風邪の季節だから。「葛湯の美味しい作り方」を覚えよう

風邪の季節だから。「葛湯の美味しい作り方」を覚えよう

風邪をひいたときなど、のどにやさしい美味しい飲み物としても知られる「葛湯」。とろりとした優しい口当たりが身も心も温めてくれますよね。そんな「葛湯」、飲みたい時はスーパーで『粉末葛湯』を買う方が多いかもしれませんが、実は簡単に作れます。 今回は葛湯の作り方、アレンジレシピをお届け。併せて、人気の『粉末葛湯』もご紹介します。2020年11月30日更新

カテゴリ:
グルメ
キーワード
ドリンクドリンクレシピ和菓子・和スイーツ植物風邪対策
お気に入り数321

片栗粉から簡単につくれるよ。「美味しい葛湯レシピ」、教えます

風邪をひいたときなど、のどにやさしい美味しい飲み物としても知られる「葛湯」。とろりとした優しい口当たりが身も心も温めてくれますよね。

そんな葛湯、飲みたい時はスーパーで『粉末葛湯』を買う方が多いかもしれませんが・・・作り方を覚えてみませんか?葛粉(本葛100% または、片栗粉などの代用品など)があれば、実は簡単に作れます◎

そこで今回は葛湯の作り方、アレンジレシピをお届け。
【ミニコラム】体を温めるだけじゃない、葛湯の効果
葛湯の効能ですが、「とろみ」によって熱を逃さないため、「体を温める効果がある飲み物」としてお馴染みですが、実はそれだけではありません〇

☑葛にはイソフラボンが含まれているため、葛粉100%の本葛で葛湯をいただけば摂取できます。イソフラボンといえば女性ホルモンに近い働きが期待されていますよね。

☑「とろみ」があることで満腹感を得やすいので、お腹がすいたときに葛湯を飲めば、空腹感を抑える効果も。仕事中などでお腹がすいたり、鳴ったりしたときに飲んでもいいですね。ローカロリーなので、ダイエット目的の方にもおすすめです。
それでは、「葛湯」の魅力&レシピをご紹介。ぜひこの機会に、作ってみてはいかがでしょう。

【葛湯を飲む前に】押さえておきたい「葛湯」の基本情報

Q.葛とは?

A.植物です

風邪の季節だから。「葛湯の美味しい作り方」を覚えよう
出典:
葛湯のほか、葛餅でもお馴染みの「葛(くず)」。山野に自生し8月~9月にかけて花が咲く、マメ科・つる性の多年生木本です。キキョウといった、秋の七草でもあります。

こちらが、葛(くず)の花です。

葛湯に使われる「葛粉(本葛)」は、葛(くず)の根っこ部分からデンプンを抽出した粉です。

A.葛は、昔から日本で親しまれてきました

葛粉で有名なのが、吉野葛(奈良)・伊勢葛(三重)・若狭葛(福井)・白石葛(宮城)・秋月葛(福岡)・宝達葛(石川)・掛川葛(静岡)です。江戸時代に創業したような老舗もあるんですよ。
出典:

葛粉で有名なのが、吉野葛(奈良)・伊勢葛(三重)・若狭葛(福井)・白石葛(宮城)・秋月葛(福岡)・宝達葛(石川)・掛川葛(静岡)です。江戸時代に創業したような老舗もあるんですよ。

中でも、奈良県吉野地方産のくず粉「吉野葛」は、地域ブランドとして確固たる地位に。

なかでも奈良・吉野が産地として有名で、「葛=吉野葛」というイメージの方は多いことでしょう。

昔から葛は、葛湯のように風邪に効くお薬として扱われてきたほか、でんぷんなので、葛餅、葛粉、葛饅頭、葛切り、葛落雁といったお菓子の原料にも使われてきました。

吉野など葛の生産で有名な地域のお土産に選ばれることも多いです。
出典:

なかでも奈良・吉野が産地として有名で、「葛=吉野葛」というイメージの方は多いことでしょう。

昔から葛は、葛湯のように風邪に効くお薬として扱われてきたほか、でんぷんなので、葛餅、葛粉、葛饅頭、葛切り、葛落雁といったお菓子の原料にも使われてきました。

吉野など葛の生産で有名な地域のお土産に選ばれることも多いです。

Q.葛湯を飲むときに溶かす「葛粉」とは? そして「葛湯」とは?

A.葛粉とは、“本来”は、葛根から採取したでんぷんの粉。葛湯とは、「葛粉」をお湯で溶いた飲みもの。

▼「葛粉(くずこ)」について
葛根から採取したでんぷんの粉「葛粉(くずこ)」。このように綺麗な白い色をしています。

葛は、本当の意味では、上記の通り、葛根から採取したでんぷん100%の粉のことを指します。葛ならではの薬としての効能を期待するなら「本葛」といった表記がある本物の葛100%のものがおすすめです。
出典:

葛根から採取したでんぷんの粉「葛粉(くずこ)」。このように綺麗な白い色をしています。

葛は、本当の意味では、上記の通り、葛根から採取したでんぷん100%の粉のことを指します。葛ならではの薬としての効能を期待するなら「本葛」といった表記がある本物の葛100%のものがおすすめです。

しかし実際、100%の葛粉(本葛)はやや高価。親しみやすい市販品も人気です。

スギマル くずゆ くず (30g×4P)×10個
出典:amazon.co.jp

日常的に飲む葛湯ならば、吉野以外の本くずや、片栗粉(ジャガイモ澱粉)を本くずに混ぜた市販の葛粉商品が、身の周りでは親しみやすくなっています。

*こちらは、本葛を使用していて、お手頃価格の人気商品。鹿児島県産本葛を使用しています。

スギマル くずゆ くず (30g×4P)×10個
287円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る
▼「葛湯(くずゆ)」について
「葛湯(くずゆ)」は、この「葛粉(くずこ)」をお湯でとかした、とろみのある、あたたかい飲み物です。

“本来”は「本葛」でつくる葛湯ですが…本葛は高級品。市販の「葛湯用の葛粉」は、片栗粉を混ぜたものが多数。それでも、体がぽかぽかする効果を得られる商品が多いので、親しみやすくなっていますよ♪

市販の「葛湯用の葛粉」にこだわらなくても、家庭では、葛粉のかわりに片栗粉で代用してつくる葛湯も親しまれています。同じようにとろみのある飲み心地ですよ*
出典:item.rakuten.co.jp

「葛湯(くずゆ)」は、この「葛粉(くずこ)」をお湯でとかした、とろみのある、あたたかい飲み物です。

“本来”は「本葛」でつくる葛湯ですが…本葛は高級品。市販の「葛湯用の葛粉」は、片栗粉を混ぜたものが多数。それでも、体がぽかぽかする効果を得られる商品が多いので、親しみやすくなっていますよ♪

市販の「葛湯用の葛粉」にこだわらなくても、家庭では、葛粉のかわりに片栗粉で代用してつくる葛湯も親しまれています。同じようにとろみのある飲み心地ですよ*

葛粉(くずこ)ですが、このように少量の水で、のばすことができます。

この状態にしてから加熱するのが、ダマや粉っぽさを抑えて、美味しく作るポイント。
出典:item.rakuten.co.jp

葛粉(くずこ)ですが、このように少量の水で、のばすことができます。

この状態にしてから加熱するのが、ダマや粉っぽさを抑えて、美味しく作るポイント。

しっかりとかすと、透明に。もともとは根っこのでんぷんなので、消化しやすいように、しっかり火を通すのがポイントです。

とろみによって熱が逃れにくくなっている(冷めにくい)ため、ゆっくりと飲むことで、体がじっくりと温まります。そのため、「体を温める飲み物」として親しまれているという訳なんですね。
出典:

しっかりとかすと、透明に。もともとは根っこのでんぷんなので、消化しやすいように、しっかり火を通すのがポイントです。

とろみによって熱が逃れにくくなっている(冷めにくい)ため、ゆっくりと飲むことで、体がじっくりと温まります。そのため、「体を温める飲み物」として親しまれているという訳なんですね。

・「葛湯」の味つけについて
基本的に、葛の粉は無味ですが、ちょっと苦みを感じる場合もあります。

「葛湯」をいただく時は、砂糖、はちみつ、生姜、ゆずの絞り汁を入れるなど、飲みやすい風味にしていただくことが、一般的となってきています。
※「葛湯」の作り方の詳細は、本記事の【基本のレシピ】のところでご紹介します※

Q.「葛根湯」と、葛湯の素である「葛粉」の違いは?

A.葛根湯の主薬は、葛の根。葛粉の成分は、葛の根から採取したでんぷん。

「風邪の引き始めには葛根湯」というフレーズでお馴染みの漢方のかぜ薬「葛根湯(かっこんとう)」。言葉のとおり、葛の根(葛根/読み:かっこん)を原料としています。乾燥させた葛根を粉にしたものが主薬であり、そのほか、下記の通り、様々な薬草が加わります。

風邪の初期症状による頭痛、発熱のほか、二日酔いにきく(酒の酔を醒ます)効能も期待できますよ。
▼「葛根湯」の効能について
葛根湯は、風邪薬として有名な漢方薬です。
~略~
その名称どおり、クズの根(葛根)が主成分となっています。昔から民間療法として風邪を引いた時、クズ湯やショウガ湯などを飲んで体を温めたように、クズの他にショウガの根(生姜)、シナモン(肉桂・桂皮)、ナツメ(大棗)、マオウ (麻黄)、シャクヤク (芍薬)、カンゾウ (甘草)、といった植物が調合されています。クズやショウガの根が全身を温めると同時に、7種類の植物生薬が持つ相互作用によって、血行をよくし、発汗を促すとともに、分泌機能や代謝機能を高め、老廃物を取り除いてくれるといわれています。
出典:薬草に親しむ−葛根湯
そのように、まさに“薬”の効能を発揮してくれる「葛根湯」。

対して「葛湯」はというと・・・「葛湯」の原料である「葛粉(本葛)」は、もともとは葛の根(葛根)が原料ですが、その中でも、でんぷんを抽出した粉の部分になります。葛粉が片栗粉で代用されることも多いことも、頷けますよね。

【基本のレシピ】シンプルな葛湯の作り方 3選

基本の作り方1…「鍋」から葛湯を作る(茶こしを使う)

風邪の季節だから。「葛湯の美味しい作り方」を覚えよう
出典:
①本葛を水に溶かして、鍋に、茶こしで濾したものを入れましょう。

②鍋で加熱します。徐々に色が透明になり、さらにとろみがついていきます。よく練り混ぜるのがポイント。

③お好みで、はちみつ、ゆずを刻んだ皮、ゆずを絞った汁など、自分好みの風味に仕上げると飲みやすくなりますよ。本葛のものは若干の苦みがあるので、甘みを足すのがおすすめです。
「葛桜」marin
cotta*コッタ
水に溶いた本葛粉(葛粉)を、鍋に、茶こしで濾して入れる様子は、こちらの動画でもご確認いただけます。

基本の作り方2…「鍋」から葛湯を作る(茶こしを使わない)

生姜入りポカポカ葛湯 *本葛粉(本葛100%)を使用

①鍋に本葛粉を入れ、水を入れて溶く。ダマが無くなるように、よくかき混ぜる。

②中火で火にかける。ゴムベラを使って、絶えずかき混ぜ、とろみ具合が均一になるようにする。だんだんボコボコ沸騰してきて、色が透明に。しっかりととろみがついたら、できあがり。

②お好みで砂糖や、風味付けをプラス(生姜の絞り汁、柑橘の果物の刻んだ皮など)。

吉野本葛湯の作り方  *本葛粉(本葛100%)を使用

①鍋に、吉野本葛(葛粉)と水を入れる。

②その後、直接火にかける。加熱しながら、葛粉のダマを潰すように混ぜていく。

③よくかき混ぜながら加熱しつづけ、とろみを持ったままボコボコと沸騰してきたタイミングで、風味付けをプラス(生姜の絞り汁、柑橘の果物の刻んだ皮など)。透き通ってまろやかになってきたら完成。
こちらの葛湯レシピは、鍋を使って直接火にかけるという簡単な作り方です。お鍋で丁寧に作っていくと、仕上がりがとても綺麗に出来上がります。透明でぷるんとした葛湯ならではの食感を楽しんで。

基本の作り方3…「熱湯」を使って、湯呑のなかで作る

葛湯の作りかた

①大きめのカップに本葛と好みの砂糖を入れて、マドラーを使って少量の水で溶く。

②鍋でシュンシュンと沸いた熱々のお湯を少しずつ加えていく。その時、マドラーで絶えずかき混ぜる。

③かき混ぜ続け、色が透明になったら完成。お好みで風味付けとして生姜のしぼり汁などを加え、飲みやすくなるようにしましょう。

柚子の葛湯

風邪の季節だから。「葛湯の美味しい作り方」を覚えよう
出典:
①湯呑に、葛粉とお砂糖をいれ、少し水を注いで、かき混ぜる。葛粉のダマを潰す感覚で、水を入れすぎないこと。

②まろやかなとろみがつき、透き通ってきたら、少しずつお湯を加えてさらにのばしましょう。

③お好みで、柚子の皮や汁など、飲みやすい風味をプラスしてください。

色が透き通ってこない場合は、レンジで加熱を

色が透き通らないまま、温度が下がっていく・・・という状況ならば、ささっと電子レンジで加熱してみると良いでしょう。

【番外編】…『片栗粉』を使って、葛湯を作る方法

透明な色にはなりませんが、葛粉の代用品として、身近な『片栗粉』を使って葛湯を作ることもできます。

難しい工程は無く、上でご紹介した「基本の作り方2」「基本の作り方3」の通りで、葛粉を『片栗粉』に置き換えるだけです。

大量に作ってしまうと仕上りの加減の調整がしづらいので、初めての方は「湯呑に小量の片栗粉を入れ、砂糖を加え、熱湯を注ぎかきまぜて作る」方法がおすすめです。

【アレンジ8選】飲みやすい!色んな味のおすすめレシピ

果汁100%りんごジュース×葛湯

みんな大好きなりんごジュースの風味の葛湯。子供も飲みやすいですよ。

作り方のポイントは2つ。あらかじめ、少量のリンゴジュースで本葛粉をのばしておくこと。そして、鍋に入れて、残りのリンゴジュースを加え、弱火で煮て、しっかりとかしていくことです。
出典:

みんな大好きなりんごジュースの風味の葛湯。子供も飲みやすいですよ。

作り方のポイントは2つ。あらかじめ、少量のリンゴジュースで本葛粉をのばしておくこと。そして、鍋に入れて、残りのリンゴジュースを加え、弱火で煮て、しっかりとかしていくことです。

果汁100%オレンジジュース×グレープフルーツ×葛湯

果汁100%オレンジジュース、グレープフルーツを使った、飲みやすい葛湯です。

オレンジジュース、砂糖、ハチミツ、砂糖を鍋でまろやかに煮溶かしてから、少量のオレンジジュースでのばした葛粉を加えてつくります。
出典:

果汁100%オレンジジュース、グレープフルーツを使った、飲みやすい葛湯です。

オレンジジュース、砂糖、ハチミツ、砂糖を鍋でまろやかに煮溶かしてから、少量のオレンジジュースでのばした葛粉を加えてつくります。

ユズジャム×すりおろしショウガ×葛湯(ユズジンジャー葛湯)

ゆずジャムとすりおろしたしょうがを入れるゆずジンジャー葛湯。
香りのよいゆずは葛湯との相性が抜群。見た目も可愛らしくて、ほっと一息つけそうです。
出典:

ゆずジャムとすりおろしたしょうがを入れるゆずジンジャー葛湯。
香りのよいゆずは葛湯との相性が抜群。見た目も可愛らしくて、ほっと一息つけそうです。

刻んだプルーン×プルーンジュース×葛粉(プルーンと生姜の葛湯)

プルーンとしょうがの葛湯。プルーンを入れると見た目が豪華になりますね。
出典:

プルーンとしょうがの葛湯。プルーンを入れると見た目が豪華になりますね。

りんごジャム×蜂蜜×生姜の絞り汁×葛湯(りんご葛湯)

お腹の調子が悪い時でも飲めるりんご葛湯です。ほんのり甘みがあり、デザート感覚でいただけます。
お好みでシナモンを散らして。
出典:

お腹の調子が悪い時でも飲めるりんご葛湯です。ほんのり甘みがあり、デザート感覚でいただけます。
お好みでシナモンを散らして。

抹茶の葛湯

抹茶の葛湯。甘さが足りないときは砂糖の量を増やしたり、オリゴ糖などをかけたりして調節しましょう。
出典:

抹茶の葛湯。甘さが足りないときは砂糖の量を増やしたり、オリゴ糖などをかけたりして調節しましょう。

梅葛湯

梅干で作る梅葛湯。梅干は塩と紫蘇だけで漬けたものがおすすめ。
出典:

梅干で作る梅葛湯。梅干は塩と紫蘇だけで漬けたものがおすすめ。

フルーツミックス缶×スペアミント×葛湯(ミント風味のフルーツ葛湯)

缶詰のフルーツを使って作る、簡単フルーツ葛湯。ミントを散らして、清涼感がある一味違う葛湯に!
出典:

缶詰のフルーツを使って作る、簡単フルーツ葛湯。ミントを散らして、清涼感がある一味違う葛湯に!

お手軽なお湯を注ぐだけのタイプの葛湯たち☆

諸江屋(もろえや) オトギクヅユ

金沢の加賀落雁のお店「諸江屋(もろえや)」の「オトギクヅユ」。商品名のとおり、昔話がモチーフのパッケージです。お湯を注ぐとあられが浮いてきます。年配の方にも喜んでいただけるプレゼントになりますね。
出典:

金沢の加賀落雁のお店「諸江屋(もろえや)」の「オトギクヅユ」。商品名のとおり、昔話がモチーフのパッケージです。お湯を注ぐとあられが浮いてきます。年配の方にも喜んでいただけるプレゼントになりますね。

二条若狭屋 (にじょうわかさや) 不老泉(ふろうせん)

お湯を注ぐだけで簡単に作れる、京都の老舗京菓子店「二条若狭屋」の「不老泉」。善哉・抹茶・ココアの3種類の葛湯があります。
出典:

お湯を注ぐだけで簡単に作れる、京都の老舗京菓子店「二条若狭屋」の「不老泉」。善哉・抹茶・ココアの3種類の葛湯があります。

こちらは善哉の葛湯。可愛い千鳥が隠れています。抹茶とココアの葛湯は子供でも飲みやすい美味しさです。
出典:

こちらは善哉の葛湯。可愛い千鳥が隠れています。抹茶とココアの葛湯は子供でも飲みやすい美味しさです。

OHASHI(オーハシ) マロン葛湯

東京・中野のお茶屋さん「OHASHI」のマロン葛湯。栗が入っているので、ほっくりした食感も楽しめます。
この他にも、木苺葛湯・ココア葛湯・ラフランス葛湯・ブルーベリー葛湯などがあります。
出典:

東京・中野のお茶屋さん「OHASHI」のマロン葛湯。栗が入っているので、ほっくりした食感も楽しめます。
この他にも、木苺葛湯・ココア葛湯・ラフランス葛湯・ブルーベリー葛湯などがあります。

アンティーク風の可愛いボックスに入っていて、ちょっと意表を突かれます。サプライズギフトにもぴったり。
出典:

アンティーク風の可愛いボックスに入っていて、ちょっと意表を突かれます。サプライズギフトにもぴったり。

最後に

風邪の季節だから。「葛湯の美味しい作り方」を覚えよう
出典:
本葛をキッチンに常備しておくと簡単にいろいろな味の葛湯を楽しめます。お湯を注ぐだけで出来上がる製品も沢山販売されています。葛湯を飲んだことのない人も、今年の冬は葛湯生活を始めてみませんか?

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play