和風おつまみから、おしゃれな洋風まで♪噛むほどに味わい深い「タコ料理」レシピ

和風おつまみから、おしゃれな洋風まで♪噛むほどに味わい深い「タコ料理」レシピ

味も食感も抜群のタコは、おかずにもおつまみにもなり、レパートリーをたくさん持っておくとなにかと助かります。そこで今回は、タコ料理を柔らかく仕上げるコツとともに、酢の物・唐揚げなどの和風から、スペイン・イタリアなどおしゃれな洋風まで、さまざまな「タコ料理」をご紹介します。また、タコについてより知っていただくために、その種類や産地などについてもまとめました! 2018年11月28日作成

カテゴリ:
グルメ
キーワード:
食材
魚介
アレンジ・リメイクレシピ
和食
おつまみレシピ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
156

噛みしめるほど味わい深い「タコ料理」

噛めば噛むほどじゅわっとうまみが広がるタコ。和風から洋風まで、いろいろな食べ方で堪能したいですね。輸入物が多くなっていますが、もし国内産を見つけたら、ぜひ手に入れてその味を確かめてみるのもおすすめです。
出典:

噛めば噛むほどじゅわっとうまみが広がるタコ。和風から洋風まで、いろいろな食べ方で堪能したいですね。輸入物が多くなっていますが、もし国内産を見つけたら、ぜひ手に入れてその味を確かめてみるのもおすすめです。

タコの種類と産地について

マダコの産地「西の明石(兵庫)、東の佐島(神奈川)」

-
タコといえば、マダコ。明石タコは有名ですね。明石海峡は潮流が激しく、タコの身が引き締まる上に、稚ガニの宝庫なので餌にも恵まれているのだとか。そして、西が明石なら東は佐島といいわれる、神奈川県の三浦半島に面したの佐島のマダコも引けを取りません。水温が安定したきれいな海でアワビ、サザエ、伊勢エビなど贅沢な餌を食べて育った、柔らかくて丸々としたタコです。
出典:

タコといえば、マダコ。明石タコは有名ですね。明石海峡は潮流が激しく、タコの身が引き締まる上に、稚ガニの宝庫なので餌にも恵まれているのだとか。そして、西が明石なら東は佐島といいわれる、神奈川県の三浦半島に面したの佐島のマダコも引けを取りません。水温が安定したきれいな海でアワビ、サザエ、伊勢エビなど贅沢な餌を食べて育った、柔らかくて丸々としたタコです。

三原(広島)・下津井(岡山)・天草(熊本)などもマダコで有名!

広島県の三原も、瀬戸内海有数のマダコの産地。餌に恵まれ、砂場と適度な岩場のある適した環境で育ったタコは味も抜群。また、岡山の倉敷・下津井などでは、晩秋から初冬にかけて、干しダコが潮風に揺れる光景を見ることができるとか。熊本の天草などもタコの産地として知られています。
出典:

広島県の三原も、瀬戸内海有数のマダコの産地。餌に恵まれ、砂場と適度な岩場のある適した環境で育ったタコは味も抜群。また、岡山の倉敷・下津井などでは、晩秋から初冬にかけて、干しダコが潮風に揺れる光景を見ることができるとか。熊本の天草などもタコの産地として知られています。

マダコはいまでは輸入ものが中心

現実的には、国産のマダコは少なくなっており、スーパーで見かけるタコはほとんどが輸入ものですね。主な輸入先は、モーリタニア(西アフリカ)やモロッコです。
出典: pixabay.com

現実的には、国産のマダコは少なくなっており、スーパーで見かけるタコはほとんどが輸入ものですね。主な輸入先は、モーリタニア(西アフリカ)やモロッコです。

国内ではそのほか水ダコ・イイダコなども

国内で獲れるタコは、マダコのほかには北海道を中心に水揚げされる水ダコが多く、その特徴は体が大きく、身が柔らかいこと。味がマダコよりも淡白なため、加工用にするのが一般的。カナダ・北アメリカからも多く輸入されています。このほか、小さくて可愛い形のイイダコなどがあります。
出典:

国内で獲れるタコは、マダコのほかには北海道を中心に水揚げされる水ダコが多く、その特徴は体が大きく、身が柔らかいこと。味がマダコよりも淡白なため、加工用にするのが一般的。カナダ・北アメリカからも多く輸入されています。このほか、小さくて可愛い形のイイダコなどがあります。

タコの栄養と旬について

タウリンなどが豊富で、健康にうれしい!

タコには、肝臓を守ったり、そのほかにも健康に役立つさまざまな効果があるというタウリンが豊富。おかずとしてはもちろん、おつまみにするのも体によさそうですね。ビタミンB2やたんぱく質、亜鉛なども多く含みます。
出典:

タコには、肝臓を守ったり、そのほかにも健康に役立つさまざまな効果があるというタウリンが豊富。おかずとしてはもちろん、おつまみにするのも体によさそうですね。ビタミンB2やたんぱく質、亜鉛なども多く含みます。

マダコは、寒ダコもおいしい!

マダコの旬は産地にもよりますが、瀬戸内海や九州、太平洋側では夏が旬。でも、晩秋から冬にかけての寒ダコもそのおいしさで知られていますので、ぜひご賞味を。また、水ダコはおもに夏が旬のようです。
出典:

マダコの旬は産地にもよりますが、瀬戸内海や九州、太平洋側では夏が旬。でも、晩秋から冬にかけての寒ダコもそのおいしさで知られていますので、ぜひご賞味を。また、水ダコはおもに夏が旬のようです。

タコ料理を柔らかく仕上げるコツ

調理法を誤ると、ゴムのようにかたくなってしまうタコ。柔らかく仕上げるには、調理前に皮をむいた大根で叩く(タコに芯がなくなるまで)のがポイント。叩くことでタコの筋肉繊維を壊すことになり、また大根に含まれる消化酵素が柔らか効果をもたらしてくれるようです。大根がないときには棒でもOK。
出典: www.flickr.com(@[puamelia])

調理法を誤ると、ゴムのようにかたくなってしまうタコ。柔らかく仕上げるには、調理前に皮をむいた大根で叩く(タコに芯がなくなるまで)のがポイント。叩くことでタコの筋肉繊維を壊すことになり、また大根に含まれる消化酵素が柔らか効果をもたらしてくれるようです。大根がないときには棒でもOK。

簡単おすすめ!タコの和風アイデアレシピ

どんな主菜にも合う名脇役!タコときゅうりの酢の物

定番の副菜、タコの酢の物。ちょっと地味な存在かもしれませんが、どんな主菜にも合う名脇役。さっぱりとしていて、濃い目の味つけの料理の箸休めにもなります。
出典:

定番の副菜、タコの酢の物。ちょっと地味な存在かもしれませんが、どんな主菜にも合う名脇役。さっぱりとしていて、濃い目の味つけの料理の箸休めにもなります。

覚えておきたい基本の和食!タコの柔らか煮

タコは、大根で叩いてから煮ても柔らかくなるのですが、時間がないときには圧力鍋を使うのもおすすめ。あっという間に、タコがほろっと柔らかく煮込まれます。
出典:

タコは、大根で叩いてから煮ても柔らかくなるのですが、時間がないときには圧力鍋を使うのもおすすめ。あっという間に、タコがほろっと柔らかく煮込まれます。

郷土料理として愛されるタコ飯

日本全国の各地で郷土料理として親しまれているタコ飯。タコのうまみと昆布や生姜の香りに癒される、風味豊かな炊き込みご飯です。優しくて奥深い味わいに、ついついおかわりしたくなります。
出典:

日本全国の各地で郷土料理として親しまれているタコ飯。タコのうまみと昆布や生姜の香りに癒される、風味豊かな炊き込みご飯です。優しくて奥深い味わいに、ついついおかわりしたくなります。

たまらないおいしさ!おつまみにぴったりなタコの唐揚げ

シンプルな材料でできる、居酒屋さん風おつまみ。香ばしくて、止まらないおいしさです。タコの水気をよく拭き取ることと、片栗粉を多めにまぶすのがポイントです。
出典:

シンプルな材料でできる、居酒屋さん風おつまみ。香ばしくて、止まらないおいしさです。タコの水気をよく拭き取ることと、片栗粉を多めにまぶすのがポイントです。

寒い夜にうれしい♪あつあつおでん

だしに味付けして具を入れたら、あとはじっくり煮込むだけ。ポイントは、タコをはじめ、大根、卵、こんにゃくなどよく味をしみ込ませたい具は最初から入れ、練り物はあとから入れること。沸騰したら火を弱め1時間程度ことこと煮ること。そして、冷ますと味がしみるので、半日前に作って食べるときに再加熱すること。コツを守れば、おでんはよりおいしくなります。
出典:

だしに味付けして具を入れたら、あとはじっくり煮込むだけ。ポイントは、タコをはじめ、大根、卵、こんにゃくなどよく味をしみ込ませたい具は最初から入れ、練り物はあとから入れること。沸騰したら火を弱め1時間程度ことこと煮ること。そして、冷ますと味がしみるので、半日前に作って食べるときに再加熱すること。コツを守れば、おでんはよりおいしくなります。

お正月のおせちにもなる酢ダコ

タコは「多幸」という当て字があるように縁起物として好まれ、関東から北の方ではおせちに赤い酢ダコを入れ、関西ではタコのうま煮を入れたりします。こちらは、作り置きできる、日常のおかずとしての酢ダコです。
出典:

タコは「多幸」という当て字があるように縁起物として好まれ、関東から北の方ではおせちに赤い酢ダコを入れ、関西ではタコのうま煮を入れたりします。こちらは、作り置きできる、日常のおかずとしての酢ダコです。

サラダ感覚で楽しめる♪タコとセロリの松前漬け

セロリを加えることで、シャキシャキとサラダ感覚で味わえる松前漬け。スルメ、タコのうまみがあとを引くごちそう小鉢です。とびっこもきれいで、ぷちぷち食感もいいアクセントに。
出典:

セロリを加えることで、シャキシャキとサラダ感覚で味わえる松前漬け。スルメ、タコのうまみがあとを引くごちそう小鉢です。とびっこもきれいで、ぷちぷち食感もいいアクセントに。

海外のタコ料理をおうちで♪

スペインの名物料理 タコのガリシア風

スペイン・カリシア地方のタコ料理。ゆでた温かいタコに、パプリカや塩、オリーブオイルをかけて混ぜるだけの簡単なタパス(小皿料理)です。玉ねぎをいっしょにゆでることで、タコが柔らかくなるとか。
出典:

スペイン・カリシア地方のタコ料理。ゆでた温かいタコに、パプリカや塩、オリーブオイルをかけて混ぜるだけの簡単なタパス(小皿料理)です。玉ねぎをいっしょにゆでることで、タコが柔らかくなるとか。

タコのイタリアントマトソース煮

タコとトマトは、相性抜群!じっくりことこと煮込むことで、トマトソースにタコのうまみが溶け込み、深い味わいに。少し塩を足して、パスタと和えるのもおすすめです。
出典:

タコとトマトは、相性抜群!じっくりことこと煮込むことで、トマトソースにタコのうまみが溶け込み、深い味わいに。少し塩を足して、パスタと和えるのもおすすめです。

イタリア風 ガーリック風味のタコ唐揚げ

ワインにぴったりな洋風おつまみ。ガーリック風味のタコ唐揚げに、粉チーズとドライバジルをまぶしています。タコはすでに火が通してあるので、まわりがカリッとなったらすぐに引き上げましょう。
出典:

ワインにぴったりな洋風おつまみ。ガーリック風味のタコ唐揚げに、粉チーズとドライバジルをまぶしています。タコはすでに火が通してあるので、まわりがカリッとなったらすぐに引き上げましょう。

ごちそうパスタ、タコのラグー風♪

ラグーとは、煮込み料理のこと。煮込んだソースを使うと、パスタもごちそうな印象になりますね。弾力ともちもち感が特徴のロングパスタのリングイネは、断面が楕円形をしており、ソースとよくからみます。
出典:

ラグーとは、煮込み料理のこと。煮込んだソースを使うと、パスタもごちそうな印象になりますね。弾力ともちもち感が特徴のロングパスタのリングイネは、断面が楕円形をしており、ソースとよくからみます。

洋風寄せ鍋、ブイヤベースでぽっかぽかに♪

エビや貝、タコなどさまざまな魚介を香味野菜で煮込むフランスの寄せ鍋、ブイヤベース。リーズナブルな素材を使っても、それぞれのうまみの調和で、極上の味わいに仕上がります。冬の夜を温めてくれる幸せのお鍋です♪
出典:

エビや貝、タコなどさまざまな魚介を香味野菜で煮込むフランスの寄せ鍋、ブイヤベース。リーズナブルな素材を使っても、それぞれのうまみの調和で、極上の味わいに仕上がります。冬の夜を温めてくれる幸せのお鍋です♪

ビールが進む!韓国風タコキムチ炒め

キムチや粉唐辛子などを使った韓国風のタコ料理は、おかずとしてはもちろん、おつまみとしても絶品です。シャキシャキ野菜のおいしさと、タコの適度な歯ごたえが楽しいバランス。
出典:

キムチや粉唐辛子などを使った韓国風のタコ料理は、おかずとしてはもちろん、おつまみとしても絶品です。シャキシャキ野菜のおいしさと、タコの適度な歯ごたえが楽しいバランス。

素敵なアレンジ♪エスニック風カルパッチョ

洋風や和風ではなく、エスニックのカルパッチョは珍しいかも。お皿にニンニクを塗っておくのがポイントで、しつこすぎないガーリック風味に。ナンプラーとレモン汁がきいたドレッシングは、くせのないタコによく合います。
出典:

洋風や和風ではなく、エスニックのカルパッチョは珍しいかも。お皿にニンニクを塗っておくのがポイントで、しつこすぎないガーリック風味に。ナンプラーとレモン汁がきいたドレッシングは、くせのないタコによく合います。

和風も洋風もおいしいタコ料理

うまみがあって、噛むほどおいしさが広がるタコ。食べ応えもあるので、ダイエット中の方にもよさそうですね。和風・洋風、いろいろな食べ方で満喫しましょう。
出典:

うまみがあって、噛むほどおいしさが広がるタコ。食べ応えもあるので、ダイエット中の方にもよさそうですね。和風・洋風、いろいろな食べ方で満喫しましょう。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play