いまさら聞けないメイクの基本Q&A《チークの上手な入れ方・選び方》編

いまさら聞けないメイクの基本Q&A《チークの上手な入れ方・選び方》編

顔の印象を華やかに引き立てて血色感を与えてくれる「チーク」。でも「どの色を選べばいいの?」「この入れ方で合ってる?」と疑問に思うこともありますよね。そこで今回は、基本のチークの種類から色の選び方、効果的な入れ方などをQ&A形式でご紹介していきます。素朴な疑問を解決して印象アップを目指しましょう!2019年11月22日作成

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード:
メイク
コスメ
チーク
悩み・効果
メイク道具
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
532

チークの基本を知って、秘めた魅力を引き出そう!

いまさら聞けないメイクの基本Q&A《チークの上手な入れ方・選び方》編
出典:www.instagram.com(@sleeping0mihoc)
毎日何気なく入れているチーク。ふと「この色でいいの?」「入れ方は合っている?」と疑問に思うことはありませんか。今回は、基本のチークの種類から色の選び方、効果的な入れ方などをQ&A形式でご紹介していきます。素朴な疑問を解決して印象アップを目指しましょう!

【Q】チークを入れるとどんな効果が得られるの?

いまさら聞けないメイクの基本Q&A《チークの上手な入れ方・選び方》編
出典:www.instagram.com(@zenko_susuki)
【A】チークは、顔の印象を華やかに引き立てて血色感を与えてくれる以外に、なりたい印象を叶えたり頬の自然な立体感を強調して小顔を演出したり…などの効果が期待できます。

【Q】チークにはどんな種類があるの?

いまさら聞けないメイクの基本Q&A《チークの上手な入れ方・選び方》編
出典:www.instagram.com(@er__c29)
【A】チークは大きく分けて「パウダータイプ」「クリームタイプ」「リキッドタイプ」があります。それぞれの特徴をひとつずつ見ていきましょう。

パウダータイプ

ふわっとベールをかけたようなやわらかな頬を演出するチーク。ブラシで入れるだけで自然な仕上がりになるので、初心者の方にも使いやすいアイテムです。
出典:

ふわっとベールをかけたようなやわらかな頬を演出するチーク。ブラシで入れるだけで自然な仕上がりになるので、初心者の方にも使いやすいアイテムです。

クリームタイプ

密着感が高く、自然なツヤと内側からにじみ出るような発色が特徴のチーク。リップとチークの両方に使えるものもあり、統一感のあるメイクが楽しめます。ナチュラルに仕上げたい方におすすめのアイテムです。
出典:

密着感が高く、自然なツヤと内側からにじみ出るような発色が特徴のチーク。リップとチークの両方に使えるものもあり、統一感のあるメイクが楽しめます。ナチュラルに仕上げたい方におすすめのアイテムです。

リキッドタイプ

うるおいがあってのびも良く、透明感とツヤのある仕上がりが特徴のチーク。パウダーチークやクリームチークよりも血色感が出て色っぽさを演出できます。ツヤ肌メイクを楽しみたい方におすすめのアイテムです。
出典:

うるおいがあってのびも良く、透明感とツヤのある仕上がりが特徴のチーク。パウダーチークやクリームチークよりも血色感が出て色っぽさを演出できます。ツヤ肌メイクを楽しみたい方におすすめのアイテムです。

【Q】チークの色選びはどうしたらいいの?

いまさら聞けないメイクの基本Q&A《チークの上手な入れ方・選び方》編
出典:www.instagram.com(@botan_hiramoto)
【A】パーソナルカラーで自分に合う色を導き出したり、なりたい印象から選んだりするのがおすすめです。またその日の洋服の色に合わせて選んでも良いでしょう。

『パーソナルカラー』から選ぶ方法

パーソナルカラーは、その人の肌の色や瞳の色と調和がとれるカラーグループのこと。大きくブルーベースとイエローベースに分かれ、さらにサマー・ウィンター・スプリング・オータムに分かれています。
出典:unsplash.com

パーソナルカラーは、その人の肌の色や瞳の色と調和がとれるカラーグループのこと。大きくブルーベースとイエローベースに分かれ、さらにサマー・ウィンター・スプリング・オータムに分かれています。

ブルーベースさんに似合うチークカラー

清楚でふんわりとした雰囲気のサマータイプさんは、上品なブルー系ピンクがお似合い。パステルピンクやローズピンク、ラベンダーなどがおすすめです。クールでキリッとした雰囲気のウィンタータイプさんは、明るめのブルー系ピンクがお似合い。フューシャやオーキッド、カメリアピンクなどがおすすめです。
出典:www.instagram.com(@hironori_okada)

清楚でふんわりとした雰囲気のサマータイプさんは、上品なブルー系ピンクがお似合い。パステルピンクやローズピンク、ラベンダーなどがおすすめです。クールでキリッとした雰囲気のウィンタータイプさんは、明るめのブルー系ピンクがお似合い。フューシャやオーキッド、カメリアピンクなどがおすすめです。

イエローベースさんに似合うチークカラー

年齢より若く見えてかわいい雰囲気のスプリングタイプさんは、にごりのないコーラル系のピンクがお似合い。フラミンゴピンク、カーネーションピンクなどがおすすめです。知的で落ち着いた雰囲気のオータムタイプさんは、オレンジ系やイエロー系のピンクがお似合い。サーモンピンクやダスティーオレンジなどがおすすめです。
出典:www.instagram.com(@hironori_okada)

年齢より若く見えてかわいい雰囲気のスプリングタイプさんは、にごりのないコーラル系のピンクがお似合い。フラミンゴピンク、カーネーションピンクなどがおすすめです。知的で落ち着いた雰囲気のオータムタイプさんは、オレンジ系やイエロー系のピンクがお似合い。サーモンピンクやダスティーオレンジなどがおすすめです。

『 なりたい印象』で選ぶ方法

かわいい雰囲気に仕上げたい時は…

ピンクチークでポッと染まったような頬を演出しましょう。頬骨の高い位置に丸くふんわりと入れたりビーンズ型に入れたりすると自然に上気したような頬に。クリームチークやリキッドチークを使えば、さらにあどけない表情を演出できます。
出典:www.instagram.com(@kanayandesu)

ピンクチークでポッと染まったような頬を演出しましょう。頬骨の高い位置に丸くふんわりと入れたりビーンズ型に入れたりすると自然に上気したような頬に。クリームチークやリキッドチークを使えば、さらにあどけない表情を演出できます。

大人っぽくクールな雰囲気に仕上げたい時は…

ブラウン系ピンクでナチュラルな血色感を演出しましょう。シェーディングのようにこめかみに向かって斜めに入れると、表情もキリっと引き締まります。
出典:www.instagram.com(@zenko_susuki)

ブラウン系ピンクでナチュラルな血色感を演出しましょう。シェーディングのようにこめかみに向かって斜めに入れると、表情もキリっと引き締まります。

カジュアルな雰囲気に仕上げたい時は…

肌なじみの良いオレンジベージュのチークで気取らない表情を演出しましょう。頬の中央からこめかみに向かって楕円形に入れると元気でフレッシュな印象に。
出典:www.instagram.com(@norimasasawa)

肌なじみの良いオレンジベージュのチークで気取らない表情を演出しましょう。頬の中央からこめかみに向かって楕円形に入れると元気でフレッシュな印象に。

【Q】チークはどのタイミングで入れればいい?

いまさら聞けないメイクの基本Q&A《チークの上手な入れ方・選び方》編
出典:www.instagram.com(@kanami_miyoshi)
【A】パウダーチークは、メイクの最後に入れるのがおすすめ。アイメイクとリップメイクをつなぐようにバランスを取りながら入れるとグッとあか抜けた印象になります。
いまさら聞けないメイクの基本Q&A《チークの上手な入れ方・選び方》編
出典:www.instagram.com(@sleeping0mihoc)
クリームタイプやリキッドタイプのチークは、ベースメイクのタイミングで入れましょう。パウダーファンデーションなら前に、リキッドファンデーションなら後に入れるのがベストです。

【Q】チークは何を使って入れるのがいいの?

いまさら聞けないメイクの基本Q&A《チークの上手な入れ方・選び方》編
出典:www.instagram.com(@nero_hair_salon)
【A】パウダータイプはブラシで、クリームタイプは指かブラシで、リキッドタイプは指で入れと良いでしょう。

《パウダータイプ》入れ方のコツ

おすすめのブラシは、初心者の方でも自然な仕上がりになる丸平筆、ふんわり丸く入れやすい丸筆、シェーディングにも使える斜めフォルムの筆。
材質はコシが強いナイロン、やわらかく肌当たりが良いリス毛、山羊毛などがあります。自分が使いやすい形や材質を見つけましょう。パウダーチークはブラシにたっぷりとって、しっかりと粉を含ませてから手の甲でなじませるのがコツ。仕上がりに差がでます。

《クリームタイプ》入れ方のコツ

いまさら聞けないメイクの基本Q&A《チークの上手な入れ方・選び方》編
出典:www.instagram.com(@kanami_miyoshi)
クリームチークを指先でとり、手の甲で量を調節しながら頰の高い部分にトントンと入れながら広げていきます。何もついていない指で境目をなじませましょう。濃くしたい部分は重ねづけを。
また、丸筆や平筆にクリームチークをとってパウダーチークのように頬にふんわり入れると、簡単にツヤ感と血色感をプラスできます。

《リキッドタイプ》入れ方のコツ

いまさら聞けないメイクの基本Q&A《チークの上手な入れ方・選び方》編
出典:www.instagram.com(@kanayandesu)
リキッドチークを手の甲にとり、中指と薬指の先になじませてから頬骨の高い位置にポンポンとスタンプするように入れていきます。何もついていない指で押さえてムラにならないようになじませましょう。

【Q】輪郭によってチークの入れ方は変わるの?

【A】基本的な入れ方は、瞳の中心の下の位置をスタート地点として小鼻から耳の中央を結んだ位置に入れるようにします。耳から指2本分は入れずにあけおくのが◎。この基本の入れ方をベースに、顔の形に合わせて入れる位置を変えましょう。

丸顔さんにおすすめの入れ方

頬の高い位置からこめかみにかけて斜めに入れましょう。ぽっちゃり見えがちな頬がシャープな印象になります。
出典:www.instagram.com(@norimasasawa)

頬の高い位置からこめかみにかけて斜めに入れましょう。ぽっちゃり見えがちな頬がシャープな印象になります。

面長さんにおすすめの入れ方

頬の内側から横長の楕円形になるようにふんわり入れましょう。顔の長さが強調されずかわいらしい雰囲気になります。
出典:www.instagram.com(@inoaya56_luxe)

頬の内側から横長の楕円形になるようにふんわり入れましょう。顔の長さが強調されずかわいらしい雰囲気になります。

逆三角形さんにおすすめの入れ方

頬の中央に丸くふんわり入れた後、エラの部分にも薄く入れるようにしましょう。やさしい雰囲気に仕上がります。
出典:www.instagram.com(@_hitomi_okubo_)

頬の中央に丸くふんわり入れた後、エラの部分にも薄く入れるようにしましょう。やさしい雰囲気に仕上がります。

【Q】入れすぎてしまった時はどう対処したらいい?

いまさら聞けないメイクの基本Q&A《チークの上手な入れ方・選び方》編
出典:
【A】ファンデーション用のスポンジでやさしくなでて余分なチークを取りましょう。少しだけ濃い場合は、上からフェイスパウダーをブラシでふんわり塗ると薄くなります。

【Q】チークのモチを良くするにはどうすればいい?

いまさら聞けないメイクの基本Q&A《チークの上手な入れ方・選び方》編
出典:www.instagram.com(@sleeping0mihoc)
【A】チークのモチを良くするには、パウダーチークとクリームチーク(リキッドチーク)との重ね使いが◎。チークが肌にしっかりと密着してモチが良くなりますよ。

チークを効果的に使って印象アップしましょう!

いまさら聞けないメイクの基本Q&A《チークの上手な入れ方・選び方》編
出典:www.instagram.com(@sleeping0mihoc)
チークの種類や色の選び方、効果的な入れ方などチークの基本をご紹介しました。疑問に思っていたことが解決したら、自分のぴったりのチークで印象をアップさせてくださいね。
画像のご提供ありがとうございました

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play