お好きな魚介とソースで召し上がれ♪おしゃれな前菜「カルパッチョ」のレシピ集

お好きな魚介とソースで召し上がれ♪おしゃれな前菜「カルパッチョ」のレシピ集

カルパッチョといえばイタリアンというイメージですが、魚介のカルパッチョはじつは日本生まれなのだとか。おしゃれなオードブルとして、欠かせないメニューですね。今回は、本来のカルパッチョの意味や由来をはじめ、日本ならではの魚介のカルパッチョもいろいろとご紹介。基本の作り方や、タコ・鯛・サーモン・カツオ・ホタテ・マグロ・アジなど豊富な海の幸を使ったアレンジレシピをさまざまに集めました。 2018年07月22日作成

カテゴリ:
グルメ
キーワード:
レシピ
洋食
カルパッチョ
サラダ・前菜
魚介
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
276

素材のおいしさをシンプルに味わえる料理、カルパッチョ♪

素材本来のおいしさを、ストレートに味わえるカルパッチョ。作り方は簡単ですが、豊富な食材の中からどんなネタを選んで、どんなソースを合わせるか…そのバリエーションで、味の世界はぐんぐん広がります。ぜひ、カルパチョを極めてみませんか?
出典:

素材本来のおいしさを、ストレートに味わえるカルパッチョ。作り方は簡単ですが、豊富な食材の中からどんなネタを選んで、どんなソースを合わせるか…そのバリエーションで、味の世界はぐんぐん広がります。ぜひ、カルパチョを極めてみませんか?

カルパッチョとは?

カルパッチョの意味・名前の由来は?

イタリア生まれのカルパッチョは、本来は生の牛肉の薄切りにソースやチーズなどをかけたものなんだとか。また、カルパッチョの名前の由来は、イタリアの画家・ヴィットーレ・カルパッチョ氏が生牛肉にチーズをかけた料理を好んだことによるという説や、彼の赤を基調にした画風が生牛肉の料理と色彩が似ているという説などさまざまです。
出典:

イタリア生まれのカルパッチョは、本来は生の牛肉の薄切りにソースやチーズなどをかけたものなんだとか。また、カルパッチョの名前の由来は、イタリアの画家・ヴィットーレ・カルパッチョ氏が生牛肉にチーズをかけた料理を好んだことによるという説や、彼の赤を基調にした画風が生牛肉の料理と色彩が似ているという説などさまざまです。

魚介のカルパッチョは日本が発祥の料理

新鮮な魚介を使ったカルパッチョは、じつは日本が発祥。ただ、本場のイタリアでも今、魚介や野菜を使ったものが多くなっているそうです。世界的な刺身ブームの影響だとか。
出典:

新鮮な魚介を使ったカルパッチョは、じつは日本が発祥。ただ、本場のイタリアでも今、魚介や野菜を使ったものが多くなっているそうです。世界的な刺身ブームの影響だとか。

カルパッチョに使う魚介は、鯛などの白身魚のほかにも、タコやホタテ、サーモン、マグロ、アジ、カツオなどさまざま。旬の味をシンプルなカルパッチョで満喫したいですね。
出典:pixabay.com

カルパッチョに使う魚介は、鯛などの白身魚のほかにも、タコやホタテ、サーモン、マグロ、アジ、カツオなどさまざま。旬の味をシンプルなカルパッチョで満喫したいですね。

簡単!カルパッチョの基本の作り方

魚介のカルパッチョは、刺身を野菜とともに盛り付け、オリーブオイルやビネガー・レモン汁などを主体にしたソースをかけて、さっぱりといただきます。ニンニクはみじん切りにしてソースに加えるレシピもあれば、ニンニクをお皿にこすりつけて香りを移すレシピもあります。
出典:

魚介のカルパッチョは、刺身を野菜とともに盛り付け、オリーブオイルやビネガー・レモン汁などを主体にしたソースをかけて、さっぱりといただきます。ニンニクはみじん切りにしてソースに加えるレシピもあれば、ニンニクをお皿にこすりつけて香りを移すレシピもあります。

魚介たっぷり♪カルパッチョの人気アレンジレシピ

食感も楽しい!人気のタコのカルパッチョ

■マスタード入りソースがぴったりのタコカルパッチョ
タコは、その歯応えの楽しさや、どんな食材にもなじむくせのなさなどから、カルパッチョの具材としてとても人気です。オリーブの実やケイパーなどを散らすとおしゃれになりますね。
出典:

タコは、その歯応えの楽しさや、どんな食材にもなじむくせのなさなどから、カルパッチョの具材としてとても人気です。オリーブの実やケイパーなどを散らすとおしゃれになりますね。

■グレープフルーツなど柑橘果実と相性抜群のタコカルパッチョ
タコは、グレープフルーツなどの柑橘果実ともとても相性よし!ゆずともよく合います。フルーツサラダ感覚で、おしゃれな前菜♪爽やかな風味には、ガラスのお皿がよく似合いますね。
出典:

タコは、グレープフルーツなどの柑橘果実ともとても相性よし!ゆずともよく合います。フルーツサラダ感覚で、おしゃれな前菜♪爽やかな風味には、ガラスのお皿がよく似合いますね。

王道!鯛のカルパッチョ

■和風のおいしさ!昆布締め鯛のカルパッチョ
昆布締めした鯛は、こりっと身が引き締まり、よりおいしさもアップ。柚子胡椒の風味が、よく合います。散らした芽ネギやピンクペッパーも美しいですね。
出典:

昆布締めした鯛は、こりっと身が引き締まり、よりおいしさもアップ。柚子胡椒の風味が、よく合います。散らした芽ネギやピンクペッパーも美しいですね。

■油にこだわり!シンプルな鯛のカルパッチョ
カルパッチョのソースは、オリーブオイルが基本ですが、こだわりのオイルを使うのも健康のためのいいアイデア。こちらは、オメガ3オイル使用。あえてシンプルに、鯛のおいしさを味わいましょう。
出典:

カルパッチョのソースは、オリーブオイルが基本ですが、こだわりのオイルを使うのも健康のためのいいアイデア。こちらは、オメガ3オイル使用。あえてシンプルに、鯛のおいしさを味わいましょう。

栄養価も高いサーモンのカルパッチョ

■スモークサーモンと生マッシュルームのカルパッチョ
スモークサーモンに、生のマッシュルームなどを合わせたおしゃれなカルパッチョ。鮮やかなサーモンには、ブラックオリーブがぴったり。また、繊細なディルを散らすと、見た目も風味もぐっとアップします。
出典:

スモークサーモンに、生のマッシュルームなどを合わせたおしゃれなカルパッチョ。鮮やかなサーモンには、ブラックオリーブがぴったり。また、繊細なディルを散らすと、見た目も風味もぐっとアップします。

■ディルたっぷりの北欧風♪ハニーマスタードのサーモンカルパッチョ
北欧と縁が深いサーモンだから、ソースもディルをたっぷりと使う北欧のイメージで。ハニーマスタードのソースは、サーモン以外の魚介とも相性がよく、おすすめです。
出典:

北欧と縁が深いサーモンだから、ソースもディルをたっぷりと使う北欧のイメージで。ハニーマスタードのソースは、サーモン以外の魚介とも相性がよく、おすすめです。

洋風も美味しい!カツオのカルパッチョ

■ガーリックたっぷり!香ばしいカツオのカルパッチョ
たたきのイメージが強いカツオですが、カルパッチョも絶品。表面だけを焼いたカツオの刺身に、こんがりきつね色に炒めたたっぷりのガーリックをのせて。たまらない香りが、食欲をそそります。
出典:

たたきのイメージが強いカツオですが、カルパッチョも絶品。表面だけを焼いたカツオの刺身に、こんがりきつね色に炒めたたっぷりのガーリックをのせて。たまらない香りが、食欲をそそります。

■エスニック風香味だれが美味しい!カツオのカルパッチョ
カツオの刺身に、ナンプラーをベースにしたエスニックソースを紫玉ねぎ・パクチーなどのみじん切り野菜にからめたものをトッピング。夏にぴったりの南国の味。カルパッチョを前菜に、エスニックなメニューでテーブルを飾ってみるのも素敵♪
出典:

カツオの刺身に、ナンプラーをベースにしたエスニックソースを紫玉ねぎ・パクチーなどのみじん切り野菜にからめたものをトッピング。夏にぴったりの南国の味。カルパッチョを前菜に、エスニックなメニューでテーブルを飾ってみるのも素敵♪

なめらかな舌ざわりが上品なホタテのカルパッチョ

■さっぱり!ホタテカルパッチョの梅ドレッシング
なめらかな食感と、優しい味わい。カルパッチョなら、ホタテの繊細な持ち味を最大限に楽しめます。こちらは、梅風味のソースでいただく、爽やかなホタテ・カルパッチョ。お口の中でみずみずしいホタテがとろけていきます。
出典:

なめらかな食感と、優しい味わい。カルパッチョなら、ホタテの繊細な持ち味を最大限に楽しめます。こちらは、梅風味のソースでいただく、爽やかなホタテ・カルパッチョ。お口の中でみずみずしいホタテがとろけていきます。

■柚子胡椒で風味よく♪和風仕立てのホタテのカルパッチョ
和風仕立てのカルパッチョには、柚子胡椒やわさびがよく使われます。オリーブオイルと合わせますので、お刺身とはまた違ったおいしさが楽しめます。
出典:

和風仕立てのカルパッチョには、柚子胡椒やわさびがよく使われます。オリーブオイルと合わせますので、お刺身とはまた違ったおいしさが楽しめます。

マグロはお刺身だけじゃない!新たな魅力発見のカルパッチョ

■鉄板の相性!マグロとアボカドのカルパッチョ
マグロとアボカドは、食感が似ていて、相性のいいコンビとしてよく使われますね。アボカドの濃厚さで、食べ応えのある一品になります。色合いもきれい。
出典:

マグロとアボカドは、食感が似ていて、相性のいいコンビとしてよく使われますね。アボカドの濃厚さで、食べ応えのある一品になります。色合いもきれい。

■味の濃い魚にはチーズも◎パルミジャーノ香るマグロのカルパッチョ
味の濃いマグロやイワシなどには、チーズ風味も合うそうです。こちらは、パルミジャーノとバルサミコが調和する、おしゃれなひと皿。
出典:

味の濃いマグロやイワシなどには、チーズ風味も合うそうです。こちらは、パルミジャーノとバルサミコが調和する、おしゃれなひと皿。

青魚もおすすめ!うまみたっぷりのアジのカルパッチョ

■和の調味料をきかせたアジのカルパッチョ
アジはシンプルな刺身で、という方にもぜひ試していただきたいカルパッチョ。白ワインビネガーと柚子胡椒のぴりっとしたソースがよくマッチします。冷酒にもワインにもぴったり。
出典:

アジはシンプルな刺身で、という方にもぜひ試していただきたいカルパッチョ。白ワインビネガーと柚子胡椒のぴりっとしたソースがよくマッチします。冷酒にもワインにもぴったり。

■和とイタリアンが調和する、アジとトマトバジルの塩麹カルパッチョ
オリーブオイルと塩麹で味付けした、アジのカルパッチョ。たっぷりトマトとバジルを添えて、イタリアンな雰囲気に。トマトは、種を取っておくと水っぽくならず安心です。
出典:

オリーブオイルと塩麹で味付けした、アジのカルパッチョ。たっぷりトマトとバジルを添えて、イタリアンな雰囲気に。トマトは、種を取っておくと水っぽくならず安心です。

濃厚なおいしさのブリ・ハマチのカルパッチョ

■薬味たっぷり!ブリのカルパッチョにジュッと熱いごま油をかけて
濃厚なうまみのブリも、カルパッチョの素材としておすすめ。薬味をたっぷり使うことで、さっぱりといただけます。ごま油を熱して、あつあつをジュッとかけて召し上がれ。
出典:

濃厚なうまみのブリも、カルパッチョの素材としておすすめ。薬味をたっぷり使うことで、さっぱりといただけます。ごま油を熱して、あつあつをジュッとかけて召し上がれ。

■濃厚な味のハマチカルパッチョにフルーツを合わせてさっぱりと
出世魚のブリは、若いうちはハマチなどいろいろな呼び名がありますね。そんなハマチも、ぜひカルパッチョに。グレープフルーツなどの爽やか果実と合わせると、さっぱりとした味わいになります。
出典:

出世魚のブリは、若いうちはハマチなどいろいろな呼び名がありますね。そんなハマチも、ぜひカルパッチョに。グレープフルーツなどの爽やか果実と合わせると、さっぱりとした味わいになります。

こんな楽しいソース・タレのアイデアも!

おしゃれな前菜にぴったりの梅酒ジュレ

梅酒をベースにしたソースをジュレに。ジュレ仕立ては、料理を一気に美しくしてくれますね。おもてなしの前菜にもおすすめ。こちらのレシピでは、エディブルフラワーも散らしてより美しく仕上げています。
出典:

梅酒をベースにしたソースをジュレに。ジュレ仕立ては、料理を一気に美しくしてくれますね。おもてなしの前菜にもおすすめ。こちらのレシピでは、エディブルフラワーも散らしてより美しく仕上げています。

ホワイトビールのジュレ&オレンジ香るドレッシング

フルーティなホワイトビールで作ったジュレと、オレンジ香る爽やかなドレッシングが相性抜群!繊細な鯛やホタテなどのカルパッチョにおすすめです。気分が上がる美しいできあがり。
出典:

フルーティなホワイトビールで作ったジュレと、オレンジ香る爽やかなドレッシングが相性抜群!繊細な鯛やホタテなどのカルパッチョにおすすめです。気分が上がる美しいできあがり。

野菜のみじん切りが美しいラビゴットソース

野菜のみじん切りをベースにした、フランスのラビゴットソースをカルパッチョに。彩りも美しく、テーブルが華やぎます。サラダ感覚で楽しみましょう。
出典:

野菜のみじん切りをベースにした、フランスのラビゴットソースをカルパッチョに。彩りも美しく、テーブルが華やぎます。サラダ感覚で楽しみましょう。

ホタテにぴったり!キウイソース

ホタテや白身魚など優しい味わいの魚介には、キウイなどフルーツソースもよく合います。上にかけるのもいいですが、写真のようにソースを敷くのもきれい。ピンクペッパーが色合いのアクセントになります。
出典:

ホタテや白身魚など優しい味わいの魚介には、キウイなどフルーツソースもよく合います。上にかけるのもいいですが、写真のようにソースを敷くのもきれい。ピンクペッパーが色合いのアクセントになります。

ぴりりと刺激的な山椒ソース

淡白なタコに、ぴりりと舌をさす山椒の和風ソースがぴったり。木の芽など香りがいい素材もよく合います。上品なおつまみにもなりますね。
出典:

淡白なタコに、ぴりりと舌をさす山椒の和風ソースがぴったり。木の芽など香りがいい素材もよく合います。上品なおつまみにもなりますね。

薬味たっぷり!コクのある中華ソース

薬味たっぷりで、オイスターソースなどがきいたコクのある中華ソース。マグロやブリなど濃いめの味の魚によく合います。オードブルというよりも、メイン級のメニューにもなります。
出典:

薬味たっぷりで、オイスターソースなどがきいたコクのある中華ソース。マグロやブリなど濃いめの味の魚によく合います。オードブルというよりも、メイン級のメニューにもなります。

カルパッチョの美しい盛り付け例

華やかな色合いの素材を合わせて

お食事の序章となるオードブルにふさわしい美しい色合い。カルパッチョの野菜は、紫玉ねぎやカラフルトマトなど、コントラストのはっきりした華やかな野菜を組み合わせるのもコツです。
出典:

お食事の序章となるオードブルにふさわしい美しい色合い。カルパッチョの野菜は、紫玉ねぎやカラフルトマトなど、コントラストのはっきりした華やかな野菜を組み合わせるのもコツです。

お刺身で野菜を巻いておしゃれに♪

にんじん、きゅうり、大根などの野菜の千切りを、鯛などのお刺身で巻くアイデア。アスパラ、トマト、パプリカ、オリーブをみじん切りにした野菜ソースをかけて、アートなひと皿に。
出典:

にんじん、きゅうり、大根などの野菜の千切りを、鯛などのお刺身で巻くアイデア。アスパラ、トマト、パプリカ、オリーブをみじん切りにした野菜ソースをかけて、アートなひと皿に。

セルクルを使って、ビジュアルサラダのように♪

お皿にセルクルを置いて、味つけして冷やしておいた白身魚を詰めていきます。まわりには、ディルやセルフィーユ、シブレットなどのハーブや、きれいな野菜をレイアウト。絵画のように美しいビジュアルサラダのできあがりです♪
出典:

お皿にセルクルを置いて、味つけして冷やしておいた白身魚を詰めていきます。まわりには、ディルやセルフィーユ、シブレットなどのハーブや、きれいな野菜をレイアウト。絵画のように美しいビジュアルサラダのできあがりです♪

春巻きの皮のカップに可愛らしく盛り付けて

春巻きの皮の四辺に切り込みを入れ、マフィン型で焼いてカップを作ります。そこにカルパッチョを盛り付ける、楽しいアイデア。パーティーなどにおすすめです。
出典:

春巻きの皮の四辺に切り込みを入れ、マフィン型で焼いてカップを作ります。そこにカルパッチョを盛り付ける、楽しいアイデア。パーティーなどにおすすめです。

魚介のカルパッチョで、おしゃれなおもてなし♪

どんな魚介を、どんなソース・タレで味わうか…その組み合わせが無数に楽しめるカルパッチョ。海の幸に恵まれた日本ならではの魚介のカルパッチョを、いろいろなアイデアで食べ尽くしましょう♪
出典:

どんな魚介を、どんなソース・タレで味わうか…その組み合わせが無数に楽しめるカルパッチョ。海の幸に恵まれた日本ならではの魚介のカルパッチョを、いろいろなアイデアで食べ尽くしましょう♪

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play