全身スッキリさせたい!《むくみを取る方法》食べ物~マッサージまで

全身スッキリさせたい!《むくみを取る方法》食べ物~マッサージまで

足や顔など、体内に水分がたまってぷくぷくになってしまう「むくみ」。何度も経験されたことがある方もいらっしゃるかと思います。でも「むくみって結局どうしたら解消されるのかいまいちわからない…」「予防したいけれどどうすれば良いの?」と思った方も多いのでは?今回は、辛いむくみの原因や対策方法から予防ケア方法までご紹介します。2019年08月16日作成

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード:
ヘルス・ビューティー
不調
むくみ
セルフケア
生活習慣
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
2268

「むくみを取る方法」が知りたい…

気がつくとパンパンになってしまった足や、指輪が抜けにくくなってしまった指。できればスッキリと解消させたいですよね。

そんな「むくみ」を取る方法をはじめ、むくんでしまう原因や対策方法、予防ケア方法まで詳しくご紹介していきましょう。
出典:www.pexels.com

気がつくとパンパンになってしまった足や、指輪が抜けにくくなってしまった指。できればスッキリと解消させたいですよね。

そんな「むくみ」を取る方法をはじめ、むくんでしまう原因や対策方法、予防ケア方法まで詳しくご紹介していきましょう。

そもそも「むくみ」とは?

むくみは「浮腫」(ふしゅ)とも呼ばれる現象。

細胞と細胞の間の水分が異常に蓄積された状態をさします。

「あれ、むくみかな?」と思ったら、気になるところを指で軽く押さえてみましょう。

押さえたところの指の形がしばらく残るようだと、そのパーツがむくんでいる可能性があります。
出典:www.instagram.com(@botan_hiramoto)

むくみは「浮腫」(ふしゅ)とも呼ばれる現象。

細胞と細胞の間の水分が異常に蓄積された状態をさします。

「あれ、むくみかな?」と思ったら、気になるところを指で軽く押さえてみましょう。

押さえたところの指の形がしばらく残るようだと、そのパーツがむくんでいる可能性があります。

むくみのメカニズムをチェック!

むくみは、体内を巡っているリンパ液と血液が何らかの原因で細胞と細胞の間で行き場をなくしてしまうことで発生する現象。

たとえば、一番むくみやすいといわれている「足」は、一定の姿勢を取り続ける(立ちっぱなし、座りっぱなし)ことで引き起こされるのが最大の原因です。

一定の姿勢を取り続けることで、血流が悪くなるのはもちろん、さまざまな組織への循環がうまくいかなくなり、体内の余分な水分の排出や栄養の流れが滞ってしまいます。

この流れで、体のパーツがむくみやすくなってしまうのですね。

そんなむくみの様々な原因や対策方法、予防ケア方法まで詳しくご紹介していきましょう。
出典:www.pexels.com

むくみは、体内を巡っているリンパ液と血液が何らかの原因で細胞と細胞の間で行き場をなくしてしまうことで発生する現象。

たとえば、一番むくみやすいといわれている「足」は、一定の姿勢を取り続ける(立ちっぱなし、座りっぱなし)ことで引き起こされるのが最大の原因です。

一定の姿勢を取り続けることで、血流が悪くなるのはもちろん、さまざまな組織への循環がうまくいかなくなり、体内の余分な水分の排出や栄養の流れが滞ってしまいます。

この流れで、体のパーツがむくみやすくなってしまうのですね。

そんなむくみの様々な原因や対策方法、予防ケア方法まで詳しくご紹介していきましょう。

むくみの原因は日常の「あるある」!

ここからは、むくみの原因を詳しくチェックしていきましょう。
実は「日常でよくあること」がほとんどの原因であることも。

1. 塩分のとりすぎ

お酒のおつまみやちょっとしたファーストフードなど、普段食べているもののなかには塩分が多いものも意外と多いもの。

塩分には、水分を体内に取り込みやすくする性質があります。

あまり塩分を摂りすぎると体内にたまった余分な水分を体外に排出しにくくなり、体内で水分がさらに余分にたまってしまい、むくみやすくなってしまいます。
出典:www.pexels.com

お酒のおつまみやちょっとしたファーストフードなど、普段食べているもののなかには塩分が多いものも意外と多いもの。

塩分には、水分を体内に取り込みやすくする性質があります。

あまり塩分を摂りすぎると体内にたまった余分な水分を体外に排出しにくくなり、体内で水分がさらに余分にたまってしまい、むくみやすくなってしまいます。

2. 長時間座りっぱなしor立ちっぱなし

さきほども少しご紹介したとおり、特に足のむくみとなると、長時間同じ姿勢を保っている時に起こりがち。
立ちっぱなしや座りっぱなしといった姿勢が続くと、足の筋肉ポンプのはたらきが低下してしまいます。

この足の筋肉ポンプ機能が低下することで、血液のめぐりも停滞→血管から水分が浸み出る→細胞外に水分がたまる→むくむ…という仕組みで足がむくむといわれています。
出典:www.pexels.com

さきほども少しご紹介したとおり、特に足のむくみとなると、長時間同じ姿勢を保っている時に起こりがち。
立ちっぱなしや座りっぱなしといった姿勢が続くと、足の筋肉ポンプのはたらきが低下してしまいます。

この足の筋肉ポンプ機能が低下することで、血液のめぐりも停滞→血管から水分が浸み出る→細胞外に水分がたまる→むくむ…という仕組みで足がむくむといわれています。

3. 冷え

さきほど、血液のめぐりについて少しお話しましたが「冷え」も血液の巡りと多いに関係があります。

体が冷えることで、本来なら血液やリンパ液と一緒に体内を巡っている水分も体内を巡りにくくなってしまいます。
出典:www.instagram.com(@er__c29)

さきほど、血液のめぐりについて少しお話しましたが「冷え」も血液の巡りと多いに関係があります。

体が冷えることで、本来なら血液やリンパ液と一緒に体内を巡っている水分も体内を巡りにくくなってしまいます。

4. ストレス・疲労

実は、ストレスから引き起こされるむくみもあるんです。

何らかのストレスを感じた時には、体内で「コルチゾール」という物質が多く分泌されます。

このコルチゾールは「ストレスホルモン」の別名をもっており、コルチゾールの分泌が増えることで体内の水分排泄がうまくいかなくなることも。
出典:www.instagram.com(@zenko_susuki)

実は、ストレスから引き起こされるむくみもあるんです。

何らかのストレスを感じた時には、体内で「コルチゾール」という物質が多く分泌されます。

このコルチゾールは「ストレスホルモン」の別名をもっており、コルチゾールの分泌が増えることで体内の水分排泄がうまくいかなくなることも。

5. アルコール飲料の飲みすぎ

アルコールを飲んだ際、体内では「アセトアルデヒド」という物質が生み出されます。

このアセトアルデヒドという物質には、血管をより拡張させる作用があり、その拡張過程で血管のすき間から水分が漏れ出ることがあります。

この漏れ出た水分がむくみを引き起こすといわれています。

また、アルコールとセットで食べてしまいがちなのが先ほどご紹介した「塩分が高いもの」。
お酒を飲む際に食べるおつまみにも注意が必要ですね。
出典:www.pexels.com

アルコールを飲んだ際、体内では「アセトアルデヒド」という物質が生み出されます。

このアセトアルデヒドという物質には、血管をより拡張させる作用があり、その拡張過程で血管のすき間から水分が漏れ出ることがあります。

この漏れ出た水分がむくみを引き起こすといわれています。

また、アルコールとセットで食べてしまいがちなのが先ほどご紹介した「塩分が高いもの」。
お酒を飲む際に食べるおつまみにも注意が必要ですね。

6. 水分不足

水分過多でむくみやすくなるイメージもあるむくみ。

実は、水分が足りずにむくむこともあります。

これは、足りない水分を体が体内の水分を溜め込むことで起こる現象。

そのため、むくみを気にして水分をカットするのはおすすめできません。
出典:www.pexels.com

水分過多でむくみやすくなるイメージもあるむくみ。

実は、水分が足りずにむくむこともあります。

これは、足りない水分を体が体内の水分を溜め込むことで起こる現象。

そのため、むくみを気にして水分をカットするのはおすすめできません。

むくみの対策・解消方法

ここからは、むくんだ部位問わずトライできる、むくみの対策・解消方法をチェックしてみましょう。

1. むくみとりを助けてくれる食べ物を食べてみる

まずは食べ物から対策をしてみましょう。
むくみやすくなる食べ物(塩分が濃いものなど)もあれば、むくみを解消してくれる食べ物もあるんですよ♪

むくみ解消に効果が期待できる食べ物をチェックするなら、まずは余分な水分排出に効果が期待できる栄養素や血行促進をサポートしてくれる栄養素を把握しておきましょう。
出典:www.pexels.com

まずは食べ物から対策をしてみましょう。
むくみやすくなる食べ物(塩分が濃いものなど)もあれば、むくみを解消してくれる食べ物もあるんですよ♪

むくみ解消に効果が期待できる食べ物をチェックするなら、まずは余分な水分排出に効果が期待できる栄養素や血行促進をサポートしてくれる栄養素を把握しておきましょう。

むくみ対策におすすめの栄養素1. たんぱく質

たんぱく質は、血管内外の水分量の調整にはたらきかける栄養素といわれています。
普段の食事にたんぱく質が少ないと、むくみやすくなることも。

たんぱく質が不足していると感じる方は、ぜひ積極的にたんぱく質を多く含む食品を取り入れてみましょう。

★たんぱく質を多く含む食品:肉や魚、豆類など
出典:www.pexels.com

たんぱく質は、血管内外の水分量の調整にはたらきかける栄養素といわれています。
普段の食事にたんぱく質が少ないと、むくみやすくなることも。

たんぱく質が不足していると感じる方は、ぜひ積極的にたんぱく質を多く含む食品を取り入れてみましょう。

★たんぱく質を多く含む食品:肉や魚、豆類など

むくみ対策におすすめの栄養素2. ビタミンB群

ビタミンB群は、ビタミンB1・B2・B6・B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの8種類からなる栄養素。

これらの栄養素には、糖質やアルコール、水分などの代謝を助けるはたらきをもっており、体内の水分バランスを適正に保つにはぴったりの栄養素ですよ。


★ビタミンB群を多く含む食品:豚ヒレ肉、玄米、たらこ、豚・牛レバー、アーモンド、にんにく、しじみ、海苔など
出典:www.pexels.com

ビタミンB群は、ビタミンB1・B2・B6・B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの8種類からなる栄養素。

これらの栄養素には、糖質やアルコール、水分などの代謝を助けるはたらきをもっており、体内の水分バランスを適正に保つにはぴったりの栄養素ですよ。


★ビタミンB群を多く含む食品:豚ヒレ肉、玄米、たらこ、豚・牛レバー、アーモンド、にんにく、しじみ、海苔など

むくみ対策におすすめの栄養素3. カリウム

体内の水分バランスは、カリウムとナトリウム(塩分)のバランスによっても調整されています。
このバランスが崩れると、むくみやすくなってしまいます。

カリウムには、体内の余分な水分を排出するはたらきがあるため、むくみを感じた時はカリウムを豊富に含む食品を食べておくと良いでしょう。

★カリウムを多く含む食品:メロン、きゅうり、バナナ、かぼちゃ、芋類、牛乳、肉・魚類など
出典:www.pexels.com

体内の水分バランスは、カリウムとナトリウム(塩分)のバランスによっても調整されています。
このバランスが崩れると、むくみやすくなってしまいます。

カリウムには、体内の余分な水分を排出するはたらきがあるため、むくみを感じた時はカリウムを豊富に含む食品を食べておくと良いでしょう。

★カリウムを多く含む食品:メロン、きゅうり、バナナ、かぼちゃ、芋類、牛乳、肉・魚類など

2. むくみ解消を手伝ってくれる飲み物を飲むのもgood!

水分不足からくるむくみもあると先ほどご紹介しました。

水分の補給には、
・お水
・お茶
・グレープフルーツジュース(高カリウム)

といった飲み物がおすすめ。

どれもなるべく冷たすぎない温度(できれば常温)で飲み、喉の乾きを感じる前に少しずつ飲むのがおすすめです。

お茶なら、整腸作用と代謝促進に効果が期待できる「はと麦茶」や、高い利尿作用をもつ「緑茶」「どくだみ茶」「とうもろこし茶」「杜仲茶」などがおすすめです。

グレープフルーツジュースの場合は、100%果汁のものを選ぶとベターですね。
出典:www.pexels.com

水分不足からくるむくみもあると先ほどご紹介しました。

水分の補給には、
・お水
・お茶
・グレープフルーツジュース(高カリウム)

といった飲み物がおすすめ。

どれもなるべく冷たすぎない温度(できれば常温)で飲み、喉の乾きを感じる前に少しずつ飲むのがおすすめです。

お茶なら、整腸作用と代謝促進に効果が期待できる「はと麦茶」や、高い利尿作用をもつ「緑茶」「どくだみ茶」「とうもろこし茶」「杜仲茶」などがおすすめです。

グレープフルーツジュースの場合は、100%果汁のものを選ぶとベターですね。

3. むくみに効果的なマッサージをしてみよう

むくみ改善は、体内からのアプローチだけでなく、外からのフィジカルなアプローチも有効ですよ。

とくに効果が期待できるのが「マッサージ」。

のちほど、むくみがちな主な部位別にマッサージ方法をご紹介します♪
出典:www.pexels.com

むくみ改善は、体内からのアプローチだけでなく、外からのフィジカルなアプローチも有効ですよ。

とくに効果が期待できるのが「マッサージ」。

のちほど、むくみがちな主な部位別にマッサージ方法をご紹介します♪

優しくなでて癒される。"リンパマッサージ"でむくみ&疲れとサヨナラしよう
優しくなでて癒される。"リンパマッサージ"でむくみ&疲れとサヨナラしよう

自分で出来る美容ケアとして人気の"リンパマッサージ"。でも実は、力を入れ過ぎている人が多いのをご存知ですか?リンパ管はとってもデリケート、優しくなでて流れを良くしましょう。気持ちがリラックスして癒し効果も高まりますよ。肩こり・小顔・足のむくみなど、お悩み別のマッサージ法をご紹介します。

むくみに効くリンパマッサージについて紹介されています。

4. 立ちっぱなし・座りっぱなしでもできるストレッチを取り入れてみよう

こちらは、特にむくみやすい足に効果的なストレッチ。

立ちっぱなし・座りっぱなしでもできるストレッチは、オフィスや家事中など、忙しい時でも場所・時間を取らず手軽にトライできますよ♪
出典:www.pexels.com

こちらは、特にむくみやすい足に効果的なストレッチ。

立ちっぱなし・座りっぱなしでもできるストレッチは、オフィスや家事中など、忙しい時でも場所・時間を取らず手軽にトライできますよ♪

5. 漢方を活用してみる

冷えからくるむくみや水分過多のむくみなど、むくみの由来や体質に応じて漢方を使って改善させることも可能。

クリニックによっては「漢方外来」があるところも増えてきており、相談して自分の体質に応じた漢方を処方してくれるところもありますよ。

もし、慢性的なむくみにお悩みの場合は、こうした漢方外来を受診してみるのも良いかもしれませんね。
出典:www.pexels.com

冷えからくるむくみや水分過多のむくみなど、むくみの由来や体質に応じて漢方を使って改善させることも可能。

クリニックによっては「漢方外来」があるところも増えてきており、相談して自分の体質に応じた漢方を処方してくれるところもありますよ。

もし、慢性的なむくみにお悩みの場合は、こうした漢方外来を受診してみるのも良いかもしれませんね。

むくみやすいパーツ別のケア・むくみ解消方法

ここまで、むくみの原因や対処法をご紹介してきました。
ここからは、むくみやすいパーツごとにケア方法をご紹介していきます。

「足」のむくみケア

まずは足のむくみサインをチェック!

・靴下が食い込んで跡が取れない
・靴がいつもよりきつい
・足が重たい

足のむくみとりのためにできること

1. マッサージ
簡単にできるむくみとりマッサージで、パンパンの足とさよならしましょう♪
マッサージをすることで、血行を促進することも可能です。
拳で簡単にできるマッサージ。
摩擦が気になる場合は、マッサージオイルを使うとスムーズです。
脚だけでなく、足・足裏がむくむこともありますよね。
それなら、足裏に特化したむくみマッサージを実践してみましょう。
こちらも、オイルを使って摩擦を緩和しながらマッサージしてみてくださいね。
2. 足湯でリラックス♪
入浴もむくみ対策・血行促進にとても良いのですが、足に特化したケアならフットバスもおすすめ。

お気に入りのアロマオイル(精油)を少し入れて香りも楽しむフットバスは、リラックス効果も抜群ですよ。
出典:pixabay.com

入浴もむくみ対策・血行促進にとても良いのですが、足に特化したケアならフットバスもおすすめ。

お気に入りのアロマオイル(精油)を少し入れて香りも楽しむフットバスは、リラックス効果も抜群ですよ。

原因は…夏の冷房?!気がつくと足がパンパン!解消したい「むくみ」
原因は…夏の冷房?!気がつくと足がパンパン!解消したい「むくみ」

足がパンパンになったり、顔が腫れぼったくなるなど、何かと女性を悩ませる「むくみ」。特に夏場は、冷房による冷えなどでむくみが出やすいシーズンです。一度なると慢性化しやすいため、大切なのは早めに対策すること。今回は、特に気になる夏場の「足のむくみ」に加え、むくみのメカニズムから予防法、解消法、さらに対策レシピまでたっぷりご紹介します。

足のむくみケアについて紹介されています。

「顔」のむくみケア

全身スッキリさせたい!《むくみを取る方法》食べ物~マッサージまで
出典:www.instagram.com(@botan_hiramoto)

まずは顔のむくみサインをチェック!

・いつもは二重なのに一重になっている
・体重は変わっていないのに、顔だけ太った気がする

顔のむくみとりのためにできること

1. 温水・冷水で洗顔を繰り返す
洗顔料は使わなくても良いので、まずは温水と冷水で顔を交互に洗ってみましょう。

異なる温度の水で顔を洗うことで、顔面の血管の拡大・収縮が繰り返され、むくみが解消されることがあります。

温水は、あまり熱すぎるとお肌にトラブルを与える可能性があるため、高くても42度くらいに設定しておきましょう。
出典:www.pexels.com

洗顔料は使わなくても良いので、まずは温水と冷水で顔を交互に洗ってみましょう。

異なる温度の水で顔を洗うことで、顔面の血管の拡大・収縮が繰り返され、むくみが解消されることがあります。

温水は、あまり熱すぎるとお肌にトラブルを与える可能性があるため、高くても42度くらいに設定しておきましょう。

2. ホットタオルで顔を温める
湿らせてよく絞ったタオルを「少し熱いかな?」と感じる程度に温め、顔にしばらくのせておく解消法です。

顔を外から温めることで血行が改善され、むくみが和らいでいきます。

顔の汚れも取れやすくなるだけでなく、メイクののりもアップするので、ぜひ洗顔前に行ってみてください♪
出典:www.pexels.com

湿らせてよく絞ったタオルを「少し熱いかな?」と感じる程度に温め、顔にしばらくのせておく解消法です。

顔を外から温めることで血行が改善され、むくみが和らいでいきます。

顔の汚れも取れやすくなるだけでなく、メイクののりもアップするので、ぜひ洗顔前に行ってみてください♪

3. 顔のリンパマッサージ
顔のリンパマッサージ方法をチェックしてみましょう。
こちらも顔に顔用マッサージクリームを塗ってトライしてみてくださいね。
顔のむくみの原因って!? 気をつけたい6つの生活習慣と、簡単むくみケアマッサージ
顔のむくみの原因って!? 気をつけたい6つの生活習慣と、簡単むくみケアマッサージ

朝起きて顔がむくんでいると、お化粧のノリも悪くなってしまいテンションが下がりますよね。見た目の印象を大きく変える「顔のむくみ」は、女性にとって悩みのタネです。そこで今回は、顔のむくみの原因と言われている6つのNG習慣と、簡単に取り入れられる「むくみケアマッサージ」を紹介していきます!

顔のむくみケアについて紹介されています。

「手」のむくみケア

まずは手のむくみサインをチェック!

・いつも着けている指輪が全然抜けない
・いつもより「グー」が握れない

手のむくみとりのためにできること

1. 「グーパー運動」
まず取り入れていただきたいのが「グーパー運動」。

名前のとおり、じゃんけんの「グー」と「パー」を繰り返すだけの簡単なストレッチです。

ポイントは、
1. 姿勢を正してあごを引く
2. 腕はまっすぐに前へ
3. 手のひらを上にする
の3つ。

この3ポイントを意識して行うとベターです♪
このストレッチを、20回〜30回ほど繰り替えしてみましょう。
出典:pixabay.com

まず取り入れていただきたいのが「グーパー運動」。

名前のとおり、じゃんけんの「グー」と「パー」を繰り返すだけの簡単なストレッチです。

ポイントは、
1. 姿勢を正してあごを引く
2. 腕はまっすぐに前へ
3. 手のひらを上にする
の3つ。

この3ポイントを意識して行うとベターです♪
このストレッチを、20回〜30回ほど繰り替えしてみましょう。

2. 指ヨガ
ヨガにはさまざまな種類がありますが、指のむくみや手指の違和感に効果が期待できるヨガもあります。

ぜひ、動画を観ながら実践してみてくださいね。
春の指先。「むくみ」ケアは万全ですか?"指先美人"のための「むくみ解消法」
春の指先。「むくみ」ケアは万全ですか?"指先美人"のための「むくみ解消法」

風に春の香りが感じられる季節となった今日この頃。でも、日々の疲れなどで指がぱんぱん……なんてことはありませんか?「春先になったらつけよう♪」と思っていたリングも入らない……という悲しい現象が起こっている方もいらっしゃるかもしれませんね。今回は、そんな現象を避けるためにも、健やかで美しい指先をつくるためのむくみケアtipsをご紹介します♪

手のむくみケアについて紹介されています。

「目(まぶた)」のむくみケア

全身スッキリさせたい!《むくみを取る方法》食べ物~マッサージまで
出典:pixabay.com

まずは目(まぶた)のむくみサインをチェック!

・いつもより目が開きにくい
・左右の目の大きさが違う気がする
・まぶたが腫れぼったくなっている
・二重なのに一重になっている

目(まぶた)のむくみとりのためにできること

1. 目をこすらない(むくみが長引く場合は医療機関の受診も視野に)
目(まぶた)がむくんでいる場合「目のこすりすぎ」が関係していることも。

もし心当たりがあれば、それ以上こするのはやめて様子をみてみましょう。

ほかにも「新しいコスメが合わなかった」「アレルギーが出た」という可能性もあるため、長引くようであれば、眼科や皮膚科などを受診されることをおすすめします。
出典:www.instagram.com(@nero_hair_salon)

目(まぶた)がむくんでいる場合「目のこすりすぎ」が関係していることも。

もし心当たりがあれば、それ以上こするのはやめて様子をみてみましょう。

ほかにも「新しいコスメが合わなかった」「アレルギーが出た」という可能性もあるため、長引くようであれば、眼科や皮膚科などを受診されることをおすすめします。

2. 目の周りをマッサージする
目の周りをマッサージすることで血行が促進され、目のむくみが解消されやすくなります。
朝、1分あれば完了するので、むくんでいる時だけでなく、気分をすっきりさせたい時にも手軽に取り入れられますね。
3. 枕の高さを調整してみる
実は、目のむくみには「枕の高さ」が関係している場合もあります。

というのも、枕の高さが心臓の位置よりも低い場合、目により水分がたまりやすくなってしまうため。

もし、ご自身の枕が低めの場合は、横になった時に頭が心臓より低い位置にあるかどうかチェックしてみてはいかがでしょうか。
出典:www.pexels.com

実は、目のむくみには「枕の高さ」が関係している場合もあります。

というのも、枕の高さが心臓の位置よりも低い場合、目により水分がたまりやすくなってしまうため。

もし、ご自身の枕が低めの場合は、横になった時に頭が心臓より低い位置にあるかどうかチェックしてみてはいかがでしょうか。

むくみ予防のためにできること

最後に、これからむくみを予防するためにできることをご紹介します。
日々のライフスタイルのむくみ予防を取り入れてみてくださいね♪

1. なるべく体を動かす

ずっと座りっぱなしor立ちっぱなしの方は、先ほどご紹介した「立ったまま・座ったままできる」ストレッチを取り入れてみるだけでなく、日常で動く頻度をプラスしてみましょう。

1駅歩いてみる、たまにはエレベーターではなく階段を使う、目的地あ徒歩圏内なら歩いてアクセスしてみる…など、小さなことからぜひ取り入れてみてくださいね♪

体を動かすことで、ストレスも解消できるかもしれませんね。
出典:www.pexels.com

ずっと座りっぱなしor立ちっぱなしの方は、先ほどご紹介した「立ったまま・座ったままできる」ストレッチを取り入れてみるだけでなく、日常で動く頻度をプラスしてみましょう。

1駅歩いてみる、たまにはエレベーターではなく階段を使う、目的地あ徒歩圏内なら歩いてアクセスしてみる…など、小さなことからぜひ取り入れてみてくださいね♪

体を動かすことで、ストレスも解消できるかもしれませんね。

2. 水分補給はこまめに

先ほどの繰り返しになりますが、水分不足でもむくみは引き起こされてしまいます。

喉の乾きを感じる前に、お水やお茶を少しずつでも飲んでおきましょう。

冷たすぎるものや糖分が多すぎるものは逆効果になりがちなので、ジュースなら100%果汁のもの、お茶はお砂糖があまり入っていないものを選んで飲んでみてくださいね。
出典:www.pexels.com

先ほどの繰り返しになりますが、水分不足でもむくみは引き起こされてしまいます。

喉の乾きを感じる前に、お水やお茶を少しずつでも飲んでおきましょう。

冷たすぎるものや糖分が多すぎるものは逆効果になりがちなので、ジュースなら100%果汁のもの、お茶はお砂糖があまり入っていないものを選んで飲んでみてくださいね。

3. 季節問わず湯船に浸かる

冷えや血行不良で引き起こされてしまうこともあるむくみ。

冷え対策として温かい飲み物を飲んだり、なるべく厚着をするだけでなく、なるべく夏もバスタイムには湯船に浸かるよう心がけてみましょう。

入浴することで全身をよく温められるため、冷え対策がより効率的に進められるようになるはずですよ。

温浴効果がアップする炭酸ガス系入浴剤(バスボム)を入れて入浴を楽しむのも良いですね♪
出典:www.pexels.com

冷えや血行不良で引き起こされてしまうこともあるむくみ。

冷え対策として温かい飲み物を飲んだり、なるべく厚着をするだけでなく、なるべく夏もバスタイムには湯船に浸かるよう心がけてみましょう。

入浴することで全身をよく温められるため、冷え対策がより効率的に進められるようになるはずですよ。

温浴効果がアップする炭酸ガス系入浴剤(バスボム)を入れて入浴を楽しむのも良いですね♪

4. 食事習慣・内容を見直そう

栄養の偏りでむくみやすくなるなら、食生活の見直しもぜひ行っておきましょう。

とくに、日々の食事バランスが偏りがちなら、自炊する日を多くしてみる、栄養バランスを考え直してみるなど、改善できるところから改善していきましょう。

栄養の偏りがなくなることで、便秘や貧血などの気になるトラブルが解消されることもありますよ♪
出典:www.pexels.com

栄養の偏りでむくみやすくなるなら、食生活の見直しもぜひ行っておきましょう。

とくに、日々の食事バランスが偏りがちなら、自炊する日を多くしてみる、栄養バランスを考え直してみるなど、改善できるところから改善していきましょう。

栄養の偏りがなくなることで、便秘や貧血などの気になるトラブルが解消されることもありますよ♪

5. 「手首」「足首」「首」を冷やしすぎない

首・手首・足首は「三首」と呼ばれる大事なパーツ。

この3パーツには大きな血管が通っており、ここが冷えてしまうと全身の冷えに繋がりかねません。

なるべくどの季節もこの3パーツを冷やしすぎないよう気をつけてみましょう。
出典:www.pexels.com

首・手首・足首は「三首」と呼ばれる大事なパーツ。

この3パーツには大きな血管が通っており、ここが冷えてしまうと全身の冷えに繋がりかねません。

なるべくどの季節もこの3パーツを冷やしすぎないよう気をつけてみましょう。

むくみを解消してすっきりした毎日を過ごそう♪

むくみの原因や解消方法、パーツ別のケア方法、これからの予防方法などをご紹介してきました。

見た目に大きな影響を与えがちなむくみは、できることなら遭遇したくないもの。
でも、今回ご紹介した通り、むくみはライフスタイルを少し改善してみるだけで十分予防が可能です。

日々のライフスタイルを見直して、むくみに悩まされないすこやかな生活が送れると良いですね♪
出典:www.instagram.com(@nero_hair_salon)

むくみの原因や解消方法、パーツ別のケア方法、これからの予防方法などをご紹介してきました。

見た目に大きな影響を与えがちなむくみは、できることなら遭遇したくないもの。
でも、今回ご紹介した通り、むくみはライフスタイルを少し改善してみるだけで十分予防が可能です。

日々のライフスタイルを見直して、むくみに悩まされないすこやかな生活が送れると良いですね♪

今回画像をお借りしたインスタグラマーさまのアカウントはこちら。
素敵な写真が盛りだくさんですよ。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play