夏バテに悩んでいる方へ【心と体のバランス】を整える方法

夏バテに悩んでいる方へ【心と体のバランス】を整える方法

起きると体がだるい、食欲がわかない、なんだか疲れやすいし、イライラもする、そしてやる気が出ない…そんな症状に心当たりのある方は、夏の暑さに体も心も疲れ切ってしまっている“夏バテ”かもしれません。8月はもちろん、9月も厳しい残暑が襲う可能性もあるので、少しでも夏バテを解消して元気に過ごしたいものですね。今回は、打倒夏バテをテーマに、夏に疲れた心と体のバランスを整えるポイントをご紹介します。 2019年08月22日作成

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード:
ヘルス・ビューティー
不調
体の不調
暮らし方
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
632

夏バテってどんな症状?なぜ起きるの?

海に行ったりキャンプをしたり、夏は様々なアクティビティを楽しめる夏。でも、夏バテがつらい人にとっては、夏を思いっきり楽しめないですよね。よくある夏バテの症状には下記のようなものが挙げられます。

・食欲がない、もしくは落ちている
・疲れやすい
・体がだるく感じる
・体がのぼせている感じがする
・下痢や便秘
・頭痛
・イライラ
出典:unsplash.com

海に行ったりキャンプをしたり、夏は様々なアクティビティを楽しめる夏。でも、夏バテがつらい人にとっては、夏を思いっきり楽しめないですよね。よくある夏バテの症状には下記のようなものが挙げられます。

・食欲がない、もしくは落ちている
・疲れやすい
・体がだるく感じる
・体がのぼせている感じがする
・下痢や便秘
・頭痛
・イライラ

夏バテを起こす原因は症状により様々ありますが、特に考えられるのが水分不足、室内と外気温の気温差による自律神経の乱れ、睡眠不足、栄養不足。体の中で最も夏バテのダメージを受けやすいのは胃腸で、胃腸が弱ってしまうと食欲や消化機能だけでなく、イライラやだるさなど精神的な元気もなくなってしまうのです。
出典:unsplash.com

夏バテを起こす原因は症状により様々ありますが、特に考えられるのが水分不足、室内と外気温の気温差による自律神経の乱れ、睡眠不足、栄養不足。体の中で最も夏バテのダメージを受けやすいのは胃腸で、胃腸が弱ってしまうと食欲や消化機能だけでなく、イライラやだるさなど精神的な元気もなくなってしまうのです。

たかが夏バテと侮ってはいけません。夏バテが長引くと免疫力が低下し、夏風邪にかかってしまうリスクが高くなります。冬に流行する風邪と異なり、夏風邪は咳や淡があまり出ず、強いのどの痛みや下痢を引き起こしやすいうえ、微熱が続いて倦怠感が生じやすいのが特徴。冬の風邪よりも症状が緩やかだと軽視してしまいがちで、そのまま放っておくと症状が重くなってしまう可能性もあります。
出典:pixabay.com

たかが夏バテと侮ってはいけません。夏バテが長引くと免疫力が低下し、夏風邪にかかってしまうリスクが高くなります。冬に流行する風邪と異なり、夏風邪は咳や淡があまり出ず、強いのどの痛みや下痢を引き起こしやすいうえ、微熱が続いて倦怠感が生じやすいのが特徴。冬の風邪よりも症状が緩やかだと軽視してしまいがちで、そのまま放っておくと症状が重くなってしまう可能性もあります。

やってしまいがち!夏バテを進行させる行動

夏バテを起こしやすい人は、実は下記のような行動をとっている人が多いようです。あなたには心あたりがありませんか?

冷たい水を一気に大量補給

暑い外から帰ってきたら、一気に冷たい水や麦茶をガブ飲みしてしまう方は多いのではないでしょうか。確かに夏バテ対策に水分補給は大切ですが、冷たい水をたくさん飲んでしまうのはNG。胃腸がよく働く温度は36度なので、冷たい水が一気にイに入ってくると胃腸の負担が大きくなってしまいますし、水を一度にたくさん飲むと遺産が弱まって消化不良を起こしかねないのです。
出典:unsplash.com

暑い外から帰ってきたら、一気に冷たい水や麦茶をガブ飲みしてしまう方は多いのではないでしょうか。確かに夏バテ対策に水分補給は大切ですが、冷たい水をたくさん飲んでしまうのはNG。胃腸がよく働く温度は36度なので、冷たい水が一気にイに入ってくると胃腸の負担が大きくなってしまいますし、水を一度にたくさん飲むと遺産が弱まって消化不良を起こしかねないのです。

食欲はないから甘いものでエネルギーチャージ!

ご飯を食べるほどの食欲はなくても、あまいアイスやシェイク、冷たいドリンクなどは別腹!ごはんの代わりにスイーツをエネルギーにしている…なんて方は要注意。確かに甘いものは食欲がない時でも手っ取り早くエネルギー源になってくれますが、炭水化物や糖分ばかりで栄養が偏ってしまいますし、血糖値が急激に上がるため、ご飯を食べられるほどの食欲がさらになくなってしまいます。
出典:unsplash.com

ご飯を食べるほどの食欲はなくても、あまいアイスやシェイク、冷たいドリンクなどは別腹!ごはんの代わりにスイーツをエネルギーにしている…なんて方は要注意。確かに甘いものは食欲がない時でも手っ取り早くエネルギー源になってくれますが、炭水化物や糖分ばかりで栄養が偏ってしまいますし、血糖値が急激に上がるため、ご飯を食べられるほどの食欲がさらになくなってしまいます。

汗をかいても着替えしない

汗をかいたまま同じ服でいると、体温が下がり風邪をひきやすくなってしまいます。外回りをしている方はなかなか難しいと感じるかもしれませんが、カバンやロッカーの中に予備のキャミソールやシャツを1,2枚用意しておき、汗をかいたら着替えるようにしましょう。
出典:unsplash.com

汗をかいたまま同じ服でいると、体温が下がり風邪をひきやすくなってしまいます。外回りをしている方はなかなか難しいと感じるかもしれませんが、カバンやロッカーの中に予備のキャミソールやシャツを1,2枚用意しておき、汗をかいたら着替えるようにしましょう。

汗をかきたくないから体をなるべく動かさない

厳しい夏場は、少し外を歩いただけで汗が噴き出てしまいますが、だからと言って家の中でゴロゴロして運動不足でいるのはダメ。筋肉が衰えると体力だけでなく、器官の機能も低下してしまいます。すると、夏バテに対抗できるほどの力がなくなってしまうので、悪循環に陥ってしまうのです。
出典:pixabay.com

厳しい夏場は、少し外を歩いただけで汗が噴き出てしまいますが、だからと言って家の中でゴロゴロして運動不足でいるのはダメ。筋肉が衰えると体力だけでなく、器官の機能も低下してしまいます。すると、夏バテに対抗できるほどの力がなくなってしまうので、悪循環に陥ってしまうのです。

夏バテによる心と体のバランスを整えるコツ

それでは、具体的な夏バテ対策についてみていきましょう。

外気温と室温のギャップに気を付ける

外気温と室温が違いすぎ、また体を冷やしすぎてしまうと自律神経が乱れてしまいます。そのため、自宅や会社では外気温より5度以上差が出ないようエアコンを設定するようにしたり、エアコンの風が直接当たったりしないように気をつけましょう。会社や出先など温度調節が難しい場合は、ひざ掛けや羽織り物を活用すると◎
出典:

外気温と室温が違いすぎ、また体を冷やしすぎてしまうと自律神経が乱れてしまいます。そのため、自宅や会社では外気温より5度以上差が出ないようエアコンを設定するようにしたり、エアコンの風が直接当たったりしないように気をつけましょう。会社や出先など温度調節が難しい場合は、ひざ掛けや羽織り物を活用すると◎

また、体の内部の冷えにも注意。暑い外にいた分、中に入ったら冷たい水を飲みたくなってしまいますが、できるだけ飲み物は常温に近いものを摂るようにしましょう。またエアコンが利いている室内は、白湯を飲むのもおすすめ。
出典:pixabay.com

また、体の内部の冷えにも注意。暑い外にいた分、中に入ったら冷たい水を飲みたくなってしまいますが、できるだけ飲み物は常温に近いものを摂るようにしましょう。またエアコンが利いている室内は、白湯を飲むのもおすすめ。

ヨガやストレッチで自律神経を整えて体力アップ

夏バテにはヨガもおすすめ。ヨガは「英雄座のポーズ」など、弱った内臓の働きを整えるものもあります。ヨガマットがなくても、ベッドや布団の上、またはバスタオルを用意すればいつでもどこでもできます。リラックスできるうえに、無理なく体を動かせるので、運動が苦手な方でも体力つくりにぴったりなのです。
出典:unsplash.com

夏バテにはヨガもおすすめ。ヨガは「英雄座のポーズ」など、弱った内臓の働きを整えるものもあります。ヨガマットがなくても、ベッドや布団の上、またはバスタオルを用意すればいつでもどこでもできます。リラックスできるうえに、無理なく体を動かせるので、運動が苦手な方でも体力つくりにぴったりなのです。

ヨガと聞くと、ダイエットなどの美容効果をイメージする人が多いかもしれませんが、元は瞑想が基本。瞑想をしっかりおこなうことで、ストレスの原因である雑念や感情がリセットされるため、ストレスが軽減し、製紙何艇につながるのです。加えて自律神経のバランスが整うため、疲労回復や集中力向上も期待できます。
出典:pixabay.com

ヨガと聞くと、ダイエットなどの美容効果をイメージする人が多いかもしれませんが、元は瞑想が基本。瞑想をしっかりおこなうことで、ストレスの原因である雑念や感情がリセットされるため、ストレスが軽減し、製紙何艇につながるのです。加えて自律神経のバランスが整うため、疲労回復や集中力向上も期待できます。

スマホよりも、リラックスやストレス発散できる時間を持つ

夏バテにはストレスの軽減も重要です。家にいるとき、電車で移動しているとき、ふと一息つくとき、ついスマホを触っていませんか?「スマホを使う=悪い」というわけではありませんが、長時間のスマホ利用はSNS疲れや眼精疲労、肩こりや頭痛を引き起こしかねませんし、ストレスも蓄積しやすいのが難点です。
出典:pixabay.com

夏バテにはストレスの軽減も重要です。家にいるとき、電車で移動しているとき、ふと一息つくとき、ついスマホを触っていませんか?「スマホを使う=悪い」というわけではありませんが、長時間のスマホ利用はSNS疲れや眼精疲労、肩こりや頭痛を引き起こしかねませんし、ストレスも蓄積しやすいのが難点です。

スマホやタブレットは必要最低限にし、できるだけプライベートな時間は体も心もリラックスできるようにするか、ストレスを発散できるよう意識しましょう。ドリンクを片手に読みたかった本を読んでもよし、ゆったり散歩にいくのも、ジムに行って思いっきり体を動かすのもいいですね。
出典:pixabay.com

スマホやタブレットは必要最低限にし、できるだけプライベートな時間は体も心もリラックスできるようにするか、ストレスを発散できるよう意識しましょう。ドリンクを片手に読みたかった本を読んでもよし、ゆったり散歩にいくのも、ジムに行って思いっきり体を動かすのもいいですね。

ビタミンB群など不足しがちな栄養素をしっかりとる

夏場の食事は炭水化物に偏りがち。たんぱく質が不足すると筋力が低下して疲れやすくなってしまいますし、ビタミンB群が足りないと代謝がスムーズに行われず、エネルギー不足に陥りやすくなります。
出典:unsplash.com

夏場の食事は炭水化物に偏りがち。たんぱく質が不足すると筋力が低下して疲れやすくなってしまいますし、ビタミンB群が足りないと代謝がスムーズに行われず、エネルギー不足に陥りやすくなります。

なかなか食欲がわかないときは、体の火照りを鎮めるキュウリやトマトといった夏野菜がおすすめです。長時間キッチンに立つのが億劫な時は、サンドイッチや麺類、丼ものなどにして調理時間や後片付けの時間短縮を図って。そのほか、サプリメントを有効に使うなどして、栄養不足には気を付けるようにしましょう。
出典:unsplash.com

なかなか食欲がわかないときは、体の火照りを鎮めるキュウリやトマトといった夏野菜がおすすめです。長時間キッチンに立つのが億劫な時は、サンドイッチや麺類、丼ものなどにして調理時間や後片付けの時間短縮を図って。そのほか、サプリメントを有効に使うなどして、栄養不足には気を付けるようにしましょう。

質の高い睡眠で心と体のパワーをチャージ

就寝時にクーラーをつけっぱなしにするのは、体が冷えすぎたり空気が乾燥したりするのであまりおすすめできません。しかしクーラーがないと、寝苦しくて疲れがしっかり摂れないですよね。クーラーはタイマー設定にして、明け方など一定の時間になったらつくように設定しましょう。併せて、発熱量が高い足元に扇風機を置いておくのも◎。足が冷えすぎないよう、首振り設定にしておくとベターです。
出典:unsplash.com

就寝時にクーラーをつけっぱなしにするのは、体が冷えすぎたり空気が乾燥したりするのであまりおすすめできません。しかしクーラーがないと、寝苦しくて疲れがしっかり摂れないですよね。クーラーはタイマー設定にして、明け方など一定の時間になったらつくように設定しましょう。併せて、発熱量が高い足元に扇風機を置いておくのも◎。足が冷えすぎないよう、首振り設定にしておくとベターです。

また、就寝時間や起床時間は休みの日でもなるべく大きくずらさないよう意識することも大切。週末の寝だめは、一見エネルギーチャージできるように感じますが、寝る時間が大きくずれてしまうと、自律神経が乱れてしまう原因に。短時間でも深く質の高い睡眠がとれるよう、寝る直前のスマホ操作を控えたり、適度な運動を心掛けたりしましょう。
出典:pixabay.com

また、就寝時間や起床時間は休みの日でもなるべく大きくずらさないよう意識することも大切。週末の寝だめは、一見エネルギーチャージできるように感じますが、寝る時間が大きくずれてしまうと、自律神経が乱れてしまう原因に。短時間でも深く質の高い睡眠がとれるよう、寝る直前のスマホ操作を控えたり、適度な運動を心掛けたりしましょう。

気力&体力アップで夏を思いっきり楽しもう!

暑さや湿気の高さで体力的につらいと感じやすい夏。ですが、せっかくの夏の楽しみ、思いっきり満喫したいですよね。ぜひ今回ご紹介したポイントを参考に心と体のパワーをチャージして、夏を思いっきり楽しんでくださいね。
出典:unsplash.com

暑さや湿気の高さで体力的につらいと感じやすい夏。ですが、せっかくの夏の楽しみ、思いっきり満喫したいですよね。ぜひ今回ご紹介したポイントを参考に心と体のパワーをチャージして、夏を思いっきり楽しんでくださいね。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play