1. トップ
  2. 美容・ケア
  3. やりすぎないのに品よくととのう。ドラッグストアでも買える「春ファンデ」
De63326c05a6d2310d2b19586796af1216d96372

やりすぎないのに品よくととのう。ドラッグストアでも買える「春ファンデ」

新しい環境、さまざまな行事…なにかと慌ただしい春ですが、自分をケアしながらもおしゃれやメイクは楽しみたいですよね。気軽に買えて、簡単に使える「ファンデ」がひとつあれば、心強いはず。「グレイシィ」からこの春発売されるパウダリーファンデーションと、その使い方をご紹介します。(2020年03月27日作成)

提供: 資生堂ジャパン株式会社
やりすぎないのに品よくととのう。ドラッグストアでも買える「春ファンデ」
やりすぎないのに品よくととのう。ドラッグストアでも買える「春ファンデ」
新しい環境に移る人も多く、行事ごとでたくさんの人に会い、なにかと慌ただしく感じる春。自分をケアしながらも、おしゃれやメイクを楽しんで「きちんと見え」も意識したい季節ですよね。そんなとき、サッと塗るだけで簡単に顔色を明るく見せて、なめらかに仕上がるファンデーションがあると心強いはず。
やりすぎないのに品よくととのう。ドラッグストアでも買える「春ファンデ」
やりすぎないのに品よくととのう。ドラッグストアでも買える「春ファンデ」
そんな慌ただしい毎日のなかで、この春活躍してくれるのが新登場したパウダリーファンデーション「グレイシィ」のプレミアムパクト。「グレイシィ」は、忙しい大人の「ここだけは!」というキレイのコツを集めたメイクアップブランドです。ドラッグストアなどでいつでも気軽に買えるのに、上質な仕上がりを叶え、大人の女性が安心してデイリーに使えるアイテムが揃います。
やりすぎないのに品よくととのう。ドラッグストアでも買える「春ファンデ」
やりすぎないのに品よくととのう。ドラッグストアでも買える「春ファンデ」
プレミアムパクトの仕上がりは、自然でナチュラル。パウダリーファンデーションなのに適度なツヤ感があって、パッと明るい顔印象にアップさせるのが魅力です。その秘密は、シルクのように上品な光沢感がある微細な「生感シルキー発光パウダー」をサラサラな「美容オイル(アルガンオイル・広がりなめらかオイル)」で包んでいるから。スルスルとなめらかに伸び、軽やかな塗り心地が気持ちいいのも特長です。
やりすぎないのに品よくととのう。ドラッグストアでも買える「春ファンデ」
ひと塗りで上品な「きちんと」感を演出できるプレミアムパクトは、しっかりメイク派さんも、薄づきメイクのナチュラル派さんにもおすすめ。忙しい朝でも簡単にできる「上質きちんと肌」のつくりかたをご紹介します。
やりすぎないのに品よくととのう。ドラッグストアでも買える「春ファンデ」
いつものスキンケアが終わったら、化粧下地や日焼け止めで肌を整えたあと、付属の専用パフでファンデーションをとります。専用パフは厚みがあって肌触りが気持ちよく、ふわふわとした弾力。ファンデーションの表面を軽くなでるようにすべらせ、パフの上半分に適量をとります。
やりすぎないのに品よくととのう。ドラッグストアでも買える「春ファンデ」
パフを肌に軽くあて、顔の中心から外側に向かい優しくすべらせるようにファンデーションを塗布。スルスルと伸びて密着し、心地よくなめらかに広がります。ひと塗りでも顔色がパッと明るく、ハリとツヤが出るのが実感できます。
やりすぎないのに品よくととのう。ドラッグストアでも買える「春ファンデ」
「重ねて塗っても厚塗り感が出ないこと」もうれしい特長のひとつ。くすみや毛穴、小じわなど、気になるところに重ねづけをしましょう。乾燥しがちな肌を保湿ケアしてくれて、化粧もちもよく、サラサラした質感が続きます。
やりすぎないのに品よくととのう。ドラッグストアでも買える「春ファンデ」
やりすぎないのに品よくととのう。ドラッグストアでも買える「春ファンデ」
やりすぎないのに品よくととのう。ドラッグストアでも買える「春ファンデ」
誰でも手間をかけずに簡単に「きちんと」肌がつくれるプレミアムパクト。パウダリーファンデーションのレフィルとケースがお得なセットになった「プレミアムパクト 特製セット」が限定数で発売されていますので、ぜひお試しください。
レフィルの色調は全部で4色。肌になじむ自然な色を選べます(※)。

※特製セットは2色のみ
やりすぎないのに品よくととのう。ドラッグストアでも買える「春ファンデ」
やりすぎないのに品よくととのう。ドラッグストアでも買える「春ファンデ」
忙しい毎日でも、お肌に自信が持てれば1日ごきげんに過ごせるはず。パッと顔色をアップするグレイシィの「プレミアムパクト」を味方に、この春をもっとおしゃれに、自分らしい季節にしませんか。
---------------------
photo:Mitsuru Kugue
text:Chie Sakuma
icons Googl Play