提供: 株式会社ファンケル
ずっと自分らしくキレイでいたい。5年後の自信をつくる〈毎日習慣〉

ずっと自分らしくキレイでいたい。5年後の自信をつくる〈毎日習慣〉

モデルとして第一線で活躍し続けるAYUMIさん。なんといっても、その場を一瞬でやわらかく包み込んでくれる笑顔が魅力的。そして、その笑顔をいっそう引き立てているのがつややかでキレイな肌。2人のお子さんのお母さんとして、そしてモデルとして忙しい毎日の中で、どのようなケアをしているのでしょうか。衣食住を通して丁寧な暮らしを大切にするAYUMIさんならではのスキンケア、そして身体ケアについてお聞きました。 2017年09月20日作成

カテゴリ:
美容・ケア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
342
40歳になっても素敵でいるには?キレイな人が続けてる〈マイルール〉

やわらかく包み込んでくれる笑顔。第一線で活躍し続けるAYUMIさん

40歳になっても素敵でいるには?キレイな人が続けてる〈マイルール〉

ファッション雑誌「non-no」の専属モデルとしてデビューして以来、第一線で活躍し続けるAYUMIさん。その場の空気をやわらかく包み込んでくれる笑顔。それでいて、すっと軸が通ったような清々しさ。飾らずに自分のことを話してくれるおおらかさ。そんなさまざまな一面が重なり合って放たれる魅力に惹きつけられてしまいます。

忙しい日々を感じさせない つややかな肌。これまで肌で悩んだことは?

40歳になっても素敵でいるには?キレイな人が続けてる〈マイルール〉

小学校5年生の男の子、2年生の女の子の母親でもありながら、モデルの仕事もこなす日々。子育て、家事、仕事……と、自分ケアをする時間をゆっくりとることが難しいように思えますが、そんな忙しい日々を感じさせないつややかでキレイなAYUMIさんの肌。

これまで肌で悩んだことはなかったのでしょうか――
40歳になっても素敵でいるには?キレイな人が続けてる〈マイルール〉

AYUMIさんは、20代の頃から肌の悩みがほとんどなく、スキンケアでも特別に意識していることはなかったのだとか。
しかし、年齢を重ね、出産などを経ることで肌や身体に変化が現れてきたそうです。
40歳になっても素敵でいるには?キレイな人が続けてる〈マイルール〉

少しずつ感じるようになった肌の変化
「肌の感じが変わってきたな、とすごく気になりはじめた時期がありました」

それまでは、むくみが主な悩みでしたが、ある頃からフェイスラインが気になりはじめたとのこと。それと同時に肌との向き合い方にも少しずつ変化が……。肌の美しさを保つには、スキンケアと身体の中からキレイになること。その両方が大切だと実感するようになったといいます。

対話するように、その日の肌を知ることから

肌を大切に思うからこそ、生まれた変化。ライフスタイルが移り変わる中で、”外と内”両方からケアする大切さを知ったAYUMIさんは、どんなことを意識して日々ケアをしているのでしょうか。まずはスキンケアについて尋ねてみました。
40歳になっても素敵でいるには?キレイな人が続けてる〈マイルール〉

「顔を洗った後は、できるだけ早く化粧水をつけて保湿しています。また、冬は少し量を多めにしたり、季節によってつける量を調整しています。その日の肌の乾燥状態を確認しながらバランスをとっているんです。また、化粧水が肌になじむまでワンテンポ待ってから乳液やクリームをつけるようにしています」

特別な何かをする前に、まずは基本のステップを確かめるように丁寧に。衣食住を通して日々の暮らしを大切にするAYUMIさんの考え方に通じているようです。
40歳になっても素敵でいるには?キレイな人が続けてる〈マイルール〉

また、冷えや乾燥など日々感じることをそのままにせず、ちゃんとケアするのもAYUMIさん流。
「顔は、気持ち低めの温度のお湯ですすいで終わらせるようにしています。お湯で洗い終えるよりも、血流が良くなる気がします」

いつしかルーティン作業になりがちなスキンケアですが、その日の肌と丁寧に向き合うAYUMIさん。自分の肌がどんな状態なのか、どう変化しているのか。季節やライフスタイルの移り変わりに沿って、まるで肌と対話するかのようなスキンケアをしているようです。

身体の中からキレイに。信頼できるものをそばにおく

ローフードマイスター(*)の資格を持つなど、食にも高い関心を持つAYUMIさん。身体の中からキレイでいるために実践していることを紹介してもらいました。
*日本リビングビューティー協会が主催する資格。一貫した教育カリキュラムのもと、ローフード(Raw[生の] Food[食べ物])に関する知識やライフスタイルへの取り入れ方などを学ぶことができる。

酵素シロップ

40歳になっても素敵でいるには?キレイな人が続けてる〈マイルール〉

免疫力・代謝アップに効果があり、美容や健康にいいとされる「酵素シロップ」。AYUMIさんは、知り合いのヘアメイクさんから教えてもらって興味を持ち、群馬まで複数回足を運んで作り方を覚えました。もう10年ほど前の話。それからは、味噌も手作りするなど、生きた酵母を摂ることを大切にしているといいます。

朝の習慣として飲んでいるスムージーに入れたり、時間がないときは水で割って飲んだり、酢の物などお料理に使うことも。夏にはお子さんにかき氷のシロップとして活用するなど、家族みんなで親しんでいるんだとか。「酵素シロップの甘みで満たされるようになり、お菓子など甘いものへの欲も減ってきましたね」
決まりごとに縛られない緩やかさ
「でも私、全然ストイックじゃないんですよ」そういってふふっと笑うAYUMIさん。撮影現場では、あまり我慢せず、お菓子も食べるし、コーヒーや紅茶も飲むのだとか。決まりごとを増やすより、自分が信頼できるもの、心地良いと感じるものをそばにおくこと。その安心感こそが、心の緩やかさをもたらしてくれているようです。

変化してきたアイテム選びのポイント

スキンケアアイテムを選ぶ基準も「信頼」「心地良さ」が大事なキーワードになってきたというAYUMIさん。人工的な香料が使われているものは選ばなくなり、ナチュラルな香りや無香料であることが選ぶポイントになってきたんだそう。
40歳になっても素敵でいるには?キレイな人が続けてる〈マイルール〉

本当に必要だと思うものを大切にしたいと考える中で、スキンケアの方法を色々と試したことも。
「化粧水だけにしてみたり、色々試してみたんですが、やっぱり年齢を重ねるとともに必要なものは使わないといけないんだなと思います」

そう感じる中で重視しているのは、信頼できるスキンケアアイテムを選ぶこと。きちんとアイテムのことを理解して使うからこそ、満足感も高まると考えるAYUMIさん。丁寧に自分の気持ちとリンクさせながら、肌や身体のケアと向き合ってきたことで実感したことなのでしょう。

信頼できるアイテムで、毎日のスキンケアを

40歳になっても素敵でいるには?キレイな人が続けてる〈マイルール〉

毎日肌につけるものだから、信頼できるものを使いたい。そう考える方におすすめのアイテムがファンケルの「無添加アクティブコンディショニング EX」。
一人ひとりの肌に不足したコラーゲンを補給してくれる独自の「対話型コラーゲン(*)」を配合。エイジングにより元気がなくなってきた肌の強い味方なんです。
※「対話型コラーゲン」とは、ファンケルの独自成分「適応型コラーゲン」を指します。
自分に必要なコラーゲンに変化
皮膚内にある約30種類ものコラーゲンのうち、95%を占めるのがⅠ型とⅢ型コラーゲン。この2つのコラーゲンが肌にハリをつくり出すカギであり、Ⅰ型をサポートするのがⅢ型。どちらのコラーゲンもなくてはならない存在。「対話型コラーゲン」は、肌と対話しながら向き合い、足りない型のコラーゲンに変化。Ⅰ型とⅢ型がバランス良く満たされるように補ってくれるんです。
40歳になっても素敵でいるには?キレイな人が続けてる〈マイルール〉

特徴的なのが、ボトルのサイズ。防腐剤、香料、合成色素、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤が一切入っていない無添加であるため、一定期間(30日間)で使い切れるように計算された30mL。
そして、美肌のカギである角層の美しさにアプローチしてくれる「アクティブセラミド」を配合。角層を形成する細胞が美容成分を吸収できるように働きかけて、美しい角層をつくりだす力を高めてくれます。
40歳になっても素敵でいるには?キレイな人が続けてる〈マイルール〉

2STEPでしっかり保湿
美容液のようなとろみがあるのに、すっと肌になじみ、もっちりとしたハリ肌へ導いてくれます。"化粧水+乳液"という2ステップでスキンケアが完了。肌を潤す成分が凝縮されているので、2ステップでしっかり保湿してくれるんです。忙しい毎日でも、負担にならず続けられるのも嬉しいポイント◎

すっと肌になじむのに、もっちり。「保湿できているという満足感」

40歳になっても素敵でいるには?キレイな人が続けてる〈マイルール〉

「無添加なのが嬉しいですね」そういって手になじませながら使用感を確かめてくれたAYUMIさん。
「もっちり感も続きますね。とろみがあると肌に入らず重たく感じる化粧水もありますが、よくのびて肌になじんでくれる。それなのにしっとり。保湿できているという満足感がありますね」
40歳になっても素敵でいるには?キレイな人が続けてる〈マイルール〉

スキンケアは、使用したときの心地良さも大切。自分をケアするものだから、その時間が楽しくなるようなアイテムを選びたいものです。そして、信頼できるアイテムを選ぶこと。肌にとってはもちろん、自分を大切にできているという安心感も、美しさにつながっていくはずです。
衣装:ワンピース/\38,000(税抜)
〈Lisette二子玉川店〉東京都世田谷区玉川3-12-8(03-3707-9130)