季節のお酒を楽しみながら。夏のひんやりおつまみ20選

季節のお酒を楽しみながら。夏のひんやりおつまみ20選

のど越し爽やかなビールに、見た目もおしゃれなサングリア、きりりと冷やした日本酒…もうすぐ、冷たいお酒がおいしい夏の季節がやってきます!こだわりのお酒に合わせるなら、やっぱり夏らしさを感じられるおつまみを選びたいもの。特になかなか外に出られない今だからこそ、せっかくのお酒の時間を思い切り楽しみたいですよね。そこで今回は、夏のお酒にぴったりな、ひんやりおつまみのレシピを20選ご紹介します。お酒の種類ごとにお伝えしているので、「飲んでみたい!」というお酒も要チェックですよ♪2021年07月01日作成

カテゴリ:
グルメ
キーワード
レシピ簡単レシピおつまみレシピ夏レシピ家飲み
お気に入り数278

今年の夏は楽しく涼しいおうち飲み♪

季節のお酒を楽しみながら。夏のひんやりおつまみ20選
出典:unsplash.com
夏が近づいてきているのを肌で感じる今日この頃。汗をかきながら熱い料理をいただくのもいいですが、クーラーを利かせた部屋で冷たいおつまみを食べるのも、ちょっとした贅沢なひとときですよね。とはいえ、一口に冷たいおつまみと言っても、あっさり爽やかに食べられるものから、スタミナをつけてくれるメイン料理、ホッと落ち着く甘いデザートまでさまざま。あなたが飲みたいお酒にぴったりな一品を見つけて、心も身体もリフレッシュしましょう!

暑さを吹き飛ばす苦味とキレ【ビールに合うレシピ】

季節のお酒を楽しみながら。夏のひんやりおつまみ20選
出典:unsplash.com
夏のお酒といえば、やっぱりビール!日本のご家庭でよく飲まれるラガービールは、さっぱりとした味わいにほのかな苦味、そして強い炭酸が特徴。夏の暑さを吹き飛ばしてくれる、キレとのど越しを楽しめるお酒です。唐揚げなど脂っこいものにも合いますが、ニンニクなどの風味の強い味わいや、辛味のあるお料理にもぴったり。食欲も引き出してくれますよ。

魅惑のもちプル食感♪さっぱり水餃子

ビールのおともにぴったりなおつまみ、餃子。焼き餃子や揚げ餃子も合いますが、夏には冷やし水餃子にして、さっぱりいただきましょう!ポイントはゆでた後に冷水で締め、もちもち&プルプル食感にすること。そこにニンニクやごま油の風味を効かせたタレと、お好みの薬味をたっぷりかけてお召し上がりください♪
出典:

ビールのおともにぴったりなおつまみ、餃子。焼き餃子や揚げ餃子も合いますが、夏には冷やし水餃子にして、さっぱりいただきましょう!ポイントはゆでた後に冷水で締め、もちもち&プルプル食感にすること。そこにニンニクやごま油の風味を効かせたタレと、お好みの薬味をたっぷりかけてお召し上がりください♪

辛味とビールの相性が◎冷やし坦々そうめん

夏の食欲がない時、強い味方になってくれるそうめん。アレンジも自在で、お酒のおつまみとしても楽しむことができます。ビールと合わせるなら、冷やし坦々そうめんがおすすめ!濃厚な辛味をビールで流し込むことで、さっぱりといただきつつ旨味もしっかり感じられ、次の一口、また次の一口と箸が進んでしまいます。
出典:

夏の食欲がない時、強い味方になってくれるそうめん。アレンジも自在で、お酒のおつまみとしても楽しむことができます。ビールと合わせるなら、冷やし坦々そうめんがおすすめ!濃厚な辛味をビールで流し込むことで、さっぱりといただきつつ旨味もしっかり感じられ、次の一口、また次の一口と箸が進んでしまいます。

赤も白もしっかり冷やして【ワインに合うレシピ】

季節のお酒を楽しみながら。夏のひんやりおつまみ20選
出典:unsplash.com
夏に飲むワインと言えば、きりりと冷やした白ワインをイメージする方も多いかもしれません。実は、赤ワインも冷やすと違った一面を見せてくれることをご存じですか?冷やしすぎると渋味が出てきてしまうので、飲む前に少し冷やしておくだけでOK。ワインごとの味わいの輪郭をよりはっきりと引き立たせてくれます。そんな冷やした赤・白ワインに合わせるおつまみは、味の濃淡・香り・甘口辛口など、その輪郭に合うかどうかをチェックしてみてください。

好みの具材で酸味の効いたマリネを♪ゼビーチェ

ゼビーチェは、ペルーやメキシコなどで食べられるマリネ料理。白身魚・エビ・タコなどに、たっぷりのレモンやライムをしぼり、みじん切りの玉ねぎやトマトを加えます。柑橘類の風味を全体に利かせているため、酸味やフルーティーな香りのあるワインにぴったり。盛り付け方にこだわれば、立派なパーティー料理にもなります。
出典:

ゼビーチェは、ペルーやメキシコなどで食べられるマリネ料理。白身魚・エビ・タコなどに、たっぷりのレモンやライムをしぼり、みじん切りの玉ねぎやトマトを加えます。柑橘類の風味を全体に利かせているため、酸味やフルーティーな香りのあるワインにぴったり。盛り付け方にこだわれば、立派なパーティー料理にもなります。

赤ワインにも白ワインにも◎冷製パスタ

こちらは野菜をたっぷり煮込む料理「ラタトゥイユ」を使った冷製パスタのレシピです。ポイントは、塩気の強い生ハムと風味豊かなフレッシュバジルを使うこと。生ハムの塩気が全体をまとめてくれ、バジルの風味がアクセントになってくれます。赤ワインにも白ワインにもよく合ってくれますよ。
出典:

こちらは野菜をたっぷり煮込む料理「ラタトゥイユ」を使った冷製パスタのレシピです。ポイントは、塩気の強い生ハムと風味豊かなフレッシュバジルを使うこと。生ハムの塩気が全体をまとめてくれ、バジルの風味がアクセントになってくれます。赤ワインにも白ワインにもよく合ってくれますよ。

おしゃれな食卓に合わせて【スパークリングワインに合うレシピ】

季節のお酒を楽しみながら。夏のひんやりおつまみ20選
出典:unsplash.com
パーティーなどにもってこいの華やかなお酒、スパークリングワイン。どんな料理にも合わせやすいと言われ、ペアリングに困った時にもおすすめです。酸味と炭酸のおかげで揚げ物にもぴったりですし、味の濃い料理なら口の中をすっきりとさせてくれ、和風のあっさりとした味付けでも互いを遮りません。ただし普通のワインと同様、味わいと香りの傾向が合うおつまみを追求してみると、よりおいしいペアリングを見つけられますよ。

和の味付けもよく合います◎ズッキーニの揚げびたし

ナスの揚げびたしというと、夏のおつまみとして親しんでいる方も多いですよね。時には同じく夏が旬のズッキーニを使って、一味違った揚げびたしに挑戦してみませんか?やさしい味わいのズッキーニは、和風の味付けにもぴったり♪スパークリングワインの酸味のおかげで油を感じないので、すっきりいただけますよ。
出典:

ナスの揚げびたしというと、夏のおつまみとして親しんでいる方も多いですよね。時には同じく夏が旬のズッキーニを使って、一味違った揚げびたしに挑戦してみませんか?やさしい味わいのズッキーニは、和風の味付けにもぴったり♪スパークリングワインの酸味のおかげで油を感じないので、すっきりいただけますよ。

旬の枝豆を涼やかに楽しむ♪コンソメ・ジュレ

フレンチなどによく登場するジュレですが、市販のコンソメでも簡単につくることができます。中に入れる具材は、旬の枝豆や見た目も鮮やかになるエビがおすすめ。ジュレの中に具材を浮かばせると、見ているだけで涼しい気分にしてくれます。さらに、ジュレの食感とスパークリングワインの泡は、口の中で合わさると新しいマリアージュを見せてくれますよ♪
出典:

フレンチなどによく登場するジュレですが、市販のコンソメでも簡単につくることができます。中に入れる具材は、旬の枝豆や見た目も鮮やかになるエビがおすすめ。ジュレの中に具材を浮かばせると、見ているだけで涼しい気分にしてくれます。さらに、ジュレの食感とスパークリングワインの泡は、口の中で合わさると新しいマリアージュを見せてくれますよ♪

爽やか&フルーティーに楽しめる【サングリアに合うレシピ】

季節のお酒を楽しみながら。夏のひんやりおつまみ20選
出典:unsplash.com
サングリアは、スペインやポルトガルで生まれた一種のワインカクテル。赤ワインや白ワインにたっぷりの果物とお好みのスパイスを入れ、一晩漬けこみます。そのままでも、炭酸水を加えてさらに飲みやすくしてもOK!自分なりのアレンジができるのも魅力のひとつです。ワインにフルーツの甘さやジューシーさ、スパイスの風味が移るため、その風味に合わせたおつまみがマッチします。

スパイスの風味がポイント!ヨーグルトサラダ

サングリアには、フルーツだけでなくスパイスを入れることもあります。そのスパイスの風味にもピッタリなのが「ライタ」です。「ライタ」とは、インドでよくカレーと一緒に食べられるヨーグルトサラダのこと。こちらのレシピではクミンとチリを加えており、一味違ったアクセントになっています。サングリアのフルーティーさや甘味にもよく合いますよ♪
出典:

サングリアには、フルーツだけでなくスパイスを入れることもあります。そのスパイスの風味にもピッタリなのが「ライタ」です。「ライタ」とは、インドでよくカレーと一緒に食べられるヨーグルトサラダのこと。こちらのレシピではクミンとチリを加えており、一味違ったアクセントになっています。サングリアのフルーティーさや甘味にもよく合いますよ♪

ジューシーな桃がたまらない♪カプレーゼ

桃といえば秋という印象がありますが、実は品種によっては夏に最盛期を迎えるものもある、長く楽しめる果物です。そこで夏においしく食べられる桃を見つけたら、カプレーゼにしてみませんか?トマトを使うことの多いカプレーゼですが、桃を使ってもバツグン。むしろ桃の甘さで塩気やオリーブの香りが引き立てられ、サングリアにもぴったりな一品になります。
出典:

桃といえば秋という印象がありますが、実は品種によっては夏に最盛期を迎えるものもある、長く楽しめる果物です。そこで夏においしく食べられる桃を見つけたら、カプレーゼにしてみませんか?トマトを使うことの多いカプレーゼですが、桃を使ってもバツグン。むしろ桃の甘さで塩気やオリーブの香りが引き立てられ、サングリアにもぴったりな一品になります。

どんなシーンにも料理にもぴったり【ハイボールに合うレシピ】

季節のお酒を楽しみながら。夏のひんやりおつまみ20選
出典:unsplash.com
お好みのウィスキーを、お好みの分量の炭酸水で割ってつくるハイボール。非常に飲みやすいためどんな料理にも合わせやすく、近年特に人気が高まっていますよね。おつまみ選びの際には、ウィスキーならではの香りを引き立てることを考えてみましょう。特徴的な香りや風味のおつまみを探して、新しいペアリングの扉を開いてみてください!

スモーキーなウィスキーに合わせて。カツオのたたき

スモーキーさを感じるウィスキーが手に入ったら、おつまみも同じ風味を感じられるものを選んでみましょう。例えば、カツオのたたきです。炙られた表面の風味がウィスキーによく合い、たっぷりの薬味と炭酸のキレで後味もさっぱり。意外な組み合わせに思われるかもしれませんが、ぜひ一度試してみてくださいね♪
出典:

スモーキーさを感じるウィスキーが手に入ったら、おつまみも同じ風味を感じられるものを選んでみましょう。例えば、カツオのたたきです。炙られた表面の風味がウィスキーによく合い、たっぷりの薬味と炭酸のキレで後味もさっぱり。意外な組み合わせに思われるかもしれませんが、ぜひ一度試してみてくださいね♪

焼きもろこしとベーコンの風味がおいしい!ポテトサラダ

夏らしいポテトサラダを作るなら、バター醤油で香ばしく焼き上げた、旬のとうもろこしを加えてみて。さらにベーコンにチーズも混ぜ込めば、うま味の凝縮された濃厚な味わいが楽しめます。ハイボールの風味と喧嘩することはなく、むしろ炭酸が後味をさっぱりとさせ、次の一口を誘います。
出典:

夏らしいポテトサラダを作るなら、バター醤油で香ばしく焼き上げた、旬のとうもろこしを加えてみて。さらにベーコンにチーズも混ぜ込めば、うま味の凝縮された濃厚な味わいが楽しめます。ハイボールの風味と喧嘩することはなく、むしろ炭酸が後味をさっぱりとさせ、次の一口を誘います。

誰にとっても飲みやすい【サワー・チューハイに合うレシピ】

季節のお酒を楽しみながら。夏のひんやりおつまみ20選
出典:unsplash.com
サワーとは、無色・無香のスピリッツにフルーツ果汁やシロップを加え、炭酸水で割ったもの。チューハイとも呼ばれ、居酒屋でよく飲むという方も多いのではないでしょうか。最近ではスーパーやコンビニで多種多様な商品が販売され、味わいも豊富。基本的に炭酸のおかげでさわやかな飲み口のため、どんなおつまみにもマッチします。酸味や塩気がしっかりあるものは、サワーの風味も引き立ててくれて特によく合いますよ。

見た目も楽しく!夏野菜のピクルス

前菜としても、少しずつつまんで食べるのにも便利なおつまみ、ピクルス。夏には季節ならではの野菜を使って、彩りにも気を使ってみましょう。きゅうり、ヤングコーン、パプリカ…夏にはピクルスにするのが楽しくなる、鮮やかな野菜がいっぱい♪好みの野菜を選んで漬けるだけ、と簡単なレシピなので、ぜひお気軽に試してみてくださいね。
出典:

前菜としても、少しずつつまんで食べるのにも便利なおつまみ、ピクルス。夏には季節ならではの野菜を使って、彩りにも気を使ってみましょう。きゅうり、ヤングコーン、パプリカ…夏にはピクルスにするのが楽しくなる、鮮やかな野菜がいっぱい♪好みの野菜を選んで漬けるだけ、と簡単なレシピなので、ぜひお気軽に試してみてくださいね。

レモンサワーなど柑橘系にぴったり◎南蛮漬け

夏の定番おかずや常備菜としても親しまれている、南蛮漬け。こちらは夏にもおいしいイワシと、たっぷりの野菜でつくるレシピです。甘酢をしっかりからめれば、サワーの爽やかさや甘さにもマッチ。特にレモンサワーなど柑橘系のサワーによく合います。
出典:

夏の定番おかずや常備菜としても親しまれている、南蛮漬け。こちらは夏にもおいしいイワシと、たっぷりの野菜でつくるレシピです。甘酢をしっかりからめれば、サワーの爽やかさや甘さにもマッチ。特にレモンサワーなど柑橘系のサワーによく合います。

冷やしておいしく楽しめる【夏酒に合うレシピ】

季節のお酒を楽しみながら。夏のひんやりおつまみ20選
出典:unsplash.com
「夏酒」とは、夏においしく飲める日本酒のこと。ワインのように酸味の感じられるスッキリ系から、ロックで飲みたくなる濃厚系、さわやかに楽しめるスパークリング日本酒まで、決まった定義はなくさまざまなお酒のことを指します。ただし共通しているのが、蔵元が夏という季節に合わせて作ったお酒であるということ。季節の食材をたっぷり使える料理を選んで、お酒からもおつまみからも季節感を味わいましょう!

ゴマの濃厚な風味が活きる!豚のしゃぶしゃぶ

夏に食べるおつまみは、スタミナのつくものだと嬉しいですよね。そこで、日本酒の中でも濃厚な味わいのものにペアリングする時は、ゴマみそダレの豚しゃぶしゃぶはいかが?濃厚な手作りのゴマダレが全体をまとめてくれ、濃厚な日本酒にもぴったり。あっさりお肉を食べられるだけでなく、たっぷりの野菜も取れ、明日を頑張る元気を取り戻してくれるかもしれません。
出典:

夏に食べるおつまみは、スタミナのつくものだと嬉しいですよね。そこで、日本酒の中でも濃厚な味わいのものにペアリングする時は、ゴマみそダレの豚しゃぶしゃぶはいかが?濃厚な手作りのゴマダレが全体をまとめてくれ、濃厚な日本酒にもぴったり。あっさりお肉を食べられるだけでなく、たっぷりの野菜も取れ、明日を頑張る元気を取り戻してくれるかもしれません。

冷えてもおいしい汁物をシメに♪粕汁

粕汁とは、日本酒などのもろみを絞った後に残る酒粕を溶いた汁物のこと。冬に身体を温める飲み物としても愛されていますが、夏には冷やして楽しむのがおすすめ。すいすい飲めて、冷たいお酒を飲みすぎた体をあたためてくれますよ。アルコールは飛んでも、そのうま味や風味が残っており、日本酒にもよく合います。
出典:

粕汁とは、日本酒などのもろみを絞った後に残る酒粕を溶いた汁物のこと。冬に身体を温める飲み物としても愛されていますが、夏には冷やして楽しむのがおすすめ。すいすい飲めて、冷たいお酒を飲みすぎた体をあたためてくれますよ。アルコールは飛んでも、そのうま味や風味が残っており、日本酒にもよく合います。

実は夏の風物詩でした♪【甘酒に合うレシピ】

冬や春に飲む印象の強い、甘酒。実は江戸時代、「甘酒売り」は夏の季語とされていました。暑い夏、安心・安全の水分補給として、また簡単な栄養補給として、気軽に買える日常的な飲み物だったんです。そんな甘酒は、夏にはよく冷やして飲むのがおすすめ。濃厚な味わいのため、おつまみにも味の濃いものを合わせましょう。

塩気と甘酒の甘みがマッチ。味噌漬けクリームチーズ

角切りにしたクリームチーズを、みりんと合わせた味噌で包むだけでできる、カンタンおつまみです。漬け込み終えたクリームチーズはうま味が増し、より濃厚な味わいに。甘酒のやさしい甘味と合わせると、強い塩気と風味が活き、お互いを引き立て合ってくれます。
出典:

角切りにしたクリームチーズを、みりんと合わせた味噌で包むだけでできる、カンタンおつまみです。漬け込み終えたクリームチーズはうま味が増し、より濃厚な味わいに。甘酒のやさしい甘味と合わせると、強い塩気と風味が活き、お互いを引き立て合ってくれます。

冷たい和のデザート♪みたらし白玉

みたらしの甘じょっぱさは、甘酒にぴったり!こちらのレシピは、たれをレンジ調理で簡単にしているのがポイント。白玉に豆腐を使うことで柔らかく仕上げており、時間が経っても冷やしても、やわらかい食感が楽しめます。お好みで砂糖の量も調整できますよ♪
出典:

みたらしの甘じょっぱさは、甘酒にぴったり!こちらのレシピは、たれをレンジ調理で簡単にしているのがポイント。白玉に豆腐を使うことで柔らかく仕上げており、時間が経っても冷やしても、やわらかい食感が楽しめます。お好みで砂糖の量も調整できますよ♪

デザートがおしゃれに活きる♪【果実酒に合うレシピ】

季節のお酒を楽しみながら。夏のひんやりおつまみ20選
出典:unsplash.com
なじみの深い梅酒から、ハーブやスパイスと一緒に漬け込んだもの、濃厚な果肉を残して食感も味わえるものまで、さまざまな商品が登場している果実酒。アレンジが自在で、夏にはサイダーで割るもよし、簡単にカクテルをつくるもよし。色も鮮やかなので、そこにあるだけでテーブルの上を華やかにしてくれます。そんな果実酒のを活かすなら、おつまみは「フルーツにも合うかどうか」をポイントにして選ぶと自然とマッチしますよ。

果実感のあるお酒とともに。ヨーグルトアイス

夏のアイスクリームは、ひと手間加えてさっぱりといただきましょう。こちらのレシピは、市販のバニラアイスにプレーンヨーグルトを混ぜるだけの簡単デザート。ヨーグルトを混ぜることでほどよい酸味が加わり、食べやすく軽い口当たりに。果実酒のソーダ割やカクテルにも合いますが、濃厚な果実酒をそのままかけて召し上がると、より大人の味が楽しめますよ。
出典:

夏のアイスクリームは、ひと手間加えてさっぱりといただきましょう。こちらのレシピは、市販のバニラアイスにプレーンヨーグルトを混ぜるだけの簡単デザート。ヨーグルトを混ぜることでほどよい酸味が加わり、食べやすく軽い口当たりに。果実酒のソーダ割やカクテルにも合いますが、濃厚な果実酒をそのままかけて召し上がると、より大人の味が楽しめますよ。

ココナッツミルクで風味豊か♪レアチーズケーキ

チーズケーキにベリー系のソースをかけて楽しむように、ベリー系の果実酒にはチーズケーキを合わせてみませんか?こちらはゼラチンで冷やし固めるタイプの、夏にぴったりなレシピ。ココナッツミルクを入れることで、一味違ったコクのある味わいになっています♪
出典:

チーズケーキにベリー系のソースをかけて楽しむように、ベリー系の果実酒にはチーズケーキを合わせてみませんか?こちらはゼラチンで冷やし固めるタイプの、夏にぴったりなレシピ。ココナッツミルクを入れることで、一味違ったコクのある味わいになっています♪

食後の大人の嗜み【コーヒーリキュールに合うレシピ】

季節のお酒を楽しみながら。夏のひんやりおつまみ20選
出典:unsplash.com
濃厚な風味が閉じ込められた、コーヒーリキュール。甘くて飲みやすいと女性にも人気のお酒ですが、しっかり苦味が感じられ、食後のお口直しにぴったりです。夏にコーヒーリキュールを楽しむなら、さわやかなおいしさの「コーヒートニック」や、コーヒーリキュールをウーロン茶や紅茶で割るカクテルなどがおすすめ。コーヒー好きさんの食後の嗜みとして、コーヒー味のデザートと合わせてみてください!

食後をひんやり爽やかに♪コーヒーかき氷

おうちにかき氷機がある方は、ほろにがいコーヒー味のかき氷を試してみて。こちらはシロップの代わりに、濃いコーヒーとコーヒーリキュールを回しかけるレシピ。小豆やパイナップルなど、氷の間にフルーツを入れることでアクセントにしています。お酒をたっぷり使っているので、お酒に弱い方はご注意くださいね。
出典:

おうちにかき氷機がある方は、ほろにがいコーヒー味のかき氷を試してみて。こちらはシロップの代わりに、濃いコーヒーとコーヒーリキュールを回しかけるレシピ。小豆やパイナップルなど、氷の間にフルーツを入れることでアクセントにしています。お酒をたっぷり使っているので、お酒に弱い方はご注意くださいね。

ビターな大人の味。こだわりコーヒーゼリー

コーヒー好きさんにとっての至高のデザート、コーヒーゼリー。コーヒーだけでなく、コーヒーリキュールを加えることで、さらに苦味が深まって通好みの味わいになります。炭酸との組み合わせもいいので、ぜひコーヒートニックなどと合わせて楽しんでみてください♪
出典:

コーヒー好きさんにとっての至高のデザート、コーヒーゼリー。コーヒーだけでなく、コーヒーリキュールを加えることで、さらに苦味が深まって通好みの味わいになります。炭酸との組み合わせもいいので、ぜひコーヒートニックなどと合わせて楽しんでみてください♪

【番外編】夏のお酒を楽しむ3つのコツ

①夏色のお酒を用意しよう!

季節のお酒を楽しみながら。夏のひんやりおつまみ20選
出典:unsplash.com
夏に飲むお酒は、やっぱり夏だからこそ楽しめるものがいいですよね。そこでお勧めしたいのが、お酒自体の色にこだわって選んでみること。ワインやリキュール、日本酒などの中には、夏にぴったりな色をしたお酒がたくさんあります。
清藍 せいらん 日本酒に青い天然ハーブを加えたお酒 500ml
この商品を見る
出典:www.amazon.co.jp

例えば、こちらは青い色をした日本酒!バタフライピーを使っているため、レモンなどを加えると色が紫色に変化し、見た目からも楽しめるお酒です。ワイングラスに入れても、カクテルにしても、テーブルを涼しげに彩ってくれますよ。

清藍 せいらん 日本酒に青い天然ハーブを加えたお酒 500ml
1,680円〜(税込)
※価格等が異なる場合がございます。最新の情報は各サイトをご参照ください。
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピング
で詳細を見る

②フローズンフルーツを作ってみよう!

季節のお酒を楽しみながら。夏のひんやりおつまみ20選
出典:unsplash.com
どんなお酒を飲む時にも、入れると夏の風を感じさせてくれるのがフローズンフルーツです。作り方は簡単、好みのフルーツをグラスに入る大きさに切り分け、冷凍庫で凍らせるだけ。あとはお酒を飲む時に、上手に飾り付けてみてください♪レモン、ライムといった定番から、見た目がぐっとかわいくなるブルーベリーやイチゴなどのベリー系、食べ応えも楽しめるマンゴーやパイン…せっかくなら、お酒の色に合うフルーツを選んでみてくださいね。

③ハーブを使うとよりさわやかに♪

季節のお酒を楽しみながら。夏のひんやりおつまみ20選
出典:unsplash.com
特に食欲がない時や、さっぱりした気分になりたい時は、ハーブを使ってみてはいかがでしょうか。モヒートに代表されるミントをはじめ、ジュースにも使われるシソ、さわやかな香りのローズマリー…サワーやカクテル、果実酒などとの相性がよいので、自分好みの組み合わせを探してみてくださいね。

夏のお酒は、身体を冷やしすぎないようご注意を!

季節のお酒を楽しみながら。夏のひんやりおつまみ20選
出典:unsplash.com
食べ物も飲み物も、ひんやりしたものを選びがちな夏の季節。時には暑さで疲れがたまり、体調が悪いこともあるでしょう。自分の身体としっかり相談をしながら、その時にぴったりなお酒とおつまみを上手に選んで、無理なくおうち飲みを楽しんでくださいね!

写真提供と関連リンク

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play