「作ったの!?」って聞かれるかも。家庭でできる簡単「フランス料理」レシピ

「作ったの!?」って聞かれるかも。家庭でできる簡単「フランス料理」レシピ

これからイベント事が増えるシーズンに向け、自宅でお客さまをもてなす機会が増えるかもしれません。そんな時に役立つ、意外とシンプルでお手軽なフランス料理のレシピをご紹介します。フランスでは、各地方の素材を使った郷土料理がたくさん存在しています。敷居が高く思えるフランス料理ですが、実はどれも家庭でできる、旬の野菜や肉をたっぷり使い、素材の旨味を生かしたシンプルなものばかりです。お皿に盛るだけで、見た目からも味からも幸せにしてくれるお料理たちに、「本当に自分で作ったの?」なんて声も聞こえてきそう!? 2018年11月26日作成

カテゴリ:
グルメ
キーワード:
世界の料理
フランス料理
簡単レシピ
おもてなし料理
家庭料理
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
1092

フランス料理は意外とシンプル。手軽にできて、見た目も華やか

「作ったの!?」って聞かれるかも。家庭でできる簡単「フランス料理」レシピ
出典:unsplash.com
フランス料理と聞くと、レストランで食べるちょっぴり敷居が高い料理な気がしますよね。でも意外とフランス料理はシンプルで手軽に作れます。家庭料理としてもおもてなし料理としても、テーブルが一気に華やかになるフランス料理。野菜や肉、クリームをたっぷり使った、これからの季節にぴったりのフランス人が家庭で作るお手軽レシピを、フランス料理のコースの順番に沿って、ご紹介します。

entrée / アントレ(前菜)

フランス料理の流れはざっくり言うと、前菜、メイン、デザートとなります。前菜も様々なメニューがあり、前菜だけではもったいないほどのゴージャスな料理もたくさんあります。いつもの料理に1品加えたり、おもてなしやパーティーにも種類をたくさん作れば、前菜だけでもテーブルが華やかな雰囲気になります。
前菜の中でもフランス人にはおなじみの、家庭でも簡単に作れるレシピをご紹介します。

ビシソワーズ(じゃがいもの冷製スープ)

ビシソワーズ(じゃがいもの冷製スープ)はフランス料理の前菜の定番です。冷たいままでも、これからの季節は温めても美味しくいただけ、食欲を掻き立てます。
出典:

ビシソワーズ(じゃがいもの冷製スープ)はフランス料理の前菜の定番です。冷たいままでも、これからの季節は温めても美味しくいただけ、食欲を掻き立てます。

テリーヌ

テリーヌも前菜でよく登場する料理です。元々は家庭で作られていた保存食で、四角いテリーヌ型の容器に入れて、肉や魚、野菜などお好みの具材を合わせて作ります。具材によって、味も見た目も変わります。
こちらは鶏肉とピスタチオのテリーヌ。ピスタチオがアクセントになり、目にも楽しい前菜です。
出典:

テリーヌも前菜でよく登場する料理です。元々は家庭で作られていた保存食で、四角いテリーヌ型の容器に入れて、肉や魚、野菜などお好みの具材を合わせて作ります。具材によって、味も見た目も変わります。
こちらは鶏肉とピスタチオのテリーヌ。ピスタチオがアクセントになり、目にも楽しい前菜です。

パテ

テリーヌとよく似ていますが、ペースト状になっているものを、フランス語でパテと呼びます。必ずしも四角いテリーヌ型になっておらず、色々料理とのな組み合わせで楽しめます。パテ・ド・カンパーニュ(田舎風パテ)は、フレンチレストランに限らず、色々なお店でよく目にするメニューですよね。
こちらは秋刀魚のパテ。こんなおしゃれなパテならメインディッシュにもなれそう。
出典:

テリーヌとよく似ていますが、ペースト状になっているものを、フランス語でパテと呼びます。必ずしも四角いテリーヌ型になっておらず、色々料理とのな組み合わせで楽しめます。パテ・ド・カンパーニュ(田舎風パテ)は、フレンチレストランに限らず、色々なお店でよく目にするメニューですよね。
こちらは秋刀魚のパテ。こんなおしゃれなパテならメインディッシュにもなれそう。

サラダニソワーズ(ニース風サラダ)

フランス人はとにかくサラダが大好き。ボリュームのあるサラダは1皿でランチにもなるほど。
サラダニソワーズ(ニース風サラダ)は、たっぷり野菜に卵、オリーブ、ツナやアンチョビなど南仏ニースの食材をたくさん入れこむことが特徴です。
出典:

フランス人はとにかくサラダが大好き。ボリュームのあるサラダは1皿でランチにもなるほど。
サラダニソワーズ(ニース風サラダ)は、たっぷり野菜に卵、オリーブ、ツナやアンチョビなど南仏ニースの食材をたくさん入れこむことが特徴です。

クスクスタブレ(クスクスサラダ)

フランスではかつて領地だったモロッコからの移民も多く、フランス料理にも北アフリカの文化の影響が多くみられます。クスクスタブレはクスクスを使ったサラダのこと。フランス人が大好きでよく食べるメニューです。でも作り方はとっても簡単。クスクスを水で戻し、野菜やドレッシングなどとあえるだけ。
こちらはチリパウダーを入れてピリ辛にして大人の味に。お酒のおつまみにもよさそう。
出典:

フランスではかつて領地だったモロッコからの移民も多く、フランス料理にも北アフリカの文化の影響が多くみられます。クスクスタブレはクスクスを使ったサラダのこと。フランス人が大好きでよく食べるメニューです。でも作り方はとっても簡単。クスクスを水で戻し、野菜やドレッシングなどとあえるだけ。
こちらはチリパウダーを入れてピリ辛にして大人の味に。お酒のおつまみにもよさそう。

ラタトゥイユ

手軽にできて華やかになるフランス料理の代表格、ラタトゥイユです。南仏ニースの郷土料理ですが、そのまま食べても、付け合わせにしても、ソースとして使っても万能です。作り置きにも便利な料理です。
旬の野菜をたっぷり使った、野菜のうま味がぎゅっとつまったレシピです。
出典:

手軽にできて華やかになるフランス料理の代表格、ラタトゥイユです。南仏ニースの郷土料理ですが、そのまま食べても、付け合わせにしても、ソースとして使っても万能です。作り置きにも便利な料理です。
旬の野菜をたっぷり使った、野菜のうま味がぎゅっとつまったレシピです。

plat / プラ(メイン)

フランス料理のメインディッシュはplat(プラ)と呼ばれます。プレート、お皿という意味です。お肉かお魚を選ぶ、もしくはフルコースだとお肉、お魚の両方という場合もあります。
今回は肉と魚から、メインディッシュとなる簡単な料理と、フランス人にポピュラーな郷土料理、鍋料理をご紹介します。

ブフ・ブルギニヨン(牛肉の赤ワイン煮込み)

フランス語でブフはビーフ、ブルギニヨンはブルゴーニュ地方という意味です。フランス東部、ワインの産地としても有名なブルゴーニュ地方の郷土料理です。
赤ワインをたっぷり使うのが特徴ですが、こちらは赤ワインを控えめに工夫した、リーズナブルなレシピです。
出典:

フランス語でブフはビーフ、ブルギニヨンはブルゴーニュ地方という意味です。フランス東部、ワインの産地としても有名なブルゴーニュ地方の郷土料理です。
赤ワインをたっぷり使うのが特徴ですが、こちらは赤ワインを控えめに工夫した、リーズナブルなレシピです。

鶏肉のプロバンス風煮込み

フランス人は鶏肉が大好き。南仏プロバンスのオリーブやハーブをたっぷり使った、鶏肉のトマト煮です。
トマトとオリーブのコントラストが美しい、簡単なのにレストランで出てきそうな料理です。
出典:

フランス人は鶏肉が大好き。南仏プロバンスのオリーブやハーブをたっぷり使った、鶏肉のトマト煮です。
トマトとオリーブのコントラストが美しい、簡単なのにレストランで出てきそうな料理です。

ローストチキン

ローストチキンもフランス料理としてポピュラーです。作るのが大変そうな気がしてしまいますが、フランス人が良く家庭でも作る、親しみのある料理の1つです。
こちらは身体が温まるハーブをたっぷり使った、ローストチキンのレシピです。クリスマスのメインディッシュとしても、ぴったりです。
出典:

ローストチキンもフランス料理としてポピュラーです。作るのが大変そうな気がしてしまいますが、フランス人が良く家庭でも作る、親しみのある料理の1つです。
こちらは身体が温まるハーブをたっぷり使った、ローストチキンのレシピです。クリスマスのメインディッシュとしても、ぴったりです。

チュニジア風ラム肉のトマトシチュー

ラム肉もフランス人が気軽に食べる料理の素材の1つです。チュニジアはかつてフランス領だった国。チュニジア人の移民もたくさんいるフランスでは、チュニジア風フランス料理も多く親しまれています。
こちらはラム肉をトマトで柔らかく煮込み、クスクスを添えているボリュームたっぷりのレシピです。
出典:

ラム肉もフランス人が気軽に食べる料理の素材の1つです。チュニジアはかつてフランス領だった国。チュニジア人の移民もたくさんいるフランスでは、チュニジア風フランス料理も多く親しまれています。
こちらはラム肉をトマトで柔らかく煮込み、クスクスを添えているボリュームたっぷりのレシピです。

鯛のムニエル

舌平目のムニエルは、誰もが耳にした事の有る、フランス料理の有名なメインディッシュの1つです。フランス料理のメインディッシュは肉か魚を選ぶことが多いですが、こちらは鯛のムニエルです。フランス料理らしく、ハーブをたくさん使用し、クスクスも添えてみました。
出典:

舌平目のムニエルは、誰もが耳にした事の有る、フランス料理の有名なメインディッシュの1つです。フランス料理のメインディッシュは肉か魚を選ぶことが多いですが、こちらは鯛のムニエルです。フランス料理らしく、ハーブをたくさん使用し、クスクスも添えてみました。

ドフィノワ(ジャガイモのグラタン)

フランスのドフィーネ地方の郷土料理、ドフィノワです。寒い季節にぴったりの、ジャガイモ、生クリーム、牛乳、チーズなどをたっぷり使った、リッチな料理です。これだけでもメインになりますが、メインの付け合わせとしても楽しめます。
出典:

フランスのドフィーネ地方の郷土料理、ドフィノワです。寒い季節にぴったりの、ジャガイモ、生クリーム、牛乳、チーズなどをたっぷり使った、リッチな料理です。これだけでもメインになりますが、メインの付け合わせとしても楽しめます。

ハーブチキンと冬野菜のポットロースト

鍋料理もフランスの各地方にスペシャリティのある、ポピュラーな郷土料理です。こちらはハーブチキンと冬野菜を鍋でローストするレシピです。
蒸し焼きすることによって、野菜のうま味が凝縮され、鶏肉もふかふかに仕上がります。
出典:

鍋料理もフランスの各地方にスペシャリティのある、ポピュラーな郷土料理です。こちらはハーブチキンと冬野菜を鍋でローストするレシピです。
蒸し焼きすることによって、野菜のうま味が凝縮され、鶏肉もふかふかに仕上がります。

ポトフ

ポトフ(pot-au-feu)はフランス語で火にかけた鍋、という意味です。その名の通り、ゴロゴロ大きめ野菜と、ベーコンやソーセージを煮込むだけの、簡単お手軽レシピです。寒い時期にぴったりのフランス風鍋料理は、じっくりコトコト、ゆっくり煮込んでくださいね。
出典:

ポトフ(pot-au-feu)はフランス語で火にかけた鍋、という意味です。その名の通り、ゴロゴロ大きめ野菜と、ベーコンやソーセージを煮込むだけの、簡単お手軽レシピです。寒い時期にぴったりのフランス風鍋料理は、じっくりコトコト、ゆっくり煮込んでくださいね。

dessert / デセール(デザート)

フランス料理の最後は甘いデザートで締めくくりましょう。カフェやお茶と一緒に、まだまだゆっくり話したい気分です。これからの季節にぴったりの、家庭的なデザートのレシピをご紹介します。

タルトタタン

どんなにリッチな前菜やメインディッシュでも、フランス人にデザートは欠かせません。こちらはフランス人にはおなじみのアップルパイ。でもタルトタタンはアップルパイと違い、パイ生地を最後に被せて焼いて、ひっくり返して食べるのが特徴です。
出典:

どんなにリッチな前菜やメインディッシュでも、フランス人にデザートは欠かせません。こちらはフランス人にはおなじみのアップルパイ。でもタルトタタンはアップルパイと違い、パイ生地を最後に被せて焼いて、ひっくり返して食べるのが特徴です。

ブッシュ・ド・ノエル

フランスのクリスマスには欠かせない、ブッシュ・ド・ノエル。クリスマスの丸太ですね。ロールケーキを焼いて、あとは丸太っぽくなるように、クリームなどで装飾するだけ。
こちらは薄いチョコレートを貼り付けるタイプですが、簡単なのに丸太っぽさがよりリアルに再現できています。
出典:

フランスのクリスマスには欠かせない、ブッシュ・ド・ノエル。クリスマスの丸太ですね。ロールケーキを焼いて、あとは丸太っぽくなるように、クリームなどで装飾するだけ。
こちらは薄いチョコレートを貼り付けるタイプですが、簡単なのに丸太っぽさがよりリアルに再現できています。

ガレットデロワ

フランスのお正月が明けたら、ガレットデロワの季節です。見た目はシンプルですが、ほのかに甘いアーモンドパウダーがとっても癖になる、美味しいパイ菓子です。ガレットデロワの中に小さい陶器のお人形を入れて、当たった人がロワ(王)になります。その年の運勢を占います。
出典:

フランスのお正月が明けたら、ガレットデロワの季節です。見た目はシンプルですが、ほのかに甘いアーモンドパウダーがとっても癖になる、美味しいパイ菓子です。ガレットデロワの中に小さい陶器のお人形を入れて、当たった人がロワ(王)になります。その年の運勢を占います。

番外編:casse-croûte / カスクルート(ライトミール)

フランス料理のコースには入ってきませんが、朝食やランチ、おやつなどの軽食として親しまれている料理がたくさんあります。ちょっと小腹がすいたときに、サクッと食べれて美味しいものばかりです。持ち寄りのパーティにも持ち運びしすく、喜ばれるメニューをご紹介します。

キッシュ・ロレーヌ

キッシュは材料さえ集めれば、手軽に作れるお手軽料理です。お料理を持ち込みのパーティにも、一役買います。
キッシュの中身はお好みの材料で。でもキッシュ・ロレーヌはベーコンと玉ねぎを使った、定番のレシピです。
出典:

キッシュは材料さえ集めれば、手軽に作れるお手軽料理です。お料理を持ち込みのパーティにも、一役買います。
キッシュの中身はお好みの材料で。でもキッシュ・ロレーヌはベーコンと玉ねぎを使った、定番のレシピです。

ケーク・サレ

cake salee(ケークサレ)は直訳だと塩味のケーキ、つまりはおかず風になるケーキということです。パウンドケーキのように甘いスイーツではなく、野菜やチーズ、肉などを混ぜたものです。ちょっとしたおやつや、ランチ、朝食などにぴったりの軽食です。
出典:

cake salee(ケークサレ)は直訳だと塩味のケーキ、つまりはおかず風になるケーキということです。パウンドケーキのように甘いスイーツではなく、野菜やチーズ、肉などを混ぜたものです。ちょっとしたおやつや、ランチ、朝食などにぴったりの軽食です。

ガレット

ガレットはフランスでも独特の文化を持つ、北西部ブルターニュ地方の郷土料理として有名です。本来はそば粉を使用したクレープ上の生地を使いますが、こちらはそば粉の代わりに全粒粉を使用したレシピです。おかず風のガレットも、甘いスイーツのガレットも両方可能です。
出典:

ガレットはフランスでも独特の文化を持つ、北西部ブルターニュ地方の郷土料理として有名です。本来はそば粉を使用したクレープ上の生地を使いますが、こちらはそば粉の代わりに全粒粉を使用したレシピです。おかず風のガレットも、甘いスイーツのガレットも両方可能です。

いかがでしたか?

「作ったの!?」って聞かれるかも。家庭でできる簡単「フランス料理」レシピ
出典:unsplash.com
一見難しそうなフランス料理ですが、フランス人が家庭で普通に料理をし、楽しんでいるレシピばかりです。パーティーやおもてなしも増えるこれからの季節に、フランスの家庭料理からレシピをチョイスし、華やかに演出してみませんか?
見た目も味も幸せになるお料理をぜひ試してみてくださいね。

画像のご協力ありがとうございました

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play