夏の疲れが取れない?「秋バテ」の原因と“楽しくできる”対策法

夏の疲れが取れない?「秋バテ」の原因と“楽しくできる”対策法

夏の外気温と室内温度のギャップや冷えなどが原因といわれている「夏バテ」。実は初秋にも夏バテのような不調が起こる「秋バテ」という現象があることをご存知ですか?聞きなれない現象かもしれませんが、実は秋に心身の不調を感じる方は意外にも多いようです。さっそく、秋バテの対策法をご紹介します。2019年08月28日更新

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード:
ヘルス・ビューティー
不調
体の不調
季節の変わり目
冷え対策
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
176

初秋に入っても体がだるい。もしかしたら「秋バテ」かも

夏はもう過ぎたはずなのに……なんだか体が重くてだるい。

そんな経験はありませんか?
出典:www.instagram.com(@botan_hiramoto)

夏はもう過ぎたはずなのに……なんだか体が重くてだるい。

そんな経験はありませんか?

夏の盛りを過ぎても体が重く、なんだかやる気も出ない、そんな状態で新しい季節を迎えるなんてなんだか調子が整いませんよね。

こうした状態、実は「秋バテ」と呼ばれることが多いこと、ご存知でしたか?

さっそく、「秋バテ」についてみていきましょう。
出典:www.instagram.com(@botan_hiramoto)

夏の盛りを過ぎても体が重く、なんだかやる気も出ない、そんな状態で新しい季節を迎えるなんてなんだか調子が整いませんよね。

こうした状態、実は「秋バテ」と呼ばれることが多いこと、ご存知でしたか?

さっそく、「秋バテ」についてみていきましょう。

「秋バテ」ってどんな状態?

自律神経の乱れからくる体の不調

秋バテは、夏の間の生活習慣や冷えによって自律神経バランスが崩れてしまい、一時的(秋口)に体のだるさなどの悪影響が出る現象です。
出典:www.instagram.com(@botan_hiramoto)

秋バテは、夏の間の生活習慣や冷えによって自律神経バランスが崩れてしまい、一時的(秋口)に体のだるさなどの悪影響が出る現象です。

「秋バテ」で感じやすい主な症状

疲れやすく、体がだるい

多くの人が感じる秋バテの症状のひとつが、「疲れやすく、体がだるい」です。普段と同じように行動していても、すぐに疲れてしまったり、なんとなくいつも、体がだるい、重いと感じるようになります。
出典:www.pexels.com

多くの人が感じる秋バテの症状のひとつが、「疲れやすく、体がだるい」です。普段と同じように行動していても、すぐに疲れてしまったり、なんとなくいつも、体がだるい、重いと感じるようになります。

眠い

日中に強い眠気を感じることも秋バテの症状のひとつです。寒暖差にうまく対応できないと、夜間の眠りの質が落ちてしまいます。十分な睡眠と休息が取れないと、昼間、眠いと感じてしまいます。
出典:pixabay.com

日中に強い眠気を感じることも秋バテの症状のひとつです。寒暖差にうまく対応できないと、夜間の眠りの質が落ちてしまいます。十分な睡眠と休息が取れないと、昼間、眠いと感じてしまいます。

食欲が減退する

胃腸がいまひとつすっきりとせず、食欲がわかないということもあります。胃腸がうまく働いていないと、食べても消化が進まず、美味しいと感じることも少なくなってしまいます。
出典:pixabay.com

胃腸がいまひとつすっきりとせず、食欲がわかないということもあります。胃腸がうまく働いていないと、食べても消化が進まず、美味しいと感じることも少なくなってしまいます。

仕事や家事にやる気がおきない

体の不調は心の不調にもつながります。体調が悪いときには、どうしても仕事や家事へのやる気も減退してしまいます。
出典:pixabay.com

体の不調は心の不調にもつながります。体調が悪いときには、どうしても仕事や家事へのやる気も減退してしまいます。

腰痛や肌荒れなど

体の不調が特定の部位に表れてしまうひともいます。腰痛や肌荒れなどは特に女性が多く感じる症状のひとつです。

秋バテの症状は人それぞれ、様々なあらわれ方があります。いくつかの症状を感じているときは、秋バテの可能性があるといえます。
出典:www.pexels.com

体の不調が特定の部位に表れてしまうひともいます。腰痛や肌荒れなどは特に女性が多く感じる症状のひとつです。

秋バテの症状は人それぞれ、様々なあらわれ方があります。いくつかの症状を感じているときは、秋バテの可能性があるといえます。

秋バテを引き起こしてしまう原因とは

目覚めの悪さや体のだるさなど、秋バテになる原因は何にあるのでしょうか?

原因になりやすい3つのポイントをご紹介します。
出典:www.pexels.com

目覚めの悪さや体のだるさなど、秋バテになる原因は何にあるのでしょうか?

原因になりやすい3つのポイントをご紹介します。

1.夏に楽しんでいた冷たい食べ物や飲み物による「内臓冷え」

節電や暑さ対策として食べていた冷たいものが徐々に体の冷えになってしまい、秋に夏バテのような症状が出ることが原因の1つといわれています。

「内臓の冷えは万病の元」ともいわれている通り、この冷えが原因で体が不調気味になることもあるんですね。
出典:www.pexels.com

節電や暑さ対策として食べていた冷たいものが徐々に体の冷えになってしまい、秋に夏バテのような症状が出ることが原因の1つといわれています。

「内臓の冷えは万病の元」ともいわれている通り、この冷えが原因で体が不調気味になることもあるんですね。

2.外気温と室内気温の差で生じる「冷房冷え」

夏に欠かせない冷房ですが、あまり冷房のきいた空間に長居しすぎると冷えが加速することも。

また、外気温と室内気温の差に体がついていけなくなり、体がだるくなることも考えられます。
出典:www.pexels.com

夏に欠かせない冷房ですが、あまり冷房のきいた空間に長居しすぎると冷えが加速することも。

また、外気温と室内気温の差に体がついていけなくなり、体がだるくなることも考えられます。

3.夏の猛暑による「ストレスの蓄積」

近年、猛烈な夏の暑さが観測されるようになり、外に出るとどうしても体が疲れ、ストレスが溜まるようになってきました。

そうした疲れを毎日の睡眠では回復することができなくなり、少しずつ蓄積されたストレスが秋バテの原因となっていることもあります。
出典:pixabay.com

近年、猛烈な夏の暑さが観測されるようになり、外に出るとどうしても体が疲れ、ストレスが溜まるようになってきました。

そうした疲れを毎日の睡眠では回復することができなくなり、少しずつ蓄積されたストレスが秋バテの原因となっていることもあります。

秋バテを撃退!夏の疲れを取る方法

オフィス環境やお部屋の環境、食べたものなどによって起こりがちな「秋バテ」。
チェックリストにあてはまるものはありましたか?

では、ここからは楽しく実践できる対策法をみていきましょう。
出典:www.instagram.com(@tatsuyahino)

オフィス環境やお部屋の環境、食べたものなどによって起こりがちな「秋バテ」。
チェックリストにあてはまるものはありましたか?

では、ここからは楽しく実践できる対策法をみていきましょう。

美味しいレシピで「食事」から体を整える

秋が旬のものを食べよう

秋は味覚の宝庫とも呼ばれている通り、秋は美味しいものがたくさん!

実は、秋の味覚には秋バテを解消させる栄養分が豊富なものが多いこと、ご存知でしたか?

たとえば、「栗」には美白作用だけでなく体をあたためてくれてストレスの解消もしてくれるビタミンCや、疲労回復と血行促進に役立つビタミンB1が豊富。

「さつまいも」にも栗と同じビタミンCやB1に加え、腸を整えてくれる食物繊維も豊富。また、さつまいもに含まれるビタミンCは加熱しても壊れないといわれており、さまざまな調理法も楽しめますね。

秋の栗拾いやサツマイモ掘りなど、イベントに参加して楽しく秋の味覚をゲットするのも良さそうです♪
出典:

秋は味覚の宝庫とも呼ばれている通り、秋は美味しいものがたくさん!

実は、秋の味覚には秋バテを解消させる栄養分が豊富なものが多いこと、ご存知でしたか?

たとえば、「栗」には美白作用だけでなく体をあたためてくれてストレスの解消もしてくれるビタミンCや、疲労回復と血行促進に役立つビタミンB1が豊富。

「さつまいも」にも栗と同じビタミンCやB1に加え、腸を整えてくれる食物繊維も豊富。また、さつまいもに含まれるビタミンCは加熱しても壊れないといわれており、さまざまな調理法も楽しめますね。

秋の栗拾いやサツマイモ掘りなど、イベントに参加して楽しく秋の味覚をゲットするのも良さそうです♪

栗ご飯【E・レシピ】
栗ご飯のレシピはこちらからどうぞ。
栗はご飯もおいしいですが、お菓子として楽しむのも良いですよね。

仕事に疲れた時など、ちょっとしたカフェタイムにも良さそう。
出典:

栗はご飯もおいしいですが、お菓子として楽しむのも良いですよね。

仕事に疲れた時など、ちょっとしたカフェタイムにも良さそう。

栗のパリブレスト【E・レシピ】
パリブレスト(シュークリーム)のレシピはこちらからどうぞ。
秋の色彩を一緒に楽しむなら、こんな色とりどりのパスタも良いですね。

さつまいもの甘味とぺぺロンチーノのスパイシーさが癖になりそうです。
出典:

秋の色彩を一緒に楽しむなら、こんな色とりどりのパスタも良いですね。

さつまいもの甘味とぺぺロンチーノのスパイシーさが癖になりそうです。

彩り綺麗なサツマイモと舞茸のペペロンチーノ by SHIMA | レシピサイト「Nadia | ナディア」
舞茸とさつまいものペペロンチーノレシピはこちらからどうぞ。

秋の味覚だけでなく、「体を温める食材」も摂取しよう

秋の味覚もどんどん食べていきたいですが、秋バテの冷え対策には「体を温める食材」の積極摂取も一緒に進めていきたいところ。

たとえば、地中で育つ根菜類(にんじんやレンコン、しょうがなど)には体を温める作用でよく知られていますよ。

お味噌汁としていただいたり、天ぷらにしたり、チップスにしておいしくお菓子としていただいたりと、こちらも調理方法が豊富なので飽きずに実践できそうですね。
出典:

秋の味覚もどんどん食べていきたいですが、秋バテの冷え対策には「体を温める食材」の積極摂取も一緒に進めていきたいところ。

たとえば、地中で育つ根菜類(にんじんやレンコン、しょうがなど)には体を温める作用でよく知られていますよ。

お味噌汁としていただいたり、天ぷらにしたり、チップスにしておいしくお菓子としていただいたりと、こちらも調理方法が豊富なので飽きずに実践できそうですね。

根菜のみそ汁【E・レシピ】
お味噌汁のレシピはこちらからどうぞ。
夏に買ったカレールーが余っていたらぜひトライしたい根菜カレー。

根菜は食感も豊かなのでよく噛んで食べることもできそうですね。
出典:

夏に買ったカレールーが余っていたらぜひトライしたい根菜カレー。

根菜は食感も豊かなのでよく噛んで食べることもできそうですね。

根菜カレー【E・レシピ】
カレーのレシピはこちらからどうぞ。
定番の炊き込みご飯も、根菜がたくさん使えるメニューの1つ。

冷凍保存もでき、お弁当にも活用できますね。
出典:

定番の炊き込みご飯も、根菜がたくさん使えるメニューの1つ。

冷凍保存もでき、お弁当にも活用できますね。

根菜の炊き込みご飯【E・レシピ】
炊き込みご飯のレシピはこちらからどうぞ。
暑さでぐったりの夏バテさんへ。『夏バテ度合い別』お役立ちレシピ、用意しました♪
暑さでぐったりの夏バテさんへ。『夏バテ度合い別』お役立ちレシピ、用意しました♪

残暑厳しく連日の暑さで、食欲がない・・・暑さでぐったり・・・と夏バテ気味になっている方はいませんか?きちんと食事を摂らないと、夏バテの体はなかなか元気になってくれません。そこで今回は、夏バテの度合いを「4段階」に分けてオススメのレシピをご紹介していきます。スムージーなどのドリンク系から、つるんと食べやすい麺類までたくさんのレシピをご用意しましたので、自分の体調に合わせて選んでみてくださいね。

夏バテの度合いを4つに分けて、程度別に思わず食べたくなるレシピをご紹介しています
おいしく食べて暑い夏を乗り切ろう!夏バテ対策食材6種&レシピ18選
おいしく食べて暑い夏を乗り切ろう!夏バテ対策食材6種&レシピ18選

夏バテのせいか、暑さや疲れで「体がだるい」「食欲がない」などの症状が出た経験がある人は少なくないのではないでしょうか。暑い夏は、さっぱりとした簡単な食事で済ませてしまいがちですが、そうすると栄養不足で余計に夏バテがひどくなってしまう可能性も。夏バテを予防・解消するには、まずしっかりと栄養補給することが大切です。今回は、夏バテ解消におすすめの食材6品をピックアップし、食材を使ったおすすめレシピをご紹介します。

栄養たっぷりの夏バテ対策レシピを素材別にご紹介しています

なるべく毎日湯船に浸かる

ぬるめの温度でじっくり温まる

秋バテによる冷えを防止するなら、一番の近道は「湯船に浸かる」こと!

38度〜39度くらいのややぬるめのお湯に浸かり、複数回出たり入ったりを繰り返すと血流が改善されやすくなりますよ。
出典:www.pexels.com

秋バテによる冷えを防止するなら、一番の近道は「湯船に浸かる」こと!

38度〜39度くらいのややぬるめのお湯に浸かり、複数回出たり入ったりを繰り返すと血流が改善されやすくなりますよ。

入浴剤で気分を盛り上げるのも◎

お気に入りの入浴剤やバスボムなどを使うと、リラックス効果が高まって、しっかりと体を温めることができます。

これを機に、入浴剤を手作りしてみるのも面白そう。
出典:

お気に入りの入浴剤やバスボムなどを使うと、リラックス効果が高まって、しっかりと体を温めることができます。

これを機に、入浴剤を手作りしてみるのも面白そう。

身近な材料でお風呂を楽しむ「手作り入浴剤」でくつろぎのバスタイムを♪
身近な材料でお風呂を楽しむ「手作り入浴剤」でくつろぎのバスタイムを♪

寒くなると一日の終りの楽しみにもなるバスタイム。「いつもよりちょっと疲れたな…」と感じたら、お家にある身近な材料で入浴剤を作ってみませんか?フルーツや飲み物、お掃除でお馴染みの重曹やクエン酸を使って気軽に楽しめる「手作り入浴剤」についてご紹介します。

キッチンにあるものを使うなど、身近なもので簡単に作ることができる入浴剤をご紹介しています

良質な睡眠をしっかり取る

冷房を消して寝る

初秋の時期はまだ夜の寝苦しさがあるかもしれませんが、なるべく冷房はつけずに就寝してみましょう。

こうすることで、寝ている時の冷房冷えを防止することが可能に。

なるべくなら長袖ロングパンツのパジャマもあると良いですね。

どうしても寝苦しい場合は首元に保冷剤を置いて寝るのもgood!
出典:www.pexels.com

初秋の時期はまだ夜の寝苦しさがあるかもしれませんが、なるべく冷房はつけずに就寝してみましょう。

こうすることで、寝ている時の冷房冷えを防止することが可能に。

なるべくなら長袖ロングパンツのパジャマもあると良いですね。

どうしても寝苦しい場合は首元に保冷剤を置いて寝るのもgood!

アロマでリラックスした睡眠を

アロマの香りで体をリラックスさせて、副交感神経を優位な状態にもっていければ、安眠が訪れることも!

香りが脳を優しく刺激して、深い眠りに誘ってくれるなんてとても素敵なことですよね。
出典:

アロマの香りで体をリラックスさせて、副交感神経を優位な状態にもっていければ、安眠が訪れることも!

香りが脳を優しく刺激して、深い眠りに誘ってくれるなんてとても素敵なことですよね。

どうしても疲れが取れないときは

漢方やサプリメントに頼るのも

食事や眠りなど生活面での対応では改善が見られないときは、漢方やサプリメントに頼ってみるのもいいですね。

漢方は局所的な体の不調を見るのではなく、全身の状態を考えながら、体質に合ったものをチョイスすることがとても大切です。漢方に詳しい薬局などで不調を相談しながら、少しずつ飲み始めてみるといいでしょう。
出典:

食事や眠りなど生活面での対応では改善が見られないときは、漢方やサプリメントに頼ってみるのもいいですね。

漢方は局所的な体の不調を見るのではなく、全身の状態を考えながら、体質に合ったものをチョイスすることがとても大切です。漢方に詳しい薬局などで不調を相談しながら、少しずつ飲み始めてみるといいでしょう。

症状が重いときは病院で相談してみましょう

秋バテが長く続くときは、実は秋バテ以外の要因があるときも!

回復が悪いなと感じたら、病院を受診してみると安心です。不眠や自律神経の乱れ、胃腸の不調といった秋バテの不調も医療機関で相談することで改善できる場合もあります。
出典:www.pexels.com

秋バテが長く続くときは、実は秋バテ以外の要因があるときも!

回復が悪いなと感じたら、病院を受診してみると安心です。不眠や自律神経の乱れ、胃腸の不調といった秋バテの不調も医療機関で相談することで改善できる場合もあります。

夏の疲れを解消して、気持ちの良い秋冬シーズンを迎えよう

秋口に感じがちな心身の不調「秋バテ」の予防・対策方法をご紹介しました。

冷え対策を重点的に行うことで、秋口から冬場にかけて蔓延しがちな風邪やインフルエンザにも負けない強い体づくりも可能に。

快適な秋冬シーズンを迎えるためにも、秋バテ対策をぜひ実践しておきたいですね。
出典:www.instagram.com(@joemi_kubo)

秋口に感じがちな心身の不調「秋バテ」の予防・対策方法をご紹介しました。

冷え対策を重点的に行うことで、秋口から冬場にかけて蔓延しがちな風邪やインフルエンザにも負けない強い体づくりも可能に。

快適な秋冬シーズンを迎えるためにも、秋バテ対策をぜひ実践しておきたいですね。

今回画像をお借りしたサイトさま・インスタグラマーさまのページはこちら。
食卓を彩ってくれる情報やおしゃれな写真がたくさんありますよ♪

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play