提供: 株式会社ネイチャーズウェイ
着飾るよりも、ありのままで。 この秋、「“素”がきれい」な私になろう

着飾るよりも、ありのままで。 この秋、「“素”がきれい」な私になろう

ナチュラルな人って、どんな人?何を着て、何を食べ、どんな暮らしをしているんだろう。憧れはあるけれど、世間一般の“ナチュラル像”にとらわれ、自分らしさを見失ったり、疲れてしまっては本末転倒。そんな時は肩の力を抜いて、ありのままの自分を愛してみませんか。“素”がきれいなら、着飾ることなくいつだって自然体でいられるから、きっとなりたい私になれるはず。 2017年09月06日作成

カテゴリ:
美容・ケア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
401

「ナチュラルな人」って、どんな人?

コットンやリネンのふんわりとした服に、ぺたんこ靴。好きなカラーは、やっぱり生成り。メイクは苦手だし気取りたくないから、眉とリップ以外は極力すっぴん。お部屋には花を飾り、お菓子を焼いて休日は“おうちカフェ”。・・・「ナチュラルな人」と聞いて思い浮かべるのは、こんな女性像ではありませんか。
着飾るよりも、ありのままで。 この秋、「“素”がきれい」な私になろう

キナリノ読者ならきっと皆が憧れる「ナチュラル」。でも、その定義は実に曖昧です。ステレオタイプなナチュラル像にとらわれて、誰かと同じになるのはつまらないし、無理に自分を繕っても疲れてしまいますね。
着飾るよりも、ありのままで。 この秋、「“素”がきれい」な私になろう

じゃあ、どうすればナチュラルな私、「なりたい私」になれるのでしょう。

キナリノ的「ナチュラル」のヒント 

着飾るよりも、ありのままで。 この秋、「“素”がきれい」な私になろう

「natural(ナチュラル)」とは、ご存知の通り “自然の、天然の” という意味。ほかにも、“気取らない、飾らない“ “ありのまま”といった意味も持ちます。自然のものを好み、衣食住に積極的に取り入れるのも素敵ですが、少しハードルが高いと感じたら、<作りこまず><無理をせず><自分らしく>・・・この3つのキーワードを意識してみませんか。

おしゃれのこと

たとえば、着るもの。
コットンやリネンなど天然素材の服は、シンプルでもこだわりの1着なら、小物やアクセサリーで飾り立てなくても十分素敵。<作り込まず>、おしゃれに見せることができますよ。もちろん、肌への心地よさも魅力です。

たとえば、着るもの。
コットンやリネンなど天然素材の服は、シンプルでもこだわりの1着なら、小物やアクセサリーで飾り立てなくても十分素敵。<作り込まず>、おしゃれに見せることができますよ。もちろん、肌への心地よさも魅力です。

食べること

たとえば、食べること。
フォトジェニックな朝ごはんに、おうちカフェ。憧れるけど、料理が苦手なんです!そんな人は、いつもの料理をワンプレートに盛り付けたり、市販のお菓子をペーパーナプキンにのせるなど、<無理をせず>少しの工夫で食卓をおしゃれに彩ってみましょう。

たとえば、食べること。
フォトジェニックな朝ごはんに、おうちカフェ。憧れるけど、料理が苦手なんです!そんな人は、いつもの料理をワンプレートに盛り付けたり、市販のお菓子をペーパーナプキンにのせるなど、<無理をせず>少しの工夫で食卓をおしゃれに彩ってみましょう。

暮らすこと

たとえば、暮らすこと。
忙しい毎日、なかなか部屋が片付かないなら、 小さな習慣を身につけてみませんか。使ったものは元の位置へ戻す、テーブルの上にリモコンや郵便物を置かない…など、<自分だけ>のルールを決めて、「ここだけはいつもきれい」な場所を作れば、きっと自信につながるはず。

たとえば、暮らすこと。
忙しい毎日、なかなか部屋が片付かないなら、 小さな習慣を身につけてみませんか。使ったものは元の位置へ戻す、テーブルの上にリモコンや郵便物を置かない…など、<自分だけ>のルールを決めて、「ここだけはいつもきれい」な場所を作れば、きっと自信につながるはず。

メイクのこと

ナチュラルメイクに憧れるけど、すっぴんには自信がない・・・。それなら、「素肌感」のあるベースメイクがおすすめです。ナチュラルメイクとは “すっぴん” や “薄化粧” ではなく、ナチュラルな美しさを引き立たせるためのメイクのこと。つけているのに、まるで素肌のように自然。なのに、きれい。そんなベースメイクを簡単に作れるアイテムがあればうれしいですよね。

ナチュラルメイクに憧れるけど、すっぴんには自信がない・・・。それなら、「素肌感」のあるベースメイクがおすすめです。ナチュラルメイクとは “すっぴん” や “薄化粧” ではなく、ナチュラルな美しさを引き立たせるためのメイクのこと。つけているのに、まるで素肌のように自然。なのに、きれい。そんなベースメイクを簡単に作れるアイテムがあればうれしいですよね。

ナチュラルな肌は、メイクで作る!

素肌をきれいに見せるベースメイクは、これ1本で

そんな「素肌をきれい」に見せてくれるアイテムが、ナチュラグラッセにあります。それが、「ナチュラグラッセ メイクアップ クリーム」です。植物の力でうるおして、大地のミネラルで彩る。スキンケア効果を究めた健やかで美しいメイクアップ商品を生み出しています。今年10年目の節目を迎え、ブランドがリニューアル。ナチュラグラッセの人気No.1アイテム「メイクアップ クリーム」も仕上がり・機能性をパワーアップし、新しくなりました。
着飾るよりも、ありのままで。 この秋、「“素”がきれい」な私になろう

ノーファンデでも、肌、美しく。

ナチュラルな自分であるために、意識したい3つのキーワード。

<作り込まず><無理をせず><自分らしく>
<作り込まない>
1本で下地とファンデーション2つの機能を兼ね備えた「メイクアップ クリーム」。ハイライトやコントロールカラーなど特別なアイテムを使わなくても、肌の凹凸や毛穴の目立たないフラットな肌に整え、色くすみやムラのない均一な肌色に仕上げます。これ1本で、誰が使ってもお手軽に美しい肌を手に入れることができますよ

<作り込まない>
1本で下地とファンデーション2つの機能を兼ね備えた「メイクアップ クリーム」。ハイライトやコントロールカラーなど特別なアイテムを使わなくても、肌の凹凸や毛穴の目立たないフラットな肌に整え、色くすみやムラのない均一な肌色に仕上げます。これ1本で、誰が使ってもお手軽に美しい肌を手に入れることができますよ

<無理をしない>
使い方は簡単。スキンケア後の肌にのせ、手でのばすだけ。軽いつけ心地だから、ストレスなくなめらかに広がり、肌にフィットします。また、SPF44 PA+++でUVもカットするばかりでなく、ブルーライトまでしっかりカットしてくれるんです。
これ1本で「素肌がきれいな人」という印象が叶います。

<無理をしない>
使い方は簡単。スキンケア後の肌にのせ、手でのばすだけ。軽いつけ心地だから、ストレスなくなめらかに広がり、肌にフィットします。また、SPF44 PA+++でUVもカットするばかりでなく、ブルーライトまでしっかりカットしてくれるんです。
これ1本で「素肌がきれいな人」という印象が叶います。

<自分らしさ>
「メイクアップ クリーム」は、光”を操り、肌を美しく見せるのが特長です。肌悩みをカバーし隠すのではなく、光の散乱とソフトフォーカス効果で美しい仕上がりに。

<自分らしさ>
「メイクアップ クリーム」は、光”を操り、肌を美しく見せるのが特長です。肌悩みをカバーし隠すのではなく、光の散乱とソフトフォーカス効果で美しい仕上がりに。

“なりたい私”で選ぶ、ふたつのカラー

(左)
01 シャンパンベージュ
(右)
02 ナチュラルベージュ

(左)
01 シャンパンベージュ
(右)
02 ナチュラルベージュ

「メイクアップ クリーム」は、シャンパンベージュ、ナチュラルベージュの2色展開。肌色に合わせて選ぶのではなく、お好みのツヤ感でお選びください。シャンパンベージュ(左)はつややかに輝く肌、ナチュラルベージュ(右)は、いきいきとした自然なツヤ肌を作ります。シーンや気分に合わせて、その日のコーディネートに合わせて、「メイクアップ クリーム」をつけ替えてみませんか。

ナチュラグラッセが生まれ変わりました 

ナチュラグラッセのブランド名は「natural」と「glacé」を組み合わせた造語です。「natural」は、100%天然由来の原料だけを使った処方、「glacé」は、毎日にひと艶加えるという意味が込められています。素の自分にあるものを上手に活かし、本来の美しさを引き出してくれるナチュラグラッセは、今年10年目。よりよい商品をお届けできるよう、処方からラインナップ、パッケージデザインまでフルリニューアルします。
草花、実など、自然や大地を感じさせる色を水彩で表現したパッケージ。この水彩のタッチは、色が重なりあい、透けて見えるのが美しく、「素の肌を生かす」というナチュラグラッセの目指すメイクへの思いが込められているそう。美しくもおしゃれなパッケージですね。

草花、実など、自然や大地を感じさせる色を水彩で表現したパッケージ。この水彩のタッチは、色が重なりあい、透けて見えるのが美しく、「素の肌を生かす」というナチュラグラッセの目指すメイクへの思いが込められているそう。美しくもおしゃれなパッケージですね。

「“素”がきれい」な私になろう 

着飾るよりも、ありのままで。 この秋、「“素”がきれい」な私になろう

ナチュラルであろうと意識しすぎて作り込んでしまっては、本当の意味での自然体とは言えません。 “素”の美しさを活かし、自分らしくあることが、ナチュラルへの第一歩です。飾り立てるのではなく、もともと備えている美しさを、「ナチュラグラッセ メイクアップ クリーム」で引き出してあげましょう。
次回は、ご紹介した「ナチュラグラッセ メイクアップ クリーム」を使用した【ベースメイク実践編】をお届けします。必要なものはメイクアップクリーム1本だけ!すっぴんよりもきれいな“すっぴん風”のお肌を簡単に手に入れることができますよ。お楽しみに!

次回は、ご紹介した「ナチュラグラッセ メイクアップ クリーム」を使用した【ベースメイク実践編】をお届けします。必要なものはメイクアップクリーム1本だけ!すっぴんよりもきれいな“すっぴん風”のお肌を簡単に手に入れることができますよ。お楽しみに!