1. トップ
  2. 美容・ケア
  3. キレイな人は整え上手。 “0”に戻るリセットルーティーン

キレイな人は整え上手。
“0”に戻るリセットルーティーン

上手に日々をリセットできず、知らず知らずに溜め込んでいませんか?モデルの阿久津ゆりえさんとヘア&メイクアップアーティストの松田未来さんに、毎⽇を整える「リセットルーティーン」についてお話を伺いました。今回は、現代の⼥性の肌を、“0(ゼロ)素肌”へと導いてくれるイプサの新感覚美容液《セラム 0(ゼロ)》をご紹介します。(2020年06月26日作成)

提供: 株式会社イプサ
キレイな人は整え上手。
“0”に戻るリセットルーティーン
キレイな人は整え上手。
“0”に戻るリセットルーティーン
すっきり軽やかな身体や肌でいられると、それだけで清らかな毎日が過ごせます。
けれど、慌ただしい日が続いたり、最近はおうち時間も増えたりして、要らないものを溜め込みがちです。食生活の乱れや運動不足、紫外線などによるダメージで身体だけでなく、フェイスラインの変化や慢性的な肌あれを感じることも。
知らず知らずにいつも以上に溜め込んでいませんか?
キレイな人は整え上手。
“0”に戻るリセットルーティーン
キレイな人は整え上手。
“0”に戻るリセットルーティーン
イキイキとした笑顔が素敵で、いつもキレイなあの⼈は、日々何をしているのでしょうか。モデルの阿久津ゆりえさん(右)とヘア&メイクアップアーティストの松田未来さん(左)に毎⽇を整えるリセットルーティーンについて聞きました。
キレイな人は整え上手。
“0”に戻るリセットルーティーン
おうち時間が長くなり、気持ちや身体に変化を感じたという阿久津さん。
「おうちで過ごす時間は好きですが、ふとした瞬間に気持ちの浮き沈みを感じて気が付くと身体が重く感じ、心の負担になっているのかなと思いました」
すっきり清らかでいるために心がけていることは?
「いろいろと自分に合ったリセット方法を試しながら、長く溜め込み過ぎないようにしています。朝起きたら1杯の白湯を飲むようにしたり、ルームフレグランスやキャンドルでリラックスできるような環境をつくったり。ストレッチや軽い筋トレをすることも。少しずつ変化が実感できると続けたくなって、自分なりのリセット習慣になる気がします」
キレイな人は整え上手。
“0”に戻るリセットルーティーン
「撮影などで忙しい日が続くと運動する時間が取れないうえに、外食や睡眠不足が続き、身体が重く感じることも。自炊で栄養バランスを整えたり、早寝早起きを心がけたり、溜め込んだものをデトックスする小さな習慣を心がけるだけで、身体が軽くなる気がしています」と松田さん。
溜め込まないためのリセットルーティーンを続ける秘訣とは?
「最近、朝のヨガを続けているうちに、気持ちがゼロになって身体がほぐれることが分かってきました。 “変わっている”“キレイになっている”という実感が少しでもあると嬉しくなってまたやりたくなりますよね。だから、続けながら身体や気持ちの変化に丁寧に向き合うことを大切にしています」
キレイな人は整え上手。
“0”に戻るリセットルーティーン
肌もさまざまなダメージによって、日々不要なものを溜め込みがちです。
「食生活の乱れや紫外線によってもダメージを受け、肌も毎日要らないものが溜まりがち。溜め込んでしまうことで、肌の巡りを邪魔してしまうこともあります。頻繁にむくみが気になったり、肌不調につながったり。そんなときこそ与え過ぎるのではなくて、肌に不要なものを取り除くようにしたいですね」(松田さん)
「年齢を重ねると、肌の調子が悪くなったときの立て直しに時間がかかる気がします。溜め込みやすくなっているからこそ、特別なケアに頼るのではなく、自分の肌をよく観察しながら毎日コツコツ肌をゼロから育てていきたいと思っています」(阿久津さん)
キレイな人は整え上手。
“0”に戻るリセットルーティーン
キレイな人は整え上手。
“0”に戻るリセットルーティーン
いつの間にか溜め込みがちな現代⼥性の肌を、みずみずしく清潔感に満ちた“0(ゼロ)素肌”へと導いてくれるイプサの新感覚美容液《セラム 0(ゼロ)》。
イプサは、「⾃ら美しくなろうとする肌の⼒に着⽬し、一人ひとりの美しさを引き出す」ことを提唱しています。
キレイな人は整え上手。
“0”に戻るリセットルーティーン
《セラム 0》は毎⽇のお手入れにプラスするだけでOK。誰でも簡単に始められるのが嬉しいポイントです。使⽤⽅法は洗顔後の肌になじませるだけ。3プッシュ手のひらにとり、肌にやさしくのせるとスーッと爽快な感触で、肌になじみます。
「のびがとってもよく、化粧水の前にのせると軽やかに浸透していきます。次に使うお手入れのなじみもよくなり、みずみずしくて気持ちいいですね」(松田さん)
「トロッとしているのにベタつくことなく、すっと肌になじむ使用感が好き。夏のお手入れにもぴったり!」(阿久津さん)
キレイな人は整え上手。
“0”に戻るリセットルーティーン
《セラム 0》にはイプサ独自の複合成分“0(ゼロ)-コンプレックス(※1)”が採⽤されています。スターフルーツエキス、チャエキス、ドクダミエキスなどが配合された0-コンプレックスは、クリアで清らかな肌づくりへの期待が⾼まる成分。与えるのではなく、“0”に戻すことに着目した美容液です。
「朝、起きて “あれ、調子がいい?”と。続けていくうちに、どんどんすっきりした肌印象を目指せるので嬉しくなります」(阿久津さん)
「0(ゼロ)-メソッド(※2)を併用したお手入れを続けたら、フェイスラインや頬の肌が引き締まり、キュッとなめらかに整うのでメイク前のお手入れにも活躍してくれます。キレイになっていくのを実感できるから、続けたくなりますね」(松田さん)
※1「0-コンプレックス」:スターフルーツエキス(ゴレンシ葉エキス)、ドクダミエキス、チャエキス、グリセリン(保湿成分)
※2 「0-メソッド」:《セラム 0》と一緒に行うマッサージ方法。0-メソッドの詳細は下記の「さらにむくみもすっきり“0(ゼロ)”メソッド」をご覧ください。
キレイな人は整え上手。
“0”に戻るリセットルーティーン
《セラム 0》はマッサージするようになじませるとさらに効果的。イプサが提案する“0(ゼロ)-メソッド”がおすすめです。心地よい流れを生み出し、フェイスラインや頬の肌の引き締めを効率よく実感できる独自のメソッドを毎日のお手入れに取り入れてみましょう。
親指と人さし指であごをはさむ。 親指で圧をかけながら、フェイスラインに沿って耳の下まで手を滑らせる(3回繰り返す)。

親指と人さし指であごをはさむ。 親指で圧をかけながら、フェイスラインに沿って耳の下まで手を滑らせる(3回繰り返す)。

手を「ぐう」の形にして、小鼻のすぐ横の頬骨の下に置き、頬骨に向かって押し上げるように圧をかけながら耳の前まで手を移動させる(3回繰り返す)。

手を「ぐう」の形にして、小鼻のすぐ横の頬骨の下に置き、頬骨に向かって押し上げるように圧をかけながら耳の前まで手を移動させる(3回繰り返す)。

耳の前を中指で押し、耳の後ろも押す。首のほぼ真横を通って鎖骨へ向かって手を滑らせる(こちらは1回)。

耳の前を中指で押し、耳の後ろも押す。首のほぼ真横を通って鎖骨へ向かって手を滑らせる(こちらは1回)。

キレイな人は整え上手。
“0”に戻るリセットルーティーン
キレイな人は整え上手。
“0”に戻るリセットルーティーン
《セラム 0》と《0-メソッド》で、みずみずしく清潔感に満ちた“0素肌”を⽬指しましょう。
「要らないものをリセットすると、どんどんキレイになっていきます。素肌が清らかだと、ナチュラルなメイクも楽しめるようになるし、何より自分に自信が持てるようになりますよね」(松田さん)
「《セラム 0》は、洗顔後にプラスするだけで続けやすいですね。すっきりと澄み切るようなみずみずしい“0素肌”へ戻れた気がします。おかげで気持ちもポジティブに!」(阿久津さん)

この夏は⼼も⾝体も心機一転、すっきりと清らかな毎⽇を過ごしてみませんか?
モデル 阿久津ゆりえ
多くのCMをはじめ、広告や雑誌、MVなどで活躍中。明るく自然体な人柄と飾らないシンプルなファッションやライフスタイルは男女問わず若い世代に支持を得ている。著書「YURIE AKUTSU STYLE BOOK DRAWING」(宝島社)。

ヘア&メイクアップアーティスト 松田未来
11年サロンワークを経験後、2016年よりヘア&メイクアップアーティストとしてのキャリアをスタート。ヘルシーで女性らしさを感じる世界観が魅力で多くのファンを持つ。カタログや雑誌、広告などで活躍するいっぽう、洋服やジュエリー、コスメのディレクションも手がけている。

photo/Isao Hashinoki
styling/Yo Danjo
hair & make/Mirai Matsuda
model/Yurie Akutsu
text/Chie Sakuma
icons Googl Play