1. トップ
  2. 美容・ケア
  3. ヘルス・ビューティー
  4. セルフケア
  5. 毎月訪れる女性の不調に。知っておきたい《心と体のセルフケア方法》
毎月訪れる女性の不調に。知っておきたい《心と体のセルフケア方法》

毎月訪れる女性の不調に。知っておきたい《心と体のセルフケア方法》

生理前のイライラ・不安・眠気・肌荒れなどに悩んでいる人は多いのではないでしょうか。心にも体にも生活そのものにも影響を及ぼすPMS(月経前症候群)。辛いですよね。どんな症状が現れやすいのか、また、どんなセルフケア方法があるのか。女性特有のトラブルとの付き合い方をご紹介します。あなたも、自分の体のリズムと心のサインを見つめてみてください。2020年01月30日作成

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード
ヘルス・ビューティーセルフケア冷え対策体の不調生理痛
お気に入り数901

こんな症状に悩んでいませんか?

毎月訪れる女性の不調に。知っておきたい《心と体のセルフケア方法》
出典:pixabay.com
生理の1週間くらい前になると、体が重くなったり精神的に不安定になったりしませんか?
女性の半数以上がPMS(月経前症候群)に悩んでいると言われています。あなたにも思い当たる症状があるのではないでしょうか。
早速ですが、まずは以下の項目をチェックしてみてください。

PMS(月経前症候群)の症状チェック

毎月訪れる女性の不調に。知っておきたい《心と体のセルフケア方法》
出典:unsplash.com

精神的な変化

□気分が落ち込んで憂鬱になる
□イライラして怒りっぽくなる
□ソワソワして落ち着かない
□仕事や家事に集中できなくなる
□孤独な気持ちになる
□涙もろくなる etc.

体の変化

□顔に吹き出物が出る
□肌や髪がカサつく
□体が冷える
□頭痛がする
□下腹部が痛くなる
□昼、だるさを感じて眠くなる
□夜、頭が休まらず眠れなくなる etc.
毎月訪れる女性の不調に。知っておきたい《心と体のセルフケア方法》
出典:pixabay.com
生理前の症状は、精神的な変化として現れる人、または体の不調として現れる人がいます。いずれにしても、チェック項目に当てはまるものがあるという人は、少しでも症状を緩和していきたいですよね。

これから、心と体のケア方法をそれぞれご紹介しますので、参考にしてみてください。

【心の不調】のサインとは?

症状例①:無性にイライラしてしまう!

急に周囲の言動が気になりだしたり、些細なことでイライラして攻撃的になったり。その時は気持ちをうまくコントロールできず、後になってから「ああ、生理前だったからだ」と冷静に思う。こうした情緒の不安定さは、ホルモンの乱れが原因だと考えられます。
出典:unsplash.com

急に周囲の言動が気になりだしたり、些細なことでイライラして攻撃的になったり。その時は気持ちをうまくコントロールできず、後になってから「ああ、生理前だったからだ」と冷静に思う。こうした情緒の不安定さは、ホルモンの乱れが原因だと考えられます。

症状例②:不安で落ち着かない・・・

生理前には気分が落ち込みやすく、悲観的にもなります。特に繊細で几帳面な人ほど、生理前の症状が心の変化として出やすいのだか。感情の起伏があるのは、人として自然なことです。自分自身を責めないでくださいね。
出典:unsplash.com

生理前には気分が落ち込みやすく、悲観的にもなります。特に繊細で几帳面な人ほど、生理前の症状が心の変化として出やすいのだか。感情の起伏があるのは、人として自然なことです。自分自身を責めないでくださいね。

心を落ち着かせるためのセルフケア方法

自分にプレッシャーをかけない

ホルモンの影響で集中力が落ちることや冷静な判断ができなくなることもあります。「生理前の時期は精神状態が万全ではないかもしれない」と考えて、前もって無理のないスケジュールを立てておくといいかもしれませんね。完璧にこなそうと自分にプレッシャーをかけすぎないようにしましょう。
出典:unsplash.com

ホルモンの影響で集中力が落ちることや冷静な判断ができなくなることもあります。「生理前の時期は精神状態が万全ではないかもしれない」と考えて、前もって無理のないスケジュールを立てておくといいかもしれませんね。完璧にこなそうと自分にプレッシャーをかけすぎないようにしましょう。

気持ちを逃がす数十分を作る

音楽を聴く、料理を作る、本を読む、映画を観るなど。頭をまっさらにして没頭できるものに時間を費やしましょう。少しの間でもかまいません。頭の中でどんどんネガティブに巡ってしまう考えを一度止めて、心を落ちつかせてみてください。
出典:www.pexels.com

音楽を聴く、料理を作る、本を読む、映画を観るなど。頭をまっさらにして没頭できるものに時間を費やしましょう。少しの間でもかまいません。頭の中でどんどんネガティブに巡ってしまう考えを一度止めて、心を落ちつかせてみてください。

あふれ出てくる涙は流しきる

つい感情的になって涙が出てくる……。そんな時は、無理に抑えず泣いてしまいましょう。涙を出すことにはリラックス効果もあります。スッキリするまで、たまには大いに泣いて思いを吐き出して。
出典:unsplash.com

つい感情的になって涙が出てくる……。そんな時は、無理に抑えず泣いてしまいましょう。涙を出すことにはリラックス効果もあります。スッキリするまで、たまには大いに泣いて思いを吐き出して。

パートナーには理解を求めてみる

泣いたり怒ったり、ホルモンバランスに乱れによる感情の変化は周囲の人たちを戸惑わせることもあるでしょう。時には、身近にいるパートナーや仕事仲間とのもめ事になる場合も。いつもそばにいる気の置けない相手であれば、ある程度、症状や悩みを伝えておくと少し気持ちがラクになるかもしれませんね。
出典:unsplash.com

泣いたり怒ったり、ホルモンバランスに乱れによる感情の変化は周囲の人たちを戸惑わせることもあるでしょう。時には、身近にいるパートナーや仕事仲間とのもめ事になる場合も。いつもそばにいる気の置けない相手であれば、ある程度、症状や悩みを伝えておくと少し気持ちがラクになるかもしれませんね。

甘いものの食べ過ぎや偏食に要注意

生理前になると「甘いものが食べたくなって仕方ない」という人もいるのではないでしょうか。甘いものについては、「イライラ解消に効果的」という考えと、「血糖値を急激に上げるので良くない」という考えの両方があるようです。
あなたにとってスイーツ補給がリラックスのために有効であれば、適度に楽しむのは良いでしょう。ただし、食べ過ぎには要注意。肌荒れも起こしやすい時期なので、糖分や塩分はできるだけ控えて。
出典:unsplash.com

生理前になると「甘いものが食べたくなって仕方ない」という人もいるのではないでしょうか。甘いものについては、「イライラ解消に効果的」という考えと、「血糖値を急激に上げるので良くない」という考えの両方があるようです。
あなたにとってスイーツ補給がリラックスのために有効であれば、適度に楽しむのは良いでしょう。ただし、食べ過ぎには要注意。肌荒れも起こしやすい時期なので、糖分や塩分はできるだけ控えて。

ビタミンをいつもより多めに

イライラ防止には、ビタミン・カルシム・ミネラルを意識して摂取すると良いと言われています。野菜や果物、乳製品や大豆製品を積極的に食べましょう。
出典:unsplash.com

イライラ防止には、ビタミン・カルシム・ミネラルを意識して摂取すると良いと言われています。野菜や果物、乳製品や大豆製品を積極的に食べましょう。

ぐっすり眠るためのリラックスを

リラックスできるようにアロマやマッサージを取り入れてみるのもいいですね。ぬるめのお湯につかって心身をほぐすのもおすすめです。肩の力を抜いて、張りつめた緊張の糸をゆるめて、十分な睡眠をとるように心がけましょう。
出典:www.pexels.com

リラックスできるようにアロマやマッサージを取り入れてみるのもいいですね。ぬるめのお湯につかって心身をほぐすのもおすすめです。肩の力を抜いて、張りつめた緊張の糸をゆるめて、十分な睡眠をとるように心がけましょう。

【体の不調】のサインとは?

症状例①:体がダルくて動かない

「なんとなく体が重い」「朝起きるのが辛い」「寝ているのに疲れが取れない」。生理前には、このような体の不調も見られます。頭痛や腰痛に悩んでいる人も少なくありません。
出典:pixabay.com

「なんとなく体が重い」「朝起きるのが辛い」「寝ているのに疲れが取れない」。生理前には、このような体の不調も見られます。頭痛や腰痛に悩んでいる人も少なくありません。

症状②:むくみや肌荒れが目立つ

生理前は体が水分を溜め込もうとするために、むくみやすくなるそうです。また、代謝が悪くなることから、ニキビができたり、髪にツヤがなくなることも。
出典:www.pexels.com

生理前は体が水分を溜め込もうとするために、むくみやすくなるそうです。また、代謝が悪くなることから、ニキビができたり、髪にツヤがなくなることも。

体のトラブルに対するセルフケア方法

極端なダイエットは控えて

生理前は代謝が落ち、腸の働きも弱まり、気持ちが落ち着かず甘いものを求めがち。この時期には極端な食事制限によるダイエットは向いていないと言えるでしょう。効果が期待できないばかりか、体調を悪くする可能性があり、さらにストレスを感じて過食に走ってしまうかもしれません。無理は禁物。バランスよく食事を楽しみましょう。
出典:unsplash.com

生理前は代謝が落ち、腸の働きも弱まり、気持ちが落ち着かず甘いものを求めがち。この時期には極端な食事制限によるダイエットは向いていないと言えるでしょう。効果が期待できないばかりか、体調を悪くする可能性があり、さらにストレスを感じて過食に走ってしまうかもしれません。無理は禁物。バランスよく食事を楽しみましょう。

血流を促すように心身を温めて

生理中もそうですが、ホルモンの影響を受けて体調を崩している時には、体を冷やさないことが大事です。ひざ掛けや毛布をかける、薄着をしない、ゆっくり入浴するなどして、血行を良くしましょう。
出典:pixabay.com

生理中もそうですが、ホルモンの影響を受けて体調を崩している時には、体を冷やさないことが大事です。ひざ掛けや毛布をかける、薄着をしない、ゆっくり入浴するなどして、血行を良くしましょう。

冷え性さんの【温活】を応援します!「お洒落×ぽかぽか」アイテム9選
冷え性さんの【温活】を応援します!「お洒落×ぽかぽか」アイテム9選

秋が深まり、朝夕は冷え込む日も多くなってきましたね。これから冬にかけてますます寒くなるのを不安な思いで待ち構えている「冷え性さん」も多いはず。そこで今回は今年の冬におすすめのお洒落であったかい防寒着をアイテム別にご紹介。可愛く防寒して冬を乗り切ってくださいね。

おしゃれしながら体を温める「温活アイテム」のご紹介です。

カフェイン・アルコールは控えめに

神経を鎮めるためには、アルコールやカフェインを控えましょう。代わりに、体を温める効果があると言われるカモミールティ、レモンティ、生姜湯、ココア、ホット豆乳などがおすすめです。
出典:unsplash.com

神経を鎮めるためには、アルコールやカフェインを控えましょう。代わりに、体を温める効果があると言われるカモミールティ、レモンティ、生姜湯、ココア、ホット豆乳などがおすすめです。

体にめぐる「温活ドリンク」。毎日の1杯で基礎体温を1℃上げよう!
体にめぐる「温活ドリンク」。毎日の1杯で基礎体温を1℃上げよう!

基礎体温が下がると代謝が悪くなり免疫力も低下してしまいます。どの年齢層にも、女性にとって冷えは大敵!健康的な体作りのためには、体を温めるドリンクで毎日「温活」を心がけていきたいですね。

体を温める「温活ドリンク」のご紹介です。

ヨガやストレッチで骨盤周辺の筋肉をほぐして

体が辛い時ですが、だからといって動かずにいるより、適度に運動をして血流を促したほうが体調は改善されていきます。主に骨盤周りの筋肉をほぐして、血流を促していきましょう。ヨガやストレッチのほか、ウォーキングも効果的です。
出典:www.pexels.com

体が辛い時ですが、だからといって動かずにいるより、適度に運動をして血流を促したほうが体調は改善されていきます。主に骨盤周りの筋肉をほぐして、血流を促していきましょう。ヨガやストレッチのほか、ウォーキングも効果的です。

初心者のための【ヨガ入門】。基本の知識やポーズ、おすすめ動画・アプリetc.
初心者のための【ヨガ入門】。基本の知識やポーズ、おすすめ動画・アプリetc.

ヨガは体が柔らくないとできない?人間離れしたポーズをとるもの?宗教的?そんなイメージは実は誤解。美容と健康、そして心の安定のために誰もが気軽に始められるものです。なんとなく曖昧にイメージされているかもしれないヨガの基本を、これからご紹介します。体や心に不調やモヤモヤがある人は必見です!

初心者でもできるヨガポーズ等のご紹介です。

食習慣を見直してみて

朝食を摂らない、食事の時間が毎日バラバラ、外食やコンビニ食が多い。こうした食習慣の乱れがPMSを引き起こす原因になることも。どんなに忙しくても、できるだけ食事の時間と栄養は大切にしてくださいね。
出典:unsplash.com

朝食を摂らない、食事の時間が毎日バラバラ、外食やコンビニ食が多い。こうした食習慣の乱れがPMSを引き起こす原因になることも。どんなに忙しくても、できるだけ食事の時間と栄養は大切にしてくださいね。

ベッドにスマホは持ち込まない

夜遅くまでスマホ画面や動画を見続けていると、寝つきが悪くなり睡眠の質も落ちます。生理前に不眠になったり疲れが溜まりやすくなったりする人は特に、スマホ依存に注意しましょう。心身の健康には、睡眠が第一ですよ。
出典:unsplash.com

夜遅くまでスマホ画面や動画を見続けていると、寝つきが悪くなり睡眠の質も落ちます。生理前に不眠になったり疲れが溜まりやすくなったりする人は特に、スマホ依存に注意しましょう。心身の健康には、睡眠が第一ですよ。

自分の体のリズムを知ること

いつどんな不調を感じるのかという周期を知ると、生理前のつらい症状が予防しやすくなります。カレンダーにメモするなどして、自分の体のリズムと症状を把握してみてください。
出典:pixabay.com

いつどんな不調を感じるのかという周期を知ると、生理前のつらい症状が予防しやすくなります。カレンダーにメモするなどして、自分の体のリズムと症状を把握してみてください。

身体の“バイオリズム”に耳を傾けて、日々の生活を見直してみませんか?
身体の“バイオリズム”に耳を傾けて、日々の生活を見直してみませんか?

毎月のことだけれど憂鬱な気分になる、生理痛。人より重い…と感じている人は、「身体のバイオリズム」が乱れているのかも?身体の3つのバイオリズム、そして女性の4つのバイオリズムを知ることで、身体の変化を知ることができ、あらかじめ備えをしておくことができます。身体の“バイオリズム”に耳を傾けて、日々の生活を見直してみませんか?

身体の“バイオリズム”についてご紹介しています。

生活や体調を管理してトラブルを緩和していきましょう

毎月訪れる女性の不調に。知っておきたい《心と体のセルフケア方法》
出典:unsplash.com
気分や体調がホルモンに左右されてしまうのは、あなたのせいでも、あなただけでもありません。ほとんどの女性たちが生理前の不調に悩んでいるのです。こうした症状があるのだと自覚して、少しでも緩和できるように生活改善や心身の休息に心がけていきましょう。
あまりにも症状が重い場合は、ためらわずに専門家に相談してみてくださいね。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play