名物店主のお買い物日記 no.43
ひとかけでリラックス。感動の調味料の話 ―マルクト 井藤万紀子さのカバー画像

ひとかけでリラックス。感動の調味料の話 ―マルクト 井藤万紀子さん

キナリノモールに集うストアの個性的な店主たちが、自腹を切って買ったものや愛用品をひたすら語る、徒然お買い物リレー。今回は、連載初登場となる「マルクト」店主の井藤万紀子さん。姉妹店の「LABORATORIO」にはカフェが併設されていて、こだわりのイングリッシュマフィン(これが絶品!)などが楽しめます。日々食に向き合い楽しんでいる井藤さんが出合った、感動の調味料を語ってくれました。

153
2022年07月07日作成
井藤万紀子
マルクト 店主
井藤万紀子
2009年、長野県松本市に移住後、衣食住で好きなものを集めたショップ&カフェ「ラボラトリオ」を、2018年には松本の信毎メディアガーデン内に「MARKT(マルクト)」をオープンする。「食のクラフト」をテーマに、小さな生産者さんの作るおいしいもの、ナチュールワイン、食まわりの道具などを販売しています。おいしいものに出会えることにワクワクして旅先で市場や道の駅に立ち寄るのが大好きです。
ひとかけでリラックス。感動の調味料の話 ―マルクト 井藤万紀子さん
ひとかけでリラックス。感動の調味料の話 ―マルクト 井藤万紀子さん
今回ご紹介するのは、mitomoの山ぶどう酢(バルサミコ)。能登在住のガラス作家・有永浩太さんのアトリエを訪ねたときに、以前カフェを営まれていた奥様の史歩さんに紹介してもらったものです。

「バルサミコ=日本のお醤油みたい」というくらいの感覚でいたのですが、いただいたときに、そのままでとてもおいしくて癒される味だったのでびっくりしました。

本来、バルサミコはブドウ果汁100%のものを呼ぶのですが、市場に出回っているものはコスト重視でいろいろなものが添加されているものなのだそう。山梨県で山葡萄を育て、輪島でこの製品を作っている見供めぐみさんにいろいろ教えていただきました。イタリアでは、フレンチオークの樽に最低12年(!)も寝かせて作るそうです。

バルサミコ酢を入れているのはiwakiのリップボウル
ひとかけでリラックス。感動の調味料の話 ―マルクト 井藤万紀子さん
ポークソテーや野菜のグリルにひと回ししたり、サラダのドレッシングとして……シンプルなお料理ほどその味が引き立つように思います。熟成されることで味が深まり、旨味調味料の役割になっているようです。ヨーグルトやアイスクリーム、チーズケーキなどにひとしずく落として食べるとよくわかります。

でも、一番のおすすめは疲れていて口寂しいときや、夜眠る前に心がざわざわするようなときにバルサミコをひと舐めすること。ほっと心が落ち着いて、おいしいお菓子をいただいたような満足感が広がります。
「マルクト」でのお買い物はこちらから!
次回の“名物店主”は7/11更新予定。お楽しみに!

バックナンバー

アプリ限定!
12星座占い、天気予報と気温に合わせたコーデをお楽しみいただけます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

「これが好き」「これが心地よい」と感じてもらえるお買いもの体験と情報を。自分らしい暮らしがかなう、お買いものメディア

App Store バナーGoogle Play バナー