甘くておしゃれな《魅惑のスイーツ物語》洋菓子の本場「フランスのお菓子」大全集!

甘くておしゃれな《魅惑のスイーツ物語》洋菓子の本場「フランスのお菓子」大全集!

洋菓子の本場といえばフランスですよね。歴史ある都には、歴史あるスイーツがたくさんあります。そこで今回は、クグロフ・タルトタタン・マカロン、フロランタン、クレープシュゼット…誰もが知っているフランスのお菓子を総まとめ。それぞれの由来や基本の作り方をはじめ、おしゃれなアレンジレシピもご紹介します。ぜひ、本格的なフランスの味を自宅で再現してみませんか? 2018年02月20日作成

カテゴリ:
グルメ
キーワード:
お菓子・スイーツ
洋菓子
フランス菓子
アレンジ・リメイクレシピ
焼き菓子
  • ブログで紹介
    HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。
お気に入り数:
277

本場フランスのスイーツを作ってみましょう!

それぞれに物語のある、素敵なフランスのお菓子。頬張れば、おしゃれなフランスの香りがします。お店で購入するのもいいけれど、自家製の味はまた特別。ぜひ、フランスの甘く魅惑的なスイーツを手作りしてみませんか?
出典:www.flickr.com(@St辿phane)

それぞれに物語のある、素敵なフランスのお菓子。頬張れば、おしゃれなフランスの香りがします。お店で購入するのもいいけれど、自家製の味はまた特別。ぜひ、フランスの甘く魅惑的なスイーツを手作りしてみませんか?

マリー・アントワネットが大好きだった「クグロフ」

クグロフとは?

クグロフは、斜めにうねりのある独特の型を使って焼き上げるお菓子で、マリー・アントワネットの好物であったことでも知られています。名前の由来は、僧帽にまつわるものなど諸説あり、フランスのアルザス地方のほか、スイス、ドイツ、オーストリアなどでも食べられているそう。
出典:www.flickr.com(@Hajime NAKANO)

クグロフは、斜めにうねりのある独特の型を使って焼き上げるお菓子で、マリー・アントワネットの好物であったことでも知られています。名前の由来は、僧帽にまつわるものなど諸説あり、フランスのアルザス地方のほか、スイス、ドイツ、オーストリアなどでも食べられているそう。

基本の作り方

クグロフは、まずはレーズンを洋酒に漬け込むところから下準備しましょう。リキュールなどに漬け込むのも香りがいいですね。
出典:

クグロフは、まずはレーズンを洋酒に漬け込むところから下準備しましょう。リキュールなどに漬け込むのも香りがいいですね。

型にアーモンドを敷き(完成時にトップになる部分)、洋酒漬けのレーズンが入ったブリオシュ風の生地を焼き上げるのが、伝統的な作り方だとか。ぜひ、クグロフ型で本格的に焼いてみたいですね。
出典:www.flickr.com(@yoppy)

型にアーモンドを敷き(完成時にトップになる部分)、洋酒漬けのレーズンが入ったブリオシュ風の生地を焼き上げるのが、伝統的な作り方だとか。ぜひ、クグロフ型で本格的に焼いてみたいですね。

クグロフのアレンジレシピ

■プルーン風味のクグロフ
プルーンリキュールに漬け込んだドライフルーツを使った、風味豊かなクグロフ。焼き上がったら、裏返して冷まし、ピスタチオとクランベリーを飾ります。
出典:

プルーンリキュールに漬け込んだドライフルーツを使った、風味豊かなクグロフ。焼き上がったら、裏返して冷まし、ピスタチオとクランベリーを飾ります。

■自家製はちみつレモンのクグロフ
自家製のはちみつレモンシロップを使った、爽やかな風味のクグロフ。シロップの残りをジャム状に煮詰めてから生地に入れています。食べやすいミニサイズです。
出典:

自家製のはちみつレモンシロップを使った、爽やかな風味のクグロフ。シロップの残りをジャム状に煮詰めてから生地に入れています。食べやすいミニサイズです。

偶然から生まれた「タルトタタン」

タルトタタンとは?

タルトタタンは、かつてフランスのホテル「タタン」で、経営者の女性がアップルパイに使うりんごを焦がしてしまい、仕方なくタルト生地をのせて焼き、ひっくり返してみると偶然にも絶品のお菓子ができ上っていたという説や、焦がしたりんごタルトを間違ってひっくり返してしまったという説も。それ以来、ホテルの看板スイーツになりました。
出典:www.flickr.com(@Joy)

タルトタタンは、かつてフランスのホテル「タタン」で、経営者の女性がアップルパイに使うりんごを焦がしてしまい、仕方なくタルト生地をのせて焼き、ひっくり返してみると偶然にも絶品のお菓子ができ上っていたという説や、焦がしたりんごタルトを間違ってひっくり返してしまったという説も。それ以来、ホテルの看板スイーツになりました。

タルトタタンの基本の作り方

タルトタタンは、まずりんごを砂糖とバターでキャラメリゼすることから始めます。カラメル状になるまで火を通しましょう。
出典:

タルトタタンは、まずりんごを砂糖とバターでキャラメリゼすることから始めます。カラメル状になるまで火を通しましょう。

キャラメリゼしたりんごを型に敷き詰め、そのうえにタルト生地をのせてオーブンで焼くのが基本の作り方。焼き上がったら、ひっくり返していただきます。冷凍パイシートを使うと簡単です。
出典:

キャラメリゼしたりんごを型に敷き詰め、そのうえにタルト生地をのせてオーブンで焼くのが基本の作り方。焼き上がったら、ひっくり返していただきます。冷凍パイシートを使うと簡単です。

タルトタタンのアレンジレシピ

■フライパンで作る簡単タルトタタン
オーブンを使わなくても、フライパンでタルトタタンが作れます。フタをして、弱火でじっくりと仕上げます。これなら、簡単ですね。
出典:

オーブンを使わなくても、フライパンでタルトタタンが作れます。フタをして、弱火でじっくりと仕上げます。これなら、簡単ですね。

■有名料理家さんのタルトタタン
こちらは、有名料理家さんのタルトタタンのレシピで作ったものだとか。水切りヨーグルトと生クリームを合わせた、自家製サワークリームを添えて。
出典:

こちらは、有名料理家さんのタルトタタンのレシピで作ったものだとか。水切りヨーグルトと生クリームを合わせた、自家製サワークリームを添えて。

ジャムなどを挟むのがパリ風♪「マカロン」

マカロンとは?

カラフルで丸くて可愛いマカロンは、女性に大人気ですね。フランスの代表的なお菓子ですが、発祥についてはイタリアで生まれたという説や、フランスの修道院で初めて作られたという説も。卵白、砂糖、アーモンドを使った生地を焼き、クリームやガナッシュ、ジャムなどを挟むのが、パリ風マカロン。
出典:www.flickr.com(@t-mizo)

カラフルで丸くて可愛いマカロンは、女性に大人気ですね。フランスの代表的なお菓子ですが、発祥についてはイタリアで生まれたという説や、フランスの修道院で初めて作られたという説も。卵白、砂糖、アーモンドを使った生地を焼き、クリームやガナッシュ、ジャムなどを挟むのが、パリ風マカロン。

マカロンの基本の作り方

卵白を泡立て、アーモンドプードルと粉砂糖を合わせ、丸口金を付けた絞り袋で絞り出します。オーブンで焼いたら、ガナッシュクリームを挟みます。
出典:

卵白を泡立て、アーモンドプードルと粉砂糖を合わせ、丸口金を付けた絞り袋で絞り出します。オーブンで焼いたら、ガナッシュクリームを挟みます。

マカロンは、ゴムべらなどでメレンゲを練りつぶす“マカロナージュ”という工程がポイント。この工程を経ることで、表面がつるつるの美しいマカロンになります。
出典:

マカロンは、ゴムべらなどでメレンゲを練りつぶす“マカロナージュ”という工程がポイント。この工程を経ることで、表面がつるつるの美しいマカロンになります。

マカロンのアレンジレシピ

■美しいローズとフランボワーズのマカロン
2色づかいのおしゃれなマカロンに、ローズのガナッシュを挟んで。フランボワーズのゼリーが中に入っていますよ。
出典:

2色づかいのおしゃれなマカロンに、ローズのガナッシュを挟んで。フランボワーズのゼリーが中に入っていますよ。

■食感も味も楽しい 和風マカロン
ごま、紫芋パウダー、和三盆、抹茶などを使った、和風味のマカロン。サクサクしながらも粘り気を感じる楽しい食感。レンジで作る簡単クリームを挟んでいます。
出典:

ごま、紫芋パウダー、和三盆、抹茶などを使った、和風味のマカロン。サクサクしながらも粘り気を感じる楽しい食感。レンジで作る簡単クリームを挟んでいます。

メディチ家からのお嫁入りで伝わった「フロランタン」

フロランタンとは?

フロランタンは“フィレンツェのお菓子”という意味のフランス菓子。メディチ家のお姫様がフランスに嫁ぐときにイタリアから伝わったものだとか。サブレの上に、アーモンド入りのキャラメルをのせて焼きます。
出典:pixabay.com

フロランタンは“フィレンツェのお菓子”という意味のフランス菓子。メディチ家のお姫様がフランスに嫁ぐときにイタリアから伝わったものだとか。サブレの上に、アーモンド入りのキャラメルをのせて焼きます。

フロランタンの基本の作り方

バターと、ふるった小麦粉や砂糖などを混ぜてまとめたら、麺棒で平らにしてオーブンで焼きます。
出典:

バターと、ふるった小麦粉や砂糖などを混ぜてまとめたら、麺棒で平らにしてオーブンで焼きます。

生地の上にアーモンド入りのキャラメルを流し入れ、オーブンへ。こんがり焼き色が付くまで焼いたら完成です。
出典:

生地の上にアーモンド入りのキャラメルを流し入れ、オーブンへ。こんがり焼き色が付くまで焼いたら完成です。

フロランタンのアレンジレシピ

■コーヒー風味の大人フロランタン
レギュラーコーヒーを生地に混ぜ込んだ、大人風味のフロランタン。コーヒーを紅茶に変えてもおいしいとか。ブレイクタイムにサクッと食べたいお菓子です。
出典:

レギュラーコーヒーを生地に混ぜ込んだ、大人風味のフロランタン。コーヒーを紅茶に変えてもおいしいとか。ブレイクタイムにサクッと食べたいお菓子です。

■ココナッツヌガーのフロランタン
アーモンドの代わりに、ココナッツを使ったヌガーをのせ、オーブンで焼きます。完全に冷めないうちに、裏返してザクっと包丁を入れると、うまく切れるそうです。
出典:

アーモンドの代わりに、ココナッツを使ったヌガーをのせ、オーブンで焼きます。完全に冷めないうちに、裏返してザクっと包丁を入れると、うまく切れるそうです。

オレンジ風味のホットデザート「クレープシュゼット」

クレープシュゼットとは?

クレープシュゼットは、クレープをオレンジソースで煮たホットデザート。フランスのシェフ“オーギュスト・エスコフィエ”がシュゼットパンケーキとしてレシピを書き、広まったとか。冷たいバニラアイスを添えるのもおすすめです。
出典:pixabay.com

クレープシュゼットは、クレープをオレンジソースで煮たホットデザート。フランスのシェフ“オーギュスト・エスコフィエ”がシュゼットパンケーキとしてレシピを書き、広まったとか。冷たいバニラアイスを添えるのもおすすめです。

クレープシュゼットの基本の作り方

フライパンにお玉1杯分のクレープ生地を流し入れ、縁が乾く程度まで焼きます。きつね色に焼けていたら裏返し、さっと火を通します。
出典:

フライパンにお玉1杯分のクレープ生地を流し入れ、縁が乾く程度まで焼きます。きつね色に焼けていたら裏返し、さっと火を通します。

クレープをオレンジソースで煮て、最後にオレンジとコアントローまたはグランマニエを入れてフランベします。
出典:

クレープをオレンジソースで煮て、最後にオレンジとコアントローまたはグランマニエを入れてフランベします。

クレープシュゼットのアレンジレシピ

■グレープフルーツ&ティー風味のクレープシュゼット
オレンジの代わりにグレープフルーツを使用した、爽やかクレープシュゼット。紅茶茶葉を贅沢に使ったティーリキュールで風味づけをしています。
出典:

オレンジの代わりにグレープフルーツを使用した、爽やかクレープシュゼット。紅茶茶葉を贅沢に使ったティーリキュールで風味づけをしています。

■苺ソースのクレープシュゼット
旬の苺をたっぷり使ったフルーティなソースがよく合うクレープシュゼット。甘味と酸味のバランスがいいスイーツです。クレープ生地には、苺バタークリームを塗っています。
出典:

旬の苺をたっぷり使ったフルーティなソースがよく合うクレープシュゼット。甘味と酸味のバランスがいいスイーツです。クレープ生地には、苺バタークリームを塗っています。

いかがでしたか?

甘くて魅力的なフランスのお菓子。ぜひ、レパートリーに加えてみませんか?マスターしておくと、おもてなしにも役立ちます。
出典:

甘くて魅力的なフランスのお菓子。ぜひ、レパートリーに加えてみませんか?マスターしておくと、おもてなしにも役立ちます。

アプリ限定!
12星座占いなどお楽しみ記事が読めます

お買いものも
キナリノアプリで◎

キナリノアプリ

もっと便利に楽しく
心地よい暮らしつくるライフスタイル情報を、毎日お届けします

キナリノアプリを App Store からダウンロード, width="100%", height="100%"キナリノアプリを Google Play で手に入れよう, width="100%", height="100%"
icons Googl Play