1. トップ
  2. 美容・ケア
  3. ヘア
  4. ヘアスタイル
  5. こんなはずじゃ…を回避!元美容師が教える、伝わりやすいヘアオーダーあれこれ
こんなはずじゃ…を回避!元美容師が教える、伝わりやすいヘアオーダーあれこれ

こんなはずじゃ…を回避!元美容師が教える、伝わりやすいヘアオーダーあれこれ

美容院での仕上がりを見て、「思っていたのとちょっと違う」「こんなはずじゃなかった…」そんな経験ありませんか?なりたいヘアスタイルのオーダーを伝えるのはなかなか難しいもの。そこで今回は、少しでも理想のスタイルに近づくように、元美容師がオーダーのポイントをお伝えします。知っておくと役に立つ、基本の美容用語も紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。2020年02月18日作成

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード
ヘアヘアスタイル似合うオーダーメイド方法
お気に入り数1628

こんなはずじゃなかった…そんな経験ありませんか?

こんなはずじゃ…を回避!元美容師が教える、伝わりやすいヘアオーダーあれこれ
出典:unsplash.com
なりたい髪型が伝わらない、仕上がったら全然違う髪型だった…そんな経験ありませんか?
髪型のオーダー方法って難しいですよね。美容師さんも一生懸命に意見を聞いてくれているものの、オーダーによっては伝わりづらいことも…。
こんなはずじゃ…を回避!元美容師が教える、伝わりやすいヘアオーダーあれこれ
出典:www.instagram.com(@botan_hiramoto)
そんな悩みを解決すべく、今回は美容院でオーダーする際のポイントや知っておきたい美容用語をご紹介します。ぜひ次回、美容院に行く時の参考にしてくださいね。

知っているようで意外と知らない『美容用語』Q&A

こんなはずじゃ…を回避!元美容師が教える、伝わりやすいヘアオーダーあれこれ
出典:www.instagram.com(@botan_hiramoto)

【Q】バングとは?

A. 前髪のことを指します

こんなはずじゃ…を回避!元美容師が教える、伝わりやすいヘアオーダーあれこれ
出典:www.instagram.com(@kanami_miyoshi)
最近はバングの種類も様々です。髪の印象を左右する前髪の名称なので覚えておきたいですね。

●オンザバング…眉上の短め前髪
●斜めバング…斜めに切った前髪
●シースルーバング…薄めにとったり束感を出すことで、透け感の感じられる前髪
●うざバング…目にかかるくらいの長さの前髪

【Q】レングスとは?

A:長さのこと

ショートレングス、ミディアムレングス、ロングレングスなど、長さを表現するときに使います。
出典:www.instagram.com(@tominaga002)

ショートレングス、ミディアムレングス、ロングレングスなど、長さを表現するときに使います。

【Q】レイヤーとは?

A:髪の長さを部分的に切って段差をつけること

ヘアデザインにおいては、部分的に長さをカットして段差をつけることをレイヤーといいます。主に、上部が短く下部が長くなるようなカットが主流です。
表面に動きをつけたいときや、軽さを出したいときにレイヤーを入れると良いでしょう。
出典:www.instagram.com(@inoaya56_luxe)

ヘアデザインにおいては、部分的に長さをカットして段差をつけることをレイヤーといいます。主に、上部が短く下部が長くなるようなカットが主流です。
表面に動きをつけたいときや、軽さを出したいときにレイヤーを入れると良いでしょう。

【Q】切りっぱなしとは?

A:その名の通り、切りっぱなしを表現したカット

パツンと切りっぱなしたままの様なカットを指します。
レングスやアレンジによって、様々な雰囲気に変化させることができます。おしゃれさんの間でも人気のあるカットです。
出典:www.instagram.com(@ayami__takahashi)

パツンと切りっぱなしたままの様なカットを指します。
レングスやアレンジによって、様々な雰囲気に変化させることができます。おしゃれさんの間でも人気のあるカットです。

【Q】 前下がりとは?

A.後ろから前にかけて長くなるスタイル

前が下がる=前が長くなるヘアスタイルです。後ろから前に向かって長くなるサイドのカットラインが、クールな雰囲気を演出します。
出典:www.instagram.com(@kanayandesu)

前が下がる=前が長くなるヘアスタイルです。後ろから前に向かって長くなるサイドのカットラインが、クールな雰囲気を演出します。

オーダーをする際の4つのポイント

ポイント1:長さを的確に伝える

まずは今よりどれくらい切りたいのかを明確にします。
「結べる長さは欲しい」「顎ラインで揃えたい」など、誰が聞いても分かるような説明をすることがポイントです。実際にここまで、と手で示すのもおすすめです。
出典:www.instagram.com(@yoshihama0423)

まずは今よりどれくらい切りたいのかを明確にします。
「結べる長さは欲しい」「顎ラインで揃えたい」など、誰が聞いても分かるような説明をすることがポイントです。実際にここまで、と手で示すのもおすすめです。

ポイント2:「重め」か「軽め」かを伝える

一般的にレイヤーをたくさん入れたり、毛量調節をしたりすると軽めに仕上がります。
ボブのような裾広がりのスタイルが好みの人は。重めを希望すると良いでしょう。
出典:www.instagram.com(@sleeping0mihoc)

一般的にレイヤーをたくさん入れたり、毛量調節をしたりすると軽めに仕上がります。
ボブのような裾広がりのスタイルが好みの人は。重めを希望すると良いでしょう。

ポイント3:髪の悩みを伝える

前髪が浮いてしまう、襟足のクセが気になる…など、自分のヘアスタイルの悩みは積極的に相談することをおすすめします。その悩みに合わせて美容師さんからも良い提案をしてもらえることもありますよ。
出典:www.instagram.com(@mikitakami)

前髪が浮いてしまう、襟足のクセが気になる…など、自分のヘアスタイルの悩みは積極的に相談することをおすすめします。その悩みに合わせて美容師さんからも良い提案をしてもらえることもありますよ。

ポイント4:写真や画像を提示する

インターネットやSNSでたくさんヘアスタイルの画像が出ていますので、好きなスタイルを3~4枚提示して自分の好みを伝えましょう。
イメージのすり合わせには「画像を持ってきてくれると助かる」という美容師さんが多いので、恥ずかしがらずに提示しましょう。
出典:www.instagram.com(@kanami_miyoshi)

インターネットやSNSでたくさんヘアスタイルの画像が出ていますので、好きなスタイルを3~4枚提示して自分の好みを伝えましょう。
イメージのすり合わせには「画像を持ってきてくれると助かる」という美容師さんが多いので、恥ずかしがらずに提示しましょう。

スタイル別オーダー例

こんなはずじゃ…を回避!元美容師が教える、伝わりやすいヘアオーダーあれこれ
出典:www.instagram.com(@botan_hiramoto)
スタイル別にどういう風にオーダーすると伝わりやすいのか、ポイントを確認していきましょう。
地毛の状態によってカットのやり方も変わってくるので、まずは自分のしたいヘアを説明したうえで美容師さんの意見を聞きましょう。
絶対に譲れない部分を明確に伝えることで、美容師さんとの認識のずれが防げますよ!

くせ毛風がおしゃれなショートヘア

くせ毛風が魅力のショートヘア。もともとくせ毛の人は、ワックスでのスタイリングで動きが出るのですが、地毛がストレートの人はパーマを提案されるかもしれません。後頭部の丸みも魅力のヘアスタイルです。
出典:www.instagram.com(@sobuemotoshi)

くせ毛風が魅力のショートヘア。もともとくせ毛の人は、ワックスでのスタイリングで動きが出るのですが、地毛がストレートの人はパーマを提案されるかもしれません。後頭部の丸みも魅力のヘアスタイルです。

【オーダー例】
サイドは耳が隠れる長さで。襟足はすっきりと、表面は動きがでるようなスタイルにしてください。

軽さが魅力のショートヘア

全体的にレイヤーが入っているショートヘアです。

分け目がないところがポイントで、毛先が軽いので毛束感を作ってスタイリングをします。毛量が多い人は毛量調節をしっかりすることで、広がりにくいスタイルに。逆に少ない人は、動きが出やすいカットでボリュームアップを狙います。
出典:www.instagram.com(@yutalianca)

全体的にレイヤーが入っているショートヘアです。

分け目がないところがポイントで、毛先が軽いので毛束感を作ってスタイリングをします。毛量が多い人は毛量調節をしっかりすることで、広がりにくいスタイルに。逆に少ない人は、動きが出やすいカットでボリュームアップを狙います。

【オーダー例】
毛先は軽めに、全体的にレイヤーが入ったスタイルが好みです。サイドの長さは顎ラインで前髪は眉毛がぎりぎり隠れる長さでお願いします。

コロンとした丸みが可愛らしい艶感ショートボブ

コロンとした丸みが可愛らしいボブ。毛先が内に入りやすいようにカットしています。後ろに少しだけレイヤーを入れることで、きれいなラインを演出します。
出典:www.instagram.com(@ayako.onishi)

コロンとした丸みが可愛らしいボブ。毛先が内に入りやすいようにカットしています。後ろに少しだけレイヤーを入れることで、きれいなラインを演出します。

【オーダー例】
毛先が内に入りやすいボブを希望します。軽いレイヤーをいれつつまとまりやすくしてください。

エレガントなショートボブ

前下がりのラインが色っぽいショートボブです。
表面にレイヤーが入ることで、スタイリングをしたときに空気感を演出します。毛先をコテで巻くか、パーマをかけるかは美容師さんに要相談です。
出典:www.instagram.com(@sobuemotoshi)

前下がりのラインが色っぽいショートボブです。
表面にレイヤーが入ることで、スタイリングをしたときに空気感を演出します。毛先をコテで巻くか、パーマをかけるかは美容師さんに要相談です。

【オーダー例】
前下がりでサイドは顎ラインにしたいです。やわらかい雰囲気にしたいので、表面に少しレイヤーを入れてください。前髪は長めでお願いします。

切りっぱなしミディアム

パツンと揃った切りっぱなしがアクセントのミディアムヘアです。

長さを確実に伝えましょう。地毛の毛量によって髪をすく量は変わりますが、毛先の切りっぱなし感は変わりません。
出典:www.instagram.com(@yutalianca)

パツンと揃った切りっぱなしがアクセントのミディアムヘアです。

長さを確実に伝えましょう。地毛の毛量によって髪をすく量は変わりますが、毛先の切りっぱなし感は変わりません。

【オーダー例】
毛先は切りっぱなしで、長さは鎖骨より下のラインでお願いします。前髪は目の上で揃えてください。

重めと軽めのバランスが絶妙なウルフロブ

軽さや動きはあるけれど、重さも残っている絶妙なミディアムヘアです。
くせ毛の人はあえてクセが出やすくカット、ストレートヘアの人はニュアンスパーマでやわらかい印象にします。
出典:www.instagram.com(@kotochoki)

軽さや動きはあるけれど、重さも残っている絶妙なミディアムヘアです。
くせ毛の人はあえてクセが出やすくカット、ストレートヘアの人はニュアンスパーマでやわらかい印象にします。

【オーダー例】
顔周りに動きがほしいです。顎ラインからレイヤーを入れつつ、少し重さも残るスタイルにしてください。

美容院での素朴な疑問Q&A

「こんな時はどうしたらいい?」「聞きたいけれど聞きづらい」そんな素朴な疑問を、いくつかピックアップしてご紹介します。
出典:www.instagram.com(@hironori_okada)

「こんな時はどうしたらいい?」「聞きたいけれど聞きづらい」そんな素朴な疑問を、いくつかピックアップしてご紹介します。

【Q】最後の仕上げで、もう少しこうしたいと伝えてもいいの?

A:もちろんその場で伝えましょう!最後まで待たずに途中でも伝えてOK。お客様に満足してもらえるスタイルを美容師さんは目指しています。
「もう少し切りたい」「ボリュームを落としたい」など、気になる箇所があれば遠慮なく伝えましょう。
もし切っている途中に気になることがあったら、最後まで待たずに伝える方が、全体の切り直しにならないので美容師さん側も助かります。
出典:www.instagram.com(@yutalianca)

「もう少し切りたい」「ボリュームを落としたい」など、気になる箇所があれば遠慮なく伝えましょう。
もし切っている途中に気になることがあったら、最後まで待たずに伝える方が、全体の切り直しにならないので美容師さん側も助かります。

【Q】今日はあまりお話したくない…そんな時はどうすればいい?

A:正直に伝えてOK!雑誌に集中していれば、美容師さんは察するので大丈夫です◎
「今日は疲れているから、話したい気分じゃないな」という時、誰にでもありますよね。そんな時は無理して話さなくても大丈夫◎雑誌を見たり目をつぶっていたりすれば、美容師さんは察します。会話を望まないお客様もいるので、特別美容師さんも気にしていません。
出典:www.instagram.com(@sleeping0mihoc)

「今日は疲れているから、話したい気分じゃないな」という時、誰にでもありますよね。そんな時は無理して話さなくても大丈夫◎雑誌を見たり目をつぶっていたりすれば、美容師さんは察します。会話を望まないお客様もいるので、特別美容師さんも気にしていません。

【Q】シャンプーの時、首の力は入れた方がいい?

A:実は力を全部抜いてリラックスしてくれた方がやりやすいんです!
美容師さんは重い頭でもしっかり支えてシャンプーする訓練を普段からしているので、むしろ全部力を抜いてもらった方がシャンプーがしやすくなります。
シャンプー台では、お客様に最高にリラックスしてほしいと美容師さんは思っています。
出典:www.photo-ac.com

美容師さんは重い頭でもしっかり支えてシャンプーする訓練を普段からしているので、むしろ全部力を抜いてもらった方がシャンプーがしやすくなります。
シャンプー台では、お客様に最高にリラックスしてほしいと美容師さんは思っています。

【Q】指名はした方がいい?

A:初めてなら指名なしでOK 。2回目以降で少しでも気に入っているなら、指名をしてもらえると美容師さんは嬉しいです。
前回担当してもらった人がいいなと思ったら、恥ずかしがらずにぜひ指名してください。毎回同じ人に施術してもらうことで、自分の好みも伝わりやすくなりますよ。
出典:unsplash.com

前回担当してもらった人がいいなと思ったら、恥ずかしがらずにぜひ指名してください。毎回同じ人に施術してもらうことで、自分の好みも伝わりやすくなりますよ。

なりたいスタイルを上手に伝えよう!

こんなはずじゃ…を回避!元美容師が教える、伝わりやすいヘアオーダーあれこれ
出典:www.instagram.com(@norimasasawa)
オーダーのポイントは、美容師さんとイメージのすり合わせが出来るかどうか。画像を持っていくことはもちろん、絶対に譲れないポイントを的確に伝えることが重要です。今回の記事を参考に、なりたいスタイルを目指してオーダーしてみてくださいね。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play