雑炊との違い知ってる?知っておきたい◎美味しいおかゆレシピ◎

雑炊との違い知ってる?知っておきたい◎美味しいおかゆレシピ◎

体に優しい「お粥(おかゆ)」。お米からじっくりと作るおかゆは、シンプルだからこそお米が持つ本来のうまみを存分に味わえます。調子がよくないときはもちろん、元気なときにも食べたくなりますね。おいしいおかゆに仕上げるために、その基本的な作り方や炊飯器を使ったレシピ、そして和テイストのおかゆをはじめ、野菜がゆ、中華がゆ、卵がゆ、変わり種のおかゆなどバリエーション豊かなレシピをご紹介します。 2018年04月11日更新

カテゴリ:
グルメ
キーワード:
レシピ
ご飯もの
おかゆ
朝食
和食
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
600

体に優しい日本のお母さんの味。

雑炊との違い知ってる?知っておきたい◎美味しいおかゆレシピ◎
出典:www.flickr.com(@monoprixgourmet)
子供のころ、体調がすぐれないときに出てきた、とっておきのお母さんの味。
それが、"おかゆ"。
体の芯まで染み渡る、優しいおかゆ。今回は体調に関係なく食べたくなっちゃう、おいしいおかゆレシピをご紹介します。
出典:

体の芯まで染み渡る、優しいおかゆ。今回は体調に関係なく食べたくなっちゃう、おいしいおかゆレシピをご紹介します。

おかゆと雑炊の違いは?

米から作るのがおかゆ

おかゆはお米から炊くのが基本ですが、ご飯で炊いたものを「入れがゆ」、お米から炊くと「炊きがゆ」といって区別します。また、雑炊はごはんをだしで野菜や肉・魚などと煮込んだものです。
雑炊との大きな違いは、お米から作るというところ。お米からじっくりことことと。だからこそ出せるお米の甘みが、おかゆ最大の魅力です。
出典:www.photo-ac.com

雑炊との大きな違いは、お米から作るというところ。お米からじっくりことことと。だからこそ出せるお米の甘みが、おかゆ最大の魅力です。

おかゆの基本の作り方

土鍋で作る基本のおかゆ

おかゆは、お水の分量を調節することで、柔らかく炊いたり、少しかために炊いたりできます。お米を洗ったら、浸水の必要はなし。最初は強めの火で加熱し、あとは弱火でことこと40分程度炊きます。味つけは、少しの塩で十分です。
出典:

おかゆは、お水の分量を調節することで、柔らかく炊いたり、少しかために炊いたりできます。お米を洗ったら、浸水の必要はなし。最初は強めの火で加熱し、あとは弱火でことこと40分程度炊きます。味つけは、少しの塩で十分です。

おかゆは、途中で水を足すよりも、初めから仕上げたいかたさに合わせた分量の水を入れ、炊く時間で調節した方がおいしいそうです。基本の真っ白なおかゆは、梅干しや昆布、明太子などトッピングと一緒に楽しむのもいいですね。
出典:

おかゆは、途中で水を足すよりも、初めから仕上げたいかたさに合わせた分量の水を入れ、炊く時間で調節した方がおいしいそうです。基本の真っ白なおかゆは、梅干しや昆布、明太子などトッピングと一緒に楽しむのもいいですね。

炊飯器のおかゆモードを使えば簡単!

炊飯器のおかゆモードで炊くのも便利ですね。これなら朝食にもどんどんおかゆが食べられます。食物繊維豊富な麦などを混ぜるのも賢い方法。このレシピではかつお節も一緒に炊いているので風味も格別です。
出典:

炊飯器のおかゆモードで炊くのも便利ですね。これなら朝食にもどんどんおかゆが食べられます。食物繊維豊富な麦などを混ぜるのも賢い方法。このレシピではかつお節も一緒に炊いているので風味も格別です。

ほっこり和テイストのおかゆレシピ

白い基本のおかゆに、ちょっとしたアレンジを加えたレシピいろいろ。おかゆのおいしさが引き立ちます。

あんかけのおかゆ

京都では、とろんとした餡をまとったおかゆが主流のよう。ねっとりとしたおかゆとの組み合わせは最高。
出典:

京都では、とろんとした餡をまとったおかゆが主流のよう。ねっとりとしたおかゆとの組み合わせは最高。

七草がゆ

年明けの七草がゆも、こだわりレシピで丁寧に作りたい。古き良きを感じるおいしいメニューです。
出典:

年明けの七草がゆも、こだわりレシピで丁寧に作りたい。古き良きを感じるおいしいメニューです。

七草、全部言えるかな?からだに優しい七草粥の美味しいレシピ帖。
七草、全部言えるかな?からだに優しい七草粥の美味しいレシピ帖。

1月7日の朝に食べる「七草粥」。七草粥に使う七草は年始に芽を出すため、邪気を払うといわれています。七草は日本のハーブともいわれ、胃腸を整える効能もあると言われています。無病息災を願って七草粥を食べる、こういった風習は大切にしていきたいものです。七草粥のアレンジレシピと七草を使った美味しいレシピをご紹介します。

七草粥の特集記事はこちら >>

餅入り小豆がゆ

お正月で余ったお餅なども活用でき、おなかにもたまる小豆がゆ。ぜんざい風の自然な甘みに、じんわりと癒される優しいおかゆです。
出典:

お正月で余ったお餅なども活用でき、おなかにもたまる小豆がゆ。ぜんざい風の自然な甘みに、じんわりと癒される優しいおかゆです。

菜っ葉入りおかゆ

野菜を同時に摂れる菜っ葉入りのおかゆは、栄養価も高まってうれしいですね。大根やかぶの葉でOK。もちろん、大根やかぶを入れるのもおすすめです。
出典:

野菜を同時に摂れる菜っ葉入りのおかゆは、栄養価も高まってうれしいですね。大根やかぶの葉でOK。もちろん、大根やかぶを入れるのもおすすめです。

クリーミー豆乳がゆ

最後に豆乳と豆腐を加えた、とろりとまろやかな仕上がりのおかゆ。このレシピでは、ごまドレッシングでコクを出していますが、白すりごまでもいいそうです。お好みで。
出典:

最後に豆乳と豆腐を加えた、とろりとまろやかな仕上がりのおかゆ。このレシピでは、ごまドレッシングでコクを出していますが、白すりごまでもいいそうです。お好みで。

七草、全部言えるかな?からだに優しい七草粥の美味しいレシピ帖。
七草、全部言えるかな?からだに優しい七草粥の美味しいレシピ帖。

1月7日の朝に食べる「七草粥」。七草粥に使う七草は年始に芽を出すため、邪気を払うといわれています。七草は日本のハーブともいわれ、胃腸を整える効能もあると言われています。無病息災を願って七草粥を食べる、こういった風習は大切にしていきたいものです。七草粥のアレンジレシピと七草を使った美味しいレシピをご紹介します。

和のおかゆといえば、1月7日の朝に無病息災を願って食べる「七草粥」も忘れないで。そんな七草粥のアレンジレシピと七草を使った美味しいレシピはこちらから*

卵を使ったふんわりおかゆ

シンプルな白いおかゆもいいけれど、卵を加えると栄養価も高まってうれしいですね。

卵がゆ

体調がすぐれないときには、定番の卵がゆを。食べるだけで元気になれそうな栄養満点レシピです。
出典:

体調がすぐれないときには、定番の卵がゆを。食べるだけで元気になれそうな栄養満点レシピです。

トロトロ卵とトマトのおかゆ

卵がゆのアレンジ。まろやかな卵がゆとトマトの酸味が相性がいいようです。彩りもきれいでリゾット風になりますね。
出典:

卵がゆのアレンジ。まろやかな卵がゆとトマトの酸味が相性がいいようです。彩りもきれいでリゾット風になりますね。

しらす味噌がゆ

ご飯から作る味噌仕立てのおかゆ。半熟の卵の上にしらすとねぎをたっぷり乗せて。
出典:

ご飯から作る味噌仕立てのおかゆ。半熟の卵の上にしらすとねぎをたっぷり乗せて。

押し麦のとろふわキムチがゆ

押し麦でおかゆを作り、キムチ味に仕上げたものを卵でふわふわにとじます。体に芯から温まりそうなおかゆです。
出典:

押し麦でおかゆを作り、キムチ味に仕上げたものを卵でふわふわにとじます。体に芯から温まりそうなおかゆです。

ヘルシーな野菜のおかゆ

トマトがゆ

ちょっと斬新な真っ赤なおかゆ。トマトの酸味で爽やかな味わいです。仕上げにお好みで、トマトと相性のいいオリーブオイルを垂らして、イタリアンテイストに。
出典:

ちょっと斬新な真っ赤なおかゆ。トマトの酸味で爽やかな味わいです。仕上げにお好みで、トマトと相性のいいオリーブオイルを垂らして、イタリアンテイストに。

かぼちゃがゆ

優しい甘さのかぼちゃがゆ。ミキサーにかけたお米と、同じくミキサーにかけたかぼちゃ、黒ごまなどを合わせて鍋にかけ、加熱します。とろりとマイルドなベジタブルおかゆです。
出典:

優しい甘さのかぼちゃがゆ。ミキサーにかけたお米と、同じくミキサーにかけたかぼちゃ、黒ごまなどを合わせて鍋にかけ、加熱します。とろりとマイルドなベジタブルおかゆです。

とうもろこしと枝豆のおかゆ

とうもろこしと枝豆は水からコトコト煮ることで、素材の旨みが引き出されます。素材の持つ味わいだけで十分おいしいので、味付けは塩のみでOK!
出典:

とうもろこしと枝豆は水からコトコト煮ることで、素材の旨みが引き出されます。素材の持つ味わいだけで十分おいしいので、味付けは塩のみでOK!

オクラと水菜のとろ〜りおかゆ

水菜、プチトマト、ねぎ、パプリカなど野菜がたっぷり入って栄養満点。オクラのとろとろ感がおいしいおかゆです。
出典:

水菜、プチトマト、ねぎ、パプリカなど野菜がたっぷり入って栄養満点。オクラのとろとろ感がおいしいおかゆです。

食欲をそそる中華テイストのおかゆ

ちょっぴりコクが欲しいときにうれしい、中華がゆ。夜食にもおすすめです。

鶏だしおかゆ

やさしい味の中華粥は、だしが命。鶏肉を使えば、手軽に味わえます。ごま油の風味なども食欲をそそりますね。
出典:

やさしい味の中華粥は、だしが命。鶏肉を使えば、手軽に味わえます。ごま油の風味なども食欲をそそりますね。

中華味の具だくさんおかゆ

季節の野菜をいろいろ使うのもいいですね。かまぼこやしらすなど冷蔵庫にあるもので作れます。
出典:

季節の野菜をいろいろ使うのもいいですね。かまぼこやしらすなど冷蔵庫にあるもので作れます。

トッピングも楽しい中華がゆ

干しえびを入れておかゆを炊き、トッピングにはザーサイ、ピータン、青梗菜、揚げた春巻きの皮を使っているそうです。本場の香りがしますね。
出典:

干しえびを入れておかゆを炊き、トッピングにはザーサイ、ピータン、青梗菜、揚げた春巻きの皮を使っているそうです。本場の香りがしますね。

ホタテと干しえびの中華がゆ

ホタテの缶詰めがあれば、手軽に海鮮中華がゆが味わえます。干しえびのうまみもいい感じ。こちらは、スープジャーを使った、鍋いらずのレシピ。手間を省くテクニックとしてぜひ覚えておきたいですね。
出典:

ホタテの缶詰めがあれば、手軽に海鮮中華がゆが味わえます。干しえびのうまみもいい感じ。こちらは、スープジャーを使った、鍋いらずのレシピ。手間を省くテクニックとしてぜひ覚えておきたいですね。

鶏ささみとザーサイの中華粥

ささみはレンジで蒸してお手軽調理。ザーサイの塩味がアクセントになっています。
出典:

ささみはレンジで蒸してお手軽調理。ザーサイの塩味がアクセントになっています。

疲れた胃腸にほっこり染み渡る。おいしい中華粥レシピ帖
疲れた胃腸にほっこり染み渡る。おいしい中華粥レシピ帖

歓送迎会にお花見にビアホール・・・春から夏にかけてはレジャーや飲み会がつづきますね。そのため、脂っこい食べ物でおなかが疲れている方も多いのではないでしょうか?胃腸の不調は体全体に表れてきます。そのため定期的におなかを休ませてあげたいですね。そこで今回はおなかに優しい中華粥のレシピをご紹介いたします。基本のレシピをマスターすれば、アレンジは自由自在。バリエーション豊富なのも中華粥の魅力です。

おなかに優しい中華粥は、基本のレシピをマスターすればアレンジは自由自在。もっと中華粥の魅力やレシピを掘り下げてみたい方はこちらから*

ぜひ食べてみたい個性派のおかゆ

海外風のおかゆや変わり種のおかゆもぜひ食べてみたいですね。おかゆワールドが広がりそう♪

肉骨茶(バクテー)風おかゆ

シンガポールやマレーシアで親しまれている、スペアリブを使った肉骨茶。それをイメージした個性派おかゆです。このレシピは、圧力鍋を使って調理していますのでお肉も柔らか。
出典:

シンガポールやマレーシアで親しまれている、スペアリブを使った肉骨茶。それをイメージした個性派おかゆです。このレシピは、圧力鍋を使って調理していますのでお肉も柔らか。

タイ風おかゆ

ナンプラーやパクチーなど、タイ料理の食材を使ったおかゆ。たまにはこんな変わり種のおかゆも楽しいですね。
出典:

ナンプラーやパクチーなど、タイ料理の食材を使ったおかゆ。たまにはこんな変わり種のおかゆも楽しいですね。

香港式のおかゆ

こちらは、ひき肉が入った香港スタイルのおかゆのようです。何杯も食べられるほどおいしいそうですよ。
出典:

こちらは、ひき肉が入った香港スタイルのおかゆのようです。何杯も食べられるほどおいしいそうですよ。

カルボナーラがゆ

生卵と粉チーズでカルボナーラ風に!
ご飯から手軽に作れる上、使うのは消化にいい食材ばかりなので朝食にもぴったり。
出典:

生卵と粉チーズでカルボナーラ風に!
ご飯から手軽に作れる上、使うのは消化にいい食材ばかりなので朝食にもぴったり。

パセリと塩麹のイタリアンがゆ

鮮やかなグリーンがきれいなパセリのおかゆ。ミキサーで攪拌したスープ仕立てです。エクストラバージンオリーブオイルでイタリアンな風味をプラス。
出典:

鮮やかなグリーンがきれいなパセリのおかゆ。ミキサーで攪拌したスープ仕立てです。エクストラバージンオリーブオイルでイタリアンな風味をプラス。

さつまいものミルクがゆ

さつまいものほくほく感と甘味が優しい味わい。ブラックペッパーでスパイシーさもプラス。
出典:

さつまいものほくほく感と甘味が優しい味わい。ブラックペッパーでスパイシーさもプラス。

ココナッツミルクがゆ

麹の発酵パワーでおかゆがスイーツに変身!砂糖を使わないのでヘルシーなのに、甘味はしっかり。温かいままでも冷やしてもおいしく頂けます。
出典:

麹の発酵パワーでおかゆがスイーツに変身!砂糖を使わないのでヘルシーなのに、甘味はしっかり。温かいままでも冷やしてもおいしく頂けます。

アレンジで広がる味わい。春夏秋冬たのしめる「おいしいお粥レシピ」
アレンジで広がる味わい。春夏秋冬たのしめる「おいしいお粥レシピ」

体も温まり消化が良いため、風邪などの病み上がり、ダイエット中や、乳幼児の離乳食などにもされる「お粥」。人気の旅行スポット台湾グルメとしても注目を集めていますよね。病人の食事というイメージの強いお粥ですが、最近ではヘルシーさが注目され、国内でもお粥専門店が出来たり、洋風アレンジや薬膳粥などアイデアレシピも豊富! 具材や調理法によって、色々な味が楽しめるから、朝食や夕食にもおすすめなんです。今回は、色々なお粥レシピをご紹介します。

体が温まり消化にも良いお粥は、1年中楽しめる健康食です。そんな具材や調理法によってアレンジ自在のお粥レシピはほかにもいろいろ。こちらもあわせてどうぞ*

丁寧にじっくりと。優しいおかゆであったまろ。

いかがでしたか?ごはんから作ることもできるけど、たまにはお米からじっくりと作ってみませんか。
じっくりと作るからこそ味わえる、お米のおいしさがそこにあるはず。体の芯からあたたまるおかゆレシピをぜひお試しください。
出典:

じっくりと作るからこそ味わえる、お米のおいしさがそこにあるはず。体の芯からあたたまるおかゆレシピをぜひお試しください。

あなたはパン派?ごはん派?簡単でちょっとおしゃれな朝ごはんレシピ
あなたはパン派?ごはん派?簡単でちょっとおしゃれな朝ごはんレシピ

朝ごはんしっかり食べてますか?朝ごはんを食べれば、お昼まで空腹感なく、しっかり動くことができますね。朝食を食べることで、お昼や夜のがっつり食べも軽減できます。朝ごはんを毎日規則正しく食べて、元気に一日を始めましょう!ただ、朝は時間がなくて、ごはんにあまり時間をかけたくありませんね。そこで今回は、朝ごはんの定番“パン”と“ごはん”にしぼって簡単アレンジレシピを集めました。サンドイッチ、ピザトースト、フレンチトーストおにぎり、おかゆ、リゾット、スープごはんなど様々な朝食アイデアをご紹介します。

たまにはおかゆ以外の朝食も。パンを食べたいときも、ごはんを食べたいときも使える「簡単アレンジ朝食レシピ」を盛りだくさんでご紹介しています

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play