ずっと綺麗でいたいから。今日からはじめる15の『ビューティーケア』

ずっと綺麗でいたいから。今日からはじめる15の『ビューティーケア』

毎日のビューティーケアは、これからの自分の印象をつくる大切なもの。これからもずっと綺麗をキープするために、ちょっと立ち止まって普段のケアを見直してみませんか?洗顔・メイクはもちろんボディケアやインナーケアまで、この記事では今日からはじめたい&見直したいビューティーケアのポイントをご紹介していきます。気になるものからトライしてみてくださいね♪2017年08月31日作成

カテゴリ:
美容・ケア
キーワード:
ヘルス・ビューティー
セルフケア
スキンケア
ヘアケア
マッサージ
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
971

今日からはじめる&見直す『ビューティーケア』

ビューティーケアの方法は肌質や環境など、人によってさまざまですよね。けれど、「いつも綺麗でいたい」「歳を重ねても素敵でいたい」と願うのは、きっとみんな同じ♪
出典:www.instagram.com(@kotochoki)

ビューティーケアの方法は肌質や環境など、人によってさまざまですよね。けれど、「いつも綺麗でいたい」「歳を重ねても素敵でいたい」と願うのは、きっとみんな同じ♪

毎日のケアの積み重ねが、これからの自分につながっていくはず。いつまでも素敵でいるために、今からはじめたい&見直したい『ビューティーケア』のポイントをご紹介します♪気になったものから、ぜひトライしてみてくださいね。
出典:www.instagram.com(@sunny_cloudy_rainy_)

毎日のケアの積み重ねが、これからの自分につながっていくはず。いつまでも素敵でいるために、今からはじめたい&見直したい『ビューティーケア』のポイントをご紹介します♪気になったものから、ぜひトライしてみてくださいね。

1. 洗顔は「こすらず」に

洗顔は、よく泡立てた泡をすべらすように優しく洗ってあげましょう。洗い流す時も強い摩擦が起こらないよう気をつけて、肌への負担をおさえましょう。
出典:www.instagram.com(@arigatogiving)

洗顔は、よく泡立てた泡をすべらすように優しく洗ってあげましょう。洗い流す時も強い摩擦が起こらないよう気をつけて、肌への負担をおさえましょう。

2. 目のまわりのメイクオフは「特に優しく」

アイメイクは部分用クレンジングをコットンにたっぷり含ませ目の上に5~10秒置いて、こすらずメイクを溶かしましょう。コットンにメイクが移るので、肌に負担をかけずにメイクオフができますよ。
出典:girlydrop.com

アイメイクは部分用クレンジングをコットンにたっぷり含ませ目の上に5~10秒置いて、こすらずメイクを溶かしましょう。コットンにメイクが移るので、肌に負担をかけずにメイクオフができますよ。

3.スペシャルケアには「ピーリング」♪

肌のくすみが気になったら、新陳代謝を助けるためスクラブやジェルでピーリングをしてあげるのがおすすめ。肌の調子が悪い時は刺激になってしまうので、スペシャルケアとして肌の調子がいい日に試してみてくださいね。
出典:

肌のくすみが気になったら、新陳代謝を助けるためスクラブやジェルでピーリングをしてあげるのがおすすめ。肌の調子が悪い時は刺激になってしまうので、スペシャルケアとして肌の調子がいい日に試してみてくださいね。

4. フェイスパックは「乾燥する前に」はずして

肌に潤いを与えてくれるフェイスパックは長く顔に乗せていると、逆に肌の水分がとられてしまうことも。パッケージなどに書かれている時間内で乾く前にはずして、せっかく潤った肌は乳液やクリームですぐにカバーしてあげましょう。
出典:www.photo-ac.com

肌に潤いを与えてくれるフェイスパックは長く顔に乗せていると、逆に肌の水分がとられてしまうことも。パッケージなどに書かれている時間内で乾く前にはずして、せっかく潤った肌は乳液やクリームですぐにカバーしてあげましょう。

5. メイクと一緒に「日焼け止め」を忘れずに

肌の負担になる紫外線は、一年中降り注いでいるもの。「シーズン」や「外出するか」に関係なくしっかり防ぎたいところです。一年を通して、メイクの時は日焼け止めアイテムを使ったり、UV効果のある下地やファンデーションを使って紫外線対策をしましょう。
出典:www.instagram.com(@kotochoki)

肌の負担になる紫外線は、一年中降り注いでいるもの。「シーズン」や「外出するか」に関係なくしっかり防ぎたいところです。一年を通して、メイクの時は日焼け止めアイテムを使ったり、UV効果のある下地やファンデーションを使って紫外線対策をしましょう。

6. 顔と一緒に「デコルテ・首」もケア

デコルテや首はシワなどで「年齢が出る」といわれているところ。顔に使った化粧水や乳液をそのままのばして、デコルテや首もともきちんとケアしてあげましょう♪
出典:www.photo-ac.com

デコルテや首はシワなどで「年齢が出る」といわれているところ。顔に使った化粧水や乳液をそのままのばして、デコルテや首もともきちんとケアしてあげましょう♪

7. 「ハンドケア」も忘れずに

物を手渡したり、手を握ったり…見られことや触れることが多い手も、スキンケアの時に一緒にお手入れしてあげましょう。乾燥しやすい季節には、ハンドクリームを携帯してこまめに塗るのがおすすめです。
出典:

物を手渡したり、手を握ったり…見られことや触れることが多い手も、スキンケアの時に一緒にお手入れしてあげましょう。乾燥しやすい季節には、ハンドクリームを携帯してこまめに塗るのがおすすめです。

8. 「オイル保湿」を上手に取り入れて

年齢を重ねたら、ぜひ取り入れたいのがローションやクリームに加えて「オイルの保湿」。お風呂上りに気になる部分をオイルで保湿してあげましょう。肌なじみのよいホホバオイルやオリーブオイル、マカダミアナッツオイルがおすすめ♪
出典:www.pexels.com

年齢を重ねたら、ぜひ取り入れたいのがローションやクリームに加えて「オイルの保湿」。お風呂上りに気になる部分をオイルで保湿してあげましょう。肌なじみのよいホホバオイルやオリーブオイル、マカダミアナッツオイルがおすすめ♪

9. シャンプー前後の「すすぎ」はしっかり

健康な髪のためには、正しい洗い方が大切。まずはシャンプー前にしっかりすすぐことで、髪についた汚れが取れやすくなります。シャンプーやコンディショナーのすすぎ残しはヘアトラブルにつながることもあるので、シャンプー後のすすぎも丁寧に行いましょう。
出典:www.pexels.com

健康な髪のためには、正しい洗い方が大切。まずはシャンプー前にしっかりすすぐことで、髪についた汚れが取れやすくなります。シャンプーやコンディショナーのすすぎ残しはヘアトラブルにつながることもあるので、シャンプー後のすすぎも丁寧に行いましょう。

10. 「濡れた髪」は梳かさない

髪を守るキューティクルは、濡れた時には開いている状態。濡れた髪をそのまま梳かしてしまうと、開いたキューティクルがはがれ、髪がダメージを受けやすくなってしまいます。髪は乾かしてからブラッシングしてあげましょう。
出典:

髪を守るキューティクルは、濡れた時には開いている状態。濡れた髪をそのまま梳かしてしまうと、開いたキューティクルがはがれ、髪がダメージを受けやすくなってしまいます。髪は乾かしてからブラッシングしてあげましょう。

11. 「熱から守る」ヘアアイテムを使う

髪のダメージが気になるときはドライヤーやアイロンの前に、トリートメントやスプレーなど髪を熱から守るアイテムを使いましょう。髪をまとまりやすくするタイプなど、髪を守りつつ手触りを良くしてくれますよ。
出典:www.pexels.com

髪のダメージが気になるときはドライヤーやアイロンの前に、トリートメントやスプレーなど髪を熱から守るアイテムを使いましょう。髪をまとまりやすくするタイプなど、髪を守りつつ手触りを良くしてくれますよ。

12. ドライヤーの最後は「冷風でつるさら」に

ドライヤーで髪を乾かしたら、最後に上の方から下に向けて冷風を当てて仕上げましょう。開いていたキューティクルがしっかり閉じて、つるさらな髪にスタイリングすることができますよ♪
出典:www.flickr.com(@Teeejayy)

ドライヤーで髪を乾かしたら、最後に上の方から下に向けて冷風を当てて仕上げましょう。開いていたキューティクルがしっかり閉じて、つるさらな髪にスタイリングすることができますよ♪

13. 「たっぷりの水」を飲んで体内からきれいに

外側からのケアと同じくらい、内側からのビューティーケアも大切。食べ物やサプリントなど、いろいろなビューティーケアがありますが、まずはたっぷりの水を飲んで体の中の循環を助けてもらいましょう。
出典:girlydrop.com

外側からのケアと同じくらい、内側からのビューティーケアも大切。食べ物やサプリントなど、いろいろなビューティーケアがありますが、まずはたっぷりの水を飲んで体の中の循環を助けてもらいましょう。

14. 「マッサージ」でからだをほぐす

カラダの冷えは美容にも健康にも避けたいもの。マッサージをして血行を促してあげるのがおすすめです。お風呂上りなど体が温まっているタイミングでカラダをほぐしてあげましょう。
出典:www.photo-ac.com

カラダの冷えは美容にも健康にも避けたいもの。マッサージをして血行を促してあげるのがおすすめです。お風呂上りなど体が温まっているタイミングでカラダをほぐしてあげましょう。

15. 「ストレッチやエクササイズ」で代謝をアップ

毎日のストレッチやエクササイズはカラダの代謝が上がり、すっきり健康的な印象につながります。「家事をしながら〇分」「寝る前に〇分」など少しの時間でもルールを決めて、ルーティーンにすると続けやすくなりますよ♪
出典:stocksnap.io

毎日のストレッチやエクササイズはカラダの代謝が上がり、すっきり健康的な印象につながります。「家事をしながら〇分」「寝る前に〇分」など少しの時間でもルールを決めて、ルーティーンにすると続けやすくなりますよ♪

毎日のケアで明日も綺麗に…♪

毎日のビューティーケアは、ちょっとしたことでも意識して続ければ少しずつ良い変化がありそうです♪気になったポイントがあれば、ぜひ今日から試してみてくださいね!
出典:www.instagram.com(@sleeping0mihoc)

毎日のビューティーケアは、ちょっとしたことでも意識して続ければ少しずつ良い変化がありそうです♪気になったポイントがあれば、ぜひ今日から試してみてくださいね!

▼画像をお借りしたサイトさまです ご協力ありがとうございました!

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play