提供: 山本電気
一人なのに、手分けができる。 無理せず簡単「一汁一菜」生活のはじめかた

一人なのに、手分けができる。 無理せず簡単「一汁一菜」生活のはじめかた

古きよき日本の食生活「一汁一菜」が、今見直されています。シンプルな調理だからこそ、食材や味噌、醤油などの微妙な味の「揺らぎ」を楽しむことができる。そんな「一汁一菜」に無限の広がりをもたらしてくれる、素敵な調理法をご紹介。 2018年02月23日作成

カテゴリ:
グルメ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
1922

「一汁一菜」生活はじめたいけど、毎日味噌汁はちょっと。。

日本の古きよき食生活として今再注目を集めている「一汁一菜」ですが、いざはじめようとすると苦労するのが「汁」のバリエーション。使う野菜を少しずつ変えていっても、毎日味噌汁では飽きてしまいそうだし、塩分も気になります。しかし、「汁」というと和食を思い浮かべがちですが、「スープ」と捉えなおすことで発想は一気に広がります。
一人なのに、手分けができる。 無理せず簡単「一汁一菜」生活のはじめかた

今「ベジブロス」という野菜だしの料理が人気ですが、旨味だけでなく「まるごと」栄養も繊維質も摂れる"おいしい"調理法があります。それは、野菜まるごと「ポタージュスープ」にしてしまう方法。野菜を切って、入れるだけで、裏ごしなどの手間をかけることなく調理ができます。

一人でも手分けができる「ヘルシー時短調理」

ヘルシーなだけでなく、食材を切ったら後はおまかせ調理なので一人でも「手分け」ができる感覚。たとえばこれから旬を迎える「カブ」なら、葉っぱと根を切り分けて、あとはパラレル調理。葉っぱを炒めている間に、根の方は勝手に調理が進みます。
一人なのに、手分けができる。 無理せず簡単「一汁一菜」生活のはじめかた

根の調理を担当してくれるのは、この「旬彩」というアイテム。これ一台で月曜日は「にんじんポタージュ」、火曜日は「ブロッコリーポタージュ」、水曜日は「ミックス野菜のポタージュ」……と使う野菜を変えるだけで違うメニューが楽しめる。シンプルな「一汁一菜」生活に、無限の広がりをもたらしてくれます。
一人なのに、手分けができる。 無理せず簡単「一汁一菜」生活のはじめかた

かぶのポタージュを作るなら、葉と切り分けた根の部分に、じゃがいもと長ねぎを足して、塩とだしを入れてスイッチを押すだけ。
一人なのに、手分けができる。 無理せず簡単「一汁一菜」生活のはじめかた

20分~30分ほどで、トロットロのポタージュが完成です。実はこの「旬彩」ですが、モーターに強い町工場が開発した製品なので、コーンポタージュでも「裏ごし」なしで仕上がります。
一人なのに、手分けができる。 無理せず簡単「一汁一菜」生活のはじめかた

「旬彩」ではじめる、旬をまるごと食べる生活

丁寧な暮らしとは、「今」を味わいつくす生活です。家事でいえばプロセス自体を楽しむことであり、食事でいえば「旬」の味わいを堪能するということ。「一汁」に無限のバリエーションをつけることで、旬のあらゆる食材を楽しむことができます。一汁一菜に無限の豊かさをもたらすもの。それが「旬彩」です。
一人なのに、手分けができる。 無理せず簡単「一汁一菜」生活のはじめかた

「旬彩」の使い方を動画でチェック

icons Googl Play