おもてなしにもどうぞ。食卓が華やぐ人気メニュー『アヒージョ』レシピ28選!

おもてなしにもどうぞ。食卓が華やぐ人気メニュー『アヒージョ』レシピ28選!

「アヒージョ」は、ニンニクで香りをつけたオリーブオイルで具材を煮込むスペイン料理。魚介類やお肉、野菜などの具材はもちろん、旨味が溶け出したオイルにバゲットを浸していただくのも人気です。簡単で食卓が華やぐ「アヒージョ」は、おもてなしにもぴったり!今回は、アヒージョの基本的な作り方から美味しく作るコツ、作ってみたいアヒージョレシピをご紹介します。2021年05月06日更新

カテゴリ:
グルメ
キーワード
レシピ洋食アヒージョアレンジ・リメイクレシピおもてなし料理
お気に入り数781

「アヒージョ」とはどんな料理?

「アヒージョ」は、スペイン語で「小さなニンニク」を表わす言葉。ニンニクで香りをつけたオリーブオイルで具材を煮込む、マドリードより南の地域の代表的な料理です。使われる具材はエビ、カキ、鮭、マッシュルーム、チキン、砂肝…などさまざま。
出典:

「アヒージョ」は、スペイン語で「小さなニンニク」を表わす言葉。ニンニクで香りをつけたオリーブオイルで具材を煮込む、マドリードより南の地域の代表的な料理です。使われる具材はエビ、カキ、鮭、マッシュルーム、チキン、砂肝…などさまざま。

具材の美味しさはもちろん、旨味がたっぷり溶けこんだオリーブオイルにバゲットを浸して食べるのも最高なんです!今回は、アヒージョの基本的な作り方から美味しく作るコツ、作ってみたいアヒージョレシピをご紹介します。食卓が華やぐので、おもてなしにもぴったりですよ♪
出典:www.photo-ac.com

具材の美味しさはもちろん、旨味がたっぷり溶けこんだオリーブオイルにバゲットを浸して食べるのも最高なんです!今回は、アヒージョの基本的な作り方から美味しく作るコツ、作ってみたいアヒージョレシピをご紹介します。食卓が華やぐので、おもてなしにもぴったりですよ♪

アヒージョを美味しく仕上げる、8つの作り方のコツ

基本的には、オリーブオイル・にんにく・具材だけで手軽に作れるアヒージョですが「なんとなく味や食感がイマイチ…」と感じることもあるかもしれません。こちらでは、アヒージョをより美味しく作るための「ちょっとしたコツ」をご紹介します!
出典:

基本的には、オリーブオイル・にんにく・具材だけで手軽に作れるアヒージョですが「なんとなく味や食感がイマイチ…」と感じることもあるかもしれません。こちらでは、アヒージョをより美味しく作るための「ちょっとしたコツ」をご紹介します!

1. 水気はしっかりと切っておく

魚介類や野菜は火を通すと水気が多くなりがちです。油と水が混ざらないため、せっかくのオイルが具材と上手くマッチしてくれなくなってしまいます。下処理をする時には、できるだけしっかり水気を切っておきましょう。

2. エビは片栗粉で下ごしらえを

おもてなしにもどうぞ。食卓が華やぐ人気メニュー『アヒージョ』レシピ28選!
出典:
エビは爪楊枝で背わたをとってから、臭みを取るために片栗粉と塩で揉むと◎。その後流水で洗い流すと、汚れがしっかり取れてプリプリっとしたエビの食感を楽しめます。

3. キノコの汚れはキッチンペーパーで

キノコは洗うと栄養分や旨味が逃げてしまいます。カサの汚れはキッチンペーパーで取り除き、ヒダの部分はカサを軽くたたいて汚れを落とすようにしましょう。

4. 具材に下味をつけておく

おもてなしにもどうぞ。食卓が華やぐ人気メニュー『アヒージョ』レシピ28選!
出典:
仕上げに塩を振るだけでは、物足りない味になってしまうことも。オリーブオイルに塩は溶けないので、具材に下味をつけておくことが大切です。食べる直前にも塩を振るとしっかりとした味になって◎。

5. にんにくはたっぷりと

おもてなしにもどうぞ。食卓が華やぐ人気メニュー『アヒージョ』レシピ28選!
出典:pixabay.com
にんにくはたっぷり使い、オリーブオイルにしっかり香りがつくようにしましょう。焦げないように弱火でじっくり火にかけるのもポイントです。

6. 美味しいオイルを使う

おもてなしにもどうぞ。食卓が華やぐ人気メニュー『アヒージョ』レシピ28選!
出典:
アヒージョの味の決め手は、オリーブオイルといっても過言ではありません。おすすめは、風味豊かなエキストラバージンオリーブオイルがですが、加熱に弱いという一面も。そこで加熱するときには“ピュアオリーブオイル”を、仕上げに“エキストラバージンオリーブオイル”を使う方法も◎

7. オイルにも塩を加える

オリーブオイルと同じくらい大切なのが、オイルにも塩を加えること。オイルに塩は溶けませんが、具材を煮て味を確認しつつ加えれば、味わい深くなじませることができます。具材にも下味をつけているので、加え過ぎには気を付けてくださいね。

8. 炒め煮る時間に注意する

最初にニンニクを焦がさないように注意するのはもちろん、具材の炒め煮る時間も重要なポイント。魚介類は火が通り過ぎると硬くなってしまうので、火の通りにくいものから順番に入れていくのがおすすめです。また耐熱容器を使って直接作る場合は、火からおろした後も熱が加わるので、そこも考慮して食卓に並べるようにしましょう。

さっそくトライ!人気の『魚介類』のアヒージョレシピ

スキレットで本格的に「エビのアヒージョ」

エビ・シメジ・プチトマト・赤唐辛子・ニンニク・オリーブオイルをスキレットに入れて魚焼きグリルで7分ほど焼くだけで完成するアヒージョ。手軽なのでパーティメニューの一品にもぴったりです。
出典:

エビ・シメジ・プチトマト・赤唐辛子・ニンニク・オリーブオイルをスキレットに入れて魚焼きグリルで7分ほど焼くだけで完成するアヒージョ。手軽なのでパーティメニューの一品にもぴったりです。

山椒が香る「タコと枝豆のアヒージョ」

唐辛子の代わりに山椒を使った和風のアヒージョ。ぷりぷりのタコと枝豆を山椒のスッキリとした辛味が包み込み、大人の味へと大変身させてくれます。ワインはもちろん日本酒や焼酎とも相性抜群の一品ですよ。
出典:

唐辛子の代わりに山椒を使った和風のアヒージョ。ぷりぷりのタコと枝豆を山椒のスッキリとした辛味が包み込み、大人の味へと大変身させてくれます。ワインはもちろん日本酒や焼酎とも相性抜群の一品ですよ。

ハーブソルトが味付けのポイント「カキのアヒージョ」

ふっくらとしたカキとマッシュルームの香りを楽しめるアヒージョ。ハーブソルトが具材の旨味を引き出して味に深みをプラスしてくれます。カキに火を通しすぎないようにするのがポイントです。
出典:

ふっくらとしたカキとマッシュルームの香りを楽しめるアヒージョ。ハーブソルトが具材の旨味を引き出して味に深みをプラスしてくれます。カキに火を通しすぎないようにするのがポイントです。

アヒージョの素を使って「あさりと長葱とエリンギのアヒージョ」

長葱の甘味やあさりとエリンギの旨味のコラボが絶品のアヒージョ。とろとろの長葱の食感も楽しく、パンやワインとの相性は抜群です。アヒージョの素を使えば味付けも簡単ですね。
出典:

長葱の甘味やあさりとエリンギの旨味のコラボが絶品のアヒージョ。とろとろの長葱の食感も楽しく、パンやワインとの相性は抜群です。アヒージョの素を使えば味付けも簡単ですね。

骨まで丸ごと食べられる「サンマとレモンのアヒージョ」

琺瑯バットに入れたオリーブオイルでサンマを1時間ほどコトコト煮込むアヒージョ。じっくり火を通すので中骨も一緒に食べられます。レモンでさっぱり爽やかに。
出典:

琺瑯バットに入れたオリーブオイルでサンマを1時間ほどコトコト煮込むアヒージョ。じっくり火を通すので中骨も一緒に食べられます。レモンでさっぱり爽やかに。

フライパンでさっとできる「塩鮭とアボカドのアヒージョ」

甘口の塩鮭を使ったしっかりとした味わいのアヒージョ。肉厚のエリンギとまろやかなアボカドの食感も楽しめます。鮭のアスタキサンチンとアボカドのビタミンEで美容にも嬉しい一品です。
出典:

甘口の塩鮭を使ったしっかりとした味わいのアヒージョ。肉厚のエリンギとまろやかなアボカドの食感も楽しめます。鮭のアスタキサンチンとアボカドのビタミンEで美容にも嬉しい一品です。

パスタソースにも使える「しらすのアヒージョ」

スペインの伝統的な耐熱容器「カスエラ」を使って作る本格的なアヒージョ。しらすの塩気や旨味を存分に楽しめます。パスタソースとしてもオススメ♪
出典:

スペインの伝統的な耐熱容器「カスエラ」を使って作る本格的なアヒージョ。しらすの塩気や旨味を存分に楽しめます。パスタソースとしてもオススメ♪

キャンプにも最適!冷凍でOK「シーフードミックスのアヒージョ」

冷凍のシーフードミックスを使ったハーブが香るアヒージョ。オイルが熱くなる前に解凍せずそのままシーフードミックスを入れるだけなので、とってもお手軽です。ハーブを使うだけで、いつもより一味違ったアヒージョになりますよ。
出典:

冷凍のシーフードミックスを使ったハーブが香るアヒージョ。オイルが熱くなる前に解凍せずそのままシーフードミックスを入れるだけなので、とってもお手軽です。ハーブを使うだけで、いつもより一味違ったアヒージョになりますよ。

ボリュームたっぷり!『お肉がメイン』のアヒージョレシピ

器ごと火にかけて「鶏肉とポテトとローズマリーのアヒージョ」

ローズマリーの香りをまとったやわらかチキンとカリホクのポテトが美味しいアヒージョ。ゴロゴロとした具材は食べ応えも抜群です。
出典:

ローズマリーの香りをまとったやわらかチキンとカリホクのポテトが美味しいアヒージョ。ゴロゴロとした具材は食べ応えも抜群です。

くるくる巻くだけ「豚肉とズッキーニのアヒージョ」

豚肉と野菜をくるくる巻くだけでできる簡単アヒージョ。野菜にも豚肉の旨味が染みこみ、一緒に食べることでさらに美味しさが増してくれます。お肉で作るアヒージョもやみつきになりますよ。
出典:

豚肉と野菜をくるくる巻くだけでできる簡単アヒージョ。野菜にも豚肉の旨味が染みこみ、一緒に食べることでさらに美味しさが増してくれます。お肉で作るアヒージョもやみつきになりますよ。

余ったオイルでパスタにも「れんこんとベーコンのアヒージョ」

ボリュームのあるベーコンブロックとサクっホクっの食感が楽しいレンコンのアヒージョ。オリーブオイルとにんにく、アンチョビフィレで風味豊かなバルの味わいです。残ったら茹でたペンネと和えるのも◎。
出典:

ボリュームのあるベーコンブロックとサクっホクっの食感が楽しいレンコンのアヒージョ。オリーブオイルとにんにく、アンチョビフィレで風味豊かなバルの味わいです。残ったら茹でたペンネと和えるのも◎。

献立に困ったときにも*「豚こま切れ肉とじゃがいもの和風アヒージョ」

豚こま切れ肉とじゃがいもの和風アヒージョは、冷蔵庫にある具材で手軽に作れるレシピ。じゃがいもはレンジでチンしておくとホクホクに。隠し味のしょうゆでほっとする味わいです。
出典:

豚こま切れ肉とじゃがいもの和風アヒージョは、冷蔵庫にある具材で手軽に作れるレシピ。じゃがいもはレンジでチンしておくとホクホクに。隠し味のしょうゆでほっとする味わいです。

魚醤を使って一味違う「しいたけと砂肝の和風アヒージョ」

アヒージョで使うアンチョビの代わりに、秋田特産の魚醬しょっつるを使った和風のアヒージョ。しいたけの旨味も加わり味わい深いレシピになっています。しょっつるがない時はタイの魚醤であるナンプラーを使っても美味しく仕上がりますよ。
出典:

アヒージョで使うアンチョビの代わりに、秋田特産の魚醬しょっつるを使った和風のアヒージョ。しいたけの旨味も加わり味わい深いレシピになっています。しょっつるがない時はタイの魚醤であるナンプラーを使っても美味しく仕上がりますよ。

バケットにもぴったり「鶏もつの和風アヒージョ」

もつが苦手な人にもおすすのアヒージョ。オイル煮にすることで柔らかく仕上がり、食べやすくなります。コリコリを食感も楽しみながら、お酒もすすむこと間違いなしですね。
出典:

もつが苦手な人にもおすすのアヒージョ。オイル煮にすることで柔らかく仕上がり、食べやすくなります。コリコリを食感も楽しみながら、お酒もすすむこと間違いなしですね。

ヘルシーに楽しむ!『野菜がメイン』のアヒージョレシピ

旨味たっぷり「キノコとアンチョビのアヒージョ」

マッシュルーム・シメジ・マイタケ・エリンギの食感の違いや香りが楽しめるアヒージョ。アンチョビでさらに風味豊かに。ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富なキノコがいっぱい摂れる、身体にも嬉しいレシピ。
出典:

マッシュルーム・シメジ・マイタケ・エリンギの食感の違いや香りが楽しめるアヒージョ。アンチョビでさらに風味豊かに。ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富なキノコがいっぱい摂れる、身体にも嬉しいレシピ。

食感が楽しい「レンコンとドライトマトのアヒージョ」

カリカリした食感のレンコンとドライトマトのアヒージョ。栄養と旨味がギュッと凝縮されたドライトマトとビタミンCや食物繊維が豊富なレンコンは美肌にも◎。
出典:

カリカリした食感のレンコンとドライトマトのアヒージョ。栄養と旨味がギュッと凝縮されたドライトマトとビタミンCや食物繊維が豊富なレンコンは美肌にも◎。

ホクホクでお箸がすすむ「新じゃがとアスパラベーコンのアヒージョ」

皮付きじゃがいもとアスパラで春を感じられるアヒージョ。じゃがいもは先にレンジでチンしておくことで加熱時間を短縮できます。もちろん皮が苦手な人は剥いてOK。ホクホクのじゃがいもとプリっとしたアスパラを堪能できますよ。
出典:

皮付きじゃがいもとアスパラで春を感じられるアヒージョ。じゃがいもは先にレンジでチンしておくことで加熱時間を短縮できます。もちろん皮が苦手な人は剥いてOK。ホクホクのじゃがいもとプリっとしたアスパラを堪能できますよ。

ワインのお供に「マッシュルームのアヒージョ」

おしゃれでワインにも合うマッシュルームのアヒージョ。マッシュルームに材料を詰めて器に並べ、オリーブオイルをかけるだけ。あとはオーブンで15分ほど焼けば完成です。ベーコンとアンチョビペーストで本格的な味わいが楽しめます。
出典:

おしゃれでワインにも合うマッシュルームのアヒージョ。マッシュルームに材料を詰めて器に並べ、オリーブオイルをかけるだけ。あとはオーブンで15分ほど焼けば完成です。ベーコンとアンチョビペーストで本格的な味わいが楽しめます。

小鍋でできる「カボチャと豆のアヒージョ」

女子会やハロウィンパーティにも喜ばれるカボチャとミックスビーンズのアヒージョ。ホクホク感が美味しいレシピです。ドライパックのミックスビーンズならそのまま使えて便利です。
出典:

女子会やハロウィンパーティにも喜ばれるカボチャとミックスビーンズのアヒージョ。ホクホク感が美味しいレシピです。ドライパックのミックスビーンズならそのまま使えて便利です。

彩り豊かな「パプリカとベビーホタテのアヒージョ」

パプリカの甘味が堪能できるアヒージョ。ベビーホタテの旨味がオリーブオイルにも染みわたり、アッサリしているのにしっかりとした味わいに仕上がっています。これだけでも食べ応え抜群◎
出典:

パプリカの甘味が堪能できるアヒージョ。ベビーホタテの旨味がオリーブオイルにも染みわたり、アッサリしているのにしっかりとした味わいに仕上がっています。これだけでも食べ応え抜群◎

試してみたい!『変わり種』アヒージョレシピ

ダイエット中でもOK!低カロリーな「豆腐のアヒージョ」

サクッカリッ食感が楽しいヘルシーな豆腐のアヒージョ。具材はシンプルですが、ニンニクの香りで食欲もアップしお箸が止まりません。揚げ出し豆腐のアヒージョのような味わいでワインとも相性ピッタリですよ。
出典:

サクッカリッ食感が楽しいヘルシーな豆腐のアヒージョ。具材はシンプルですが、ニンニクの香りで食欲もアップしお箸が止まりません。揚げ出し豆腐のアヒージョのような味わいでワインとも相性ピッタリですよ。

パンにのせて食べたい「ブロッコリーとチーズのアヒージョ」

ワインのお供にぴったりの、カマンベールチーズのアヒージョ。バゲットもすすむレシピです。エリンギの風味もアクセントになって◎。
出典:

ワインのお供にぴったりの、カマンベールチーズのアヒージョ。バゲットもすすむレシピです。エリンギの風味もアクセントになって◎。

缶詰で時短「サバ缶とマッシュルームのアヒージョ風」

栄養満点のサバ缶を丸ごと使ったアヒージョ。すでに火が通っているので時短になるだけでなく、サバの骨まで食べられるので、カルシウムなど余すことなく栄養が摂れちゃいます。お子様にもおすすめのレシピですよ。
出典:

栄養満点のサバ缶を丸ごと使ったアヒージョ。すでに火が通っているので時短になるだけでなく、サバの骨まで食べられるので、カルシウムなど余すことなく栄養が摂れちゃいます。お子様にもおすすめのレシピですよ。

付け合わせにも「生ハムとキャベツとチーズのアヒージョ」

生ハムとイーズの塩気だけで味が決まる簡単アヒージョ。見た目も爽やかで食卓が一気に明るくなりますね。おつまみにはもちろん、急な来客やパーティにもおすすめのレシピです。
出典:

生ハムとイーズの塩気だけで味が決まる簡単アヒージョ。見た目も爽やかで食卓が一気に明るくなりますね。おつまみにはもちろん、急な来客やパーティにもおすすめのレシピです。

リメイクにもおすすめ「はんぺんのアレンジおでんアヒージョ」

おでん出汁を使った変わり種のアヒージョ。はんぺんと野菜に出汁が染み込んで、旨味たっぷりに仕上がっています。おでんが余った時のリメイクレシピとしても最適ですよ。
出典:

おでん出汁を使った変わり種のアヒージョ。はんぺんと野菜に出汁が染み込んで、旨味たっぷりに仕上がっています。おでんが余った時のリメイクレシピとしても最適ですよ。

シンプルな材料で「ちくわとエリンギとアボカドのアヒージョ」

エリンギとアボカド、ちくわが入ったアヒージョ。エリンギの旨味とちくわの塩気、濃厚なアボカドが楽しめます。ササっと作れるのも嬉しいですね。
出典:

エリンギとアボカド、ちくわが入ったアヒージョ。エリンギの旨味とちくわの塩気、濃厚なアボカドが楽しめます。ササっと作れるのも嬉しいですね。

レンジで簡単「サラダチキンとキノコのアヒージョ」

レンジで2分でできちゃう誰でも簡単にできるアヒージョです。時短の秘密はサラダチキンを使うこと。もちろん味も抜群に美味しいので、こんなに簡単に作っているとは思えない仕上がりです。あと一品欲しい時にもぴったりですよ。
出典:

レンジで2分でできちゃう誰でも簡単にできるアヒージョです。時短の秘密はサラダチキンを使うこと。もちろん味も抜群に美味しいので、こんなに簡単に作っているとは思えない仕上がりです。あと一品欲しい時にもぴったりですよ。

パーティーで楽しむ「たこ焼き器でアヒージョ」

パーティに作りたい、たこ焼き器のアヒージョ。オリーブオイル・アンチョビ・にんにく・ブラックペッパー・パセリを入れてグツグツしたらあとは好きな具材を入れるだけ。みんなでわいわい楽しめます。
出典:

パーティに作りたい、たこ焼き器のアヒージョ。オリーブオイル・アンチョビ・にんにく・ブラックペッパー・パセリを入れてグツグツしたらあとは好きな具材を入れるだけ。みんなでわいわい楽しめます。

アヒージョの「保存方法」や「保存期間」

アヒージョは冷蔵もしくは冷凍保存がおすすめです。密閉容器に入れてできるだけ外気に触れない状態で冷蔵庫に入れておけば2~5日程度は日持ちするでしょう。また冷凍保存をする場合は、粗熱をとってから密閉容器やフリーザーバッグに入れ、できる限りしっかりと空気を抜いて保存しましょう。およそ1ヶ月程は保存できると言われていますが、できるだけ早く食べるようにするのがベスト。また保存容器は煮沸消毒しておくのがおすすめです。

アヒージョを美味しくいただくために*

おもてなしにもどうぞ。食卓が華やぐ人気メニュー『アヒージョ』レシピ28選!
出典:
旨味がたっぷりのオリーブオイルにバゲットを浸して食べるのはもちろん最高ですが、そのパンはハード系のパンでカリっとトーストしたものがぴったり。また熱が加わると硬くなりやすい魚介類などは先に食べるようにすれば、アヒージョを最初から最後まで美味しく楽しめるでしょう。

簡単で食卓が華やぐ「アヒージョ」を作りませんか?

おもてなしにもどうぞ。食卓が華やぐ人気メニュー『アヒージョ』レシピ28選!
出典:
アヒージョの基本的な作り方から美味しく作るコツ、作ってみたいアヒージョレシピをご紹介しました。簡単で食卓が華やぐ「アヒージョ」は、おもてなしにぴったり!おうちでバルの本格的な味わいを楽しんでみませんか?

こちらの記事もおすすめ

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしをつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play