今こそエコで幸せな循環を*皮まで余さずいただく《野菜料理アイデアレシピ帖》

今こそエコで幸せな循環を*皮まで余さずいただく《野菜料理アイデアレシピ帖》

日々の料理で廃棄物になってしまいがちな、野菜の皮。でも、本当は十分食べられる部分だとしたら、とてももったいないことだと思いませんか?今回は「もったいない」を「より美味しくいただくための知恵」に変えるアイデアレシピをたっぷりご紹介します。家庭内フードロスを減らすには、小さいことからコツコツと無理なく楽しく続けるのがコツですよ。2021年10月06日作成

カテゴリ:
グルメ
キーワード
食材野菜アレンジ・リメイクレシピエコベジブロス
お気に入り数291

野菜の“皮”。捨てるなんてもったいない!

今こそエコで幸せな循環を*皮まで余さずいただく《野菜料理アイデアレシピ帖》
出典:
ほろっと口の中で解ける大根の煮物。皮は厚めにむいて、じっくり煮込んだ方が、出汁が芯まで染みて上等な仕上がりになります。その傍ら、残った皮はなかなかの量。そのまま捨ててしまうのは忍びないですよね。

皮だけ別メニューに使ったり、皮も実も丸ごと調理することで食べ応えのある一品を作ったり、実は、柔軟にすれば、野菜の廃棄量は大幅に減らせます。メニューが増えて、ゴミが減るなんて一石二鳥。エコで幸せな循環を作りませんか?

「皮まで丸ごと調理」で野菜の個性を引き出そう

カブのさっぱり塩昆布和え

カブは実も皮も柔らかいので、皮ごと調理しても十分美味しくいただけます。家庭料理だから、肌の凸凹感もご愛嬌。塩昆布がアクセントになった和え物。ポン酢を絡めてさっぱりいただきましょう。
出典:

カブは実も皮も柔らかいので、皮ごと調理しても十分美味しくいただけます。家庭料理だから、肌の凸凹感もご愛嬌。塩昆布がアクセントになった和え物。ポン酢を絡めてさっぱりいただきましょう。

なすの煮びたし

茄子の煮浸しは皮つきが艶っぽくて綺麗です。味の染み込みをよくするために、皮に細ーく斜めの切り込みを入れるのがコツ。箸休めに常備しておきたくなる一品です。
出典:

茄子の煮浸しは皮つきが艶っぽくて綺麗です。味の染み込みをよくするために、皮に細ーく斜めの切り込みを入れるのがコツ。箸休めに常備しておきたくなる一品です。

レンコン素揚げスパイス塩添え

れんこんの皮は剥くものと思っていたけれど、皮付きで調理すると開眼!揚げ物にすれば、さっくりほくほく、そして香ばしさも存分に楽しめます。
出典:

れんこんの皮は剥くものと思っていたけれど、皮付きで調理すると開眼!揚げ物にすれば、さっくりほくほく、そして香ばしさも存分に楽しめます。

海老芋の素揚げ(里芋の素揚げ)

秋の味覚、海老芋や里芋。柔らかい煮物も美味しいですが、しっかり泥を落としてから、皮ごと素揚げでいただくのも美味。シンプルに塩胡椒でいただきましょう。バルでよく出てくる肉厚なサタルニアのプレートやアルミプレートにどさっと豪快に盛り付けるのが気分です。
出典:

秋の味覚、海老芋や里芋。柔らかい煮物も美味しいですが、しっかり泥を落としてから、皮ごと素揚げでいただくのも美味。シンプルに塩胡椒でいただきましょう。バルでよく出てくる肉厚なサタルニアのプレートやアルミプレートにどさっと豪快に盛り付けるのが気分です。

大根ステーキ

メインの一皿並みの風格ある大根ステーキ。バターやみりんの照りもきかせて、食欲そそるビジュアルです。ステーキらしく、断面にしっかり目に焼き色をつけるのがポイントです。
出典:

メインの一皿並みの風格ある大根ステーキ。バターやみりんの照りもきかせて、食欲そそるビジュアルです。ステーキらしく、断面にしっかり目に焼き色をつけるのがポイントです。

「残った皮をぱぱっとアレンジ」して箸休めの一品を作ろう

大根の皮の漬物

大根やカブの皮が余ったら、ささっと即席で簡単な漬物を作りましょう。シャキシャキ感を出すために、繊維の向きを断ち切らないように千切りで。ちょっとした箸休めにぴったりです。
出典:

大根やカブの皮が余ったら、ささっと即席で簡単な漬物を作りましょう。シャキシャキ感を出すために、繊維の向きを断ち切らないように千切りで。ちょっとした箸休めにぴったりです。

ナスの皮のきんぴら

ナスの翡翠煮など、皮を剥いてからつくる料理の場合、皮が大量に余ってしまいますね。そんな時は細く切ってきんぴらにするのがおすすめ。仕上げにいりごまを振って香ばしさをプラスしていただきましょう。
出典:

ナスの翡翠煮など、皮を剥いてからつくる料理の場合、皮が大量に余ってしまいますね。そんな時は細く切ってきんぴらにするのがおすすめ。仕上げにいりごまを振って香ばしさをプラスしていただきましょう。

カブの皮の明太バター炒め

柔らかいカブの皮を明太子バターで炒めた一品。箸休めのつもりで作ったのに、気づけば箸が止まらなくなっているかもしれませんね。
出典:

柔らかいカブの皮を明太子バターで炒めた一品。箸休めのつもりで作ったのに、気づけば箸が止まらなくなっているかもしれませんね。

大根とにんじんの皮のきんぴら

大根の皮&にんじんの皮。ミンチ肉と香ばしく炒めれば、食べ応えもある副菜に。ビールのおつまみにいかがでしょう?
出典:

大根の皮&にんじんの皮。ミンチ肉と香ばしく炒めれば、食べ応えもある副菜に。ビールのおつまみにいかがでしょう?

「食感豊かなアイディアレシピ」で料理の幅を広げよう

揚げ肉ジャガ

いつもの肉じゃがを皮付きの揚げ野菜でアレンジ!香りもよくコクもプラスされて、居酒屋さんで出てきそうなパンチのある味わいに。ご馳走感もあって、気分が上がります。
出典:

いつもの肉じゃがを皮付きの揚げ野菜でアレンジ!香りもよくコクもプラスされて、居酒屋さんで出てきそうなパンチのある味わいに。ご馳走感もあって、気分が上がります。

豚こまと野菜のきんぴら

手頃で便利な豚こま肉に、油揚げやこんにゃく、そして、にんじん、冬瓜の皮まで加えて炒めた具たくさんきんぴら。栄養たっぷり上、よく噛んで食べるので、お腹も満足。お財布にも優しいアイディア料理です。
出典:

手頃で便利な豚こま肉に、油揚げやこんにゃく、そして、にんじん、冬瓜の皮まで加えて炒めた具たくさんきんぴら。栄養たっぷり上、よく噛んで食べるので、お腹も満足。お財布にも優しいアイディア料理です。

皮ごと調理!にんじん&れんこんのおからチヂミ

千切りにんじんとれんこんのすりおろしをたっぷり加えたヘルシーなチヂミ。野菜は皮付きのまま調理し、にんじんの葉も活用。素材をできる限り無駄なく活用したこだわりレシピです。
出典:

千切りにんじんとれんこんのすりおろしをたっぷり加えたヘルシーなチヂミ。野菜は皮付きのまま調理し、にんじんの葉も活用。素材をできる限り無駄なく活用したこだわりレシピです。

「皮ごとすりおろしスープ」で滋味深い味を堪能しよう

おろしれんこんと三つ葉のみそ汁

れんこんと生姜を皮ごとすりおろしてお味噌汁に仕立てた一品。滋味深さをゆっくりじっくり味わいましょう。温活にもおすすめです。
出典:

れんこんと生姜を皮ごとすりおろしてお味噌汁に仕立てた一品。滋味深さをゆっくりじっくり味わいましょう。温活にもおすすめです。

とろろ汁

大和芋を使ったとろろ汁。皮ごとすりおろせば、香ばしく奥行き深い味わい。さっぱりしているけれど、白味噌や卵黄のコクもあって、食べ応えもあります。こちらは、冷やしてツルッといただくのが美味しいですよ。
出典:

大和芋を使ったとろろ汁。皮ごとすりおろせば、香ばしく奥行き深い味わい。さっぱりしているけれど、白味噌や卵黄のコクもあって、食べ応えもあります。こちらは、冷やしてツルッといただくのが美味しいですよ。

カボチャの和風ポタージュ

皮が硬いカボチャもしっかり火を通せば柔らかくなりますし、ミキサーで攪拌すれば、滑らかで消化に優しいポタージュになります。お好みで温めても冷やしてもOK。和風仕立てで優しい味わいです。
出典:

皮が硬いカボチャもしっかり火を通せば柔らかくなりますし、ミキサーで攪拌すれば、滑らかで消化に優しいポタージュになります。お好みで温めても冷やしてもOK。和風仕立てで優しい味わいです。

ちょっと意識を変えるだけ。大切な食材をありがたくいただきましょう

今こそエコで幸せな循環を*皮まで余さずいただく《野菜料理アイデアレシピ帖》
出典:
日頃、無意識に捨ててしまいがちな野菜の皮。ちょっと意識を変えるだけで、新しい味覚に辿り着けることが分かりますよね。残留農薬などが気になる場合は、有機野菜を買うようにすると安心です。それでも余ってしまう皮、芯、ヘタ、筋などは、ちょこちょこ冷凍しておいて、まとめて煮出してスープストックを作るという手もあります。これはシチューやカレーの出汁にも使えてとても便利!

料理を楽しむ過程で少しずつ意識を変えて行けたら、きっと良い循環に繋がっていく気がします。本記事を参考に、皮まで余すことなく、おいしくありがたくいただきましょう。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play