提供:よつ葉乳業株式会社
手作りお菓子をぐっと格上げ。「よつ葉バター」で本格バレンタイン

手作りお菓子をぐっと格上げ。「よつ葉バター」で本格バレンタイン

今年のバレンタインは手作りお菓子をプレゼントしてみませんか?今回は『よつ葉バター』で作る3つのお菓子レシピをご紹介。お子さまでも簡単に作れるものから上級者向けの本格派レシピまであるので、ぜひトライしてみて。また最後に、バターや牛乳などがお得に買える『よつ葉のお試しセット』もご用意しているので、この機会にお試しください♪2023年01月23日作成

カテゴリ:
グルメ
お気に入り数492

今年のバレンタインはどうする?

手作りお菓子をぐっと格上げ。 「よつ葉バター」で本格バレンタイン
バレンタインは、家族やパートナー・友人など、大切な人に感謝を伝える良い機会。今年のプレゼントはもう決まりましたか?寒さでおうち時間が増えるこの時季だからこそ、手作りお菓子に挑戦してみるのもおすすめです。買ったものとはひと味違う、心のこもったおいしい手作りスイーツなら、普段なかなか言えない感謝の気持ちがより一層伝わるかもしれません。

プロに教わる、バターを感じるおいしいお菓子

手作りお菓子をぐっと格上げ。 「よつ葉バター」で本格バレンタイン
今回レシピを教えてくださったのは料理家/フードスタイリストの岡本ゆかこさん(@okamoto.yukako)。
「一見すると上級者向けのように見えても、市販のチョコやジャムなどをうまく活用することで、お菓子作りに苦手意識のある方でも上手にできますよ」と、バレンタインにぴったりなレシピを3つ教えていただきました。

ハートのバターチョコパン

手作りお菓子をぐっと格上げ。 「よつ葉バター」で本格バレンタイン
チョコだけでなく、生のバターも一緒に頬張る幸福感。特別な日だから許される贅沢なおいしさは、チョコ&バターのくちどけと一緒に楽しんで。おうちにある材料かつ簡単にできるので、お子さまと一緒に作る家族バレンタインにおすすめです。

【材料(1枚分)】
食パン…1枚
板チョコ…適量
よつ葉バター(食塩不使用)…適量

【作り方】
①板チョコをピーラーで削る。バターをクッキー型が抜ける大きさに4mm程度に薄切りし、型抜きする。
②生の食パンの上に、ピーラーで削ったチョコをたっぷりのせ、型抜きしたバターをのせる。
手作りお菓子をぐっと格上げ。 「よつ葉バター」で本格バレンタイン
【ポイント】
チョコが冷えていると少し削りづらくなります。また飛び散りやすいので、お皿よりもキッチンペーパーやティッシュなど紙類の上で削るのがおすすめです。

りんごのミルクティーバタースコーン

手作りお菓子をぐっと格上げ。 「よつ葉バター」で本格バレンタイン
混ぜすぎない!がポイントのスコーン。バターの粒を残すことでより風味を感じられ、まるでお店のような味わいに。ホワイトチョコとりんごで季節を感じて。
またワックスペーパーで包んでリボンをかければ、簡単にラッピングできますよ。

【材料(8個分)】
よつ葉バター(食塩不使用)…100g
アールグレイ ティーバッグ…2個(茶葉4g)
よつ葉北海道十勝生乳100 プレーンヨーグルト とろっとなめらか…50g
特選よつ葉牛乳…80ml
りんご…1/2個分(約150g)

<A>
準強力粉…280g(薄力粉も可)
きび砂糖…大さじ1
ベーキングパウダー…大さじ1

板チョコ(ホワイト)…2/3枚(35g)

【作り方】
①バターは事前に1cm角に切り、冷蔵庫でよく冷やしておく。
②耐熱ボウルに袋から出したアールグレイ茶葉・牛乳40mlを入れラップをしてレンジ(600w)で40秒加熱し、そのまま1分蒸らす。その中に残りの牛乳とヨーグルトを加えよく混ぜておく。りんごは種と芯を取り、1cm角に切る。
③大きめのボウルに<A>を合わせ、ふるい入れる。バターを入れ、カードで粉の中に切り込む、まぶすを繰り返し、バターの大きさを8mm角程度にする。
④③に②を注ぎ入れ、りんごを加え、まずは箸でグルグル混ぜる。混ぜづらくなったら、手でおさえるようにまとめる。(この時はまだ粉っぽい)
⑤大きめに切ったオーブンシートの上に④をのせ、さらにシートをかぶせ、めん棒で伸ばす。上下に3つ折りし、伸ばして、を3〜4回繰り返す。(繰り返すうちに粉っぽさはなくなる)
⑥生地を丸く直径16cm、厚さ3cmにし、8等分の放射線に切る。オーブンシートの上に、間隔をあけて並べる。
⑦電子レンジオーブンの場合、200度に予熱したオーブンで12分、180度に落として10~15分焼く。(ガスオーブンの場合は180度で約20〜25分焼成)
⑧耐熱容器に板チョコを割り入れ、レンジ(600w)で40秒加熱して、溶かし、スコーンの表面に塗る。
手作りお菓子をぐっと格上げ。 「よつ葉バター」で本格バレンタイン
【ポイント】
・③の工程は写真くらいバターの大きさがしっかり残るようにすると、バターを感じられるスコーンに仕上がります。
・準強力粉だと表面はサクッと、中はふんわり仕上がります。薄力粉だとしっとりしたスコーンになります。
・時間があれば、⑤のあとに30分〜半日くらい冷蔵庫で休ませると、よりさっくり仕上がります。

アプリコットバタークリームのダックワーズ

手作りお菓子をぐっと格上げ。 「よつ葉バター」で本格バレンタイン
市販のメレンゲやクッキー、パンにはさんでも美味しくいただける、万能バタークリーム。今回はお手製ダックワーズに挟んで、美味しくおしゃれに。甘すぎず、日持ちもするので大人のプレゼントにもぴったりです。

【材料(16個分)】
卵白(Lサイズ)…2個分(80g)
グラニュー糖…35g

<A>
アーモンドプードル…40g
粉糖…30g
薄力粉…大さじ1強(11g)

<バタークリーム>
よつ葉バター(食塩不使用)…50g
粉糖…大さじ1と1/2
アプリコットジャム…大さじ1

粉糖(ダックワーズにふる分)…適量
アプリコットジャム…大さじ2~3

【作り方】
①ボウルに卵白を入れ、グラニュー糖をひとつまみ入れてから、ハンドミキサーで泡立てる。全体が白っぽくなってきたら残りのグラニュー糖を2回に分けて入れ、ツノが上向きにピンと立ち、ボウルを逆さにしても落ちてこない程度、しっかり泡立てる。
②①に<A>をふるい入れ、ゴムベラで切り込むように混ぜる。あと2~3回混ぜたいところで、しぼり袋に入れる。袋に入れる時に混ざるので、混ぜすぎに注意して。
③オーブンシートを敷いた天板に、直径3.5cmの大きさに②を絞る。(※しぼり袋を天板に対して垂直にセットし、天板から1.5cm離したところから一気に絞り出すときれいに絞れます)すべて絞り出したら、粉糖を茶こしで生地にかけ、少し溶けたところでもう一度かける。
④170度のオーブンで10分、160度に落として5~6分焼成し、クーラーにとって冷ます。
⑤バタークリーム用のバターは柔らかい状態にし、粉糖を入れ白っぽくなるまでホイッパーで混ぜる。アプリコットジャムを入れ混ぜ、しぼり袋に入れておく。
⑥④が冷めたら、大きさが合うよう組みを作り、片面に⑤を丸く絞り、中央にアプリコットジャムをのせ、片方でサンドする。同様に残りを作る。
手作りお菓子をぐっと格上げ。 「よつ葉バター」で本格バレンタイン
【ポイント】
バタークリームは全体的に少し白っぽくなるまでしっかり混ぜて。最初はホイッパーで混ぜるので、少し大きめのボウルだと作りやすい。
もっとレシピが知りたい方はこちら>>

おいしいバターで、手作りお菓子がぐっと本格的に

手作りお菓子をぐっと格上げ。 「よつ葉バター」で本格バレンタイン
お菓子作りに欠かせないバター。「マーガリンで代用できますか?と聞かれることも多いのですが、お菓子の風味や味わいが違ってくるので、ぜひバターで作ってほしいです」と岡本さん。
市販のバターにもたくさんの種類がありますが、おすすめなのは今回使用した『よつ葉バター(食塩不使用)』。北海道十勝の大自然が育んだ生乳から作った、ミルクの味わいとコクが感じされるこだわりのバターです。パンやお菓子作りにはもちろん、そのまま食べてもおいしくいただけます。
使用した『よつ葉バター(食塩不使用)』はこちら>>

よつ葉乳業の「原点」ともいえるバター

手作りお菓子をぐっと格上げ。 「よつ葉バター」で本格バレンタイン
よつ葉バターは、よつ葉乳業の前身である北海道協同乳業の創業時から50年以上つくり続けてきたよつ葉乳業の「原点」。北海道十勝産の良質な生乳を100%使用し、さらに独自の安全審査を徹底して実施するなど、こだわりぬかれた製品です。
通常サイズの150gとあわせて、レストランなどでも使用される業務用サイズ「ポンドバター(450g・北海道産生乳使用)」もあるので、よくお菓子作りやパン作りをされる方はこちらもおすすめです。
『よつ葉バター(食塩不使用)』の購入はこちらから>>

お菓子作りにぴったりなお試しセットを販売中

手作りお菓子をぐっと格上げ。 「よつ葉バター」で本格バレンタイン
よつ葉乳業公式オンラインショップでは、お菓子作りにぴったりなお試しセットを販売中。今回ご紹介したレシピに使えるバターや牛乳など、7つの製品がセットになって2,980円(税込)です。お得なお試しセットは公式オンラインショップ限定販売なので、この機会にぜひ試してみて。(※会員登録が必要。おひとり様1回限り)
またお試しセット以外にもよつ葉乳業の乳製品が幅広くラインナップ。5,400円以上の購入で送料無料なので、気になるアイテムをまとめて購入するのにもおすすめです。
お菓子作りにぴったり♪よつ葉のお試しセットはこちらから>>

手作りお菓子に愛情をこめて

手作りお菓子をぐっと格上げ。 「よつ葉バター」で本格バレンタイン
今回はバターが主役の、みんなに喜ばれるバレンタインレシピをご紹介しました。プレゼントはもちろん、おやつの時間に誰かと一緒にいただくのも、自分だけで贅沢にいただくのもよし。冬が深まるこの時季に、どこかほっとする手作りお菓子を楽しんでみてはいかがでしょうか。
よつ葉乳業の製品をもっと見る>>
レシピ考案・調理・スタイリング/Okamoto Yukako
Photo/Tomatsu Ai