人と考える、これからの美肌に必要なこと【前編】女優・安達祐実さん
もともとグリーンや家庭菜園が好きで、ステイホーム期間中も無理せずおうち時間を楽しんでいた安達さん。手先の器用さを活かして、刺し子のふきんや、旦那様と一緒にプラモデル(!)を作ることもあるのだとか。そんな日常が並ぶインスタグラムでは、自然体の姿が写されています。大人の女性は肌だけではなく、心もゆらぎがち。安達さんのように、いつも自分らしくいるためのヒントは……?

「割と、常に自分に向き合ったり、問いかけたりする方で。最近は特に『自分は一体どういうつもりでいるのか?』ってことを割と考えるようにしていました(笑)。結婚したときに家庭に入るという選択肢もあったのですが、なぜそうしなかったのかとか。ただ『仕事が好き』ってだけじゃないな、とか。分析していくと、自分が求めているものが明確になって、『じゃあそのために頑張ろう』って思うんです」
ピアス ¥9,000/somnium(03-3614-1102) その他/スタイリスト私物

ピアス ¥9,000/somnium(03-3614-1102) その他/スタイリスト私物

「化粧品やコスメも、人によって何が合うかは違うし、とにかく自分が心地よく使えるかってことが重要。みなさんも自分に合ったものを少しずつ探していけばいいと思うし、その過程も楽しめるんじゃないかな」

スキンケアも、生き方も、完璧なものはないからこそ、いつも自分と向き合うことが大切です。30代に入ってからますます美しさに磨きがかかった安達さん。40代は「地に足をつけて、人間として成長していきたい」と笑顔で話してくれました。スキンケアをはじめ、心が潤うことを積み重ねて、自分が本当に心地のよいものを知ること。その自信や安定感が、彼女の美しさの秘訣なのかもしれません。
撮影/岩田貴樹 ヘア&メイク/岡田知子(TRON) スタイリング/船橋翔大(DRAGON FRUIT) 取材・文/長谷川詩織 撮影協力/文藝春秋

書籍はこちらからも購入できます♪

肌がきれいになる ――石けんオフメイク&知的スキンケア
出典:amazon.co.jp

肌がきれいになる ――石けんオフメイク&知的スキンケア
1,760円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play