そろそろメイクも“秋仕様”にチェンジ!2019年秋のメイク事情あれこれ

そろそろメイクも“秋仕様”にチェンジ!2019年秋のメイク事情あれこれ

残暑が厳しい日がありつつも、ゆっくりと秋が近づいているのを感じる今日この頃。秋物の洋服に合わせて、そろそろメイクも秋仕様にチェンジしたくなりますね。気になる今年の秋メイクは、どんなトレンド傾向にあるのでしょうか?今回は、2019年秋のメイク事情をお届けします。一足早くトレンドを知って、旬の秋メイクにシフトしていきましょう!2019年08月24日作成

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード:
メイク
コスメ
メイクテク
トレンド
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
1259

一足先に知りたい!2019年秋メイクのトレンドは?

そろそろメイクも“秋仕様”にチェンジ!2019年秋のメイク事情あれこれ
出典:www.instagram.com(@hironori_okada)
残暑が厳しい日がありつつも、季節はゆっくりと秋に向かっています。コスメ売り場に秋の新色が並びはじめると、洋服に合わせてメイクも徐々に秋仕様にチェンジしていきたくなります。
そこで気になるのが、秋メイクのトレンド。今年の秋メイクはどのような雰囲気や色が注目されているのでしょう。
そろそろメイクも“秋仕様”にチェンジ!2019年秋のメイク事情あれこれ
出典:www.instagram.com(@yukie_horiuchi)
今回は、2019年秋メイクの傾向をご紹介していきます!全体の雰囲気やパーツごとのトレンドを紹介していきますので、ぜひ参考にしてメイクから秋を先取りしちゃいましょう。

まずは全体の傾向からチェック

多彩なカラーと上品な質感で、今年の秋メイクは楽しさが倍増!

そろそろメイクも“秋仕様”にチェンジ!2019年秋のメイク事情あれこれ
出典:www.instagram.com(@mikitakami)
秋メイクといえば、全体的にこっくりした濃いめの色味というイメージがありますが、今年はそんな概念は何処へやら…。シャープで深みのあるリップカラーに、キラキラとした差し色使いが楽しいアイカラーなど、メーカーによって様々なテクスチャーがミックスされ、バリエーションも豊富です。
そろそろメイクも“秋仕様”にチェンジ!2019年秋のメイク事情あれこれ
出典:www.instagram.com(@mikitakami)
バリエーションが豊富な分メイクの幅がぐんと広がるので、これまでチャレンジできなかった色味も取り入れやすくなりそうです。

顔立ちや瞳の色などに合わせて、個性を引き立たせるのが今年風

そろそろメイクも“秋仕様”にチェンジ!2019年秋のメイク事情あれこれ
出典:www.instagram.com(@er__c29)
今季の秋メイクは『パーソナルな魅力をより引き立たせて、新たな自分を発見する』をテーマに掲げているブランドが多数。
同じメイク方法でも、人によって印象は変わるもの。より魅力的に見せるには、自分に合ったカラーやメイク方法を見つけることが重要です。
そろそろメイクも“秋仕様”にチェンジ!2019年秋のメイク事情あれこれ
出典:www.instagram.com(@norimasasawa)
瞳の色によってアイシャドウの選び方が変わったり、ベースの肌色から似合うリップカラーを選んだり、似合うメイクは人それぞれ違います。具体的にはどのようなメイクをすれば今年っぽく仕上がるのでしょうか。選び方や使い方をパーツごとに見ていきましょう!

ベースメイク編

隠すベースメイクから、ナチュラルな血色の薄づきベースメイクへ

春夏メイクから引き続き、秋メイクも素肌感のあるベースメイクが人気です。下地を顔全体に塗り、コンシーラーは肌の気になるところにだけオン。
重ねすぎはファンデーションが寄れたり、厚くなったりしてまだらになってしまい、逆に目立ってしまうことも。
出典:www.instagram.com(@botan_hiramoto)

春夏メイクから引き続き、秋メイクも素肌感のあるベースメイクが人気です。下地を顔全体に塗り、コンシーラーは肌の気になるところにだけオン。
重ねすぎはファンデーションが寄れたり、厚くなったりしてまだらになってしまい、逆に目立ってしまうことも。

アイテム数は最小限に

肌に乗せるアイテム数が多いほど、仕上がりも濃く重たい印象になってしまいます。アイテム数を最小限に抑えることでぬけ感のある今年っぽいベースメイクになりますよ。
出典:www.instagram.com(@__784__)

肌に乗せるアイテム数が多いほど、仕上がりも濃く重たい印象になってしまいます。アイテム数を最小限に抑えることでぬけ感のある今年っぽいベースメイクになりますよ。

ピンク系ハイライトで血色感をプラス

血色感をプラスしたいならピンク系ハイライトをさりげなく乗せるのがおすすめです。ピンク系オレンジや、ほんのり淡いコーラルピンクなど、ピンクベースのハイライトは肌に自然な透明感を与え、くすみをカバーしてナチュラルな血色感を出してくれます。
出典:www.instagram.com(@yukie_horiuchi)

血色感をプラスしたいならピンク系ハイライトをさりげなく乗せるのがおすすめです。ピンク系オレンジや、ほんのり淡いコーラルピンクなど、ピンクベースのハイライトは肌に自然な透明感を与え、くすみをカバーしてナチュラルな血色感を出してくれます。

立体的な印象に仕上げたい時、自然な血色感を出したい時には、チーク感覚で使えるニュアンスカラーのハイライトがおすすめ。色が混ざり合うことで艶のある明るいベースメイクに仕上がります。
出典:

立体的な印象に仕上げたい時、自然な血色感を出したい時には、チーク感覚で使えるニュアンスカラーのハイライトがおすすめ。色が混ざり合うことで艶のある明るいベースメイクに仕上がります。




スポンジで抑える「ひと手間」を忘れずに

コンシーラーやファンデーションの後に、スポンジで軽く抑えると、粉っぽさやテカリがなくなり薄づきのベースメイクに仕上げることができます。
出典:www.photo-ac.com

コンシーラーやファンデーションの後に、スポンジで軽く抑えると、粉っぽさやテカリがなくなり薄づきのベースメイクに仕上げることができます。

肉厚のしっかりしたスポンジは肌の負担も少ないので敏感肌の方も安心。クリームや化粧下地を付ける際にも活用できますよ。
出典:

肉厚のしっかりしたスポンジは肌の負担も少ないので敏感肌の方も安心。クリームや化粧下地を付ける際にも活用できますよ。

アイメイク編

繊細で光を纏うような「くすみオレンジ」でこなれた目元を演出

春夏から定番になりつつあるオレンジですが、この秋も引き続き人気で主流カラーとなっています。秋はちょっぴりくすみがプラスされたオレンジなので、ぐっと大人っぽく、肌馴染みも良くなっています。
出典:www.instagram.com(@botan_hiramoto)

春夏から定番になりつつあるオレンジですが、この秋も引き続き人気で主流カラーとなっています。秋はちょっぴりくすみがプラスされたオレンジなので、ぐっと大人っぽく、肌馴染みも良くなっています。

オレンジはブラウンやゴールド、ピンクとも相性がいいので、一つあると手持ちのアイシャドウとも組み合わせやすく、いろいろなグラデーションが楽しめます。
出典:www.instagram.com(@_hitomi_okubo_)

オレンジはブラウンやゴールド、ピンクとも相性がいいので、一つあると手持ちのアイシャドウとも組み合わせやすく、いろいろなグラデーションが楽しめます。

ワントーンの色味を指を使って薄く入れたり、目尻に濃く入れたり、目の際に沿ってアイラインのように入れるだけで簡単に今年っぽくこなれ感のあるアイメイクになりますよ!
出典:www.instagram.com(@kanayandesu)

ワントーンの色味を指を使って薄く入れたり、目尻に濃く入れたり、目の際に沿ってアイラインのように入れるだけで簡単に今年っぽくこなれ感のあるアイメイクになりますよ!

時短にはクリーム系アイシャドウがおすすめ

時間がない!そんな時に重宝するのが、サッとひと塗りで旬顔になれるクリーム系のアイシャドウ。指でポンポン乗せるだけで、目元に陰影が出来、簡単に旬のアイメイクが完成します。
出典:www.instagram.com(@kanami_miyoshi)

時間がない!そんな時に重宝するのが、サッとひと塗りで旬顔になれるクリーム系のアイシャドウ。指でポンポン乗せるだけで、目元に陰影が出来、簡単に旬のアイメイクが完成します。

眉編

自眉を生かしたストレート眉が主流

すっかり主流となった太眉ですが、最近ではあまり眉山をつけず、眉頭から眉尻にかけてストレートにする描き方が多くなっています。ストレート眉は、凛としたイメージや知的な印象を与えるので、オフィスメイクとしてもおすすめです。
出典:www.instagram.com(@sleeping0mihoc)

すっかり主流となった太眉ですが、最近ではあまり眉山をつけず、眉頭から眉尻にかけてストレートにする描き方が多くなっています。ストレート眉は、凛としたイメージや知的な印象を与えるので、オフィスメイクとしてもおすすめです。

眉の色は「瞳」や「アイシャドウ」に合わせると◎

眉の色は髪の色と同じにするというのが基本ですが、今季の秋メイクでは、瞳の色やアイシャドウの色にも合わせて全体的に統一感を出すのがおすすめです。
出典:www.instagram.com(@aoyagiiii)

眉の色は髪の色と同じにするというのが基本ですが、今季の秋メイクでは、瞳の色やアイシャドウの色にも合わせて全体的に統一感を出すのがおすすめです。

特に肌馴染みの良いオレンジブラウンは、落ち着いた大人の印象になり、ナチュラルなのにきちんと感も演出できるのでおすすめですよ♪
出典:www.instagram.com(@kotochoki)

特に肌馴染みの良いオレンジブラウンは、落ち着いた大人の印象になり、ナチュラルなのにきちんと感も演出できるのでおすすめですよ♪

グラデーションパレットなら簡単に旬顔に

眉を描く時は、簡単に立体的な眉が描けるように、グラデーションパレットになっているものがおすすめです。中でも、今季トレンドのくすみ系の色合いは、アイメイクとのバランスも良く、ふんわりと女性らしい眉になれますよ。
出典:

眉を描く時は、簡単に立体的な眉が描けるように、グラデーションパレットになっているものがおすすめです。中でも、今季トレンドのくすみ系の色合いは、アイメイクとのバランスも良く、ふんわりと女性らしい眉になれますよ。

リップ編

ブラウンカラーが今年っぽい

秋といえば、ボルドーやワインなど深みのあるリップカラーのイメージですが、「ブラウンカラー」はこの秋注目のリップカラー。
今年っぽいメイクを目指すならまず手に入れたい色です。イエロー寄りの程よい赤みが、日本人の肌や唇の色にぴったり調和してくれます。
出典:www.instagram.com(@norimasasawa)

秋といえば、ボルドーやワインなど深みのあるリップカラーのイメージですが、「ブラウンカラー」はこの秋注目のリップカラー。
今年っぽいメイクを目指すならまず手に入れたい色です。イエロー寄りの程よい赤みが、日本人の肌や唇の色にぴったり調和してくれます。

またこの秋のリップは、マットだけれどふんわりと軽い、塗りやすさも重視されている質感のものが多いのも特徴です。
出典:www.instagram.com(@__784__)

またこの秋のリップは、マットだけれどふんわりと軽い、塗りやすさも重視されている質感のものが多いのも特徴です。

人気の赤リップは、こってりつけると重たくてしつこくなりがち。透け感のある薄づきマットタイプなら、ナチュラルメイク派の方にもおすすめです。
出典:www.instagram.com(@_hitomi_okubo_)

人気の赤リップは、こってりつけると重たくてしつこくなりがち。透け感のある薄づきマットタイプなら、ナチュラルメイク派の方にもおすすめです。

グロスはテカテカしすぎないセミマットを

テカテカしたグロスも今季は控えめ。リップクリームを混ぜる程度のセミマットまでがおすすめです。
濃い色をべたっと塗るのではなく、唇の真ん中につけて指で輪郭をぼかしながら伸ばしていくと、ぬけ感が出て柔らかい印象になります。
出典:www.instagram.com(@ayako.onishi)

テカテカしたグロスも今季は控えめ。リップクリームを混ぜる程度のセミマットまでがおすすめです。
濃い色をべたっと塗るのではなく、唇の真ん中につけて指で輪郭をぼかしながら伸ばしていくと、ぬけ感が出て柔らかい印象になります。

一足早く秋メイクを取り入れてみよう!

そろそろメイクも“秋仕様”にチェンジ!2019年秋のメイク事情あれこれ
出典:www.instagram.com(@norimasasawa)
いかがでしたか?秋はイメージチェンジにもってこいの季節。これまでチャレンジできなかった色も積極的に試して、新たな自分の魅力を見つけてみてくださいね!

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play