スプレー・ミストで化粧崩れ防止!“さらさら肌”をキープするためにできること

スプレー・ミストで化粧崩れ防止!“さらさら肌”をキープするためにできること

特に梅雨時や夏場になると、メイクする前からどこか憂鬱な気分になりませんか?ばっちりメイクしても、数時間後には台無しになってしまう「メイク崩れ」は悩みの種。夕方にはテカリが出たり、汗をかいてドロドロになってしまったり…それに忙しい私たちは化粧直しにそこまで時間もかけられません。そんな時は、「化粧崩れ防止効果のあるスプレーやミスト」を使ってみるのも1つの手かもしれません。今回は、お肌のタイプ別におすすめのスプレー・ミストはもちろん、メイクのもちをよくするコツ、簡単にできる化粧直しテクもご紹介します。 2019年04月21日作成

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード:
メイク
メイクテク
化粧
スキンケア
ファンデーション
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
367

夏場や夕方の化粧崩れ……でも、化粧直しにそんなに時間を使えない

Photo by Aiony Haust on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Aiony Haust on Unsplash

化粧崩れは季節を問わず悩ましい問題のひとつですよね。夕方になるとテカリが目立ったり、ファンデーションにヨレが出てきたり……。

特に夏場は気が付けば汗でどろどろに―。でも、出先でしっかり化粧直しをする時間がとれるとは限りません。

メイク前?メイク後?「化粧崩れ防止スプレー」の使い方

Photo by Suhyeon Choi on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Suhyeon Choi on Unsplash

しっかり時間をかけて化粧直しができないので、あらかじめお化粧が大きく崩れないよう、できる対策はないのでしょうか……。

そんな時に試してみたいのが「メイク崩れ防止スプレー」です。使用するのはメイク後。顔全体にスプレーすることで、メイクのもちをよくしてくれるのだとか。

化粧崩れ防止スプレーの効果

UV効果

Photo by chuttersnap on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by chuttersnap on Unsplash

メイク崩れを防ぐだけでなく、スプレーやミストには「UV効果」の高いものもあります。

メイクの仕上げ後にシューッとスプレーすれば、日焼け後のダメージも防いでくれます。

保湿効果

中には「保湿効果」のある化粧崩れ防止スプレーも。

乾燥は肌荒れだけでなく、化粧崩れの原因にもなってしまうので、お肌のうるおいを守りながらメイクをキープできるのは嬉しいですよね。

気になるお肌への負担は?

Photo by Nicole Honeywill on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Nicole Honeywill on Unsplash

メイク崩れを防いでくれたり、紫外線ダメージを防いでくれたりする「化粧崩れ防止スプレー」ですが、中にはアルコール(エタノール)を含んでいる製品も。
Photo by Phuong Tran on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Phuong Tran on Unsplash

アルコールは肌をひきしめる収れん作用のほか、殺菌や清涼感といった効果があるのですが、一方で、乾燥肌さんや敏感肌さんにはさらなる乾燥や刺激といった負担を感じさせてしまう事も……。

乾燥肌さんや敏感肌さんには、「アルコールフリー」の製品がおすすめです。

タイプ別化粧崩れ防止スプレーの選び方・おすすめのスプレー・ミスト

乾燥肌さんには…

乾燥肌さんには、保湿できるタイプのスプレーやミストがおすすめ。

また、エタノール(アルコール)は皮脂をさっぱり取り去ってくれるのですが、乾燥肌さんにとってはさらなる乾燥を招いてしまう事も……。
アルコールフリーのものを選ぶと安心です。
Photo by Linh Ha on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Linh Ha on Unsplash

乾燥肌さんに人気の化粧崩れ防止ミストは「メイクアップフォーエバー」の「ミスト&フィックス」。保湿成分も配合されていて、かつアルコールフリーです。

使用後は肌に自然なつやが出るのだそう。

脂性肌さんには…

Photo by Aaron Huber on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Aaron Huber on Unsplash

脂性肌さんにおすすめなのは、エタノールや皮脂吸着パウダー配合のスプレー・ミスト。

「マジョリカマジョルカ」の「ワンダーフィクサー」は、テカリやベタつきを防いでくれます。
15センチほど離してスプレーしてから、手のひらでおさえてなじませて。

敏感肌さんには…

Photo by Coline Haslé on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Coline Haslé on Unsplash

とにかく刺激の少ないものを選ぶのが得策です。皮脂崩れ防止成分配合でパラベン(防腐剤)フリー、アルコールフリー、鉱物油フリーかつ無香料、無着色の「dプログラム」の「アレルバリア ミスト」は、敏感肌さんにおすすめ。

オイル配合でうるおいを守りつつ、花粉や黄砂などから肌を守りたい人にも◎メイク直しにも使えます。

そもそも、化粧崩れの原因って?

1.汗

Photo by Hans Reniers on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Hans Reniers on Unsplash

そもそも、化粧崩れの原因って何なのでしょうか?

大まかに原因は3つありますが、1つめは「汗」。
メイクの層を浮かせた汗が、ファンデーションと混じり合うとどろどろと崩れてゆきます。

2.皮脂

スプレー・ミストで化粧崩れ防止!“さらさら肌”をキープするためにできること
出典:
2つめは「皮脂」。

夕方になるとお化粧した肌にあぶらっぽいテカリが出てしまった経験をお持ちの方も多いはず。
皮脂によってメイクの色にくすみが生じ、テカリが現れた後、メイクの膜がはがれ落ちてしまうのです。

3.乾燥

Photo by Vincent Burkhead on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Vincent Burkhead on Unsplash

肌が乾燥していると、ファンデーションのヨレ・ひび割れの原因に。粉吹き肌になってしまったり、メイクのりもよくありません。

肌の乾燥が原因で皮脂が過剰に分泌されてしまう「インナードライ肌」のために、テカリが出て化粧崩れしやすくなることも。

化粧崩れしないために……メイク前・メイク中にできる対策

1.お湯で顔を洗った後、「お水」で引き締める

Photo by Matthew Tkocz on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Matthew Tkocz on Unsplash

化粧崩れを防ぐためには、メイク前のていねいなスキンケアによって、肌をうるおいのある引き締まった状態に整えておく事が重要になってきます。

洗顔は熱すぎない、ごくぬるいお湯で行い、洗い上がりにはお水を使って毛穴をきゅっと引き締めて。

2.夏場などは毛穴を引き締めてくれる「収れん化粧水」を使う

Photo by Brett Jordan on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Brett Jordan on Unsplash

「収れん化粧水」とは、肌のきめ・血行を整えながら、肌の温度をひんやり落ち着かせてくれる化粧水のこと。

皮脂が出やすい状態のほてった肌も引き締めてくれるので、テカリ対策として、オイリー肌さんにおすすめです。乾燥肌さんは、冷たいタオルでほてった肌の温度を下げてみて。
こちらは収れん化粧水のパッティング方法を説明した動画。

「収れん化粧水」は、いつも通り保湿化粧水・乳液などでお肌を整えた後に使用します。
コットンに500円大をとり、肌がひんやりするまでパッティングを。Tゾーンや小鼻周りには、特に丁寧につけましょう。

3.保湿はしっかりと

Photo by Kirsi Färm on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Kirsi Färm on Unsplash

お肌が乾燥していると、過剰な皮脂が分泌され、化粧崩れの原因に。それを防ぐためには、メイク前に保湿ケアを十全にしておく事が大切です。

化粧水だけでなく、乳液・クリームなどで皮膚にふたを。

4.スキンケアは浸透するまで待つ

Photo by 𝚂𝚒𝚘𝚛𝚊 𝙿𝚑𝚘𝚝𝚘𝚐𝚛𝚊𝚙𝚑𝚢 on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by 𝚂𝚒𝚘𝚛𝚊 𝙿𝚑𝚘𝚝𝚘𝚐𝚛𝚊𝚙𝚑𝚢 on Unsplash

乳液や保湿クリームなどを塗った後、すぐにメイク下地を塗り始めていませんか?

直前に塗ったスキンケアの油分などがメイクの成分と混ざりあってしまうと、本来発揮できるはずのメイク下地の機能がうまく働かない事があります。

使う商品によっては、ムラになってしまう事も……。
Photo by Lukas Blazek on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Lukas Blazek on Unsplash

「化粧水→乳液」「乳液→メイク下地」等、次のステップに移る前に、スキンケアの成分が肌に浸透するまで、数分間だけ待ちましょう。


乳液などを使った後、Tゾーンの油分などを軽くティッシュオフするのもいいですね。

5.化粧下地は崩れにくく、もちのいいものを選ぶ

Photo by STIL on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by STIL on Unsplash

皮脂を吸着するパウダーが配合されたものや、ウォータープルーフのもの等、メイクのキープ力の強い下地がたくさん出ています。崩れにくいメイク下地を選んでみて。

Tゾーンや小鼻周りに、メイクもちのよい部分用下地を使うのも◎。

6.化粧下地・ファンデは厚塗りしない

Photo by Jazmin Quaynor on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Jazmin Quaynor on Unsplash

厚塗りしたメイクはヨレやすくなり、崩れやすさの一因に。

化粧下地は薄く均等に塗り、塗った後にはスポンジやパフでおさえてオフするのがおすすめ。コンシーラーを活用すれば、気になる部分をカバーできるので厚塗りを防ぐことができますよ。目・鼻・口などよく動かす部分のファンデーションは特にヨレやすいので、ごく薄づきに仕上げて。

7.崩れないのはパウダリーとリキッドのどっち?ファンデの使い分け

・パウダリーファンデーションの長所・短所
Photo by Raphael Lovaski on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Raphael Lovaski on Unsplash

パウダリーファンデの良い所は、軽いつけ心地でさらっと仕上がり、化粧崩れしても直しやすい事。ムラになりにくく、テカリにくいのが利点です。皮脂や汗に強い夏用のパウダリーファンデを使えば、さらに崩れにくく。

一方、乾燥肌さんは粉っぽさやカサつきを感じる事もあるよう。
・リキッドファンデーションの長所・短所
Photo by Element5 Digital on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Element5 Digital on Unsplash

リキッドファンデーションの長所は、カバー力が高く、ツヤ肌に仕上がる事。

たくさん汗をかく上に化粧直しができない状況下なら、キープ力が高い商品を選べば、より肌に密着するリキッドファンデの方がパウダリーファンデよりももちが良いと感じる人もいるようです。
欠点は、ややテカリが出やすい事。また、崩れたメイクの上から重ねづけすると厚塗りに見えてしまうので、お直しにコツが必要。キープ力の高いものを選び、フェイスパウダーを重ねてメイクもちをUPさせましょう。

皮脂吸着効果のあるメイク下地との合わせ使いで、テカリを防げます。
・リキッドとパウダリー、どっちを選ぶ?
Photo by aditya septian on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by aditya septian on Unsplash

相性やテクスチャーの好みにもよりますが、化粧直しに時間がかけられる普通肌~オイリー肌さんはパウダリーファンデ向きかも。

一方、エアコンなどで夏でも乾燥が気になる乾燥肌さんには、キープ力の高いタイプのリキッドファンデがおすすめ。

8.「水のミスト」+「化粧崩れ防止スプレー」で化粧もちUP

ファンデを塗った後、フェイスパウダーを薄く重ねてから、「水や化粧水のミスト」を顔全体にスプレーしてみて。メイクが顔に密着して、崩れにくくなるそうですよ。ただし、乾燥肌の人は水分をのせることでより乾燥を感じる事があるかも。

もちろん「化粧崩れ防止スプレー」でも◎。

それでも化粧崩れしてしまったら……

夏はどれくらいの頻度で化粧直しすればいい?

スプレー・ミストで化粧崩れ防止!“さらさら肌”をキープするためにできること
出典:
汗をたくさんかく夏、みなさんどれくらいの頻度で化粧直しをしているのでしょうか?

情報サイト「BWRITE(ブライト)」の2016年の調査によると、「化粧直ししない」人が41.8%。「1度だけ直す」人が46.9%でした。「2回以上直す」人はたったの1割ほど。
Photo by Septian simon on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Septian simon on Unsplash

予想外に少ない回数ですが、メイクを直したくても、適切な場や時間がなかったり、短時間では直すのは難しいのであきらめてしまったり、といった裏事情もあるのかもしれません。

大半の人が「メイク直しをしても1度足らず」なら、1度できちんとメイクを復活させたいところですね。

化粧直しのコツ・ポイント

パウダリーファンデーションの化粧直し
「崩れたパウダリーファンデをオフして化粧直ししたいけれど、一からメイクをやり直す時間はない。メイク下地が落ちてしまうのも困る」という人におすすめの化粧直し方法はこちら。

オイルフリーの化粧下地を使って、手早くキレイなメイクが取り戻せます!
リキッドファンデーションの化粧直し
崩れた上から重ねると、厚塗り感が出たり、ムラになったりしがちなリキッドファンデーションは、お直しにはプレストパウダーやパウダリーファンデを使うのがおすすめです。

こちらはプロのメイクさんの動画。皮脂崩れと乾燥崩れの時で違う直し方など、参考になる情報が満載です。

キレイを保つ工夫で「化粧崩れ」を乗り切って

Photo by Joe Robles on Unsplash
出典:unsplash.com

Photo by Joe Robles on Unsplash

万全に対策していても、崩れる時には崩れてしまうメイクですが、少しでも崩れ方がキレイに見えたり、お直しがより楽になるといいですよね。

来たる夏に備え、自分にぴったりのコスメアイテムやメイクキープのコツをお試しくださいね。
※この記事はこちらを参照して書かせていただきました。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play