時間が経っても潤いキープ!乾きにくいベースメイクのために「しない」こと

時間が経っても潤いキープ!乾きにくいベースメイクのために「しない」こと

乾燥が気になるシーズン。お肌の潤いを保つためには、あえて「しない方がいいこと」もあります。ここでは、中でも特に避けておきたい6つのことをご紹介!2018年09月24日作成

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード:
メイク
メイクテク
ベースメイク
スキンケア
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
458

艶のあるベースメイクのために「しないこと」とは?

カラリと乾いた秋の風。肌の水分を奪うだけでなく、ベースメイク崩れの原因にもなります。
出典:www.instagram.com(@cafune_fumiya)

カラリと乾いた秋の風。肌の水分を奪うだけでなく、ベースメイク崩れの原因にもなります。

だからと言って、スキンケア化粧品やコスメをむやみに増やすのはストップ。アイテムを増やす前に、お肌のために「しないこと」を考えてみましょう。その方がきっと、経済的にも時間的にもメリットは多いはず。

今回は、乾きにくいベースメイクを叶える、6つの「しないこと」について特集します♪
出典:www.instagram.com(@yutalianca)

だからと言って、スキンケア化粧品やコスメをむやみに増やすのはストップ。アイテムを増やす前に、お肌のために「しないこと」を考えてみましょう。その方がきっと、経済的にも時間的にもメリットは多いはず。

今回は、乾きにくいベースメイクを叶える、6つの「しないこと」について特集します♪

その1:朝の洗顔はしない

ルーチン化している朝の洗顔。毎日おこなっている方は多いと思いますが、あえて“しない”ことで肌の水分バランスが整うというケースも。どうしても洗いたいときは、洗顔料は使わずぬるま湯でササッと流す程度に。
出典:www.instagram.com(@itsudemo_home)

ルーチン化している朝の洗顔。毎日おこなっている方は多いと思いますが、あえて“しない”ことで肌の水分バランスが整うというケースも。どうしても洗いたいときは、洗顔料は使わずぬるま湯でササッと流す程度に。

洗顔の代わりに拭き取り化粧水を使用

肌のベタつきや汚れを取りたいなら、角質ケアもしてくれる拭き取り化粧水がおすすめ。コットンにたっぷり染み込ませ、肌の上を優しく滑らせるようにOFF!
出典:

肌のベタつきや汚れを取りたいなら、角質ケアもしてくれる拭き取り化粧水がおすすめ。コットンにたっぷり染み込ませ、肌の上を優しく滑らせるようにOFF!

その2:オイリーなファンデーションは選ばない

乾燥を防いでくれそうな油分が多めのファンデーション。確かに塗った直後はキレイでも、少し経つとドロドロに崩れてきた…という経験はありませんか?肌に合わないものを選ぶと、保湿を通り越してオイリーになってしまうので注意が必要です。
出典:unsplash.com

乾燥を防いでくれそうな油分が多めのファンデーション。確かに塗った直後はキレイでも、少し経つとドロドロに崩れてきた…という経験はありませんか?肌に合わないものを選ぶと、保湿を通り越してオイリーになってしまうので注意が必要です。

選ぶべきはウォータリータイプ

もっちり肌をつくるなら、軽いつけ心地のウォータリーなファンデーションをセレクト!手の甲に出したときに、サラッと滴るようなテクスチャーが◎。
出典:www.photo-ac.com

もっちり肌をつくるなら、軽いつけ心地のウォータリーなファンデーションをセレクト!手の甲に出したときに、サラッと滴るようなテクスチャーが◎。

その3:硬いコンシーラーは使わない

シミや赤味をしっかり隠す硬い質感のコンシーラー。頬の一部や額、顎などに使うのはいいけれど、目元・口元といった乾燥しやすい部分では控えるのがベター。
出典:photopin.com

シミや赤味をしっかり隠す硬い質感のコンシーラー。頬の一部や額、顎などに使うのはいいけれど、目元・口元といった乾燥しやすい部分では控えるのがベター。

肌にフィットする柔らかいものを

乾燥しにくいのは、伸びのいい柔らかなコンシーラーです。重ね過ぎるとヨレてしまうので、つけるときは少しずつ丁寧に♪
出典:www.instagram.com(@__784__)

乾燥しにくいのは、伸びのいい柔らかなコンシーラーです。重ね過ぎるとヨレてしまうので、つけるときは少しずつ丁寧に♪

その4:セッティングパウダーは全体に広げない

リキッドファンデーションの後に使うセッティングパウダーは、広げる範囲にちょっとした注意が必要。油分が少ない箇所に乗せると、カサつきや粉吹きを引き起こすことがあります。
出典:unsplash.com

リキッドファンデーションの後に使うセッティングパウダーは、広げる範囲にちょっとした注意が必要。油分が少ない箇所に乗せると、カサつきや粉吹きを引き起こすことがあります。

TゾーンやUゾーンなど部分的に使って

セッティングパウダーを使うのは、油分が出やすい部分だけでOK!TゾーンやUゾーンに薄っすらと乗せましょう。
出典:www.instagram.com(@kotochoki)

セッティングパウダーを使うのは、油分が出やすい部分だけでOK!TゾーンやUゾーンに薄っすらと乗せましょう。

その5:チークはパウダリーにしない

頬をふんわりと染め上げてくれるパウダリーチークも、場合によっては乾燥を招く原因に。
出典:www.photo-ac.com

頬をふんわりと染め上げてくれるパウダリーチークも、場合によっては乾燥を招く原因に。

クリームタイプでしっとり頬に

頬が乾きやすい季節は、こっくりとしたクリームチークにチェンジ。さらにしっとりさせたい方は、保湿クリームを混ぜるのもGOOD♪
出典:

頬が乾きやすい季節は、こっくりとしたクリームチークにチェンジ。さらにしっとりさせたい方は、保湿クリームを混ぜるのもGOOD♪

他のアイテムもクリーミーなものを

アイシャドウやハイライトなど、他のコスメもクリーミータイプにすればより艶感のあるベースメイクに。
出典:www.instagram.com(@mikitakami)

アイシャドウやハイライトなど、他のコスメもクリーミータイプにすればより艶感のあるベースメイクに。

その6:日中、化粧水スプレーは振らない

カサつきを感じたときに使用していた化粧水スプレー。入っている成分にもよりますが、その化粧水が蒸発するときに、肌の水分も一緒に奪われることがあります。
出典:unsplash.com

カサつきを感じたときに使用していた化粧水スプレー。入っている成分にもよりますが、その化粧水が蒸発するときに、肌の水分も一緒に奪われることがあります。

バームやクリームでスポット保湿

日中に保湿ケアがしたくなったら、化粧水スプレーではなく、バームやクリームを乾いた部分にのみON。指先にとって軽く押さえるように塗れば、メイクが崩れる心配もありません。保湿効果のある美容液もおすすめです。
出典:www.instagram.com(@kotochoki)

日中に保湿ケアがしたくなったら、化粧水スプレーではなく、バームやクリームを乾いた部分にのみON。指先にとって軽く押さえるように塗れば、メイクが崩れる心配もありません。保湿効果のある美容液もおすすめです。

「しないこと」を心掛けて、秋も潤み肌に

美しいベースメイクのために「しないこと」。新商品や新しい美容法を試すのもいいけれど、習慣化していることを見直せば、意外にもすぐに美人肌がゲットできるかも知れません。新しい保湿アイテムを探す前に、一度トライしてみてくださいね♪
出典:www.instagram.com(@norimasasawa)

美しいベースメイクのために「しないこと」。新商品や新しい美容法を試すのもいいけれど、習慣化していることを見直せば、意外にもすぐに美人肌がゲットできるかも知れません。新しい保湿アイテムを探す前に、一度トライしてみてくださいね♪

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play