1. トップ
  2. グルメ
  3. おもてなし
  4. ホームパーティー
  5. 今日はお家で洋食レストラン!簡単でおしゃれな〈3品フルコースディナー〉
今日はお家で洋食レストラン!簡単でおしゃれな〈3品フルコースディナー〉

今日はお家で洋食レストラン!簡単でおしゃれな〈3品フルコースディナー〉

記念日などでご馳走を食べたい日には、おしゃれな洋食を作ってお祝いするのも喜ばれそうですね。メインディッシュの他にオードブルとデザートの3品で作る、フルコースディナーにぴったりのレシピをたっぷりご紹介。家族や友人が喜ぶお家レストランに挑戦してみませんか。2020年02月11日作成

カテゴリ:
グルメ
キーワード
おもてなしホームパーティー洋食ハレの日
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数544

簡単おしゃれな3品のフルコースでレストラン気分に

家族や友人のお祝い事や記念日には、ご馳走が欠かせませんよね。豪華な外食も良いけれど、ささやかでも心を込めて作るお家ごはんでお祝いするのもまた嬉しいものです。
いつもよりちょっとおしゃれな洋食メニューをフルコースで作ってみるのも喜ばれそう。とはいえ「フルコース」と言うとなんだか難しそうに聞こえてしまいますよね。
今日はお家で洋食レストラン!簡単でおしゃれな〈3品フルコースディナー〉
出典:pixabay.com
西洋料理の一般的なフルコースは、前菜、スープ、魚料理、肉料理、サラダ、フルーツ、デザートの様々なメニューで構成されています。
お家で作るのであれば、前菜・スープ・サラダなどのオードブルにメインディッシュとデザートで、素敵なディナーコースと言えるでしょう。3品ならば気軽にチャレンジできそうですよね。
今日はお家で洋食レストラン!簡単でおしゃれな〈3品フルコースディナー〉
出典:pixabay.com
コースの料理それぞれには役割と意味があります。例えばオードブルは食欲を促進することが目的であり、塩味や酸味の効いたもので、量は控えめでカラフルな見た目の料理が出されるそう。
メインディッシュは最大の見せ場、主役のお皿なのでちょっぴり豪華で食べ応えのあるものを。
デザートはフランス語の「デセール=サービスの後」という意味で、最後に甘いものを食べることで胃から腸への運動を促す効果があるのだとか。
今日はお家で洋食レストラン!簡単でおしゃれな〈3品フルコースディナー〉
出典:unsplash.com
それぞれの意味や役割を踏まえながら、おしゃれでいて簡単に作れるレシピをご紹介します。特別な日に、ぜひ作ってみてくださいね。

食が進む、おしゃれなオードブル

海老とカラフル野菜のアボカドムース

アボカドムースにカラフルな野菜が映える、ビジュアルの美しい前菜はフルコースのスタートにぴったりのオードブルです。
ヨーグルト、クリームチーズでまろやかに仕上げたムースは口触りも滑らかで食も進みます。茹でたエビと刻んだ野菜を盛り付けたら、しっかり冷やしておくことがポイントだそう。
出典:

アボカドムースにカラフルな野菜が映える、ビジュアルの美しい前菜はフルコースのスタートにぴったりのオードブルです。
ヨーグルト、クリームチーズでまろやかに仕上げたムースは口触りも滑らかで食も進みます。茹でたエビと刻んだ野菜を盛り付けたら、しっかり冷やしておくことがポイントだそう。

オレンジのサラダ

次にご紹介するのは、酸味が食欲をそそるオレンジに、トレビスと紫玉ねぎを合わせたおしゃれなサラダ。
トレビスは赤チコリとも呼ばれるイタリアの野菜で、ほのかな苦味が良いアクセントです。さらにディルも加えることで、簡単でシンプルなレシピながらプロの料理のような味わい深い一皿となります。
出典:

次にご紹介するのは、酸味が食欲をそそるオレンジに、トレビスと紫玉ねぎを合わせたおしゃれなサラダ。
トレビスは赤チコリとも呼ばれるイタリアの野菜で、ほのかな苦味が良いアクセントです。さらにディルも加えることで、簡単でシンプルなレシピながらプロの料理のような味わい深い一皿となります。

まるごとトマトのサラダ

湯むきしたトマトを丸ごと使ったオードブルは、インパクトもあってテーブルでの話題も弾みそう。作り方は簡単なので、ぜひ覚えておきたいレシピの一つです。
トマトに敷いたカッテージチーズとレーズンの相性も良く、ワインビネガーのドレッシングが食欲をそそってくれますよ。
出典:

湯むきしたトマトを丸ごと使ったオードブルは、インパクトもあってテーブルでの話題も弾みそう。作り方は簡単なので、ぜひ覚えておきたいレシピの一つです。
トマトに敷いたカッテージチーズとレーズンの相性も良く、ワインビネガーのドレッシングが食欲をそそってくれますよ。

緑のガスパチョ

ガスパチョは、トマトなどの野菜とパンなどをすり潰した冷製スープです。こちらのレシピではパンやヨーグルトを使わず、濃厚なガスパチョをミキサー一つで手軽に作ることができます。
きゅうりとアボカドで作るグリーンのスープは、味だけでなく目にも爽やかですね。白ワインビネガーが無い場合はお好みの酢でも大丈夫だそうですよ。
出典:

ガスパチョは、トマトなどの野菜とパンなどをすり潰した冷製スープです。こちらのレシピではパンやヨーグルトを使わず、濃厚なガスパチョをミキサー一つで手軽に作ることができます。
きゅうりとアボカドで作るグリーンのスープは、味だけでなく目にも爽やかですね。白ワインビネガーが無い場合はお好みの酢でも大丈夫だそうですよ。

タコとグレープフルーツのカルパッチョ

ゆでタコのカルパッチョも、ひと工夫で風味豊かなオードブルに変身します。グレープフルーツとバジルを使ったこちらのレシピで、彩りも美しいサラダ仕立ての一品が完成。
タコは先にマスタードソースとあえて冷やしておき、食べる直前にグレープフルーツとバジルを加え、香りをたっぷり堪能してくださいね。
出典:

ゆでタコのカルパッチョも、ひと工夫で風味豊かなオードブルに変身します。グレープフルーツとバジルを使ったこちらのレシピで、彩りも美しいサラダ仕立ての一品が完成。
タコは先にマスタードソースとあえて冷やしておき、食べる直前にグレープフルーツとバジルを加え、香りをたっぷり堪能してくださいね。

気分も上がる、ご馳走メインディッシュ

ハーブトマトソースのロールチキン

画像のようなカラフルで華やかなロールチキンはメインディッシュにぴったりですね。パプリカやアスパラガスなど彩り良い野菜とチーズを鶏肉で巻き、トマトソースで煮込みます。
調理のポイントは、包丁で肉の厚みを均一にならしておき、バランス良く具を並べ、しっかりたこ糸で巻くこと。綺麗なソースの色に切り分けたチキンの断面が映えて、特別な一皿を演出できます。
出典:

画像のようなカラフルで華やかなロールチキンはメインディッシュにぴったりですね。パプリカやアスパラガスなど彩り良い野菜とチーズを鶏肉で巻き、トマトソースで煮込みます。
調理のポイントは、包丁で肉の厚みを均一にならしておき、バランス良く具を並べ、しっかりたこ糸で巻くこと。綺麗なソースの色に切り分けたチキンの断面が映えて、特別な一皿を演出できます。

フライパンとお湯ぽちゃでローストビーフ

おもてなし料理で人気のローストビーフ。作り方はシンプルですが、焼き加減がなかなか難しい料理でもありますよね。
こちらのレシピではロゼ色のローストビーフを作る手軽な方法が紹介されています。フライパンで表面を焼き付けた後ラップで包み、フリーザーバッグでお湯にぽちゃり。40分ほどぬるま湯になるまで置いておき、冷蔵庫で一晩寝かせます。前日に用意しておけるのも便利ですよね。ドーンと盛り付けて、ガーリックオイルと塩、お好みのドレッシングなどでどうぞ。
出典:

おもてなし料理で人気のローストビーフ。作り方はシンプルですが、焼き加減がなかなか難しい料理でもありますよね。
こちらのレシピではロゼ色のローストビーフを作る手軽な方法が紹介されています。フライパンで表面を焼き付けた後ラップで包み、フリーザーバッグでお湯にぽちゃり。40分ほどぬるま湯になるまで置いておき、冷蔵庫で一晩寝かせます。前日に用意しておけるのも便利ですよね。ドーンと盛り付けて、ガーリックオイルと塩、お好みのドレッシングなどでどうぞ。

漬けたら焼くだけ、ローストチキン

骨つきのお肉のメインディッシュは、ご馳走気分が盛り上がりますよね。こちらは豪華に見えて、とっても簡単に作ることができる嬉しいレシピです。
フォークなどで穴を開けた鶏肉をはちみつ、マスタード、醤油、にんにくに漬け込み、オーブンでこんがり焼き上げるだけ。途中で肉汁をかけながら焼くと、皮までパリっと仕上がるそうですよ。たっぷりのグリーンを添えて、レストランのような一品が完成です。
出典:

骨つきのお肉のメインディッシュは、ご馳走気分が盛り上がりますよね。こちらは豪華に見えて、とっても簡単に作ることができる嬉しいレシピです。
フォークなどで穴を開けた鶏肉をはちみつ、マスタード、醤油、にんにくに漬け込み、オーブンでこんがり焼き上げるだけ。途中で肉汁をかけながら焼くと、皮までパリっと仕上がるそうですよ。たっぷりのグリーンを添えて、レストランのような一品が完成です。

白身魚のムニエル、クリームソース

お魚好きの人には、小麦粉をまぶしてふっくら焼いたムニエルはいかがでしょうか。
画像のレシピでは鯛のムニエルに、生クリームとパルメザンチーズ、コンソメを合わせたクリーミーなソースを合わせています。ソースを作る時は、火をつける前にフライパンにバターをのせ、弱火でじっくり焦がさないように溶かしてくださいね。あっさりした白味魚に濃厚なソースが絡んで、相性抜群の一皿です。
出典:

お魚好きの人には、小麦粉をまぶしてふっくら焼いたムニエルはいかがでしょうか。
画像のレシピでは鯛のムニエルに、生クリームとパルメザンチーズ、コンソメを合わせたクリーミーなソースを合わせています。ソースを作る時は、火をつける前にフライパンにバターをのせ、弱火でじっくり焦がさないように溶かしてくださいね。あっさりした白味魚に濃厚なソースが絡んで、相性抜群の一皿です。

ロールキャベツのアクアパッツア仕立て

最後は、一皿に色々な美味しさが詰まった豪華なメインディッシュをご紹介します。画像はロールキャベツをアクアパッツァ風に煮込む、賑やかな一品です。
タネをキャベツとベーコンに包み、コンソメベースのスープで煮るだけ。ベーコンやトマト、アサリから出る出汁で、シンプルなのに旨味たっぷりのメインディッシュが完成します。
出典:

最後は、一皿に色々な美味しさが詰まった豪華なメインディッシュをご紹介します。画像はロールキャベツをアクアパッツァ風に煮込む、賑やかな一品です。
タネをキャベツとベーコンに包み、コンソメベースのスープで煮るだけ。ベーコンやトマト、アサリから出る出汁で、シンプルなのに旨味たっぷりのメインディッシュが完成します。

締めくくりの別腹デザート

フライパンでガトーショコラ

「ガトーショコラ」と聞くと難しそうに聞こえますが、意外と手軽に作ることができるお菓子。画像のレシピでは、ホットケーキミックスを使いフライパンで蒸すので、特別な材料も道具も要りません。
素材を良く混ぜココットなどに分け入れたら、フライパンの蓋を布巾で包んで熱湯で15分ほど蒸しあげます。しっとりした口触りと濃厚なチョコレートの風味がたまらないデザートをお楽しみください。
出典:

「ガトーショコラ」と聞くと難しそうに聞こえますが、意外と手軽に作ることができるお菓子。画像のレシピでは、ホットケーキミックスを使いフライパンで蒸すので、特別な材料も道具も要りません。
素材を良く混ぜココットなどに分け入れたら、フライパンの蓋を布巾で包んで熱湯で15分ほど蒸しあげます。しっとりした口触りと濃厚なチョコレートの風味がたまらないデザートをお楽しみください。

ブルーベリークラフティ

クラフティはフランスの伝統的なお菓子で、カスタードやフルーツをタルト生地に入れて焼いたもの。画像のレシピでは、タルト生地は使わずそのまま型に流し込んで焼くので、とても簡単に作ることができます。
卵、グラニュー糖、生クリーム、牛乳、ハチミツをよく混ぜ、ブルーベリーと一緒にオーブンで20分焼くだけ。甘酸っぱいカスタードプティングのようなおしゃれなスイーツは、焼きたてでいただく他、冷やして食べるのもオススメだそう。
出典:

クラフティはフランスの伝統的なお菓子で、カスタードやフルーツをタルト生地に入れて焼いたもの。画像のレシピでは、タルト生地は使わずそのまま型に流し込んで焼くので、とても簡単に作ることができます。
卵、グラニュー糖、生クリーム、牛乳、ハチミツをよく混ぜ、ブルーベリーと一緒にオーブンで20分焼くだけ。甘酸っぱいカスタードプティングのようなおしゃれなスイーツは、焼きたてでいただく他、冷やして食べるのもオススメだそう。

とろとろ、焼きりんご

丸ごとの果実に気分も盛り上がる、焼きりんごのデザート。ご紹介するレシピでは、オーブンで30分じっくり焼くことで、りんご本来の甘みが凝縮された本格的な味に。下準備もヘタをくり抜いてバターとハチミツを詰めるだけなので、フルコースで作っても負担になりませんね。焼く時にシナモンスティックをホイルで包み、ヘタの部分に入れると焦げずに香り良く仕上がります(無ければシナモンパウダーでも大丈夫だそう)。アイスクリームや生クリームを添えてみるのもいいかもしれません。
出典:

丸ごとの果実に気分も盛り上がる、焼きりんごのデザート。ご紹介するレシピでは、オーブンで30分じっくり焼くことで、りんご本来の甘みが凝縮された本格的な味に。下準備もヘタをくり抜いてバターとハチミツを詰めるだけなので、フルコースで作っても負担になりませんね。焼く時にシナモンスティックをホイルで包み、ヘタの部分に入れると焦げずに香り良く仕上がります(無ければシナモンパウダーでも大丈夫だそう)。アイスクリームや生クリームを添えてみるのもいいかもしれません。

ホワイトチョコパンナコッタ

食後にさっぱり食べられるパンナコッタも、特別な道具や材料が無くても作れるスイーツの一つです。
画像のレシピの材料は、ホワイトチョコ、牛乳、生クリーム、砂糖と粉ゼラチンだけ。材料をよく混ぜ、4時間冷やし固めて好きなフルーツを飾ればできあがりです。温かいままですと分離することがあるそうなので、容器に入れて固める前に、鍋を氷水につけて粗熱をしっかり取ることがポイントです。
出典:

食後にさっぱり食べられるパンナコッタも、特別な道具や材料が無くても作れるスイーツの一つです。
画像のレシピの材料は、ホワイトチョコ、牛乳、生クリーム、砂糖と粉ゼラチンだけ。材料をよく混ぜ、4時間冷やし固めて好きなフルーツを飾ればできあがりです。温かいままですと分離することがあるそうなので、容器に入れて固める前に、鍋を氷水につけて粗熱をしっかり取ることがポイントです。

ティラミスアイス

最後にご紹介するのは、こんなデザートが出てきたら一目置かれてしまいそうな、ティラミスのアイスクリーム。市販のバニラアイスとカステラを活用するので、手軽に作れてしまいます。
まずはカステラに、コーヒーとコーヒーリキュールをたっぷり染み込ませておきます。お好きな型に、常温のバニラアイスにクリームチーズを混ぜたものをカステラと交互に敷いていき、2時間冷凍庫で固めます。食べる前に取り出してカットし、ココアパウダーで飾れば完成。少し溶けかけが一番の食べ頃だそうですよ。
出典:

最後にご紹介するのは、こんなデザートが出てきたら一目置かれてしまいそうな、ティラミスのアイスクリーム。市販のバニラアイスとカステラを活用するので、手軽に作れてしまいます。
まずはカステラに、コーヒーとコーヒーリキュールをたっぷり染み込ませておきます。お好きな型に、常温のバニラアイスにクリームチーズを混ぜたものをカステラと交互に敷いていき、2時間冷凍庫で固めます。食べる前に取り出してカットし、ココアパウダーで飾れば完成。少し溶けかけが一番の食べ頃だそうですよ。

大切な人と囲む食卓に、おもてなしの心を込めて

今日はお家で洋食レストラン!簡単でおしゃれな〈3品フルコースディナー〉
出典:unsplash.com
お祝いごとやハレの日にオススメの「3品のフルコースレシピ」、どれも手軽に作れるのでぜひチャレンジしてみてくださいね。お家でいただくご馳走は、あたたかな思い出としてきっと心に残ることでしょう。少しだけおめかしした食卓を囲んで、良い時間をお過ごしくださいね。

画像とレシピのご協力ありがとうございました

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play