卵は春が旬!?お気に入りの「卵焼き」レシピを探してみよう

卵は春が旬!?お気に入りの「卵焼き」レシピを探してみよう

卵は年間を通して安定的に食べられる食材ではありますが、有精卵は冬に産卵数が減る冬から春にかけて産む卵が旬とされています。平飼いでのこだわり飼育の有精卵を食べるなら、春がベスト!家庭料理としても馴染み深い「卵焼き」のレシピを改めて振り返って作ってみませんか?2021年04月02日作成

カテゴリ:
グルメ
キーワード
レシピ卵料理玉子焼き家庭料理
お気に入り数639

卵は春が旬?

卵は春が旬!?お気に入りの「卵焼き」レシピを探してみよう
出典:unsplash.com
現代の食用の無精卵は、年間を通してほぼ質が安定していますが、鶏の原種の産卵は、ほぼ春に限られていたのだとか。そのためか、特に有精卵は産む間隔が長くなる冬から春にかけてが旬とされています。平飼いでのこだわり飼育の有精卵を食べるなら、春がベストシーズンのようです。

七十二候にも残る「鶏の産卵時期」を示す言葉

卵は春が旬!?お気に入りの「卵焼き」レシピを探してみよう
出典:unsplash.com
かつて一年の季節の区切りを示すために使われた二十四節気をさらに細かく分けた七十二候で、冬の最後に当たるのが「鶏始乳 (にわとりはじめてとやにつく)」という言葉です。これは大体1/30~2/3頃の事で「鶏が卵を生み始める」という意味で、この時期が終われば二十四節気では冬が終わり春の始まりである「立春」が巡ってきます。

卵は、アクティブな季節の栄養補給にもぴったり!

「アミノ酸スコア」でも優れる卵の栄養価

卵は春が旬!?お気に入りの「卵焼き」レシピを探してみよう
出典:unsplash.com
食べ物に含まれる9種類の「必須アミノ酸」がバランス良く含まれているかどうかを示すための指標として、「アミノ酸スコア」があります。必須アミノ酸は全ての種類がバランスよく含まれないとタンパク質を作るための働きをうまくこなせません。卵のアミノ酸スコアは100といわれていて、これはタンパク質としてバランスが良い事を示します。

アクティブな季節は良質なタンパク質を

卵は春が旬!?お気に入りの「卵焼き」レシピを探してみよう
出典:unsplash.com
暖かくなって、筋トレやジョギングなど、体を動かしたくなる季節。筋力アップのためにも良質なタンパク質はしっかりと摂りたいところ。そんな意味でも、卵は春にぴったりの食材といえるかもしれません。

地域差の影響が大きい「卵焼き」の味付けの好み

東日本は「甘じょっぱい」、西日本は「出汁を味わう」傾向

家庭ごとに卵焼きの味付けが異なりますが、地域によっても傾向が別れます。関東地方を中心とした東日本は、砂糖をしっかり使ってをかけたりもする、江戸前料理に多かった「甘じょっぱい卵焼き」が好まれる事が多く、西日本でも特に近畿地方は、京料理や上方料理の味付けの基本で「出汁を味わうだし巻き」が人気の傾向があります。

味付け別おすすめの卵焼きレシピ

色がきれいに仕上がるのは「塩味の卵焼き」

甘じょっぱい味付けの卵焼きはごはんがよく進みますが、砂糖を多くするとメイラード反応で茶色い焼色がつきやすくなり、しょうゆが多いレシピも茶色になりがちです。行楽のお弁当など「きれいな色の卵焼き」が作りたい場合は、塩で味付けするレシピが向いています。そのときの気分や用途で使い分けするのがおすすめです。
出典:

甘じょっぱい味付けの卵焼きはごはんがよく進みますが、砂糖を多くするとメイラード反応で茶色い焼色がつきやすくなり、しょうゆが多いレシピも茶色になりがちです。行楽のお弁当など「きれいな色の卵焼き」が作りたい場合は、塩で味付けするレシピが向いています。そのときの気分や用途で使い分けするのがおすすめです。

色も味わいも上品な「だし巻き卵」

「塩味の物よりもっと淡くきれいな色の卵焼きが作りたい」と思ったとき挑戦して欲しいのが「だし巻き」です。出汁が入る分ちょっと難しくなりますが、ふわふわとした口当たりが上品でやさしい味がします。
出典:

「塩味の物よりもっと淡くきれいな色の卵焼きが作りたい」と思ったとき挑戦して欲しいのが「だし巻き」です。出汁が入る分ちょっと難しくなりますが、ふわふわとした口当たりが上品でやさしい味がします。

冷めてもふわふわの「甘い卵焼き」

シンプルな卵焼きは、焼き立てはおいしいけれど冷めるとかたくなる…というのが気になる事も。そんなときにおすすめなのが、こちらの甘い卵焼きレシピ。冷凍してもやわらかさをキープするための工夫が凝らされています。
出典:

シンプルな卵焼きは、焼き立てはおいしいけれど冷めるとかたくなる…というのが気になる事も。そんなときにおすすめなのが、こちらの甘い卵焼きレシピ。冷凍してもやわらかさをキープするための工夫が凝らされています。

2種類の卵焼きを同時に味わう贅沢レシピ

こちらはなんと、甘くてかための卵焼きとふんわりとした甘みのない卵焼きを交互に巻いて作るハイブリッド卵焼き。どんな味わいになるのか、ぜひ一度試して見て下さい。
出典:

こちらはなんと、甘くてかための卵焼きとふんわりとした甘みのない卵焼きを交互に巻いて作るハイブリッド卵焼き。どんな味わいになるのか、ぜひ一度試して見て下さい。

専用の卵焼き器が無い場合の参考レシピ

丸いフライパンでも作れる卵焼き

丸いフライパンで卵焼きを作ると「端っこ」ができてしまうのが気になる人には、このレシピがおすすめです。「薄く焼いた卵の端を畳んでから巻く」という手順できれいな形に仕上げることができます。
出典:

丸いフライパンで卵焼きを作ると「端っこ」ができてしまうのが気になる人には、このレシピがおすすめです。「薄く焼いた卵の端を畳んでから巻く」という手順できれいな形に仕上げることができます。

彩りや風味を楽しむ卵+αのアレンジレシピ

色合いが春らしい明太子の卵焼き

切り口のピンク色が春の花を思わせる卵焼き。色のアクセントにもなるチーズとの組み合わせは、味の相性もばっちりです。
出典:

切り口のピンク色が春の花を思わせる卵焼き。色のアクセントにもなるチーズとの組み合わせは、味の相性もばっちりです。

食感が楽しい♪卵液にたらこを混ぜ込んだ卵焼き

こちらは同じピンク色の彩りが加わった卵焼きですが、溶き卵にたらこと大葉を混ぜ込む方法なので焼くときに芯に巻き込むよりもより気楽に挑戦できます。プチプチとした食感もポイントです。
出典:

こちらは同じピンク色の彩りが加わった卵焼きですが、溶き卵にたらこと大葉を混ぜ込む方法なので焼くときに芯に巻き込むよりもより気楽に挑戦できます。プチプチとした食感もポイントです。

お花を形どったウインナー入りのかわいい卵焼き

こちらは中にウインナーを巻いて焼き上がった後、お箸などでお花の形に整えています。ひと手間かかりますが、お弁当やおもてなしだけでなく、いつもの食卓に季節感を出したいときにも手軽に作れるので覚えておくと便利です。
出典:

こちらは中にウインナーを巻いて焼き上がった後、お箸などでお花の形に整えています。ひと手間かかりますが、お弁当やおもてなしだけでなく、いつもの食卓に季節感を出したいときにも手軽に作れるので覚えておくと便利です。

旬の春キャベツと合わせた卵焼き

ベーコンのピンク色と春キャベツの緑色が卵の黄色によく映える、春らしい彩りのレシピ。いただくときに旬を感じられるのがいいですね。他にも、細かく刻んだアスパラを入れたり、季節の食材を組み合わせて応用してみましょう。
出典:

ベーコンのピンク色と春キャベツの緑色が卵の黄色によく映える、春らしい彩りのレシピ。いただくときに旬を感じられるのがいいですね。他にも、細かく刻んだアスパラを入れたり、季節の食材を組み合わせて応用してみましょう。

出汁の風味を楽しむ菜の花入りの卵焼き

青菜を芯に巻く卵焼きは定番ですが、菜の花を使えるのは期間限定のお楽しみ。手軽な顆粒だしを使っていますが、出汁を合わせる事で味付けのバランスがよくなり、青菜がよりおいしく食べられます。
出典:

青菜を芯に巻く卵焼きは定番ですが、菜の花を使えるのは期間限定のお楽しみ。手軽な顆粒だしを使っていますが、出汁を合わせる事で味付けのバランスがよくなり、青菜がよりおいしく食べられます。

ハーブとチーズが香る♪白ワインに合うフレンチ風卵焼き

手軽なお惣菜の卵焼きが、白ワインによく合うおつまみになる驚きのレシピ。プロバンス風のハーブミックスとすりおろしチーズが味付けのポイントです。
出典:

手軽なお惣菜の卵焼きが、白ワインによく合うおつまみになる驚きのレシピ。プロバンス風のハーブミックスとすりおろしチーズが味付けのポイントです。

ガトー・インビジブル風の3色卵焼き

フランス生まれのケーキ「ガトー・インビジブル」のようなオーブンで焼く卵焼きのレシピ。時間はかかりますが手順自体はシンプルなので、おもてなしやお花見パーティーの一品にもおすすめです。
出典:

フランス生まれのケーキ「ガトー・インビジブル」のようなオーブンで焼く卵焼きのレシピ。時間はかかりますが手順自体はシンプルなので、おもてなしやお花見パーティーの一品にもおすすめです。

定番おかず「卵焼き」ちょっぴり季節を意識してみよう

現代では卵は手軽な食材ですが、かつては貴重品で春の訪れを告げる存在でした。馴染み深い、家庭料理のベーシックともいえる卵焼きですが、ぜひ一度ちょっぴり季節を意識をして味わってみて下さい。
出典:

現代では卵は手軽な食材ですが、かつては貴重品で春の訪れを告げる存在でした。馴染み深い、家庭料理のベーシックともいえる卵焼きですが、ぜひ一度ちょっぴり季節を意識をして味わってみて下さい。

現代では卵は手軽な食材ですが、かつては貴重品で春の訪れを告げる存在でした。馴染み深い、家庭料理のベーシックともいえる卵焼きですが、ぜひ一度ちょっぴり季節を意識をして味わってみて下さい。

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play